登録タグ:
amazonノウハウ
amazon輸出
オークションコラム
個人輸出

【amazon輸出-25】長期在庫保管手数料とは


33397b8819c4e83964a7caf6ee17386b_s
今回は、FBAの長期在庫保管手数料について解説します。

長期在庫保管手数料というのは、毎年2月15日と8月15日にFBA在庫一掃チェックをおこない、FBA倉庫に365日以上保管されている在庫を事前に調査し、10cmx10cmx10cmあたり174.857円の長期在庫保管手数料を半年に一度算出し、半年分を課金される手数料のことです。
本件について、セラーセントラルに案内がありましたので、お知らせいたします。

(amazonからの引用)
『タイトル:【重要】[FBA]2014年8月15日に長期在庫保管手数料が課金されます

長期在庫保管手数料の対象商品をお持ちの出品者様に7月15日、24日および8月5日にEメールでご連絡を差し上げておりますが、返送/所有権の放棄をご依頼いただいていない出品者様が多数見受けられます。8月15日時点で対象商品に長期在庫保管手数料が課金されますので、今一度Eメールをご確認の上、8月14日までに販売の促進や返送/所有権の放棄などのご対応願います。』

皆さんの中にも、1年以上実践されている方がいるかと思いますが、該当者のみに本件に関するメールが送られています(つまり、メールが届いていない方は、今回は対象外です)。

10cmx10cmx10cmあたり174.857円という、かなり高額な手数料を取られることになります。該当商品のみを売り切る、廃棄する、返送依頼をする、のいずれかにより、手数料は課金されなくなりますので、一番簡単な自宅返送依頼(あるいは廃棄)の手続きをし、無駄な出費を減らしていきましょう。