登録タグ:
amazon輸入・販売
amazon輸入・販売 商品登録編
オークションコラム
個人輸入

【amazon輸入・販売-34】ebayとは?Amazon.comとは?


前回のコラムで、海外には儲かる商品が
沢山ある事が分かりましたよね。

 

儲かる商品がある事が分かっても、
その値段で仕入れることができなければ、意味がありません。

どこかから、買ってくる必要があります。

買う方法は、沢山あります。

 

その中で、今回はebayとAmazon.comをご紹介します。

 

▲ebayとは?

ebayとは、世界最多の利用者を誇るインターネットオークションサイトです。

 

20130614012

 

オークファンでも、良く取り上げられているので、
ご存じの方も多いかも知れませんね。

 

ebayへは、ここをクリック↓

http://www.ebay.com/

 

非常に見やすく、買いやすいサイトですね。^^

 

 

ちなみに、ebayの本社は、こんな感じです。

 

 

20130614022-300x203

※画像出展:Wikipedia

 

 

▲Amazon.comとは?

Amazonn.comは、日本のAmazon.co.jpの親会社ですね。

 

20130614031

 

amazonグループの本家でもあります。

 

Amazon.comへは、ここをクリック↓

http://www.amazon.com/

 

 

第一回目のコラムでも書きましたが、
2013年現在、amazonは、以下の10カ国で展開されています。

 

アメリカ(amazon.com)
イギリス (amazon.co.uk)
フランス (amazon.fr)
ドイツ (amazon.de)
カナダ (amazon.ca)
日本 (amazon.co.jp)
中国 (amazon.cn)
イタリア (amazon.it)
スペイン (amazon.es)
ブラジル (amazon.com.br)
amazonを使うと、
これらの国々から仕入れることができるんです。

 

▲何故ebay、Amazon.comなのか?

世界にはショッピングサイトは、沢山あります。

 

その中でも、このebayやAmazon.comは、
最もシステムが整っているサイトです。

 

例えば、輸入で問題になってくる“言葉の壁”。

商品を買うまでに、販売者と
何度もやり取りをしなくてはなりません。

 

でも、この2つのサイトを利用すると、購入するだけなら、
販売者とやり取りをする必要は、ほとんどありません。

 

また、クレジットカードやPayPalでの支払いですので、
「商品が届かない」、「送られてきた商品が壊れていた」
などのトラブルの際にも、補償を受けることができます。

 

そういった意味で、とっても便利なサイトです。

 

 

次回から、これら2つのサイトを使った商品検索や輸入などについて、
ご説明いたします。

 

楽しみにしておいてくださいね。

 

では、次回のコラムで、またお会いしましょう!