登録タグ:
amazon輸入・販売
オークションコラム
個人輸入

【amazon輸入・販売-48】在庫の変動を調べよう


はじめに

前回は、ebayセラーへの評価の入れ方について説明しましたね。

今回は、仕入れる量を決めるために、
amazon.co.jpでの在庫の変動を調べる方法をご紹介します。

 

在庫変動の把握の重要性

慣れてくると、ランキングだけでもどのくらい売れているのか、
わかるようになるのですが、初めのうちはなかなか難しいですよね。

恐る恐る仕入れてみたら、すぐに売れて販売機会を逃してしまったり、
逆に売れると思ってたくさん仕入れたら全く売れなかったり…。

ある程度売れている数が分かれば、
どのくらい仕入れたらいいのかがわかるので、そうしたロスが少なくて済みますね。

少し面倒ではあるのですが、この方法を使うと
「価格の相場」と「回転率」を予測できるようになります。

 

在庫変動の調べ方

では、具体的な方法について説明していきますね。
amazon.co.jpを開きます。今回はこの商品で調べてみましょう。
20130712-2-01

新品の出品をクリックして、出品者を表示します。
20130712-2-02

上から5番目くらいまでの出品者の商品をカートに入れていきます。
1つ入れたら、ブラウザの戻るボタンで戻って、別の出品者の商品を入れていきます。

カートに商品を入れると、以下のような表示が出ます。
20130712-2-03

この出品者は4点在庫があることがわかります。
1つずつだと面倒なので、商品をカートに入れてから、
カートの商品を変更する、をクリックします。
すると、以下のように選択した出品者の在庫数がわかります。
20130712-2-04

在庫数が多くて、数字が表示されない場合は、
戻ってカートに入れる数を増やしてみましょう。

以前は、カートの変更で数量を増やす変更もできたのですが、
現在は仕様が変わり、数量を増やすことはできなくなっているようです。

ここでの在庫数は登録されている在庫数なので、
実際とは違うかもしれませんが、商品が売れれば数が減っていくので、
1週間その数の差を調べてデータを取っていけば、
どのくらい売れているのかがわかるようになるという仕組みです。

少し面倒なのですが、在庫を抱えるリスクがかなり減るので、
ぜひ身に付けておきたい方法の1つです。

 

おわりに

次回は、転送業者について説明していきます。
転送業者を使えば、アメリカにしか送ってもらえなかった商品も、
日本に送ってもらうことができるようになるので、
必ず利用したいサービスですね。

それでは、次回もお楽しみに。