登録タグ:
オークションコラム
タオバオ×amazon ノウハウ
中国輸入
中国輸入 ニュース&ノウハウ

【タオバオ×amazonノウハウ】中国の休日について


タオバオより仕入れをしていると

関係してくるのが中国の休日です。

土曜、日曜日は比較的に営業しているショップが多いのですが

タオバオも祭日になるとほとんどのショップが

オフラインになりお休みになってしまいます。

また、中国の帰省シーズンになると

カレンダーの祭日以上に休みを取るショップもあります。

今回は中国の休日を知り、

仕入れがストップして

販売機会を逃さない対処法を

考えてみましょう。

まずはカレンダーをご覧ください。

20130830-1

 

 

20130830-2

 

http://www.anli-d.com/knowledge/calendar.html

 

当然ですが日本とはかなりずれた日程で祭日がありますね。

 

中国では1・2・4・10月に大きな連休があります。

タオバオのショップが営業していても

祭日は輸送ラインもストップし、

税関もストップしてしまいます。

 

更に連休前後は非常に多くの荷物が行き交いますので

通常の日数では商品が届かない確率がかなり高くなります。

 

そのため発注日から商品の到着まで

10日から2週間だった期間が

3週間から1か月掛かる場合もあります。

 

なので、発注は中国の祭日の日数プラス、

通常の輸送日数プラス、

祭日前後の混雑を想定し発注をかけなければなりません。

 

特に注意が必要な2月(新年)10月国慶節(建国記念日)に

ついて考えてみましょう。

 

約7日間の連休となる週でまさに大型連休です。

 

祭日が7日間 + 通常の商品の到着10日間から14日間 + 祭日前後の混雑7日間

=24日間

 

ざっと計算しても24日間分は在庫を確保しなければなりません。

 

つまり中国の連休前に最低でも24日分は発注し

タオバオのショップで発送してもらわなければ

なりません。

 

また、現地の輸入代行業者さんも休みになる可能性がありますので

合わせて確認しておきましょう。

 

タオバオ仕入れをしているamazonセラーで連休中に

在庫を切らせてしまったという話をよく耳にします。

在庫をきちんと確保し販売機会を逃さず

ライバルセラーに差をつけるチャンスなので

しっかり頭に入れておきましょう。