登録タグ:
オークションコラム
タオバオ×amazon
タオバオ×amazon 導入編
中国輸入
特集

【特集:タオバオ×amazon-9】輸入できる物、できない物、しない方が良い物


前途で輸入代行業者を使い、
商品を購入し輸入をするとご説明しましたが、
何でも輸入できる訳ではありません。

1 輸入禁止の物
2 輸入はできるが、国内法により輸入できないものがある

以上のものをご説明していきたいと思います

 

【コピー品や輸入規制品】
中国国内ではコピー品やキャラクターなどの
知的財産に絡む商品が数多く流通しています。

コピー品や知的財産に触れる商品を
輸入、販売するのは、犯罪行為ですので
絶対にお止め下さい。

 

また、中国からの輸入となると規制が厳しい商品や、
法律で禁止されている商品もあります。

税関(輸入禁止・規制品目)
http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm

 

また、自分が輸入しようとする商品が
法に触れないか迷ったときには、
税関に直接電話で尋ねることもできます。

 

それでは、具体的に例を挙げていきますね。

 

1.輸入禁止の物

【液体】
液体は輸入禁止です。
中国輸入の際、ほとんどEMS(国際スピード郵便)などを使うので飛行機に載せる事ができません。

 

【医薬品】
薬事法により、禁止されています。

 

【銃器】
けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの鉄砲弾及びけん銃部品
爆発物・危険物

 

【コピー品】
知的財産侵害物品(キャラクター商品や、偽ブランド品)

 

【ブランド品】
世界的に知名度が高いブランド品などは
例え本物でも、輸入できないケースがあります。

メーカーの輸出入の許可証が必要なケースがあるのです。

こちらから輸入禁止ブランドの検索ができます。
http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1022127/www1.customs.go.jp/mizugiwa/chiteki/ipstsrc.htm

 

2. 輸入はできるが、国内法により販売できないものがある

【技適認証】
無線機器やBluetooth搭載商品など

 

【コンセント使用品】
(電気用品安全法 PSEマーク商品)

中国のコンセント電源は220Vになっています。

また、コンセントの形状が日本とは異なるため
コンセントを電源とする商品は日本では使えません。

なかには輸出用で100V用の電源アダプターを付けて
販売している販売店もあります。

 

輸入は出来ますが、日本では電気用品安全法という法律があります。

なので、そのまま販売することはできません。

登録検査機関の適合性検査を受験し、
その証明書の交付を受け
PSEマークを表示できれば販売できるのですが、
検査をするのに1点、数十万円という高額な費用が掛かりますし、
個人レベルではハードルが高すぎるので
取扱いはやめておいたほうが良いでしょう。

 

【画像20130701-1】

 

この様なPSEマーク商品に限らず、
万が一、販売した商品が火災などの
事故を起こす危険性のあるものは
輸入販売者の責任を問われる場合がありますので、
よく考えて仕入れることも大切です。

 

電気用品安全法ページ
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/

 

商品について不明な点は
経済産業省ホームページより
問い合わせができますので、ご活用下さい。
http://www.meti.go.jp/

 

【幼児向け商品】
乳幼児向けの食器やおもちゃなど、
検査が厳しくなる傾向があるようです。

法的に輸入が禁止されているもの、
又は輸入するために
事前に許可・認可が必要なものもあります。

 

【食品】
食品衛生法で乾燥物以外の輸入には
事前の許可が必要です。

個人輸入レベルでは取り扱いはできません。

 

【ヘルメット、石油ストーブ、ライターなど】
消費生活用製品安全法に該当するもの
(消費生活用製品安全法 PSCマーク商品)
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/shouan/contents/shouan_gaiyo.htm

 

3.輸入しない方が良いもの

【CD DVD 書籍などのメディア関連】
これらは輸入禁止物ではありませんが、
中国からの輸出の際の検査が厳しいようです。

特に宗教や政治に関する書物は
没収されることが多いようです。

日本では信じられないかもしれませんが、
CD・DVDに関してはダビングしたCD-RやDVD-Rを
販売するショップもあります。(完全なコピー品です。)

購入を検討される際には、
しっかりと代行業者さんに
聞き込み調査をしてもらいましょう。

 

今回、ご説明させて頂きました商品などは
代表的な例となります。

輸入禁止商品や、
輸入できない商品がたくさんあるように見えますが、
タオバオから仕入れられる商品数は膨大な数なので、
全く心配はいりません。

 

次回は、関税・誤商品・破損品の対応についてご説明させていただきます。