消費者金融おすすめランキング25選!金利の低さや融資スピードを一覧で比較

おすすめの消費者金融25選のアイキャッチ画像

「おすすめの消費者金融を知りたい。」

「どの消費者金融でお金を借りれば良い?」

このように消費者金融から借入を検討しているけれども、どの会社を選ぶべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

結論、自分に合った消費者金融を選ぶには自分の目的にあう会社を選ぶのが大切です。

これは、消費者金融によって貸付条件やサービス内容は異なるからです。

本記事ではおすすめの消費者金融25選を、目的別の選び方とともに詳しく解説します。

自分に合った消費者金融を利用して、資金不足を解消したい方はぜひ参考にしてください。

目次

大手消費者金融おすすめランキング15選!審査スピードや金利を比較

大手消費者金融おすすめ15選!審査スピードや金利の比較表

おすすめの消費者金融について15の会社を紹介します。

消費者金融15社の比較表一覧は、以下の通りです。

それぞれの消費者金融の特徴について見比べしながら、自分に合った消費者金融を見つけてください。

スクロールできます
カードローン会社融資スピード金利借入限度額返済方式返済期間無利息期間担保・連帯保証人特徴
プロミス
プロミス3分融資バナー
お申し込みは
こちら
最短3分※14.5%~17.8%
(実質年率)
500万円まで残高スライド元利定額返済方式最終借入後、原則最長6年9ヶ月(1~80回)30日間不要新規契約者を対象に30日間無利息で借りられる
SMBCモビット
モビットバナー
お申し込みは
こちら
最短30分※23.0~18.0%1万円~800万円借入後残高スライド元利定額返済方式最長60回(5年)※ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があると認めた場合には最長106回(8年10ヶ月)なし不要Web完結で申し込みできて便利
アコム
アコムバナー
お申し込みは
こちら
最短20分3.0%~18.0%1万円~800万円定率リボルビング方式最終借入日から最長9年7ヶ月(1回~100回)30日間不要即日融資対応ですぐに資金を調達できる
レイク
レイクバナー
お申し込みは
こちら
Webで最短25分4.5%~18.0%1万円~500万円残高スライドリボルビング方式元利定額リボルビング方式最長5年・最大60回最大180日間不要郵送物不要で契約でき家族バレを防げる
アイフル
アイフルバナー
お申し込みは
こちら
最短20分※33.0%~18.0%1万円~800万円※4借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)はじめての方なら最大30日間不要24時間365日の振込でいつでも借入できる
ダイレクトワン
公式サイトは
こちら
最短即日4.9%~18.0%1万円~300万円定額リボルビング方式借入金30万円以下:36回以内(3年以内)借入金30万円超:60回以内(5年以内)なし不要1万円からの少額融資にも対応
ベルーナノーティス
公式サイトは
こちら
最短即日4.5%~18.0%1万円~300万円借入残高スライドリボルビング方式最長9年9ヶ月14日間不要初回・完済後の利用で14日間利息0円
au PAY スマートローン
公式サイトは
こちら
最短即日2.9%~18.0%1万円 〜100万円借入時残高スライド元利定額返済方式最長60回(5年)なし不要下限金利2.9%と低利息で借入できる
dスマホローン
公式サイトは
こちら
最短即日3.9%~17.9%1万円以上300万円以内(1万円単位)残高スライド元利定額リボルビング方式最終借入後原則最長8年1ヶ月(96回)なし不要ドコモユーザーを対象に最大3.0%の金利引き下げあり
ファミペイローン
公式サイトは
こちら
最短即日0.8%~18.0%1万円~300万円残高スライドリボルビング方式契約額30万以下:1ヶ月~36ヶ月、1回~36回契約額100万以下:1ヶ月~60ヶ月、1回~60回契約額100万超:1ヶ月~120ヶ月、1回~120回なし不要全国のファミリーマートで返済が可能
LINEポケットマネー
公式サイトは
こちら
最短即日3.0〜18.0%3万円~300万円残高スライド元利定額リボルビング方式契約極度額30万円以下の場合:1ヶ月〜36ヶ月・1回〜36回契約極度額30万円超100万円以下の場合:1ヶ月~60ヶ月・1回〜60回契約極度額100万円超の場合:1ヶ月〜180ヶ月・1回〜180回なし不要100円からの少額返済に対応
ORIX MONEY
公式サイトは
こちら
最短即日1.5%~17.8%10万円~800万円新残高スライドリボルビング返済最終借入日から最長12年3ヶ月 / 1回~147回なし不要アプリ型・カード発行型の2種類から選べて便利
メルペイスマートマネー
公式サイトは
こちら
最短即日3.0%~15.0%最大30万円元利均等返済2ヶ月〜36ヶ月 (3年)なし不要メルカリアプリで申し込み〜返済が全て完結
JCB CARD LOAN FAITH
公式サイトは
こちら
最短即日キャッシングリボ払い:4.40~12.50%
キャッシング1回払い:5.00%
キャッシングリボ払い:
最大500万円
キャッシング1回払い:5万円
【キャッシングリボ払い】残高スライド元金定額払い毎月元金定額払いボーナス併用払い
【キャッシング1回払い】元利一括払い
【キャッシングリボ払い】利用残高および返済方式に応じ、返済元金と利息を完済するまでの期間、回数。【キャッシング1回払い】23~56日(ただし暦による)/1回なし不要利用限度額500万円まで対応
クレディセゾン
公式サイトは
こちら
最短即日8.0%〜17.7%最高300万円定額リボルビング方式残高スライドリボルビング方式1年ごとの自動継続なし不要新規契約で最大2ヶ月分の利息をキャッシュバック
※1お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
※3申込状況によってはご希望に添いかねます。
※4ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

プロミスは新規契約者を対象に30日間無利息で借りられる

プロミスHPのトップページ画像

プロミスは、新規契約者に対して30日間無利息サービスを提供しています。

30日間無利息であるため、早期に返済できれば日々の支払い負担を大幅に軽減できます。

プロミスは新規契約者を対象に30日間無利息で借りられる

現在、プロミスは新規契約後に利用限度額を増額すると最大10万円相当のVポイントが当たるキャンペーンも行っています。

Vポイントはネットショッピングなどでの支払いに利用できるため、お得に買い物できる点が魅力です。

融資スピード最短3分※
金利4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額500万円まで
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済期間最終借入後、原則最長6年9ヶ月(1~80回)
無利息期間30日間
担保・連帯保証人不要

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビットはWeb完結で申し込みできて便利

SMBCモビットHPのトップページ画像

SMBCモビットは、Web完結での申し込みに対応している消費者金融です。

パソコン・スマートフォンから簡単に申し込みでき、書類の郵送・店舗への来店が不要で手続きできます。

時間や場所を選ばずに借入できる点が魅力です。

また、SMBCモビットは限度額が800万円と高い金額が設定されているのも特徴です。

多額の資金が必要な場合でも、十分に対応できます。

融資スピード最短30分※
金利3.0~18.0%
借入限度額1万円~800万円
返済方式借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期間最長60回(5年)※ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があると認めた場合には最長106回(8年10ヶ月)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

アコムは即日融資対応ですぐに資金を調達できる

アコムHPのトップページ画像

アコムは、即日融資対応ですぐに資金を調達できる消費者金融です。

申し込みから審査・契約までの流れがスムーズで、最短20分で融資を受けられます。

特に、急な出費が発生した際にはアコムの即日融資サービスが便利です。

アコムは即日融資対応ですぐに資金を調達できることを紹介した画像

新規申し込みだと、契約翌日から30日間金利0円で借りられる特徴もあります。早期に返済できれば、支払い負担を軽減できる点が魅力です。

融資スピード最短即日
金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
返済方式定率リボルビング方式
返済期間最終借入日から最長9年7ヶ月(1回~100回)
無利息期間30日間
担保・連帯保証人不要

レイクは郵送物不要で契約でき家族バレを防げる

レイクHPのトップページ画像

レイクは、周囲に借入が知られにくいよう配慮してくれる消費者金融です。

契約後にカード類などの郵送物がないため、家族へ知られずに利用可能です。

インターネット上で申し込み〜借入まで完結できるため、わざわざ店舗に出向く事なく簡単に手続きできます。

5万円までであれば180日間無利息で借りられ、金利負担が0円であるのも嬉しい点です。

レイクは180日間無利息で借りられることを紹介した画像

借入方法は銀行振込・ATM・スマホなど幅広く対応しており、便利に利用できます。

融資スピード最短25分
金利4.5%~18.0%
借入限度額1万円~500万円
返済方式残高スライドリボルビング方式元利定額リボルビング方式
返済期間最長5年・最大60回
無利息期間最大180日間
担保・連帯保証人不要

アイフルは24時間365日の振込でいつでも借入できる

アイフルの看板の写真

アイフルは、24時間365日の振込に対応している消費者金融です。

手続きから最短20分※で融資が可能な上、Web上であれば24時間365日申し込みができます。

さらに、アイフルでは有人店舗もあるのが特徴です。

Web申込や無人契約機での契約に不安のある方でも申込できます。

大手消費者金融の申し込み方法の比較した画像

急な出費が発生した際・休日に資金が必要な場合でも、常に借入できる点は便利です。

満20歳以上であれば、パート・アルバイトで申し込みできる点も特徴です。

専用のスマホアプリを用意しており、返済金額などの利用状況をリアルタイムで調べられます。

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

融資スピード最短20分※1
金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円※2
返済方式借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
無利息期間はじめての方なら最大30日間
担保・連帯保証人不要
※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

ダイレクトワンは1万円からの少額融資にも対応

ダイレクトワンHPのトップページ画像

ダイレクトワンは、1万円からの少額融資にも対応している消費者金融です。

10万円以上からの借入のみ対応している消費者金融も多い中、ちょっとした生活費の補填など少額で十分な場合も問題なく利用できます。

日本全国のコンビニATMと提携しており、場所に縛られず借入・返済できる点も魅力的です。

スルガ銀行の口座があれば、銀行振込による返済も利用できます。

融資スピード最短即日
金利4.9%~18.0%
借入限度額1万円~300万円
返済方式定額リボルビング方式
返済期間借入金30万円以下:36回以内(3年以内)借入金30万円超:60回以内(5年以内)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

ダイレクトワンの公式サイトは
こちら

ベルーナノーティスは初回・完済後の利用で14日間利息0円

ベルーナノーティスHPのトップページ画像

ベルーナノーティスは、初回・完済後の利用者に対して14日間利息0円のサービスを提供しています。

早期に返済できれば金利負担が0円になるため、支払い負担が楽になる点は大きなメリットです。

多くの消費者金融では70歳未満の年齢制限を設けている中、ベルーナノーティスは80歳まで借入に対応している点も魅力です。

老後の生活費に不安がある場合なども、安心して借入できます。

融資スピード最短即日
金利4.5%~18.0%
借入限度額1万円~300万円
返済方式借入残高スライドリボルビング方式
返済期間最長9年9ヶ月
無利息期間14日間
担保・連帯保証人不要

ベルーナノーティスの公式サイトは
こちら

au PAY スマートローンは下限金利2.9%と低利息で借入できる

AUPAYのHPのトップページ画像

au PAY スマートローンは、低金利が魅力の消費者金融です。

限度額は100万円と低いものの、下限金利が2.9%と低く設定されています。低利息で借入できるため、返済負担を大きく軽減できる点が強みです。

最長60回払いに対応しており、長期間にわたる借入でも問題なく利用できます。

借入方法はau PAYの残高チャージに対応している点も魅力です。au PAY利用者であれば、わざわざチャージする手間を省けるため便利です。

融資スピード最短即日
金利2.9%~18.0%
借入限度額1万円 〜100万円
返済方式借入時残高スライド元利定額返済方式
返済期間最長60回(5年)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

au PAY スマートローンの公式サイトは
こちら

dスマホローンはドコモユーザーを対象に最大3.0%の金利引き下げあり

dスマホローンHPのトップページ画像

dスマホローンは、ドコモユーザーへの特典に魅力がある消費者金融です。

通信回線などドコモが提供するサービスユーザーを対象に最大3.0%の金利引き下げがあり、通常よりも低い利息額で借入できます。

借入金額をd払いに直接チャージできるなどのメリットもあるため、ドコモユーザーはまず検討しておきたい消費者金融です。

d払い残高へのチャージであれば、1,000円単位からの借入に対応している点も魅力です。

生活費のちょっとした不足など少額の借入で十分な場合も、安心して利用できます。

融資スピード最短即日
金利3.9%~17.9%
借入限度額1万円以上300万円以内(1万円単位)
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式
返済期間最終借入後原則最長8年1ヶ月(96回)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

dスマホローンの公式サイトは
こちら

ファミペイローンは全国のファミリーマートで返済が可能

ファミペイローンHPのトップページ画像

ファミペイローンは、全国のファミリーマートで返済が可能な消費者金融です。

ファミリーマートのレジで返済できるため、買い物のついでに手間をかけないで支払えます。

1円単位での追加返済にも対応しており、借入を早めに返すのも可能です。契約時の郵送物もなく、家族に借入がバレにくい魅力もあります。

新規利用者を対象に最大60日間の利息分キャッシュバックキャンペーンなどあってお得に借入できます。

融資スピード最短即日
金利0.8%~18.0%
借入限度額1万円~300万円
返済方式残高スライドリボルビング方式
返済期間契約額30万以下:1ヶ月~36ヶ月、1回~36回契約額100万以下:1ヶ月~60ヶ月、1回~60回契約額100万超:1ヶ月~120ヶ月、1回~120回
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

ファミペイローンの公式サイトは
こちら

LINEポケットマネーは100円からの少額返済に対応

LINEポケットマネーHPのトップページ画像

LINEポケットマネーは100円からの少額返済に対応している消費者金融です。

最低100円からと少額で返済できるため、月々の支払い負担を少なくして無理のないペースで返済をすすめられるメリットがあります。

新規利用者であれば最大30日間の利息分をLINE Pay残高でキャッシュバックされるため、実質無利息で借入できる点も魅力です。

申し込みをLINEアプリ上から行える特徴もあります。

LINEを既にインストールしていれば、新たにアプリをダウンロードする手間を省ける点も魅力です。

融資スピード最短即日
金利3.0〜18.0%
借入限度額3万円~300万円
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式
返済期間契約極度額30万円以下の場合:1ヶ月〜36ヶ月・1回〜36回契約極度額30万円超100万円以下の場合:1ヶ月~60ヶ月・1回〜60回契約極度額100万円超の場合:1ヶ月〜180ヶ月・1回〜180回
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

LINEポケットマネー公式サイトは
こちら

ORIX MONEYはアプリ型・カード発行型の2種類から選べて便利

オリックスマネーHPのトップページ画像

ORIX MONEYは、アプリ型・カード発行型の2種類から選べる消費者金融です。

自分のライフスタイルに合わせて借入・返済方法を選択でき、具体的には以下のような使い分けができます。

  • アプリ型:スマートフォンを頻繁に利用し、カードを持ち運ぶ手間を無くしたい
  • カード型:銀行・コンビニを利用して借入・返済したい

ORIX MONEYの契約者であれば、オリックスレンタカーを優遇価格で利用できるなどの限定特典をもらえる点も魅力です。

融資スピード最短即日
金利1.5%~17.8%
借入限度額10万円~800万円
返済方式新残高スライドリボルビング返済
返済期間最終借入日から最長12年3ヶ月 / 1回~147回
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

ORIX MONEYの公式サイトは
こちら

メルペイスマートマネーはメルカリアプリで申し込み〜返済が全て完結

メルペイスマートマネーHPのトップページ画像

メルペイスマートマネーは、メルカリアプリで申し込みから返済まで全てが完結する消費者金融です。

アプリ内から全手続きができるため、メルカリユーザーはわざわざ他のアプリをダウンロードする手間が省けます。

初回利用時は最大30日分の利息をポイント還元するプログラムを実施しており、実質金利負担なく借入できる点は魅力です。

メルカリでの販売実績に応じて優遇金利を受けられるため、お得に借入しやすい消費者金融です。

融資スピード最短即日
金利3.0%~15.0%
借入限度額最大30万円
返済方式元利均等返済
返済期間2ヶ月〜36ヶ月 (3年)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

メルペイスマートマネーの公式サイトは
こちら

JCB CARD LOAN FAITHは利用限度額500万円まで対応

JBCカードHPのトップページ画像

JCB CARD LOAN FAITHは、高い利用限度額が魅力の消費者金融です。

キャッシングリボ払いであれば利用限度額を500万円まで設定でき、大きな資金が必要な場合でも十分に対応できます。

他社借入の借り換え・おまとめにも対応しており、既存ローンの見直しに活用できる点も魅力です。

Web申し込みであれば24時間受付可能で、最短即日で融資を受けられます。

融資スピード最短即日
金利キャッシングリボ払い:4.40~12.50%キャッシング1回払い:5.00%
借入限度額キャッシングリボ払い:最大500万円キャッシング1回払い:5万円
返済方式【キャッシングリボ払い】残高スライド元金定額払い毎月元金定額払いボーナス併用払い
【キャッシング1回払い】元利一括払い
返済期間【キャッシングリボ払い】利用残高および返済方式に応じ、返済元金と利息を完済するまでの期間、回数
【キャッシング1回払い】23~56日(ただし暦による)/1回
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

JCB CARD LOAN FAITHの公式サイトは
こちら

クレディセゾンは新規契約で最大2ヶ月分の利息をキャッシュバック

クレディセゾンHPのトップページ画像

クレディセゾンは、新規契約者への特典が手厚い消費者金融です。

新規契約で最大2ヶ月分の利息をキャッシュバックしており、実質の金利負担を0で借りられます。

返済負担を抑えやすい点は、大きなメリットです。

通常のカードローンでは事業用資金としての借入を禁止しているケースもありますが、クレディセゾンはビジネス用途でも利用できます。

最高300万円まで借入できるため、当面の運転資金としても十分に活用できるでしょう。

融資スピード最短即日
金利8.0%〜17.7%
借入限度額最高300万円
返済方式定額リボルビング方式残高スライドリボルビング方式
返済期間1年ごとの自動継続
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

クレディセゾンの公式サイトは
こちら

中小消費者金融おすすめランキング10選!審査時間や借入限度額を比較

中小消費者金融おすすめ10選!審査時間や借入限度額の比較表

続いて、中小消費者金融のおすすめを以下10選一覧で紹介します。

スクロールできます
カードローン会社融資スピード金利借入限度額返済方式返済期間無利息期間担保・連帯保証人特徴
セントラル
公式サイトは
こちら
最短即日4.80%〜18.00%1万円〜300万円借入残高スライドリボルビング方式借入金1万円~30万円 :最終借入日から最長3年0ヶ月(1〜32回)借入金30万円超~300万円:最終借入日から最長4年0ヶ月(1〜47回)30日間不要即日融資で全国どこでもすぐに借りられる
フクホー
公式サイトは
こちら
最短即日7.30%~20.00%5万円〜200万円元金自由返済方式
元利均等返済方式
2回~60回以内なし不要借入可能か3秒で診断可能
フタバ
公式サイトは
こちら
最短即日借入金1~10万円未満:
14.959%~19.945%
借入金10~50万円:
14.959%~17.950%
1万円~50万円元利均等返済方式6年以内(2~72回)30日間不要返済シミュレーションで適切な借入金額を瞬時に把握できる
ライフティ
公式サイトは
こちら
最短即日8.0%~20.0%1,000円~500万円借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式最長10年120回35日間不要全国のセブン銀行ATMで借入可能
アルコシステム
公式サイトは
こちら
最短即日3.00%~20.00%50万円一括返済元利均等返済元金均等返済リボルビング返済最長5年なし不要保証人・担保不要で簡単に申し込める
アロー
公式サイトは
こちら
最短即日15.00%~19.94%200万円まで残高スライドリボルビング元利均等返済残高スライドリボルビング:契約日より5年60回元利均等返済:2~180回、最長15年以内なし不要在籍確認なしで勤務先に借入がバレにくい
エイワ
公式サイトは
こちら
要問い合わせ貸付金額10万円未満:
19.9436%
貸付金額10万円以上:
17.9507%
1万円〜50万円元利均等返済方式10〜36回・最長3年なし不要面融資で柔軟な審査対応が特徴
MOFF
公式サイトは
こちら
最短即日15.0%~20.0%1万円~100万円元利均等返済方式一括返済方式最長10年なし不要最短30分で審査が完了し当日の振込に対応
キャネット
公式サイトは
こちら
最短即日15.0%~20.0%新規利用:
5万円~50万円
既存会員:
300万円まで
残高スライドリボルビング方式契約成立日から5年間(60回以内)なし不要最大300万円の融資で多額の借入にも対応
AZ株式会社
公式サイトは
こちら
最短即日15.0%~20.0%新規利用:
5万円~50万円
既存会員:
300万円まで
残高スライドリボルビング方式契約成立日から5年間(60回以内)なし不要不動産担保ローンなど幅広い目的に応じた融資が可能

セントラルは即日融資で全国どこでもすぐに借りられる

セントラルHPのトップページ画像

セントラルは、即日融資で全国どこでもすぐに借りられる中小消費者金融です。

Web上での申し込み・借入に対応しており、店舗に出向かなくても最短即日で融資を受けられます。

中小規模の場合、店舗での融資にしか対応していないケースも多い中、場所に関係なく借入できる点は魅力的です。

Webだけでなく提携先のセブン銀行ATMから借入・返済もできるため、インターネット環境がない場合でも近くのコンビニで簡単に取引できます。

店舗数も全国15店舗と多く、都心部に住んでいれば不便を感じないでしょう。

融資スピード最短即日
金利4.80%〜18.00%
借入限度額1万円〜300万円
返済方式借入残高スライドリボルビング方式
返済期間借入金1万円~30万円 :最終借入日から最長3年0ヶ月(1〜32回)借入金30万円超~300万円:最終借入日から最長4年0ヶ月(1〜47回)
無利息期間30日間
担保・連帯保証人不要

セントラルの公式サイトは
こちら

フクホーは借入可能か3秒で診断可能

フクホーHPのトップページ画像

フクホーは、借入可能か3秒で診断可能な中小消費者金融です。

ホームページ上で「お借入診断」を実施しており、年齢・年収など簡単な項目を入力するだけで即座に借入可能か把握できます。

診断結果から申し込みも行えるため、スムーズに借入可能です。

ホームページ上では返済シミュレーション機能も利用可能で、借入金額・返済回数・利率を入力すれば簡単に毎月の返済額を表示できます。

借入前に無理なく返済できる支払額を明確にしたい場合におすすめです。

融資スピード最短即日
金利7.30%~20.00%
借入限度額5万円〜200万円
返済方式元金自由返済方式元利均等返済方式
返済期間2回~60回以内
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

フクホーの公式サイトは
こちら

フタバは返済シミュレーションで適切な借入金額を瞬時に把握できる

フタバHPのトップページ画像

フタバは、返済シミュレーションで適切な借入金額を瞬時に把握できる点が魅力の中小消費者金融です。

ホームページ上の「返済シミュレーション」にアクセスし、借入金額・返済回数を設定すると簡単に毎月の返済金額を算出できます。

無理なく返済できる金額を割り出すのに便利です。

1万円単位の少額融資にも対応しており、旅行・祝儀など予定外の支出でも柔軟に利用できます。

24時間365日、インターネットからの取引に対応している点も魅力です。

融資スピード最短即日
金利借入金1~10万円未満:14.959%~19.945%借入金10~50万円:14.959%~17.950%
借入限度額1万円~50万円
返済方式元利均等返済方式
返済期間6年以内(2~72回)
無利息期間30日間
担保・連帯保証人不要

フタバの公式サイトは
こちら

ライフティは全国のセブン銀行ATMで借入可能

ライフティHPのトップページ画像

ライフティは、全国のセブン銀行ATMで借入が可能な中小消費者金融です。

セブン銀行が設置されているセブンイレブンは現在国内に21,471店舗あるため、全国どこでも場所に縛られず借入・返済ができます。

コンビニで取引できるため、通勤途中・買い物のついでに手間をかけないで借入できる気軽さもあります。

ATMだけでなくスマホ取引にも対応しており、24時間好きなタイミングで申し込みできる点もメリットです。

利用限度額の増額申請もインターネットで行えるため、手続きの手間がかからない点も魅力です。

融資スピード最短即日
金利8.0%~20.0%
借入限度額1,000円~500万円
返済方式借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間最長10年120回
無利息期間35日間
担保・連帯保証人不要

ライフティの公式サイトは
こちら

アルコシステムは保証人・担保不要で簡単に申し込める

アルコHPのトップページ画像

アルコシステムは、保証人・担保不要で簡単に申し込める中小消費者金融です。

融資では保証人・担保を求められるケースもありますが、アルコシステムから借入する場合は不要です。

保証人・担保を用意する手間が省け、スムーズに申し込み手続きできます。

申し込み後は最短で当日に指定口座へ振込んでくれるため、すぐに資金が必要な方にもおすすめです。

アルコシステムでは紹介者が契約した場合、最高で1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しています。

知人に借入の希望がある場合は、お得に利用しやすい消費者金融です。

融資スピード最短即日
金利3.00%~20.00%
借入限度額50万円
返済方式一括返済元利均等返済元金均等返済リボルビング返済
返済期間最長5年
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

アルコシステムの公式サイトは
こちら

アローは在籍確認なしで勤務先に借入がバレにくい

アローHPのトップページ画像

アローは、契約時に在籍確認がない中小消費者金融です。

融資審査では勤務先に電話連絡などで在籍確認するケースがありますが、アローは行わないため周囲に借入がバレにくいメリットがあります。

会員マイページから現在の返済状況をリアルタイムで調べられる点も特徴です。

複数の借入をまとめられる「借り換えローン」にも対応しており、返済期日を1つにまとめて資金管理を楽にする手段としても活用できます。

融資スピード最短即日
金利15.00%~19.94%
借入限度額200万円まで
返済方式残高スライドリボルビング元利均等返済
返済期間残高スライドリボルビング:契約日より5年60回元利均等返済:2~180回、最長15年以内
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

アローの公式サイトは
こちら

エイワは対面融資で柔軟な審査対応が特徴

エイワHPのトップページ画像

エイワは、対面融資が特徴の中小消費者金融です。

直接面会して審査手続きする対面融資を実施しており、個々のニーズに合わせて柔軟な審査をしてくれます。

利用者は自分の状況を詳しく説明し、最適な融資プランを提案してもらえる点もメリットです。

レディースローン・学生ローンなど利用者に応じた幅広い融資できる点も特徴です。

知り合いが契約した場合は、QUOカード2,000円分の商品券をもらえます。

融資スピード要問い合わせ
金利貸付金額10万円未満:19.9436%貸付金額10万円以上:17.9507%
借入限度額1万円〜50万円
返済方式元利均等返済方式
返済期間10〜36回・最長3年
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

エイワの公式サイトは
こちら

MOFFは最短30分で審査が完了し当日の振込に対応

MOFFのHPのトップページ画像

MOFFは、融資スピードの早さに強みがある消費者金融です。

最短30分で審査が完了し、当日の振込に対応しているため、急な出費が発生した際でも便利に利用できます。

MOFFは限度額を300万円まで設定できる「フリーローン・ビッグ」と呼ばれるプランを展開しているのも特徴です。

収入証明書の提出が必要ですが、多額の資金が必要な場合でも十分に対応できる点が魅力です。

融資スピード最短即日
金利15.0%~20.0%
借入限度額1万円~100万円
返済方式元利均等返済方式一括返済方式
返済期間最長10年
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

MOFFの公式サイトは
こちら

キャネットは最大300万円の融資で多額の借入にも対応

キャネットHPのトップページ画像

キャネットは、高い融資限度額が魅力の中小消費者金融です。

既存の契約者であれば最大300万円まで融資が可能であり、大きな資金が必要な場合でも十分に対応できます。

車の購入費用で資金が必要な場合はマイカーローンも提供しており、通常のフリーローンよりも低金利で借りられる点が魅力です。

専業主婦・個人事業主でも申し込み可能であり、幅広い属性のニーズに対応している点も便利です。

北海道在住であれば、道内にある店舗で直接契約できます。

融資スピード最短即日
金利15.0%~20.0%
借入限度額新規利用:5万円~50万円既存会員:300万円まで
返済方式残高スライドリボルビング方式
返済期間契約成立日から5年間(60回以内)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

キャネットの公式サイトは
こちら

AZ株式会社は不動産担保ローンなど幅広い目的に応じた融資が可能

AZ株式会社HPのトップページ画像

AZ株式会社は、幅広い融資サービスを提供している中小消費者金融です。

資金使途が自由なフリーローンに加えて、以下2種類の融資サービスを提供しています。

  • 不動産担保ローン
  • 事業サポートローン

上記2つは高額融資に対応しており、不動産担保ローンは1億円まで、事業サポートローンは1,000万円まで借入可能です。

フリーローンは審査スピードが早く、最短30分で審査が完了するため即日入金にも対応しています。

なるべく急ぎで資金が必要な方にもおすすめです。

融資スピード最短即日
金利15.0%~20.0%
借入限度額新規利用:5万円~50万円既存会員:300万円まで
返済方式残高スライドリボルビング方式
返済期間契約成立日から5年間(60回以内)
無利息期間なし
担保・連帯保証人不要

AZ株式会社の公式サイトは
こちら

消費者金融の選び方はニーズに対応している業者を選ぶ

消費者金融は、自分が借入する目的に対応している業者を選びましょう。

具体的には以下の観点から消費者金融を選ぶのがおすすめです。

すぐに資金が欲しい即日融資に対応した消費者金融
学生で借入したい学生ローンに対応した消費者金融
なるべくお得に借りたい無利息期間を設けている消費者金融
既に複数社からの借入がある消費者金融のおまとめローン
家族や会社からバレずに借りたい在籍確認・郵送物なしの消費者金融

消費者金融によって融資条件・内容は異なるため、上記以外の目的でも問題なく対応できるかホームページ等で把握しておきましょう。

すぐに資金が欲しいなら即日融資に対応した消費者金融がおすすめ

すぐに資金が欲しい場合は、即日融資に対応した消費者金融がおすすめです。

消費者金融によっては申し込みから審査まで20分程度で終わり、当日内に希望金額を入金してくれる会社もあります。

ちなみに、今回紹介した消費者金融に関してエイワ以外は全て即日融資に対応可能です。

ただし、即日融資の条件は消費者金融によって異なるため注意が必要です。

例えば、即日融資を電話での申し込みのみで対応しているケースもあります。

申し込みが営業時間ギリギリになると、翌日扱いとなり即日融資を受けられない場合もあります。

各消費者金融のホームページで、即日融資を受けられる申し込み条件を把握してから手続きをすすめましょう。

学生で借入したい場合は学生ローンに対応した消費者金融をおすすめ

学生で借入したい場合、学生ローンに対応した消費者金融の利用がおすすめです。

ローンの利用は18歳以上から法律によって認められていますが、多くの消費者金融では20歳以上を申し込み年齢として定めています。

学生ローンを提供している消費者金融であれば、18歳以上を対象年齢としているため利用しやすいです。

今回紹介した消費者金融では、AZ株式会社が学生ローンを提供しています。

AZ株式会社が提供する学生ローンの概要は以下の通りです。

対象者大学生・大学院生・短大生・専門学生・予備校生等(安定した収入のある学生の方、又は当社基準を満たす方)
金利15.0%~17.0%
借入限度額1万円~100万円
返済方式元利均等返済方式一括返済方式
返済期間契約成立日から最長4年、48回
担保・連帯保証人不要

学生で生活費・学費などで資金が必要な場合は、学生ローンを提供する消費者金融を利用しましょう。

なるべくお得に借りたい場合は無利息期間を設けている消費者金融を選ぼう

無利息期間をあらわす画像

なるべくお得に借りたい場合、無利息期間を設けている消費者金融がおすすめです。

消費者金融によっては、30日間など一定の期間元本にかかる利息を0円にしている会社もあります。

無利息期間が設けられていれば、金利額も減らせるため毎月の返済負担も軽減できます。

なるべく利息を払わずに借入をしたい場合は、無利息期間を設ける消費者金融を選びましょう。

ちなみに、今回紹介した消費者金融では以下の会社が無利息期間を設けています。

消費者金融名無利息期間
アコム30日間
レイク最大180日間
アイフル30日間
ベルーナノーティス14日間
セントラル30日間
フタバ30日間
ライフティ35日間

複数社からの借入がある場合はおまとめローンを選ぶのも選択肢の1つ

複数社からの借入がある場合、おまとめローンのある消費者金融を選ぶのもおすすめです。

おまとめローンとは、複数の会社である借入を一本化する専用ローンです。

おまとめローンを活用すれば返済期日がバラバラな借入を1つに統一できるため、管理がしやすいメリットがあります。

また、おまとめローンは現在借入している貸金業者よりも金利を低く設定してもらえるため、返済負担を減らしやすくなる点もメリットです。

おまとめローンがある消費者金融は限られていますが、複数社の借入を一本化して返済管理を楽にしたい方はぜひ検討してみてください。

ちなみに、今回紹介した消費者金融では以下がおまとめローンを提供しています。

消費者金融名サービス名
アコム借り換え専用ローン(おまとめローン)
プロミスおまとめローン
レイクレイク de おまとめ
SMBCモビットおまとめローン
アイフルおまとめMAX
JCBJCB CARD LOAN FAITH

家族や会社からバレずに借りたいなら在籍確認・郵送物なしの消費者金融を選ぼう

在籍確認の電話の画像

家族や会社に借入の事実を知られたくない場合、在籍確認・郵送物なしの消費者金融を選ぶのがおすすめです。

消費者金融によっては利用者の勤務先情報確認のため、職場に電話で連絡する会社もあります。

最近ではプライバシー保護の観点からスタッフが個人名で連絡してくれるケースも多く、以前よりは職場に借入がバレにくくなっています。

しかし、いきなり個人名で会社に電話が来れば周りから不審がられるケースも少なくありません。

原則電話での在籍確認のない消費者金融であれば勤務先に電話がかかってこないため、上記のような心配がない点がメリットです。

カードなどの郵送物がない消費者金融を選べば、家族に借入がバレる心配もありません。

周囲に借入を知られたくない場合は、在籍確認・郵送物なしの消費者金融を選びましょう。

消費者金融を選ぶ際の注意点は受けたいサービスに対応しているか

消費者金融は、自分が借入する目的に対応している業者を選ぶことが大切です。

ここでは実際に消費者金融選びの際に、確認するポイントについて解説していきます。

具体的には以下の観点から消費者金融を選ぶのがおすすめです。

費者金融選びの際に確認するポイント
  • すぐに借りたい場合は即日融資が可能であるか確認する
  • 利息を抑えたい場合は複数の消費者金融の金利を比較検討する
  • 消費者金融は自分の借入可能額調べてから選ぶ

以下、3点について詳しく解説していきます。

消費者金融ですぐに借りたい場合は即日融資が可能なところを選ぶ

腕時計の写真

即日融資に対応する消費者金融は数多くありますが、最短20分で融資を受けられます。

今回紹介した消費者金融の中で、最短20分で融資が可能な会社は以下の3つです。

最短20分融資が可能な消費者金融
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル

上記の3つ以外でも、即日融資に対応している消費者金融は問題なく申し込み当日に借入可能です。

急ぎで資金が欲しい事情がある場合は、即日融資に対応した消費者金融を選びましょう。

なお、即日融資に対応している消費者金融でも申し込み方法によっては当日に借入できない場合もあります。

例えば、郵送による申し込みの場合は本人確認書類などのやりとりを書面で行わなければならないため当日の審査に間に合いません。

即日融資を希望する場合は、対応する申し込み方法も調べておきましょう。

近年融資スピードは多くの消費者金融で短縮傾向にある

近年は大手消費者金融を皮切りに即日融資対応を始めたため、融資にかかる時間が短縮傾向にあります。

以前は早くても申し込み当日内での対応でしたが、融資にかかる時間が短縮され続けた結果、申し込みから30分以内の借入に対応するケースも増えてきました。

審査にAIを取り入れる消費者金融が多くなり、以前よりも短時間で融資可否を判断できるようになったためです。

また、インターネット審査が普及して手続きに手間がかからなくなった点も要因として挙げられます。

提携ATMを利用した借入が素早く資金を受け取れる

コンビニATMを撮った写真

消費者金融で借り入れる場合、提携ATMを利用した取引が素早く資金を受け取れます。

口座振込でも融資を受けられますが入金処理に時間がかかるため、若干のタイムロスが生じてしまう点がデメリットです。

提携ATMを利用した借入であれば、入金処理の手間もかからず契約成立時から即座に融資を受けられます。

例えば、アコムの場合はスマホアプリ内のQRコードをセブン銀行ATMで読み取るだけで希望の借入金額を引き出せます。

銀行からお金を引き出すのと同様の動作で借入できるため、特別な手間もかからず簡単にお金を借りられるのがメリットです。

とにかく早く資金を手元に用意したい場合は、ATM取引に対応した消費者金融を選びましょう。

土日審査可能な消費者金融であれば休日でも資金調達可能

土日審査可能な消費者金融であれば、休日でも資金調達が可能です。

金融機関は土日祝日休みであるケースが多く、特に銀行系のカードローンは休日に融資審査を受け付けていないケースが多くあります。

消費者金融の場合は土日の審査に対応しているケースも多く、入金も当日に行ってくれるため休日でも即座に借入できます。

今回紹介した消費者金融の中で、土日審査に対応している会社は以下の7つです。

土日審査に対応する消費者金融
  • アコム
  • プロミス
  • レイク
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • au PAY スマートローン
  • セントラル
  • フクホー

レジャー・ショッピングなどで休日に急な出費が続いて借入したい場合は、上記のような土日審査対応型の消費者金融を選びましょう。

消費者金融で利息を抑える場合は金利の低いサービスを選ぶ

硬貨の画像

利息の支払いを抑える場合は、金利の低い消費者金融がおすすめです。

利息とは借入の対価として発生するお金で、元金とは別に利用料として貸付側に支払う金額です。

多くの消費者金融では商品概要欄に実質年率として記載されています。

借入した経験がない方からすると、多額の利息を請求されるのではないかと不安に思うケースもあるでしょう。

しかし、貸金業者が設定できる利率は最大20%までと定められており、法外な利息を科されるケースはありません。

ただし、設定できる利率に上限はあるものの消費者金融によって実際に適用される金利は異なります

なるべく支払い負担を減らしたい方は、金利の低い消費者金融を選んでおきましょう。

消費者金融は自分の借入可能額を把握してから選ぶ

消費者金融では、貸付できる限度額を定めています。

消費者金融によって金額は異なりますが、800万円前後の限度額が設定されている業者が多くいます。

また、大手消費者金融の貸付限度額は以下の通りです。

消費者金融名貸付限度額
アコム1万円~800万円
プロミス500万円まで
レイク1万円~500万円
SMBCモビット1万円~800万円
アイフル1万円~800万円

上記は借入可能な金額の上限を示し、高ければ高いほどより大きな資金を借入可能です。

ただし、限度額はあくまで最大値であって実際の借入可能額は個々の審査によります

上記の限度額が定められているからと言って、必ず希望金額を借入できるわけではない点を留意しておきましょう。

総量規制で借入金額は年収の3分の1に制限

消費者金融の借入には、「総量規制」と呼ばれる法律で貸付できる金額に制限があります

総量規制とは、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐ目的で定められた法律です。

借入金額が年収の3分の1を超えた場合に、利用者は新たな借入ができなくなります。

例えば、年収が600万円の人であれば総額で200万円までしか借入できません。

したがって、年収が低い・既に他社から借入がある場合は多額の融資を受けるのは難しくなります。

ただし、次に紹介するおまとめローンの場合は総量規制の対象外となるため年収の3分の1を超えた金額も借入可能です。

おまとめローンの場合は総量規制の対象外

おまとめローンの場合は総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超えた金額でも借入できます。

おまとめローンとは、複数の借入を一本化して借り換える方法です。

おまとめローンを利用すれば、借入金の返済日を1つに統一できるため返済計画を立てやすく支払い忘れを防げます。

既存の金利よりも低くなるケースも多く、返済負担の軽減を図れる点もメリットです。

おまとめローンは貸金業法において、以下のように総量規制の対象外として規定されています。

複数の借入を一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する一定の条件を満たせば、「顧客に一方的有利となる借り換え」として総量規制の「例外貸付」に該当し、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できる場合があります。

出典:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】| 日本貸金業協会

複数の消費者金融から借入がある場合には、おまとめローンを利用しましょう。

ただし、おまとめローンは即日融資に対応していないケースが多く、すぐに資金を入手できない可能性がある点に留意しておきましょう。

消費者金融とは個人向けの少額融資を主に行う貸金業者のこと

消費者金融とは、個人向けの少額融資をメインに行う貸金業者です。

主にカードローン商品を取り扱っており、最短即日融資に対応している業者も多くあります。

他にも消費者金融は以下の特徴があります。

消費者金融の特徴
  • 資金使途が自由なケースが多い
  • 担保・連帯保証人が不要
  • インターネットで申し込み〜借入・返済まで完結できる

消費者金融は利用者の利便性を重視したサービスを提供しているケースが多いです。

担保・連帯保証人が不要である場合が多く、申し込みするハードルが低いメリットがあります。

ただし、消費者金融は会社によって貸付条件は異なるため事前にホームページ等でチェックしておいた方が良いでしょう。

貸金業法を遵守しており無理な取り立ては行われない

消費者金融は貸金業法を遵守しており、無理な取り立ては行われません。

消費者金融は金融庁に貸金業者として登録されており、以下の貸金業法を遵守する必要があります。

(取り立て行為の規制)

第21条

貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付の契約にもとづく債権の取り立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付の契約にもとづく債権の取り立てをするに当たって、人を威迫するなど人の私生活もしくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

出典:貸金業法 | e-Gov法令検索

上記の取り立てに関する規制がなされているため、暴力を伴う行為などは禁止されています。

貸金業登録がなされている業者であれば、威圧的な取り立ては行われません。

消費者金融は借りたら終わりという噂は嘘

消費者金融は、「借りたら終わり」という噂は誤りです。

以前は違法な取り立て業者も存在していましたが、現在は貸金業法が改正されており、正規業者であれば日常生活に支障をきたすようなことはありません。

出資法で定められた上限を超える金利での貸付は禁止されているため、法外な利息を支払わなければならないケースもありません。

銀行の傘下に入っている消費者金融も多く、厳しい監視のもとで運営されているケースがほとんどです。消費者金融は、安心して利用できる金融機関の1つです。

法改正によって上限金利は10%引き下げられている

消費者金融は2009年まで上限金利が29.2%に定められていましたが、法改正により10%引き下げられています。

現在は以下の上限金利が出資法にて定められています。

出資法で定められる上限金利
  • 元本が10万円未満:年20%
  • 元本が10万円以上から100万円未満:年18%
  • 元本が100万円以上:年15%

出典:上限金利について【貸金業界の状況】| 日本貸金業協会

消費者金融からお金を借りると、高い金利が適用されて返済できなくなるのではないかと不安に思う方も多いでしょう。

しかし、上記のように最大でも20%までしか金利を設定できないため、月々の返済額を無理のない範囲で設定すれば問題なく完済できるケースもあります。

多額の借入がなければ複数の貸金業者から融資を受けられる

消費者金融からの借入が多額でなければ、複数の貸金業者から融資を受けられます。

基本的に貸金業者から借入できる金額は総量規制によって年収の3分の1までに定められています。

消費者金融からの借入と合わせて年収の3分の1以内に収まれば、他の貸金業者からの融資を受けるのも可能です。

ただし、年収の3分の1までに収めればどんな貸金業者からも希望の融資額を借入できるわけではありません。

総量規制とは別に、各貸金業者が独自の判断基準によって貸付できる金額を決定しているためです。

既存の借入残高によって、審査の通過可否に影響する可能性がある点も留意しておきましょう。

審査に通らない理由は返済能力が低いと判断されるため

ATMで返済を行う画像

消費者金融の審査に通らない理由の多くは、返済能力が低いと判断されるためです。

消費者金融は貸金業法を遵守しており、以下のように利用者の返済能力を超えた貸付はできないと規定されています。

(過剰貸付等の禁止)

第13条の2 貸金業者は、貸付の契約を締結しようとする場合において、前条第1項の規定による調査により、当該貸付の契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付の契約と認められる時は、当該貸付の契約を締結してはならない。

出典:貸金業法 | e-Gov法令検索

上記の法律があるため消費者金融は貸付にあたって審査をして、利用者の返済能力があるかを見極めています。

利用者の返済能力が低い場合、貸付すれば上記法律に違反するリスクはもちろん返済不能となって損失を被る可能性もあります。

消費者金融では利用者の返済能力を厳しくチェックしているため、誰でも借入できるわけではない点に留意しておきましょう。

返済遅延すると強制的な解約や差し押さえなどの罰則がある

消費者金融は、返済の遅延に対して厳しく対応するのが一般的です。

返済遅延を繰り返すと、強制解約・差し押さえなどの罰則が科せられるケースがあります。

仮に強制解約・差し押さえなどの処置を受けた場合、信用情報に金融事故として5年〜10年の期間は登録され続けてしまいます。

金融事故として登録されれば、他社のローン審査で信用情報を照会された時に返済能力を低く判断されて新規借入しにくくなってしまう点がデメリットです。

消費者金融で借入する際は、無理なく返済できるか事前にシミュレーションなどで調べておきましょう。

消費者金融は安定した収入・他社の借入状況・信用情報などの審査基準がある

消費者金融の審査基準は、借入者の返済能力を確認するための重要な指標で、以下の3点が挙げられます。

消費者金融の審査基準
  • 安定した収入があるか
  • 他社の借入状況はどうか
  • 信用情報に傷がないか

これらの審査基準を満たしていることによって審査が通過できます。

上記3つの審査基準について、詳しく見ていきましょう。

安定した収入があるかのチェック

消費者金融は借入者が返済能力を持っているか確認するために、安定した収入があるかをチェックします。

毎月給料が支払われているなど定期的な収入があれば、返済能力が高いと判断できるためです。

消費者金融は返済能力が十分にあると判断した申込者に融資するため無職・収入がない専業主婦などは対象外としているケースも多くあります。

一部の消費者金融では配偶者の年収なども考慮して貸付する配偶者貸付を用意しており、安定した収入がなくても借入できる場合があります。

他社での借入状況はどうか

消費者金融は、他社での借入状況も審査基準として考慮します。

他社からの借入が多い場合、新たな借入による返済負担が増えて返済不能となるリスクが高まるためです。

したがって、他社での借入がない・少ない方が審査で返済能力が高いと判断されやすくなります。

他社からの借入がある場合、総額で年収の3分の1以上借りられない総量規制に引っかからないか調べておきましょう。

信用情報に傷がないか調べられる

消費者金融は信用情報機関から提供される信用情報を元に審査するのが一般的です。

信用情報にはクレジットカードの利用履歴が記載されています。

過去に他の借入で返済遅延を起こしているなど信用情報に傷があると、返済能力が低いと判断されて審査落ちしてしまいます。

信用情報に返済遅延などの金融事故が記録されると、5年〜10年は登録され続けてしまいます。

消費者金融には審査が甘い・簡単に通るものは存在しない

審査が甘い・通りやすい消費者金融は、残念ながら存在しません

消費者金融の審査は貸金業法に則り、利用者の返済能力を厳しくチェックしているためです。

しかし、各消費者金融は異なる審査基準を持っているため、申込者の属性資金調達のニーズに合わせて柔軟に審査しているケースもあります

消費者金融を選ぶ際は優遇審査の適用など融資条件を事前に把握し、スムーズに審査にうつれる会社を選びましょう。

50万円以下の借入は収入証明書が必要ないケースが多い

50万円以下の借入については、収入証明書の提出が必要ないケースも多いです。

収入証明書とは、確定申告書・源泉徴収票など自分自身の収入を証明できる書類を指します。

収入証明書の提出を求められる場合、収入源などを細かくチェックされる可能性があるため審査が厳しくなる可能性があります。

50万円以下の借入であれば貸金業法でも収入証明書の提出を義務化しておらず、審査をスムーズにすすめられる可能性があります。

ただし、消費者金融によっては借入金額に関わらず収入証明書の提出を求める場合もあるため事前にホームページ等で調べておきましょう。

パート・アルバイト可の消費者金融は審査を柔軟に行っている

アルバイト・パートの画像

パートやアルバイトの方でも申し込みが可能な消費者金融は、審査を柔軟に行っています。

消費者金融によっては、年収400万円以上など申し込み時の収入に下限を設定しているケースもあります。

年収制限している消費者金融の場合、収入状況に関して厳しくチェックされて審査落ちする可能性も高くなります。

パート・アルバイトでも申し込める場合は対象者を広くとっており、返済能力さえ証明できれば審査に通過できる可能性もあります。

審査に不安がある場合は、パート・アルバイト可など対象条件を広くとっている消費者金融を選びましょう。

ちなみに今回紹介した消費者金融の中で、パート・アルバイト可の会社は以下の5つです。

パート・アルバイト可の消費者金融
  • アコム
  • レイク
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • ダイレクトワン

専業主婦は安定した収入があれば借入できる可能性がある

専業主婦の場合、安定した収入があれば消費者金融で借入できる可能性があります。

「専業主婦の方は申し込みできません」と記載されている場合を除き、アルバイトなどで定期的な収入があれば審査結果によっては借入可能です。

例えば、アコムでは公式ホームページで以下のように主婦でも契約可能である旨を記載しています。

Q.アルバイト(パート)・派遣社員・主婦(主夫)も契約できますか?

A.はい。20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

出典:アコム

専業主婦で借入したい場合は、専業主婦自体を申し込み条件から外していない消費者金融を選びましょう。

新規利用者は多くの消費者金融で優遇措置を受けられる

消費者金融では、無利息期間を設けるなど新規利用者を対象とした優遇措置があります。

今まで借入がない場合、返済遅延などの金融事故を起こしていません。

既存で借入がある人と比較して返済不能となるリスクが低いと判断されやすく、消費者金融は新規申込者に優遇措置を設けるなどして積極的に貸付しようとしています。

また、特定のサービスを利用する申込者に対しての優遇措置もあるためチェックしておきましょう。

例えば、dスマホローンでは通信回線などのドコモサービスを利用する申込者に対して最大3.0%の金利引き下げをしています。

初めてお金を借りる場合は、特典が豊富な業者を選ぶと結果としてお得にお金を借りられます。

消費者金融と銀行カードローンの違いについて解説

消費者金融と銀行カードローンに関する違いは、大きく「融資スピード」「金利」「総量規制の有無」の3つに違いがあります。

消費者金融と銀行カードローンの特徴を比較すると、以下の表の通りです。

消費者金融銀行
即日融資×
金利平均18%前後平均14%前後
審査時間最短20〜30分翌営業日以降
無利息期間ありなし
総量規制対象対象外

それぞれの違いについては、以下で詳しく説明していきます。

消費者金融は銀行カードローンよりも融資スピードが早い

消費者金融は、銀行カードローンよりも融資スピードが早い点が特徴です。

先述の表からもわかる通り、消費者金融即日融資に対応している会社も多く申し込み当日に必要な資金を入手できます。

一方で、銀行は下記のように警視庁のデータベースを照合するなど審査に時間がかかるため、当日の借入に対応していません。

一般社団法人全国銀行協会(会長:平野信行|三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は、平成25年11月、「反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について」を公表し、反社会的勢力との関係遮断を徹底するための対応を表明しておりました。

 その際、「銀行界と警察庁データベースとの接続についても、警察庁・金融庁・銀行界の実務者間で、継続的に検討」することにしておりましたが、本年1月4日から警察庁の暴力団情報データベースへの接続が開始されましたのでご報告いたします。

 なお、接続に関する枠組みの概要は次の通りです。

(1)警察庁の暴力団情報データベースへの接続は、預金保険機構を介して実施する。

(2)対象取引は、新規の個人向け融資等とする。

(3)対象者は、個人の融資申込者等とする。

出典:反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について | 一般社団法人全国銀行協会

銀行カードローンの場合は審査完了までに1週間以上かかるケースも多く、資金がすぐに必要な方には向いていません。

借入先にこだわりがない場合、資金をすぐに調達したい場合は消費者金融を利用するのがおすすめです。

銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低い

金利については、銀行カードローンの方が一般的に低く設定されています

銀行・消費者金融が設定する金利に違いがあるのは、両者における業態の違いが要因です。

消費者金融は基本的に貸金業のみを取り扱っています。カードローンを中心に顧客にお金を融資し、利息をもらって利益を得る流れです。

消費者金融は貸付する原資を自分たちで用意しなければなりません。原資を確保するためにもコストがかかっているため、自ずと利息も上がります。

一方で、銀行は貸金業の他に預金業務も行っています。

顧客が銀行に預けたお金から融資する金額を調達しているため、消費者金融と比較してコストがかかりません。

よって、銀行カードローンの方が低い金利で借りられるため、返済負担は少なくなります

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。総量規制は貸金業者からの借入のみが対象であるためです。

貸金業者は消費者金融・クレジットカード会社などお金を貸す業務をメインに行っている会社を指します。

銀行・信用金庫などは貸金業者ではないため、貸金業法にもとづく総量規制の対象となりません。

銀行は銀行法などの金融機関で定められた法律にもとづいて貸付けています。

ただし、銀行でも利用者の返済能力を超えた貸付は行わないよう審査基準を設けています。

総量規制の対象外とはいえ、年収の3分の1を超えた金額を必ず借りられるわけではない点に留意が必要です。

消費者金融は土日祝日審査に対応しているケースが多い

消費者金融は、土日祝日の審査に対応しているケースがあります。

消費者金融では24時間365日Webからの申し込みに対応している会社も多く、時間・場所に縛られず休日でも借入できます。

銀行は土日祝日を休業しているケースが一般的で、休みの間は貸付業務も停止している場合があります。

休日に借入したい場合は、消費者金融を利用するのがおすすめです。

ただし、土日と平日の審査受付時間が異なるケースもあるため、事前にホームページ等で情報を見ておきましょう。

おすすめの消費者金融に関するよくある質問

消費者金融に関するよくある質問として、以下の5つを紹介します。

消費者金融に関するよくある質問
  • 消費者金融で一度でも借りるとローンが組めないって本当?
  • 絶対に借りられる極甘審査ファイナンスを一覧で知りたい
  • 審査が甘い消費者金融のランキングはある?
  • おすすめの消費者金融は学生でも借りられる?
  • 知恵袋にあるおすすめの消費者金融情報は信用して大丈夫?

消費者金融に関して疑問点がある場合は、上記の回答を参考にしてください。

消費者金融で一度でも借りるとローンが組めないって本当?

消費者金融は貸金業法を遵守する会社が貸付しており、利用する分には何ら問題はありません。

ただし、借入金の返済が遅延すると金融事故として信用情報に記録され、他のローン商品利用時の審査で不利になります。

一度金融事故として信用情報に登録されてしまうと、5〜10年間は記録が残り続けてしまいます。

消費者金融を利用する際は、無理なく返済できる範囲で借入するのが大切です。

絶対に借りられる極甘審査ファイナンスを一覧で知りたい

消費者金融で必ず借入できる極甘審査ファイナンスは、残念ながらありません

消費者金融は貸金業法に則って貸付しており、利用者の返済能力を十分に見極めるよう義務付けられているためです。

過去にクレジットカードの支払いを延滞したなど信用情報に傷がある場合は、記録が消えた段階で申し込むなど審査に万全を期しましょう。

審査が甘い消費者金融のランキングはある?

「審査が甘い」や「誰でも借りられる」などとうたっている業者には注意が必要です。

誰でも借りられる業者は適切な審査をせずに融資をしており、違法業者の可能性があります。

適切な消費者金融は、先述の通り利用者の返済能力を確認するための厳格な審査をします。

違法業者から借入をしてしまうと法外な金利を要求され、多額の返済しなければならないなどのトラブルに巻き込まれます。

本日紹介したような、正規に貸金業者として登録している消費者金融で借入しましょう。

消費者金融は学生でも借りられる?

消費者金融の中には20歳以上安定した収入返済能力があれば、学生でもお金を借りることは可能です。

アルバイトなどで働いていることが借り入れの条件にはなります。

申込の際はアルバイトの月収または年収が明記されている書類として給料明細書や源泉徴収票などの収入証明書が必要となる場合があります。

収入証明書を提出すると返済能力を正確に判断できるため申込の際は準備しておきましょう。

知恵袋にあるおすすめの消費者金融情報は信用して大丈夫?

知恵袋などのQ&Aサイトに掲載されている情報は一般のユーザーが投稿したものであり、専門家の見解ではありません

消費者金融に関する知識を十分に持っていない人が投稿している可能性もあり、信憑性は必ずしも高いとは言えません。

消費者金融を選ぶ際は、公式ホームページなどの情報を参考にするのがおすすめです。

また、不明な点があれば直接消費者金融に問い合わせても良いでしょう。

おすすめの消費者金融に関するまとめ

消費者金融は個々のニーズに対応したサービスを提供します。

即日融資対応している・無利息期間が設定されているなど、借入の目的に応じて適切な消費者金融も異なります。

借入の目的を明確にした上で、ニーズにあった消費者金融を選びましょう。

「審査が甘い」業者や「誰でも借りられる」業者は違法である可能性が高いため、注意が必要です。

自分の返済能力を考慮した上で、無理のない範囲での借入を心掛けましょう。

目次