漫画「七つの大罪」の最終回をネタバレ解説!3分でわかるあらすじも紹介

七つの大罪 マンガネタバレ

最終回を迎え、続編の新連載も決まった「七つの大罪」。アニメ版も大人気で、劇場版も公開されています。最終決戦はどんな結末を迎え、メンバーはどうなってしまうのか?決戦のその後の行方は?ネタバレを含め解説していきます。

また七つの大罪は、続編『黙示録の四騎士』が2021年より連載をスタートしており、最終決戦後の物語です。黙示録の四騎士はどんなキャラクターが主人公なのか?七つの大罪メンバーはどのように登場してくるのか?なども解説していきます。

初回から最終回までもう一度読み返したい!そんな方に、お得に一気読みできるおすすめ漫画アプリも紹介していますのでぜひ最後までご覧ください。

「七つの大罪」とは?

まずは『七つの大罪』の漫画とアニメについて概要をみていきましょう。

概要

『七つの大罪』は作者鈴木央が週刊少年マガジン(講談社)で2011年の読切作品の掲載から2012年より連載を開始し、2020年に最終回を迎えた少年漫画です。
単行本は全41巻で、累計発行部数3700万部を突破しています。
2015年には第39回講談社漫画賞・少年漫画部門を受賞した人気の漫画です。

登場人物

・メリオダス
憤怒の罪(ドラゴン・シン)
本作の主人公であり、伝説と呼ばれた騎士団「七つの大罪」の団長。

・エリザベス
リオネス王国第3王女であり、本作のヒロイン。
他人を思いやれる優しい性格で、意思を貫く強さを持った芯のある女性。

・バン
強欲の罪(フォックス・シン)
七つの大罪の団員で、ノリがよくフレンドリーな性格だが盗み癖がある。不死身の体という特性を持っており、肉弾戦に長けている。

・キング
怠惰の罪(グリズリー・シン)
七つの大罪の団員で、妖精族の王。少年のような姿をしているが、太った姿にも変身できる。
強力な魔力を使った戦い方が得意である。

・ディアンヌ
嫉妬の罪(サーペント・シン)
七つの大罪の団員で、巨人族の女性。大きな体を活かすパワフルな戦い方と、大地に干渉する能力で地形を変形させながら戦うこともできる。

・ゴウセル
色欲の罪(ゴート・シン)
七つの大罪の団員で、中性的な外見をしている。記憶を読み取る・改ざんするなどして相手の精神に干渉できる能力を持っている。

・マーリン
暴食の罪(ボア・シン)
七つの大罪の団員で、大人の色気を感じさせる外見の女性。
発動させた魔法を永続化させる「無限」という驚異的な能力が使える。

・エスカノール
傲慢の罪(ライオン・シン)
七つの大罪の団員で、時間帯で外見と強さが変わる特徴を持っている。
夜は身も心も弱体化するが、昼になると格段に強くなり性格も傲慢になる。
昼頃の戦闘力は七つの大罪メンバーの中でもトップクラスに値する。

・ホーク
メリオダスと一緒に『豚の帽子亭』を営んでおり、豚の姿をしているが人語を操る。
可愛い見た目に反して、挑発的な態度をとったりするが基本的に親しまれているキャラ。

アニメ

七つの大罪のアニメは、2014年10月から2015年3月までの第一期と2016年8月から9月に放映された『聖戦の予兆編』、2018年1月から6月までの『戒めの復活編』、2019年10月から2020年3月までの『神々の逆襲編』、2021年1月から6月までの『憤怒の審判編』で完結しています。

また、劇場版も公開されていて、2018年8月に『七つの大罪〜天空の囚われ人〜』
2021年7月には『七つの大罪〜光に呪われし者たち〜』と映画でも人気を博しています。

七つの大罪の最終回までのあらすじ・ネタバレを解説

七つの大罪リーダー傲慢の罪(ドラゴン・シン)を抱えている「メリオダス」が主人公で、リオネス王国の王様になるまでの物語です。

リオネス王国の王国騎士長を殺害した罪に問われた大悪党【七つの大罪】のメンバー達が魔族の進行から世界を守るため、バラバラになった仲間を探しながら旅をしていきます。

リオネス王国で王国騎士長殺害の黒幕であったヘンドリクセンを倒しましたが、新たな敵の魔王族である『十戒』が復活してしまいます。

そこで、魔神王により洗脳されてしまった弟であるゼルトリスと対峙することに。
魔神王を倒すには、現実世界である外側の攻撃だけではなく、内側である精神の世界でも攻撃しないと倒せないことを知り、ゼルトリスの恋人であるゲルダの力を借り、内側の世界でゲルダは本物のゼルトリスと魔神王と戦います。

外側の世界では、七つの大罪メンバーたちの合わせ技『不倶戴天(ふぐたいてん)』で魔神王に攻撃し、外側と内側から魔神王を見事に倒すことができたのです。

こうして、メリオダスの最大の敵である魔神王は、七つの大罪の仲間達とエリザベスの力により倒すことができました。

この戦いでメリオダスとエリザベスは、3000年にも及ぶメリオダスの呪い【永遠の生】と、エリザベスの呪い【永劫の輪廻】から解放され、メリオダスは何度死んでも生き返ることはなくなり、エリザベスはメリオダスとの記憶を取り戻しても、3日後に死に転生を繰り返すことがなくなりました。

一方、魔神王との決戦で七つの大罪メンバーであるエスカノールが必殺技を酷使したせいで瀕死の状態になってしまいます。
エスカノールはマーリンへ最後にずっと好きだったと告白し、それに応えたマーリンから最後の口づけをされます。エスカノールは笑みを浮かべながら燃え尽き、塵となり消えていきました。

仲間を失い悲しみに暮れるメリオダスたちは、残った仲間たちと一緒にリオネス王国に戻ります。七つの大罪達の最大の敵であった魔神王を倒し、それぞれの目的を晴らして平和な世界が始まるのかと思いましたが、唯一マーリンの目的だけは、仲間達もわかっていませんでした。

マーリンは、魔神王がいなくなった今こそ自身の目的を晴らすことができると思っていましたが、新たな敵が現れ目的が阻まれそうになってしまいます。

ここで、七つの大罪たちの最後の戦いが始まるのです。

七つの大罪の最終回はどうなった?(ネタバレ注意)

最終決戦の行方は?

七つの大罪の仲間達それぞれの目的が果たされた中、マーリンの目的は謎のままでした。マーリンの真の目的を問うと、「アーサー王を目覚めさせ、混沌の王にする」ことだと知らされます。

混沌とは、魔神族や女神族も平伏す力を持つ存在であり、混沌を復活させ自身の心の飢えを満たすことがマーリンの目的だったのです。

アーサーの中に混沌が宿り、マーリンの目的も果たされたかと思ったその時、アーサーの仲間であったキャスが現れアーサーの腕を食いちぎります。
キャスは混沌から生み出された欲望と執着の権化「キャス・パリーグ」だったのです。

仲間であったキャスが襲いかかってきたことに怯むアーサーでしたが、キャスとの戦いで、真の混沌の王に覚醒。キャスは混沌に飲み込まれ消えてしまいました。

こうしてリオネス王国に平和が訪れることなったのです。

その後メリオダスとエリザベスは結婚し、リオネル王国の王と王妃になり「トリスタン」という名の子どもが誕生しました。バンとエレイン、キングとディアンヌも結婚し子宝に恵まれ平和な日々が続いていたのでした。

トリスタンの10歳の誕生日を祝うために、逆賊であった七つの大罪が城に集まると、七つの大罪たちが国を転覆させる計画を立てていると勘違いし、トリスタンは大慌てしてしまいます。しかし、母であるエリザベスからトリスタンの誕生日だから招集したのだと知らされます。トリスタンは、なぜ逆賊である七つの大罪が国民に慕われているのかが不思議でたまりませんでした。

ゴウセルは「特別な贈り物をあげよう。」とトリスタンの頭の中に、七つの大罪たちの真実の記憶を脳内に流します。七つの大罪たちの数々の出来事を知り、トリスタンの瞳からは涙が溢れました。

後日家族3人で、平原に出かけたメリオダスたち。メリオダスはトリスタンに「将来はどんな大人になりたいんだ?」と問いかけます。

トリスタンは「七つの大罪!」そう言い、作品の最後を飾るのでした。

七つの大罪メンバーのその後は?

・メリオダスとエリザベス
最終回ではメリオダスとエリザベスが、リオネス王国の国王と王妃になり2人の間にはトリスタンと名付けた子どもが誕生します。

・バンとエレイン
バンとエレインも無事に結ばれ、2人で旅をして回ると言っていましたが、2人の間にも子どもができ、妖精の森に戻りました。子どもにはランスロットと名づけました。

・キングとディアンヌ
キングとディアンヌも魔神王との決戦後、すぐにでも結婚したいと表明し、妖精王の森でキングは「妖精王」ディアンヌは「巨人の女王」となり、妖精と巨人の国を築きます。

・ゴウセル
ゴウセルは自分に何ができるかを探す旅に出ると発言していました。行く宛もあるようでしたがはっきりとした場所はわかっていません。
最終回ではトリスタンの誕生会に出席して、トリスタンに七つの大罪が来たことを知らせるシーンがあります。

・マーリン
マーリンは魔神王との決戦後、行方がわからなくなっていました。トリスタンの誕生日にメリオダスは「全員に声をかけた。」と言っていましたが、マーリンは出席していません。

・エスカノール
エスカノールは魔神王との決戦時に、必殺技である「ザ・ワン」を酷使し、体の限界を迎え死亡しました。

・ホーク
七つの大罪が解散していく中、ホークも命を救ってくれた兄を探しに煉獄へ向かいます。煉獄への行き方がわからず、マーリンに助けを求めながら、無事に煉獄で兄であるワイルドと再会することができました。

七つの大罪の感想まとめ

無事に最終回を迎えた七つの大罪の読者の感想は、やはり感動している読者の方が多いですね。

最後に七つの大罪メンバーたちの子どもの登場で感無量といった読者の方もいます。それぞれのメンバーの間に子どもができているのは驚きですね。妖精族であるキングと巨人族のディアンヌの子どもはどんな感じなんだろうと想像するのが楽しくなります。

漫画だけでなく、アニメの最終回も楽しみにしている方もいました。メリオダスとエリザベスの子どものトリスタンも姿も、二人にそっくりでとても可愛く描かれているので今後の成長に益々期待が高まります。

謎が多いキャラクターの伏線回収もちゃんとできていて、感心されている読者の方もいました。続編での混沌の王となったアーサーと、七つの大罪のメンバーたちの子どもであるトリスタンやランスロットたちが、これからどのように関係して活躍していくのかに期待です。

続編「黙示録の四騎士」が制作決定!

七つの大罪の続編である「黙示録の四騎士」は2021年より連載をスタートしています。単行本も2021年現在で7巻発売中です。

舞台は前作での戦い「聖戦」が終結してから、16年後のブリタニアから始まります。神の指と呼ばれる辺境の地で祖父であるバルギスと暮らす主人公の心優しき少年パーシバル。
謎の騎士との出会いによりパーシバルの運命の歯車が動き始めます。

平和に暮らしていたパーシバルたちのもとに現れた謎の騎士。王に忠誠を誓う聖騎士イロンシッドと戦うことになった祖父のバルギスは攻撃され瀕死の状態に。騎士イロンシッドはその場を去ります。瀕死状態のバルギスは最後の力を振り絞り、岸イロンシッドがパーシバルの実の父親であることを伝え、命を落としました。

イロンシッドの襲撃、祖父バルギスの死により平和な日々は終わりを告げました。パーシバルはなぜ父である騎士が祖父を討たなければならなかったのか、そして自身の隠されていた秘密を明らかにするため、パーシバルの長い冒険の旅が始まります。

黙示録の四騎士では、七つの大罪の最終回に登場したメリオダスとエリザベスの子どもである「トリスタン」や、前作では登場はしていませんが、バンとエレインの子ども「ランスロット」が登場します。

今後トリスタンやランスロットが、どのようにパーシバルと関わってくるのか楽しみですね!

七つの大罪が読めるおすすめ漫画アプリ3選

8年にも及ぶ連載が終了した七つの大罪。全41巻と読み応えのある作品を、手軽に漫画アプリで見たい方も多いのではないでしょうか?
ここでは七つの大罪を全話読むことができる漫画アプリを紹介していきます。

まんが王国

出典: まんが王国 (2022.6.19時点)

まんが王国は、アプリを訪れることで毎日もらえるポイントや、おみくじを引くことでクーポンが手に入るなどお得感満載な漫画アプリです。

最大50%のポイント還元もあり、ポイントを購入したり使用することで、さらにポイントバックしてくれます。

しかしマイナーな作品は取り扱いが少ないので好きな作品があれば、まず検索して確認することをおすすめします。

BookLive

出典: BookLive (2022.6.19時点)

ブックライブは使いやすさNo.1にも選ばれる漫画アプリです。毎日ログインすることで手に入る来店ポイントやクーポンが当たるおみくじなど、ポイントが貯まりやすいのが魅力です。またTポイントとしても貯めることができ、アプリ内で使用することもできます。

会員登録なしで試し読みすることもでき、初回の無料会員登録で24時間限定の50%OFFクーポンが配布されます。まだ会員登録をしていない方にはおすすめの漫画アプリです。

U-NEXT

出典: U-NEXT (2022.06.19時点)

U-NEXTは漫画だけでなく、映画・ドラマ・アニメなどの映像作品が見放題の配信サービスです。七つの大罪のアニメや映画も配信しているので、漫画だけでなく映像でも楽しみたい方におすすめです。

月額2,189円(税込)が必要となりますが、毎月1,200円分のポイントがもらえるので、漫画の購入や最新映画などのレンタルに使用することができます。今なら31日間無料トライアル実施中なので、漫画とアニメを見比べたい方におすすめです。

七つの大罪を安くお得に一気読みできるおすすめマンガアプリは?

七つの大罪全41巻分を一気読みするとなると、料金が気になるところですよね?
お得に一気読みするのであれば、まんが王国をおすすめします。

まんが王国で配信している漫画には無料の作品と有料の作品があり、有料の作品はポイントが必要になります。たくさんの漫画を読む方向けに、毎月決まったポイントが付与される定期コースと、特定の漫画のみ読みたい方向けに欲しい分だけ購入できる追加購入コースがあります。

月額コースに加入することで、ポイント購入時やポイント使用時にもポイントが付与されるので、最大50%のポイント還元を受けることができます

購入・使用した時だけでなく毎日ログインすることでもらえる「来店ポイント」が付与され、毎月5・15・25日にはさらに、5ポイント追加してもらうことができます。
サイト内のおみくじでもクーポンが手に入るなどキャンペーン内容が充実しています。

まとめ

連載8年にもおよぶ大作、七つの大罪が最終回を迎え、メリオダスたち七つの大罪もハッピーエンドで終わりました。最終回を終えて寂しく感じる方も多いのではないでしょうか?

しかし、続編である『黙示録の四騎士』の連載も始まっており、次世代の子どもたちが活躍していることから、今後七つの大罪の仲間達が出てくる可能性もあり、まだまだ楽しみのある作品です。

最終回をハッピーエンドで迎えたメンバーたちのその後に感動された読者も多く、続編への期待も高まっています。

おすすめマンガアプリでは、七つの大罪の短編作品を読むことができるものや、アニメを見ることができるものまであるので、おすすめしたアプリの中でご自身にあったものを選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました