登録タグ:
amazon輸入・販売
amazon輸入・販売 商品登録編
オークションコラム
個人輸入

【amazon輸入・販売-26】商品画像のガイドラインとは?


前回のコラムでは、
タイトル文の作り方を取り上げました。

 

ひとえにタイトル文と言っても、
非常に奥が深いと言う事がおわかりいただけたと思います。

 

今回は、タイトル文に続いて、
商品画像のガイドラインをご紹介します。

 

 

▲商品画像のガイドラインとは?

 

ちなみに、ガイドラインとは、決まり事のことです。

もちろん、オークションやamazonには、
それぞれのガイドラインがあります。

amazonには、どんな決まり事があるのでしょうか?

 

まず、以下のURLをクリックして
amazon商品画像のガイドラインを確認してみましょう。

 

amazon商品画像のガイドラインページへ↓

http://tinyurl.com/oxwoh6p

 

2013053101

 

各項目は、以下の様になっていますね。

 

関連商品を含む画像
画質、クォリティ
白い背景
影、シャドウ
白い表紙画像の外枠
フレームに対する商品の割合
パッケージ
テキスト(文字)やグラフィックス(絵)、挿入画像
書籍の帯

 

上記リンクを、クリックし、
それぞれのページを確認してみてください。

 

様々な決まり事が、ある事が分かりますね。

 

「なるほど!」と思う点もあれば、
「へぇ、そうなんだ!」と驚く点もあると思います。

 

商品写真を、撮り慣れている方からすると、
「この辺りは、他の写真の撮り方と違うな」
と気付く部分もあると思います。

 

amazonのガイドラインの特に押さえるべきポイントは、
以下の様な点では無いでしょうか?

 

1,背景は完全な白(RGB 255, 255, 255)

2,ピンぼけ画像や、色違いの画像は、NG

3,商品全体が、フレーム内に収まっていること

4,メイン画像には、テキスト(文字)やグラフィックス(絵)や
ロゴなどは、使用できない

 

商品画像も、タイトル文と同様に、
ヤフオクなどのルールとは、色々な点で異なりますね。

 

でも、amazonに出品する際には、
amazonのガイドラインを守って出品する必要があります。

 

しっかりと確認してくださいね。

 

さて、今回の内容は、如何でしたでしょうか?

 

次回は、商品説明とキーワードを取り扱いたいと思います。
楽しみにしておいてくださいね。

 

では、次回のコラムで、またお会いしましょう!