登録タグ:
用語集

な行


並べ替え とは
ネットオークションの検索結果として表示された複数の出品を、自分の目的に合わせて順番付けすることです。オークションサイトによって並べ替え可能な項目は違いますが、現在の入札価格や残り時間を基準に並べ替えができます。

入札 とは
出品された商品に対して、いくら支払えるか金額を提示することです。入札はあくまで出品物を購入する用意があるという意思表示に過ぎず、落札するまでは自分の手に入るかどうか分かりません。入札を行なった人を「入札者」と呼びます。

入札者評価制限 とは
出品者が自分のオークションに設定するオプションで、過去の取引評価が悪い利用者からの入札を受け付けないようにするものです。Yahoo!オークションで評価制限がかかっているものは、評価がマイナスの利用者であれば入札ができません。あらかじめ無用なトラブルを回避するという点では有効です。

入札単位 とは
入札者が次々と金額を提示していく際に、最低限上乗せしなければいけない金額のことです。高額な出品物に対して1円単位の不毛な入札が繰り返されるのを防ぐための措置です。Yahoo!オークションの場合は現在価格に応じて自動的に入札単位も決められ、それを下回る上乗せ金額を提示してもシステムが受け付けません。たとえばある出品物に対して、現在最高の入札額が800円、入札単位が10円の場合、最低でも次の入札者は810円以上を提示しなければなりません。「単位」という語感から誤解されがちですが、810円や820円という単位で入札しなければならない訳ではありません。この場合は810円さえ上回っていれば、811円にしても812円にしても問題ありません。

入札履歴 とは
入札者が次々と金額を提示していく際に、最低限上乗せしなければいけない金額のことです。高額な出品物に対して1円単位の不毛な入札が繰り返されるのを防ぐための措置です。Yahoo!オークションの場合は現在価格に応じて自動的に入札単位も決められ、それを下回る上乗せ金額を提示してもシステムが受け付けません。たとえばある出品物に対して、現在最高の入札額が800円、入札単位が10円の場合、最低でも次の入札者は810円以上を提示しなければなりません。「単位」という語感から誤解されがちですが、810円や820円という単位で入札しなければならない訳ではありません。この場合は810円さえ上回っていれば、811円にしても812円にしても問題ありません。

ネットオークション とは
別名「オンラインオークション」とも呼ばれる、Webサイト上で行なうオークション(競売)のことです。出品者がオークションにかけた商品に対して複数の入札者が徐々に高い金額を提示していき、終了時点で最も高い金額を付けた入札者が商品を入手することができます。

ネットショップ とは
実際に住所地を持って営業している実店舗に対し、インターネットのサーバー上に設けられた電子的な仮想店舗(Webサイト)のことです。電子商店、オンラインショップとも呼びます。実店舗を持ちながら、ネットショップを運営している店舗もあります

ノークレーム・ノーリターン とは
落札した商品に不満があっても、出品者は苦情を受け付けたり返品に応じないという取り決めのことです。「理由に関わらず一切の返品が不可能」と間違った意味での使い方をされていることもありますが、実際は無制限に認められることではありません。たとえば落札して届いた商品にあった欠陥について、出品物の紹介ページで説明されていなかった場合には「ノークレーム・ノーリターン」の取り決めがあっても返品対象となります。

残り時間 とは
オークションごとに設定された期限で、その時間を過ぎるとオークションが終了します。Yahoo!オークションの場合は「詳細な残り時間」も表示することができます。