登録タグ:
ARPAcart
価格改定

初期価格からの改定の値下げ幅を設定したい


ライバルが急激に値下げ!
そんな時でも、ARPAcartならお客様の利益を守ります。

①値下リミッター

2-5

例えば1000円の商品を1回の価格改定に対しての値下げ幅を20%で設定しておけば800円までは改定します。
ライバルが一度に799円以下まで急激に値下げした場合に値下げリミッターにより無視します。
つまり、1000円のままです。
当然、徐々に下がっていけば価格改定により最適な値段に調整されます。

例)

商品Aの自分の出品価格:1000円
商品Aの他店最安値:500円 → 商品Aの改定価格:1000円
※値下げ幅が-500円(50%)で20%以上なので価格改定は無視されます。

※送料がある場合は、送料を含めた額で値下げリミッターは計算されます。
※0%に設定すると値下げリミッターはOFFとなります。

 

値下げリミッターを解除する
値下げリミッターを解除したい場合は、設定したリミッターに収まるよう手動で価格改定を行います。

例えば、値下げリミッターが20%。最安値が500円で自分の商品が1000円の場合は500円を追従しますので500円付近に手動で改定を行うと値下げリミッターが解除されます。

 

②初期価格リミッター

2-5-2

徐々に下がっていった場合にも初期価格からの値下げ幅リミットを40%かけていればそこまで下がることはありません。
例)1000円の商品の場合、徐々に値下げをしても最大600円までの改定価格です。

※送料がある場合は、送料を含めない額で初期リミッターは計算されます。
※0%に設定すると初期リミッターはOFFとなります。

 

初期価格リミッターを解除する
初期価格リミッターを解除したい場合は、値下げリミッターと同じく設定したリミッターに収まるよう手動で価格改定を行います。

この際環境設定の「初期価格を保持する」の設定を「保持しない」と設定し、価格を手動変更してください。そうすると初期価格が手動で変更した価格と同値に変更され、以降自動価格改定が再開します。

2-5-3

上記の方法以外にも初期リミットに引っかかている商品全てを解除する方法もありますので、こちらでも可能です。

初期リミットに引っかかっている商品のリミットを一括解除する
※初期価格と、現在価格が同価格帯の場合は一括解除は行なえません。
https://aucfan.com/college/arpacart/5-36/
あれ?それって下限設定と同じじゃない?と思った方

下限設定と値下げ幅リミットの比較をしてみましょう。

リミットのイメージはスキップだと思ってください。

現在価格が500円だとして下限設定を300円に設定した場合はライバルが200円まで下げた時は300円まで下がります。

価格リミッターは現在500円だとしてリミッターを300円にセットしていた時はライバルが200円に下げた場合スキップいたしますので500円のままです。

※初期価格はARPAcart上で在庫が0から1になり販売を開始したタイミングの価格、もしくは、手動にてARPAcartより価格の変更を行った価格が設定されます。

ARPAcartはこちらhttps://aucfan.com/lp/arpacart/

 

インターネットを活用してなるべく高く売るためのテクニックや副業に興味がある方へ
現在無料で物販ビジネスが学べる説明会を開催中です。

 

下記よりオークファンが主催する説明会にご参加ください。

説明会

 

最新情報をリアルタイムで受け取りたい方は、LINEで受け取ることができます。

LINE登録