登録タグ:
オークションコラム
タオバオ×amazon
タオバオ×amazon 出品編
中国輸入
特集

【特集:タオバオ×amazon-30】JANコード有り商品のメリットとは


JANコードというものにつきましては、
コラム「JANコードとは」で
詳しく説明させて頂きましたので
そちらのコラムを読んで頂けたらと思います。

 

ここではJANコードを付けて販売する事の
メリットについてお伝えします。

 

レッドオーシャンとブルーオーシャン
という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

これはビジネス用語としてよく使われている言葉です。

 

競争の激しい既存市場を
レッド・オーシャン
(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)
と言います。

 

amazonでいうと
売れてはいるけれども出品者が多く、
価格競争も激しい市場を言います。

例をあげるとこんな商品がそれにあたります。

 

【画像20130717-14】

 

注目すべきは「新品の出品」の数です。

73人もの出品者が
この1つの商品ページで販売をしています。

10人を超える出品者がいるページは
価格競争になっている可能性が
比較的高いと言えます。

 

それではamazonのランキングを見てみましょう。

 

【画像20130717-15】

 

DIY・工具 3位   散水用ホース 1位

1ヶ月に何個売れているかは分かりませんが、
大量に売れている事は推測できます。

 

このような商品はいくら売れていても
ライバル出品者が多く、必ず価格競争に陥ります。

 

それに対して競争のない未開拓市場を
ブルー・オーシャン
(青い海、競合相手のいない領域)と言います。

 

amazonで言うと
ある程度、売れていて
ほぼ独占的に販売している状態を言います。

例をあげるとこんな商品がそれにあたります。

 

【画像20130717-16】

 

単独出品者ですね。

それではamazonのランキングを見てみましょう。

 

【画像20130717-17】

 

家電・カメラ 71位
モバイルバッテリー 9位
携帯電話 43位

これもかなりの数が売れていると推測出来ます。

しかも単独出品者!

 

あなたはレッドオーシャンとブルーオーシャンの
どちらの商品を販売したいですか?

もちろんブルーオーシャンの商品ですよね。

 

それではブルーオーシャンの商品を販売するには
何をすれば良いのか、
自分が作った商品ページ(マーケットプレイス)に
ライバル出品者が出品してこられない状況
を作れれば良いのです。

 

・JANコードをつけて自社製品として販売
・オリジナルの補償や保証を付ける
・その他の商品と組み合わせてセット商品として販売する。
・オリジナルパッケージに入れ換えて販売する
…etc.

 

このように参入壁を設けていくと
ブルーオーシャン化する事が出来ます。

ライバル出品者が同じ物を出品出来ない状態になると
独占販売も夢ではありません。

 

ここで誤解の無いようにお伝えしますが、
amazonの基本ルールとして
商品登録時に製品コード(JANコード)の登録
が義務付けられています。

JANコード無しの出品は特殊な例です。

 

【画像20130717-19】

 

市場は戦場とも言えます。

何も参入壁を作らずに出品するという事は
戦場に裸で立っているのと同じ状態です。

 

JANコードを付けるというのは
戦闘服を着るといったイメージでしょうか。

その後、武器を持ち、
兵器を持って武装していくと
自分(商品)を守る事が出来るようになります。

 

誰もいないブルーオーシャンを目指しませんか!

次回はJANコードの取得方法について
詳しく説明致します。

次回もお楽しみに!