登録タグ:
オークションコラム
タオバオ×amazon
タオバオ×amazon 出品編
中国輸入
特集

【特集:タオバオ×amazon-24】マーケットプレイス登録時の注意点


前回、マーケットプレイスへの出品は簡単なのでやってみましょう!
というお話をさせて頂きました。

 

実はamazonへ出品する際、
すぐに出品できるカテゴリーと
出品許可申請が必要なカテゴリーがあります。

 

すでにマーケットプレイス(商品ページ)があっても
出品出来ない商品があるのです。

 

以下のカテゴリーに該当する商品は
出品許可申請が必要になります。

①ヘルス&ビューティー
②時計
③服&ファッション小物
④ジュエリー
⑤シューズ&バッグ
⑥食品&飲料
⑦コスメ
⑧ペット用品

 

⑥食品&飲料に関しましては
私達、個人輸入者が取り扱う事は出来ませんので
申請の必要は有りません。
法律(食品衛生法)で禁じられています。

⑦のコスメにつきましてはamazonの規約で
並行輸入品の取り扱いが禁止されています。
それ以外の6項目は早めに申請をしておきましょう。

 

申請の前にやっておかなければいけない事があります。

大口出品者としての登録です。

amazonのアカウントを取得した際、
大口出品者として登録していれば問題は無いのですが、
小口出品者として登録していた場合は
大口出品者に登録変更しないといけません。

 

理由はカテゴリー申請の必要条件として
大口出品者が対象になると
amazonの規約で定められています。

まず、ご自身の出品形態が
どのようになっているのか確認してください。

 

確認方法はセラーセントラルのトップページより
「設定」タブの中から
「出品用アカウント情報」をクリックしてください。

 

【画像20130716-1】

 

出品形態が大口出品となっていればOKです。
小口出品になっていた場合は
大口出品へ変更してください。

出品形態欄の右側に
「大口出品に変更」という項目がありますので
クリックして変更してください。

 

ここで注意点が1点あります。
大口出品者登録をした場合、
4900円の月間登録料が必要になります。

この費用は毎月、発生する費用で
商品が売れても売れなくても発生しますが、
必要経費として割り切って考えてください。

私達が今後、販売していく商品というのは
利益率の非常に高い商品です。

1個単価で計算すると大した出費ではありません。

逆に大口出品のメリットのほうが遥かに大きいのです。

 

大口出品のメリット

・出品許可申請をする事により出品できるカテゴリーが大幅に増える。
・新規商品ページを自分で作成出来る。
(ライバル不在のオリジナル商品ページでの販売が可能)
・基本成約料無料
(小口出品の場合、商品が1点売れるごとに100円の成約料が発生します。)

 

私達はタオバオから商品を輸入して販売します。

最も利益がとれる商品というのは
自分だけのオリジナル商品になります。

これにつきましては後日、詳しく説明致しますので
今は「大口出品」のほうが遥かに有利である
という事をご理解下さい。

 

amazonの出品用アカウントを持っていない方は
amazonのホームページ最上段にあります
「出品サービス」より登録を行って下さい。

登録方法や大口・小口の違いも更に詳しく記載されています。

http://www.amazon.co.jp/ref=gno_logo

 

【画像20130716-2】

 

今後、コラムの内容は
JANコードというものについて触れていきます。

その中で「出品許可申請」の
申請のやり方を説明致しますので
本日は出品許可申請が必要なカテゴリーがある
という事をご理解ください。

 

それでは次回もお楽しみに!