登録タグ:
amazon輸入・販売
オークションコラム
個人輸入

【amazon輸入・販売-47】ebayセラーへの評価を入れる方法


前回までのコラムで、ebayでの商品購入の方法を
数回にわたって、ご紹介しました。

 

今回は、ebayで購入した後の「評価」について考えていきたいと思います。

では、早速入って行きましょう。

 

▲セラー評価とは?

amazon、楽天市場、ヤフオクなどで商品を買うと「評価」と言うものがあります。

 

これは、販売者(出品者)が、ちゃんと対応してくれるのか?

商品は、きっちりしたものなのか?などを、購入者が判断する制度です。

これを残すことを、「評価する」と言います。

「良い」評価が多くなると、信用がついてきます。

そのセラーさんの商品は、売れやすくなります。

 

逆に、あなた自身も、セラーさんから、「良い」評価が入るとあなたの信用も厚くなります。

取引が完了した場合は、正当な評価を残しましょう。

 

▲どんな評価を残すべきなの?

評価については、「どんな評価を残したら良いの?」

と言う質問が、多く寄せられます。

結論から申し上げると、問題なく取引が完了した場合は、
ebayに限らず、「良い」評価を残してください。

 

不満がある場合は、その度合い次第ですが、
「普通」~「悪い」と言う評価になります。

 

始めたばかりの方は、特に「辛口」評価になりがちです。

評価数が、20以下の方は、なるべく
「自分が思っている評価よりも、一つ上」の評価を、目安にすると良いでしょう。

 

▲評価の方法

ebayで評価を残すのは、カンタンです。

まず、My ebayにログインしましょう。

そして、[Accout]タブ→[Feedback]リンク→[Leave Feedback]ボタン

の順番でクリックします。

 

2013071201

 

ちょうど、上記画像の赤枠で囲った部分です。

 

では、評価をしましょう。

上記の画像の、赤枠の部分[Leave Feedback]ボタンをクリックします。

すると、以下の様な画面に切り替わります。

 

2013071202

 

ちなみに、“Feedback”とは、“意見”と言う意味です。

“評価”と言い換えても良いでしょう。

 

評価レートについてですが、以下の様になっています。

1, Positive:良い

2, Neutral:普通

3, Negative:悪い

4, I’ll leave Feedback later:後で評価する

 

そして、ひと言コメントを付け加えます。

上記の画像で言えば、“Tell us more”の部分になります。

ここは、難しい長文を入れる必要はありません。

シンプルな文章を入れましょう。

他の方の評価を参考にして、定型文を何パターンか作り、
それを貼り付けると言うのも、一つの手です。

 

最後に、上記の画像の青枠で囲った部分を、説明しましょう。

各センテンスの意味は、以下の通りです。

 

・How accurate was the item description?

商品説明はどれぐらい正確でしたか?

 

・How satisfied were you with the seller’s communication?

セラーとのやり取りには、どれぐらい満足しましたか?

 

・How quickly did the seleer ship the item?

セラーは、どれぐらい迅速に発送してくれましたか?

 

・How reasonable were the shipping and handling charges?

発送に関する金額は、どれぐらい納得のいく価格でしたか?

 

上記4項目を、☆5段階で評価します。

上記の画像は、ちょうど3つめの質問まで、☆を付けた状態です。

オークションは、入札から評価までが、一つの作業です。

評価までしっかりと行ってくださいね。

 

さて、今回の内容は、如何だったでしょうか?

次回は、在庫の変動を扱いたいと思います。

楽しみにしておいてくださいね。

では、次のコラムでお会いしましょう!