登録タグ:
オークションコラム
ヨーロッパ輸入
ヨーロッパ輸入リサーチノウハウ
特集

【特集:ヨーロッパ輸入-14】国内差益が取れる商品リサーチ方法とは


これまでのコラムでは、ヨーロッパ製品や、
ヨーロッパからの仕入れについて概要を解説させて頂きました。

・おもしろそうだな!

・これなら、自分でも取り組めそうだ!

・アメリカ仕入れより、利益がとれそうだ!

こんな風に興味を持って頂けるとうれしいのですが…

 

その反面、

・おもしろそうだけど、実際の仕入れは難しそう…

・商品リサーチは、どこから始めたらいいだろう…

・有名なメーカーが多くて、競合が多そうだな…

・ヨーロッパ商品の需要ってどこで分かるんだろう…

このような疑問点も浮かんできたかもしれませんね。

 

 

ここからは、これらの疑問点が解決するヨーロッパ輸入ビジネスの具体的な実務ついて解説したいと思います!

 

▲ヤフオク市場から商品需要を読み解く

国内で個人が商品売買をするのに最適なECサイトは、ご存じ“ヤフオク”です。

ヤフオクは、国内最大級のオークションサイトです。

このヤフオクは、どういった市場であるかご存知でしょうか?

 

まず、こちらをご覧ください。
オークファン→落札相場より抽出 最近30日のヤフオクの総落札数。

20130614-39

 

1か月で約1000万件落札されているのがお分かり頂けると思います。

1日に換算してみると、なんと33万件落札されている超巨大マーケットなのです!

 

▲ヤフオクの【全カテゴリ】

こちらは、ヤフオクの全カテゴリです。大カテゴリだけで、24に分類されており、

その下には中カテゴリ、小カテゴリと、さらに細分化されて商品が分類されているのです。

 

これだけのカテゴリで分類されるほど、様々な商品が売買されているのです。

 

20130614-40

 

これから海外から商品を仕入れて、国内最大オークションのヤフオクで販売しようと考えた時に、

向けて頂きたい視点があります。

 

「自分の商品が落札されるにはどうすればいいか・・・」

この事を一生懸命考えるよりも「落札されている1000万件の商品は一体どんなものなのか?」

この事に目を向けましょう!

 

「落札」という結果が出ている商品のみ扱えば、落札される為に一生懸命になる必要は〝無い″のです。

 

統計に基づいた情報を読み解くことで・・・

売れている商品・需要のある商品を取扱うことが可能なのです!

 

▲オークファンを活用して商品リサーチ

統計に基づいた情報を読み解く為に、実際にどのような事をすればいいのか・・・?

 

それは、相場検索サイト「オークファン」をフル活用します!

http://aucfan.com/

 

商品リサーチの流れは、おおきく分けて3工程です。

 

まずは商品リサーチの基本を覚えた上で、日本で需要のあるヨーロッパ製品の探しましょう!

 

次回コラムでは、商品リサーチの3工程について解説しますね!