登録タグ:
オークションコラム
タオバオ×amazon
タオバオ×amazon 導入編
中国輸入
特集

【特集:タオバオ×amazon-2】正規輸入品・並行輸入品とは


正規輸入品と並行輸入品という言葉をお聞きした事がありますでしょうか。

 

 

正規輸入品とは

海外メーカーと販売契約を結んでいる
企業・代理店を通して販売している商品

 

並行輸入品とは

販売店もしくは個人が直接輸入して販売している商品

無題

赤い矢印は正規輸入品の輸入ルートです。

 

販売契約を結んでいる企業・代理店を通しての商品なので
正規輸入品となります。

 

購入者にとってのメリットはメーカーの保障や修理が
受けられるという事があります。

デメリットは並行輸入品と比べると価格が高いのが通常です。

 

青い矢印は並行輸入品の輸入ルートです。

 

こちらは日本国内の販売契約を結んでいる
企業・代理店を通していない商品なので
並行輸入品となります。

 

購入者にとっては、
やはり正規品に比べ価格が安いという事が最大のメリットです。

 

デメリットは通常、メーカーの無償対応を受けられないという事と
場合によっては修理も受けられないという事があります。

 

どちらも同じ商品ではありますが、取り扱われ方や価格が
違うという事だけ覚えておいてください。

 

ここからは、amazonマーケットプレイス内での正規輸入品と
並行輸入品について説明致します。

 

同じ商品なのに2つの商品ページがある事をご存知でしょうか。

 

こちらが正規輸入品ページです。

 

【画像20130625-2】

 

この商品ページでは「Amazon.co.jpが販売、発送します。」となっています。

 

この商品ページに出品できるのは、このメーカーと
販売契約もしくは代理店契約を結んでいる販売店となります。

 

 

そしてこちらが並行輸入品ページです。

 

【画像20130625-3】

 

この商品は「○○○が販売し、Amazon.co.jpが発送します。」となっています。

 

○○○が私達の店舗名になります。

 

私達、個人輸入者はメーカーと契約を結んでいるわけではありませんので
この商品を販売できるのはこちらの商品ページになります。

 

 

 

amazonではこのように商品を
正規輸入品と並行輸入品に
区別しています。

 

誤って正規輸入品ページに出品した場合、
どのような事が起こるのか?

 

まずは、amazonより警告が来ます。

 

そこで出品を取り下げればまだ、良いのですが警告を無視して
出品し続けるとアカウント審査になります

最悪の場合、アカウント停止になる事もありますので注意が必要です。

 

amazonは私達にとって商品を販売するショッピングモールであり、
パートナーです。

より良い関係を継続できるようにルールはしっかり守りましょう。

 

本日は出品出来る商品ページについて説明させて頂きました。

 

次回は、私達が商品を購入している中国サイト「タオバオ」の
見方について説明させて頂きたいと思います。

 

 

ここからが本番です。

次回もお楽しみに。