次にオプション設定を行います。オプションは大きく取引オプションとPRオプションの2種類に分かれています。

PRオプションはユーザーの注目を集めて、出品ページにアクセスしてもらいやす

くするためのものですが、有料なので、使用すると出品手数料が高くなってしまうというデメリットがあります。

効果的に活用するには慣れが必要な上級者向けの機能なので、初心者は使わなくて

も構いません。それでも落札してもらえます。(上級者でもPRオプションは無視している人が少なくありません。)

そこで、ここでは取引オプションのみを設定しましょう。

c1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入札者評価制限

評価がマイナスのユーザーからの入札を受け付けないようにする設定です。制限し

ておいたほうがトラブルを防ぐ意味でおススメです。

自動延長

オークション終了時間間際に入札があった場合、自動的に終了時間を延長する機能

です。終了間際に入札されるのがオークションの特徴なので、必ず自動延長を『あ

り』にしておきましょう。

早期終了

開始時に設定した終了時間前にオークションを終了させられる機能です。どちらで

も構いません。

即決価格

即決価格を設定する機能です。設定する場合には、金額を入力します。

自動再出品

落札されなかった場合、自動的に再出品する機能です。出品期間が長ければ長いほ

ど、ユーザーの目にとまる可能性が高くなるため、落札されなかった商品でも、数

回は再出品してみるのが基本です。

ただ、初心者のうちは、落札されなかったときには、タイトルや説明文等に問題が

なかったかどうか、内容を再確認したほうがいいので、自動再出品は設定しないようにしておきましょう。

 

最低落札価格

最低落札価格を設定する機能ですが、既にお伝えしているように、最低落札価格は

ユーザーから好まれないオプションなので、設定しないほうが賢明です。

『この価格以下では売らない』という場合には、スタート価格の金額で調整するようにしましょう。