登録タグ:
オークションコラム
ヨーロッパ輸入
ヨーロッパ輸入リサーチノウハウ
特集

【特集:ヨーロッパ輸入-18】海外商品選定の際のポイントと実例とは


今回のコラムでは、実際に海外商品が見つけやすいキーワードを検索し、
商品選定する際のポイントと実例をお見せします。

商品検索の順番通り、価格帯を絞り、高額順に並べかえた後、上から下まで見て行きます。

例として、「北欧」というキーワードで検索をかけてみました。
北欧のインテリアが多いようですね。

20130614-45

これらの落札品結果のデータを読み解くために、いくつかのポイントがあります。

上から順に見て行く時は、
画像でまずパッと判断し、その後、タイトルを見ていきます。

〈判断材料〉・海外製らしいもの
・サイズが小さい物
・重量がない物
・関税が高くつきそうな品目
・専門知識が不必要な品目
…など。
〈タイトル〉・アルファベットで表記されている
・型番/品番が記載されている
・モデル名が記載されている
・海外からの商品だと分かるキーワードが含まれる
…など。

例:「北欧」からリサーチ
・商品名がアルファベットである。
国内でも海外での商品名やメーカー名が認知されているという点と、
ebayなど海外市場で商品を探す際に、アルファベットの商品名がわかると非常に探しやすいです。

・大きく重量がある。
輸入仕入れの基本として、重量があるものはコストがかかる為仕入れに
向きません。輸入に慣れるまでは、なるべくサイズや重量が小さいもの
を選択するのが賢明です。

20130614-46

 

例:「英国」からリサーチ
・ロンドン/英国など海外を表す単語・品番やモデル名がタイトルに記載されている。
タイトルに記載されている情報を元に、海外市場で商品をスムーズに探すことができます。

20130614-47

これらの工程を経て見つけた商品例をご紹介します。
:キーワード《北欧》価格帯《20,000円~30,000円》

20130614-48

 

この落札結果に注目した点。
・商品名がアルファベットで表記されている。
・海外を表すキーワードが複数入っている(北欧/デンマーク)
・画像が暗く、商品がはっきり見えない画像である。
・画像が悪くても、20,000円で落札されている。

たくさんの情報の中から、仕入れに最適な商品を見つけることは、非常に難しい作業のひとつと言えます。
しかし、今回のコラムで解説した基本の商品選定のポイントを押さえておくことで、

比較的スムーズの魅力的な商品を選び出すことができるのです。
勘だけで商品を選ぶことはリスクがあります。必ずデータを読み解くようこころがけましょう。