登録タグ:
オークションコラム
タオバオ×amazon
タオバオ×amazon 導入編
中国輸入
特集

【特集:タオバオ×amazon-11】トータルの購入費用の計算方法


前回、関税についてお話させて頂きました。

トータルの購入費用はどのくらいかかるのでしょう?

・商品代金
・中国国内送料
・為替交換手数料
・輸入代行業者の手数料
・国際EMS送料
・輸入関税
・消費税
などが購入費用として掛かります。

 

中国から購入するという事は
もちろん輸入商品になります。

国内の商品とは違い、
実際に商品が届くまで
正確な数字は分かりませんので
大体、どの程度かかるかという事を
理解して頂きたいと思います。

 

商品代金と中国国内送料について
タオバオの商品ページで見てみましょう。

これは電動ドリルの刃ですね。
重量は仮に100gとします。

 

【画像20130705-1】

 

商品代金 26.5元 + 送料 6元
合計 32.5元

 

現在の為替レートを1元 17円としたとします。

為替交換手数料は通常、
為替レートに1円プラスした程度なので
1元 18円で計算すると
大体、計算が合うと思います。

商品代金 約477円 + 送料 108円
合計 585円

 

仮にこの商品を1個だけ購入した場合、
手元に届くまで実際にいくらかかるのか?
ちなみに商品を1個だけ買うという事は有り得ません。

理由は後ほど説明致します。

 

試しに輸入代行業者「タオバオなび」を利用して
計算してみましょう。

 

【画像20130705-2】

 

商品代金の合計が1万円未満なので
代行手数料は 1,200円

国際EMS送料はタオバオなびの場合、
0.5kg以下は108元(1,944円)
0.5kg以上は1kgごとに24元(432円)追加
最初の0.5kg(1944円)までが割高ですが、
それ以降は0.5kg(216円)になります。

 


5kgの場合、108元+4.5kgx24元
216元(3,888円)

先ほどの商品は100gなので国際EMS送料は1,944円

 

輸入関税・消費税につきましては
今回は商品の量が少ないので発生しないと思います。

こちらも後ほど説明致します。

 

それでは電動ドリルの刃を一個だけ輸入した場合、
トータルの購入費用を計算してみましょう。

商品代金 約477円 + 送料 108円
合計 585円
代行手数料は 1,200円
国際EMS送料は1,944円

合計は驚きの3,729円です!

もの凄く高いです。

中国国内で購入すれば585円の商品が
3,729円になってしまいます。

 

それでは20個購入した場合はどうでしょう。

商品代金 約477円x20個 + 送料 108円 x3
合計 9,864円

送料x3としたのは購入量が多少増えたので
送料も高くなります。

あくまでも予想の送料です。

商品代金の合計が10,000円未満なので
代行手数料は 1,200円
商品1個100gx20個  2kg

国際EMS送料は108元+1.5kgx24元
144元(2,592円)

輸入関税・消費税につきましては
今回も商品の量が少ないので発生しないと思います。

商品代金 約477円x20個 + 送料 108円 x3
合計 9,864円
代行手数料は 1,200円
国際EMS送料は2,592円

20個購入した場合の合計費用は13,656円
20で割ると1個単価は約683円です。

 

この電動ドリルの刃は
amazonでは2,000円前後で販売されていましたので

1個だけ輸入して販売した場合は
1,729円の赤字になります。

 

逆に20個輸入して販売した場合はいかがでしょう。
完売すると26,340円の利益が出ます。

コラム前半で
「商品を1個だけ買うという事は有り得ません。」
と言ったのはこのためです。

 

1回購入するのにかかる費用というのは
意外とかかると思われたでしょうか。

 

確かにごく少量を輸入した場合はそのようになります。

私達が行っているタオバオからの購入というのは
低価格で利益率の良い商品になります。

実際に30,000円分の商品量というのは
かなりの個数になりますので1個単価で考えると
それほど負担にはなりません。

 

最後に輸入関税・消費税についてです。

・税関
◎http://www.customs.go.jp/

日本の税関は財務省の地方支分部局で、
輸出入の際にかかる関税や消費税などを徴収するほか、
薬物、銃器や知的財産侵害物品などの
社会の安全安心を脅かす物品の密輸出入を取り締まり、
貿易の秩序維持と健全な発展を目指す機関である。

 

・輸入関税とは
簡単に言うと輸入品に対して
通関時に徴収される税の事です。

すべての商品にかけられるものではありません。

ジャンルによっては非課税の物もあります。

皮製品につきましては高い関税率になっています。

 

・消費税とは
基本的にすべての輸入品にかけられる事になっています。

それではどのくらいかかるのでしょうか。
これが一番厄介な費用です。

 

なぜか!

 

実際に荷物が届くまで分からないからです。
しかも費用の明確な基準が私達には分かりません。

いつ支払うのかというと
荷物を受け取った時に現金で支払う事になります。

EMSは郵便局の扱いになりますので
配達にきた郵便局の職員に支払います。

あくまで目安ですが、
荷物の梱包が小さければ無税の事が多いと思います。

本格的な輸入を始めると1箱の大きさが
160サイズ(3辺の合計160cm)くらいになります。

商品内容にもよりますが
1箱にかかる関税+消費税は
おおよそ2000円から6000円くらいです。

やはり商品個数で割ると大した負担にはなりません。

 

トータルの購入費用につきましては
実際に取引をしないと分からない事が多いので
実戦で覚えるのが1番の近道でしょう。

 

次回はどのような商品を輸入すればよいのか!
核の部分に迫って行きたいと思います。