登録タグ:
eBay輸入
eBay輸入 リサーチ編
オークションコラム
個人輸入

【eBay輸入-15】日本発送できない商品を仕入れる方法


こんにちは

今日は、本日は、転送業者についてお話します。

 

転送業者は、ebayで仕入れたい商品が日本への発送に
対応していない時に使用します。

 

転送業者はアメリカの住所を私たちに提供してくれますので、
ebayで買った商品をまず、転送業者のアメリカの住所に送ります。

 

そのアメリカの住所に届いたら、
転送業者が日本の住所まで送ってくれるというわけです。

 

そうすることで、日本への発送に対応していない商品でも
仕入れることができます。

 

転送業者はいくつか種類がありますが、
今回は、英語の苦手な輸入初心者の方にとっても
カンタンな日本語で、
さらに無料で利用できる転送業者スピアネット
について解説していきたいと思います。

 

はじめての転送業者としてはいいと思います。

 

まずは無料会員登録。

 

2013-05-16-4-1

 

まずは転送サービスをクリック。

 

2013-05-16-4-2

 

無料会員登録をクリック。

 

2013-05-16-4-3

 

各入力項目を入力して
「登録内容を送信」

 

ここはすべて日本語で登録できますので、
特に問題はないと思います。

 

登録が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

 

そこにスピアネットから提供された
あなた専用の住所が記載されています。

 

そしてスピアネットにログインしてみましょう。

 

コチラのページに
住所入力時の参考がありますので、
ここを参考に、ebayのaddressに
こちらの住所を追加しておきましょう。

 

そうすることで、ebayでモノを買ったときに、
日本の住所とアメリカの住所、どちらに送るか
その都度、選択できるようになります。

 

では、次に実際の使い方を解説していきましょう。

 

まず、ebayで転送業者を介して
日本に送る商品を落札したら、転送依頼をしておきます。

 

2013-05-16-4-4

 

ログイン後のページから
「転送依頼作成-ebay専用」
をクリック。

 

2013-05-16-4-5

 

このような画面になりますので、
落札した商品のitem numberを入力します。

 

そして「確認する」をクリックすると、
以下の項目が自動で入力されます。

 

荷物の追跡番号はまだ分からない場合はそのままで、
「依頼する」をクリックです。

 

2013-05-16-4-6

 

するとこのように、荷物状況一覧に掲載されます。

 

荷物が到着したら、ここにチェック欄がでますので、
日本に発送したい商品を選択して発送依頼をかけます。

 

2013-05-16-4-7

 

次にこのような画面になったら、
発送方法を選択して発送依頼をクリックです。

 

発送依頼が完了すると、登録したメールアドレスに
送料支払い先リンクが送付されますので、
そこから支払いを済ませます。

 

だいたい5〜7日で日本に届くでしょう。

 

自宅に届いたら、
宅配員に関税、消費税、通関手数料を支払います。

 

というわけで、転送業者の使い方は以上になります。

 

最初は少しややこしいと感じるかもしれませんが、
一度使ってみると流れを把握できると思います。

 

試してみてください。

 

本日も最後までご覧いただき
ありがとうございます。