登録タグ:
お助け情報
オークファンツール
特集

【オークション・フリマアプリ講座_】改めて売れない理由を考えてみる


こんにちは!
ネットオークション・ネットフリマアドバイザーの川崎さちえです。

kawasaki_san

取材やウェビナーで「売れなかった場合どうすればいいのでしょう」
と聞かれることが多く、引き際が意外と難しいのだなと感じます。

まずは売れない理由を確認して、それを直して、
それでもダメなら出品取り下げということになります。

売れない理由は以下の5つだろうなと思っていて、
前回のコラムで1と2は解説しました。

今回は残り3つを解説していきます。

1:値段が高い
2:商品の魅力が伝わっていない
3:そもそも需要がない(出品のタイミングがずれている)
4:評価が悪い
5:プロフィールに問題がある

 


 

3:そもそも需要がない(出品のタイミングがずれている)について

季節がずれていると、良いものでもなかなか売れないこともあります。

夏にアウターを出品するとか、
冬にサンダルを出品するとか。

季節感は絶対に考えないといけないのですが、これは感覚的にわかると思います。

あとは季節に関係なく需要がない商品です。
なんでもかんでも売れるというわけではないので、いいね!の数などで判断していきます。

 


 

4:評価が悪い

出品者の評価が悪いと、買う側は結構躊躇してしまいます。
私自身も、買うときには出品者の評価を見て、
マイナス評価があると「ん?」と思ってしまいます。

評価に関しては、マイナス評価の数も重要ですが「いつ、つけられたのか」も見ています。
最近の取引だったらなんとなく嫌な感じがするんですよね。

でもそれが半年前で、それ以降マイナス評価がないとなれば、安心してしまいます。

きっと何か突発的なことがあったのでは?と思ってしまうからです。

 


 

5:プロフィールに問題がある

プロフィールには基本的には何を書いてもいいのでしょうけれど、
やたら文章が長いユーザーさんがいます。

こういう人は過去にトラブルがあってすごく嫌な思いをしたので、取引における注意点をすごく細かく書いています。

それ読むのは正直面倒だなと思ってしまいますし、
内容がネガティブなので「ああ、取引したくないな」と思ってしまうのです。

もちろん注意点を書くためのプロフィールでもあるのですが、内容や量には気をつけた方がいいです。

例えば箇条書きにして見やすくするとか、
表現も「しないでください」「しません」という否定ではなくて
「こうしてください」という感じですね。

 


 

これらの5つの理由を見たと自分の出品物が当てはまるようならば、見直しをした方がいいです。

もしそれでも購入につながらないならば、出品を取り下げましょう。

処分するかリサイクルショップに持っていくかでしょうか。何事も引き際が大切です。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

川崎さちえ(かわさき さちえ)

2003年、夫が育児のために退職したことを受け、
家計を支えるためネットオークションを利用し始める。

家にあったさまざまな不用品を出品し、仕入れや受注生産も経験。
さまざまな出品のテクニックを身に付け、ネットオークションが
生活のインフラになり得ることを体感する。

近年はメルカリを中心とするネットフリマに注目。
ネットオークションとは異なるノウハウを学びつつ、独自の効率的な利用方法を確立している。

NHK「あさイチ」、フジテレビ「バイキング」などの情報番組、
TBSテレビ「この差って何ですか?」などバラエティー番組に多数出演。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

インターネットを活用してなるべく高く売るためのテクニックや副業に興味がある方へ
現在無料で物販ビジネスが学べる説明会を開催中です。

 

下記よりオークファンが主催する説明会にご参加ください。

説明会

 

最新情報をリアルタイムで受け取りたい方は、LINEで受け取ることができます。

LINE登録