PAK86_kakuteishinkokusuru20140312500

タオバオ仕入れ、amazon販売等で
売上を伸ばしている方も多数いると思います。

私も含め、そんな方が毎年悩むのが、確定申告の時期・・・(汗)

本業で販売されている方は勿論、
副業の方もしっかりと申告しましょう。

今回は無申告なんてもってのほか! 確定申告の怖さのお話をします。

「ネット販売で税務署の立入りがあり税務調査の結果、数百万円収める事となりました。」
などと聞くことがあります。

まさか、数百万なんて・・・

と思う方もいるかもしれませんが
税務調査は基本3年、悪質と判断されるとさらに5年、最長7年までさかのぼられます。

そして申告漏れがあると、本来払わなければならなかった税金に対して
さらに追徴課税、重加算税が課せられます。

なので数百万を収める可能性もあり得る話です。
—————————————————————————————————–
重加算税とは、過少申告加算税または不納付加算税が課される場合において
隠蔽や仮装がある場合に、増加の本税に対し35%の税率
また、無申告加算税がある場合において隠蔽や仮装がある場合に、
増加の本税に対し40%の税率で課される追加課税のこと。
——————————————————————————————————-
考えるだけで恐ろしいですね。
ネットビジネスはamazonやヤフオクといった媒体を使うために
取引履歴や銀行口座に記録が残るので、税務署からすれば、
かなり調査しやすいため好都合なわけです。

現金商売だとある程度なら、本当にそういう取引があったのか調べるのに
まあまあ苦労すると思いますが。

向こうもプロですし、バレバレです。

私は自分で申告しようと思い税務署で申告書類に目を通しかなり質問をしましたが
分からない事だらけです・・・

私は税金に対する知識も大してなく時間の無駄と判断し税理士に丸投げしました(笑)

しかし、確定申告をお願いしても領収書を一年分集めたり入出金の資料を集めたりと、
最低限、自分でしなければならない部分もかなりありますので、急いで準備をしましょう。