サラ金とカードローンの違い「サラ金=カードローン=安全」は本当?

初めてお金を借りるとき、どこで借ればいいのか迷うことがありますよね。

一昔前にはサラ金と言われていて、「高利貸の借金は借りるものではない」と言われていました。現在は過剰な貸付を抑制するための総量規制の下で一定のルールに基づいた貸付が行われています。

これからお金を借りようとする場合、サラ金から借りればいいのか、カードローンとは何が違うのか様々な疑問が湧いてきますよね。

結論としてサラ金というのは正式名称ではなく、正確には消費者金融といいます。お金を借りるときに金融サービス(カードローン)を利用することになるのです。

この記事ではサラ金とカードローンの違いを明確にして、金を借りるにあたっての知識の整理に役立てることができます。

手間取ってお金を借りられるタイミングを逃さないように一緒に確認していきましょう。

 

そもそもサラ金とは何なのか?まずは理解しておこう!

  • サラ金・・・主に個人に融資を行う貸金業社の俗称
  • 具体例・・・アイフル・プロミス・楽天銀行スーパーローンなど

ここでは、サラ金の意味合いを説明します。

サラ金とは主に個人に融資を行う貸付業者の総称を言います。正式な用語ではなく造語となります。

昔から広く一般的に使用されていた単語であるため、借金に関してイメージがつきやすい単語でもあります。

具体的には、アイフル(消費者金融)、プロミス(消費者金融)、楽天銀行スーパーローン(カードローン)などを貸付業者がこれに該当してきます。

サラ金と聞くと高利貸や強引な取り立てをイメージする場合もあるかもしれません。近年は大手消費者が銀行と提携したりすることで健全なイメージを持ってもらいやすいようにしているのです!

サラ金(サラリーマン金融)はサラリーマンを対象にしていたことが原因となりますが現在ではサラリーマン以外のOLや収入のある主婦も利用することができるので誤解のないようにしたいところですね!
 

サラ金とカードローンの違いを解説!

  • サラ金・・・消費者金融をひっくるめた総称
  • カードローン・・・カードを使って借入ができる貸金サービスの総称

サラ金とカードローンの違いを解説します。

繰り返しになりますがサラ金は資金業者の総称をいいます。一方でカードローンは、サービスの一環です。

お金を借りる際には、消費者金融等(サラ金)から 貸金サービス(カードローン)を利用するということとなります。

一般的にはサラ金でもカードローンでもお金を借りることとして内容は容易にししやすいものとなっています。

一般的には消費者金融など(サラ金)は貸金業法に基づいて営業をおり、闇金のような違法の貸付はできないようになっている点もポイントです!
 

サラ金とカードローンの具体例を紹介!

  • サラ金・・・フタバ・アスト・エイワなどのカードの無い貸金業者
  • カードローン・・・主に事業性カードローン(アイフルビジネスローンなど)
  • サラ金かつカードローン・・・アイフル・アコム・楽天銀行スーパーローンなどのカードローンかつ個人向けの貸金サービス

サラ金とカードローンの具体例を紹介しました。

「サラ金」とは、カードの無い貸金業者をいいます。一方で「カードローン」はカードのある貸金業者をいいます。

特にカードローンについては、銀行が展開しているカードローンサービスのイメージが一般的となっています。

それぞれの具体例をもとに、サラ金とカードローンを混同してしまわないように一度確認しておきたいところですね!
 

サラ金とカードローンの違いから、それぞれのメリット・デメリットを解説!

前述のサラ金とカードローンの違いから、それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

初めてお金を借りる時に、それぞれの長所や注意しておくべき短所などを把握しておくことで知識の整理につながります。

申し込みで混乱してしまい、高金利な借り入れをしてしまわないように一緒に確認しておきましょう。
 

サラ金の2つのメリットと2つのメリット

項目 内容
メリット1 収入があればパートやアルバイトでも借り入れができる。
メリット2 提携ATMが多いので必要に応じて臨機応変に仕える。
デメリット1 自分だけの秘密ごとになる可能性が高い(借金の精神的負担) 。
デメリット2 借入の返済負担の大変さを軽視する可能性が高い。

サラ金のメリット1点目は、収入があればパートやアルバイトでも借り入れができるという点です。

サラ金はサラリーマンだけを対象としたものではなく、返済能力があれば正社員でなくてもパートやアルバイトの身分でも借りられます。

メリット2点目は、提携ATMが多いので利便性が高いという点です。借入をしたり返済をしたりするのにコンビニのATMも利用可能です。

通勤中でも自分の都合のいい場所にあるコンビニを利用きるので、少し離れた金融機関等に足を運ぶことがなく大変便利です。

デメリットの1点目は、サラ金を利用していることを他人に言えず、自分だけの秘密ごととなる可能性が高いという点です。

サラ金のことを他人に伝えるとヤバい人に見られることを心配して、借金の負担を自分一人で抱え込むことになりかねないのです。

デメリットの2点目は、借金返済の負担を軽視する可能性が高くなるというものです。お金が無い時には、お金を用意することに意識を集中がちになってしまいますよね。

ただ、借金の返済は数年単位で続くことはあまり注視されないことがよくあるものです。
 

カードローンの3つのメリットと2つのデメリット

項目 内容
メリット1 融資までのスピードが早い。
メリット2 お金の使い道が原則として自由。
メリット3 保証人や担保は不要となっている。
デメリット1 金利が高く設定されている。
デメリット2 借り入れの増額をする場合には再度審査が必要になる(ある程度時間がかかる)。

カードローンのメリット1点目は、融資までのスピードが早いというものです。カードローンでは最短60分で審査結果がわかるところもあります。早くお金を用意したい場合には助かりますよね。

メリット2点目は、お金の使い方が原則自由というものです。旅行や趣味、冠婚葬祭に利用できるため、使い道が制限されていない点で生活に役立てやすくなっています。ただし、事業用資金としては使えないため注意が必要です。

メリット3点目は、保証人や担保が不要とされている点です。住宅ローンや自動車ローン等とは異なり担保の差し入れなどがない点で利用するためのハードルを低くしてくれています。

デメリットの1点目は金利が高く設定されているというものです。貸金業法に基づく適法な金利出はありますが、100万円未満の借入ではれば貸出金利は18%近くに設定されています。他の借入よりも高い点は是非とも把握しておくべきものです。

デメリットの2点目は、増額申請をする際には増額の審査が必要となる点です。再度審査をすることとなるため、時間がかかってしまう点に留意が必要です。急を要する際には事前準備をしておきたいところですね!
 

サラ金と闇金の違いについても理解しておこう!

サラ金とヤミ金の違いについてもまとめました。サラ金と聞くとどうしても闇金なのではと想像しがちになってしまう方も多いものです。

ここでは、サラ金の中で具体的にどのような業者が闇金に該当するかについて明確に線引きをしています。

闇金を使ってしまわないように、今一度確認していきましょう。

 

違い1:サラ金=闇金ではない

闇金は貸金業の営業許可を受けていない(登録貸金業者ではない)業者です!

まず1点目は「サラ金はヤミ金とは限らない」という点です。

サラ金と聞くと、闇金と連想してしまう場合もあるかもしれません。闇金というのは具体的には貸金業の営業許可を受けていない業者を言います。

登録貸金業者であれば適法なサラ金となります。

日本貸金業協会によれば闇金(悪質業者)は低金利など極端な好条件で借り入れを促す、実在業者の商号やのご報告もでるを不正使用する、 ダイレクトメールやホームページを利用して偽装するなどといった特徴があるので参考にしておきましょう。

なお闇金は日本貸金業協会のクイック検索で該当するか否かを調べることができます。
 

違い2:「サラ金地獄」などの言葉から闇金では?と勘違いするがそうでない!

  1. サラ金地獄とは端的に言えば多重債務のこと
  2. 適法なカードローンでも多重債務で苦しむことはある

2点目としてサラ金地獄などの言葉から闇金ではと連呼する場合も多いが必ずしもそうではないという点です。

サラ金地獄とは端的に言えば多重債務のことを言います。1社から借り入れているだけではなく2社3社と複数社から借り入れを行っており返済に苦労している状態となります。

適当なカードローン業者から借り入れを行っていたとしても、複数社から借入を行って自転車操業となっている場合にはサラ金地獄となります。

闇金を1社使用しているだけでも、必ずしも借金地獄とは言いませんので認識にズレのないようにしておきましょう。

 

違い3:サラ金地獄は過去にサラ金の金利が異常に高かった事に起因する

  1. かつての消費者金融の金利は29.2%は通常であった。
  2. 現在は利息制限法のもと10万円未満20%・100万円未満18・%それ以上は15%と上限が決められている。

3点目として「サラ金地獄は過去に金利が高かったことに起因する」というものです。

かつて消費者金融では「出資の受入れ・預り金及び金利等の取締りに関する法律」の下で29.2%で貸し付けがなされていました。

1997年には1998年には、多重債務を原因とする自殺者が多い時期でもありました。社会問題を背景とする内容が連想される事から「サラ金地獄」が容易に想像されやすくなっています。

現在は金融庁主導による改正貸金業法(2006年)の元で「上限金利の引き下げ」や「総量規制の導入」などによって、債務者にとって荷重負担とならないような一定の保護がなされています。
 

まとめ

  1. サラ金を具体例とともに説明しました。
  2. サラ金とカードローンの違いを説明しました。
  3. サラ金とカードローンをメリット・デメリットを紹介しました。
  4. サラ金とヤミ金の違いについて説明しました。

この記事のまとめをします。

まずはじめにサラ金を具体例とともに説明しました。サラ金は個人に貸付を行う業者の総称をいいます。具体的にはアイフルやプロミス楽天カードローンなどがあります。

次にサラ金とカードローンの違いを説明しました。サラ金は貸金業者の名称を指します。カードローンは貸付を行うサービスの名称を指します。業者について混同しないようにしておきたいところですね。

そして、サラ金とカードローンのメリットやデメリットを紹介しました。初めてお金を借りる時には一度確認しておきたい内容です。

最後にサラ金とヤミ金の違いについて説明しました。サラ金とヤミ金は必ずしも一緒とは限りませんので誤解のないようにしておきたいところです。

この記事を通して、お金を借りることについて知識の整理をしていただければ幸いです。