登録タグ:
amazon輸入・販売
amazon輸入・販売 商品登録編
オークションコラム
個人輸入

【amazon輸入・販売-29】ASINコードとは?


あなたは「商品管理」と言う言葉を、聞いたことがありますか?

 

商品管理とは、棚卸しをして、在庫数を確認したり、
販売数量を分析したりする事です。

 

商品管理をする事で、商品の回転率を把握したり、
在庫数を、適正数に保ったりすることができます。

 

少し難しいですかね?

 

簡単な例を出しましょう。

 

例えば、1ヶ月に100個売れている商品が、あったとしましょう。

在庫数を確認すると、今50個あります。

と言う事は、あと約2週間で、完売することが分かりますよね。

また、その商品の仕入れるのに、1週間かかったとしましょう。

この場合、今から1週間以内に発注をかければ、
欠品する可能性が低い、と言う事も分かります。

 

こういう分析を基に、在庫を調整すること、
それが、「商品管理」になります。

 

 

▲ASINコードとは?

では、商品管理をするためには、どんなことが必要でしょうか?

 

色々あると思いますが、その一つが、「商品コード」になります。

商品コードとは、商品ごとに、振られた番号の事です。

前回のコラムでは、JANコードを説明しましたが、
JANコードも、商品コードの一種です。

 

しかし、amazonでは、別のコードで、管理しています。

と言うのも、商品によって、JANコードがあるものもあれば、
無いものもありますよね。

 

JANコードが無い商品は、JANコードでは、管理ができないわけです。

そこで、amazonが使っているのが、「ASINコード」
と言われるコードになります。

 

ASINコードは、amazon独自のコードで、
10桁の英数字からなる番号です。

ASINは、「エーシン」と言ったり、
「エーエスアイエヌ」と言ったりします。

 

※ちなみに、amazonのサポートの方は、
「エースアイエヌ」と言っています。

 

 

▲ASINコードの確認方法

では、ASINコードは、何処で確認したら良いのでしょうか?

実は、商品ページの「登録情報」の欄に、記載されています。

 

2013060701

 

ちょうど、赤枠で囲った部分ですね。

このコードが分かると、amazonでは、
商品を特定することができます。

 

また、amazonは、現在、世界10カ国で展開されていますが、
同じ商品は、どの国のamazonでも、同じASINコードで管理されています。

※一部例外もあります。

 

このことは、非常に重要です。

 

これから扱います、amazon輸入の話では、
このASINコードが、商品検索の鍵となってきます。

ASINの役割だけは、しっかりと理解しておいてくださいね。

 

 

さて、次回は出品の際に大切な、SKUを取り上げます。

楽しみにしておいてください。

では、次回のコラムで、またお会いしましょう!