ここでは、簡単にオークションの流れをお伝えしますね。

 

先にも触れましたが、

オークションに参加するにあたっては2つの立場があります。

1つは、商品を買う「落札者側」、もう一方は商品を出す「出品者側」ですよね。

 

では、落札から見ていきましょう。

おおまかに分けるとこのような順序で進んでいく事になります。

 

商品を検索する

入札する(場合によっては競り合う)

落札する

出品者から連絡が来る(基本的には出品者からの連絡が先)

振込、送付先の連絡

商品の到着

評価

 

 

ヤフオクでは、Yahoo Japan ID があれば4.999円まではヤフープレミアムに登録しなくても

ヤフオクで落札ができます。5000円以上の商品を落札したい場合はプレミアムに登録してください。

そうすると入札の上限が無くなります。

 

梅田のおすすめは、「プレミアムに登録してからオークションに参加する」です。

入札の上限も無くなりますし、費用も数百円なので大きな負担にはなりません。

それよりも欲しいものが、上限が設定されているために買えないほうがストレスだからです。

 

とりあえず数点落札してみください。すぐに流れは掴めると思います。

初めは恐る恐るかもしれませんが、出品者も元は初心者だった訳ですので、

評価を見て判断してくれます。気楽に入札しましょう。

 

次は出品です。

出品者側のながれは大まかに以下のようなになります。

 

出品するものを選ぶ

撮影をする

商品説明を書く

出品する

入札(落札)される

落札者に連絡する

振込んでもらう

発送する

評価

 

 

出品するにはヤフープレミアムの登録が必要です。

その他、住所確認など、出品者として手続きが必要なことがあります。

ただ、これは初めの1回だけなので、大変な作業ではありません。

 

出品する最大のメリットは、よく言われていることですが、

「自分には不要品でも、他の人にとっては価値がある」ということです。

ウソのようなホントの話で、これがけっこうバカにできません。

 

CDデッキのリモコンだけ、映らない(音声のみの)テレビ、動かないTVゲーム機、

香水の空き瓶など、驚くような値段がついた例はそれこそ数えきれないほどあります。

 

自分にとっていらないといって捨てれば間違いなく0円です。

モノによってはお金を払う場合さえあります。

 

ですが、出品して落札されれば、不用品が家から無くなり、さらにお金まで入ってくるわけです。

費用は1点につき 10.50円(月/10回までは無料)ですからどんどん出品しましょう。