登録タグ:
eBay輸入
eBay輸入 リサーチテクニック編
オークションコラム
個人輸入

【eBay輸入-27】逆にeBayからリサーチする方法


こんにちは、

 

今日のテーマは
「逆にeBayからリサーチする方法」です。

 

「え!?eBayからリサーチするのは非効率では?」
と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、今回の方法は、eBayの中で
も日本人がeBayから購入したもののみに絞ってリサーチをします。

なので、逆に効率的なのです。

 

今回のリサーチに使うのは「セカイモン」です。

 

2013-06-13-1

 

「あ~、なんだ~セカイモンか~、知ってるよー」
と、思った方はちょっと待ってください。

 

よく「セカイモン」を使ってリサーチするというと、
「セカイモン」の人気検索キーワードを見るのかな?
と思うかもしれませんが今回は少し違います。

 

その前に、知らない方のためにご説明しておきます。

=========

セカイモンとは?

=========

 

eBayの買い物代行業者です。

http://www.sekaimon.com/

 

日本人がeBayで買い物をするとなると、わざわざ英語でやりとりをしたり、
eBay、ペイパルの登録をするのはとても大変ですよね。

 

なので、その煩わしい作業をすべて代行してくれるのがセカイモン。

その代わり、高い手数料を取られます。

 

そして、このセカイモンでは“人気検索キーワード”を見ることができます。

これを見ることで、日本人がeBayで
どのようなブランドや商品を探しているのかというのが分かるようになるのです。

 

なので、それらのキーワードをオークファンで検索することで、
儲かる商品が見つけやすくなりますね^^

 

もちろん、その方法も使ってみて欲しいのですが、
今回お伝えする、セカイモンを利用したリサーチ方法は、
それだけではありません。

 

==============

オークファンのセカイモン検索

==============

オークファンのセカイモン検索を利用します。

 

このオークファンのセカイモン検索で出てくるデータというのは、
日本人がセカイモンを経由してebayから落札した商品の一覧です。

 

つまり、これらの商品を落札した人というのは、
僕らのような転売者ではなく、一般の日本人です。

普通の日本人が、わざわざセカイモンに高い手数料を支払ってでも、
ebayから購入したかったモノ。

一体どんなモノなのか気になりませんか?

つまり、日本では手に入らないモノということですよね。

もしくは、日本で買うよりも海外の方が安い。

 

ということはそれらをそのまま僕らが仕入れて販売すれば
利益が取れる可能性が高いということです。

 

では、具体的な手順をSTEP形式でお伝えしますね^^

===========

オークファンのセカイモン検索を使ったリサーチ法

===========

 

STEP1

オークファンにアクセスする

http://aucfan.com/

 

STEP2

落札相場タブをクリック

 

STEP3

検索窓に何もキーワードを入れずに“オークション検索”をクリック

 

2013-06-13-2

 

STEP4

ページ真ん中あたりに

ヤフオク○○件、楽天オク○○件、

モバオク○○件、ビッダーズ○○件、

その横に「セカイモン」の表記がありますので、

“セカイモン”をクリック

 

2013-06-13-3

 

STEP5

ここであなたが普段リサーチしているカテゴリに絞り込んだり、
仕入れたい価格帯で絞り込んでみてください。

 

2013-06-13-4

 

STEP6

そしてその商品がヤフオクでも落札されているか、
今度はオークファンのヤフオク検索で検索してみてください。
(オークファンを別ページで立ち上げると良いです。)

 

STEP7

もしも、商品が見つからなかったとしても、
セカイモン検索で出てきた商品のメーカーや型番を、
オークファンのヤフオク検索でリサーチしてみてください。

=============

きっと今までに見たことのない商品にめぐり会えると思います。

 

このリサーチでのポイントは、
セカイモンで落札された商品そのものを探すというよりは、
今まで知らなかったメーカーやキーワードを拾うという利用法をしてみると良いです。

 

セカイモン検索で、なんらかのキーワードを拾って、ヤフオク検索でリサーチ。

これを繰り返すと良いです。

 

何故、キーワードを拾うと良いかと言うと、
セカイモンをわざわざ使って商品を購入する人というのは、
その商品カテゴリのマニアである可能性が高いからです。

 

つまり、マニアのみぞしる型番やメーカーを見つけることができます。

それらのマニアックなメーカーをリサーチしている転売者は少ないので、
あまりライバルが存在しない商品を見つけだすことができるようになるということです。
是非、試してみてください^^