せどりで在庫管理する方法とは?在庫管理のメリットと具体的な方法を解説!

せどりで在庫管理する方法とは?在庫管理のメリットと具体的な方法を解説のアイキャッチ画像

「せどりの在庫管理を効率化して利益を上げたい。」

「せどりの在庫管理でおすすめの方法は?」

このような疑問を持っている方もいることでしょう。

結論としてせどりで在庫管理すれば作業効率が上がり利益拡大に繋げられます。

ここでは、せどりにおける在庫管理の具体的な方法やメリット、コツなどを詳しく解説していきます。

在庫管理を適切に行うことで、せどりビジネスをより効率的に進められるでしょう。

この記事はこんな人におすすめ
  • せどりで商品の回転率を上げたい人
  • せどりの効率的な在庫管理をしたい人
  • 適切な在庫数を把握したい人
目次

せどりの在庫管理とは仕入商品を自宅などに保管して在庫数を把握すること

せどりにおける在庫管理とは、仕入商品を自宅や倉庫などに保管し、商品の在庫数や販売状況を正確に把握することです。

せどりでは、利益を出すために仕入商品を適切な価格で販売することが重要ですが、そのためには在庫管理が欠かせません。

せどりの在庫管理の重要性
  • せどりでは商品の在庫状況の把握が重要
  • 正確な在庫数や販売状況を把握することで利益を上げられる
  • 在庫管理を怠ると仕入れのタイミングを逃す

在庫管理を怠ると、売れ残りによる死に在庫が増えたり、仕入れのタイミングを逃したりと、さまざまな問題が発生します。

したがって、せどりで成功するためには、在庫管理を適切に行い、商品の在庫状況を常に把握しておく必要があるのです。

せどりで在庫管理する際は商品を保管するためのスペースを確保する必要がある

せどりで在庫管理する際は、仕入れた商品を保管するためのスペースを確保する必要があります。

自宅の一部を在庫保管スペースとして利用する場合は、商品の種類や数量に応じて適切なスペースを用意しましょう。

在庫が増えてきた場合は、レンタル倉庫を活用することも検討してください。

  • 仕入れ商品を保管するスペースを用意する
  • 在庫数が増えたらレンタル倉庫などを活用する
  • 在庫整理して商品の出し入れをスムーズにする

在庫保管スペースを確保する際は、商品を傷めないようにすることが大切です。

湿気やホコリ、直射日光などは商品の品質を低下させる原因となるため、できるだけ避けましょう。

また、定期的に在庫スペースを整理整頓して、商品の出し入れがスムーズにできるようにしておくことも重要です。

せどりの在庫管理では商品の入荷と出荷を正確に記録することが重要

せどりで在庫管理する上で、商品の入荷と出荷を正確に記録することが重要です。

仕入れた商品がいつ、どこから、いくつ入荷したのかを記録しておくことで、現在の在庫数を正確に把握できます。

商品の入荷と出荷は、エクセルやスプレッドシートなどを使って管理するのが一般的です。

在庫管理の方法について
  • エクセルやスプレッドシートで商品の入荷と出荷を記録する
  • 入荷日や仕入れ先、商品名、数量、仕入れ価格など記載する
  • 定期的に在庫数と照合して在庫を管理する

入荷日や仕入れ先、商品名、数量、仕入れ価格などの情報を記録しておきましょう。

販売した商品についても、販売日や販売先、商品名、数量、販売価格などを記録します。

これらの情報を正確に記録し、定期的に在庫数と照合することで、在庫管理の精度を高めることが可能です。

定期的に在庫の棚卸しをして実際の在庫数と記録を照合する

せどりの在庫管理では、定期的に在庫の棚卸しをして、実際の在庫数と記録を照合することが大切です。

在庫数に差異がある場合は、原因を突き止めて修正しましょう。

この作業を怠ると、在庫管理が形骸化してしまう恐れがあります。

  • 棚卸しで記録と実際の在庫数を照合する
  • 棚卸しの際は商品カテゴリごとに分ける
  • 在庫数に差異があれば原因を追求する

すべての商品を一度に数えるのは大変な場合は、商品カテゴリーごとに分けて行うのも一つの方法です。

棚卸しの結果、在庫数に差異があった場合は、商品が紛失していないか調べましょう。

棚卸しを習慣づけることで、在庫管理の精度を維持し、商品の紛失や記録漏れを防げます。

在庫管理を適切に行うことで死に在庫を減らし商品回転率を上げられる

せどりで在庫管理を適切に行うことで、死に在庫を減らし、商品回転率を上げることが可能です。

在庫を管理することで、売れ筋商品の在庫を優先的に確保するなどの臨機応変な対応ができます。

死に在庫を減らすためには、商品の需要動向を常にチェックし、売れ筋商品を素早く仕入れることが重要です。

売れ残りそうな商品は、早めに値下げ販売するなどで在庫を管理していく必要があります。

商品の回転率を上げるには、適切な仕入れや在庫処分が欠かせません。

在庫管理を徹底することで、キャッシュフローを改善し、利益率の向上につなげられるでしょう。

せどりで在庫管理するメリットは作業効率の向上と確定申告をスムーズにすること

せどりで在庫管理するメリットは、作業効率の向上と確定申告をスムーズに進められることです。

在庫管理を適切に行うことで、販売状況や在庫数を正確に把握できます。

せどりで在庫管理するメリット
  • 作業効率の向上と確定申告をスムーズに進められる
  • 販売状況や在庫数を正確に把握できる
  • 仕入れや販売の判断ミスを防げる

在庫管理を怠ると確定申告の際に必要な情報が不足し、申告作業に時間がかかってしまうこともあるでしょう。

在庫管理を適切に行っていれば、仕入れや販売の判断がスピーディーに行えます。

なお、確定申告に必要なデータも揃っているため、スムーズに確定申告を進められます。

せどりで在庫管理すると在庫を的確に把握でき作業効率を上がる

せどりで在庫管理すると、現在の在庫数や販売状況を的確に把握できます。

これにより、売れ筋商品の仕入れを優先したり、在庫が少なくなった商品を追加で仕入れたりするなど、効率的な仕入れや販売が可能です。

在庫管理しない場合、在庫数が曖昧になってしまい、適切な仕入れ量や販売価格の設定が難しくなります。

在庫管理する場合
  • 在庫レベルや売上状況をリアルタイムで把握できる
  • 仕入れ過剰や在庫ロスを最小限に抑えられる
  • スムーズな商品の出し入れで作業効率を上げられる

また、売れ残った商品が増えてしまい、資金が滞留してしまう恐れもあります。

一方、在庫管理を適切に行えば、在庫の過不足を防ぎ、商品回転率を上げることが可能です。

売れ筋商品を素早く仕入れ、適切な価格で販売することで、利益を最大化できるでしょう。

せどりの在庫管理の資料を確定申告の際に活用できる

せどりで在庫管理していれば、仕入れた商品の数量や金額、販売した商品の数量や金額などのデータが蓄積されます。

これらのデータは、確定申告の際に経費や収入を証明する資料として活用できるため、スムーズに申告を進められるでしょう。

せどりの確定申告の必要書類等と手順
  1. 確定申告書を作成する
  2. 青色申告であれば青色申告決算書、白色申告であれば収支内訳書を作成する
  3. 所轄の税務署へ必要書類等を提出する
  4. 納税する

また、税務署から経費や収入の根拠を求められた場合にも、在庫管理のデータを提示することで説明がしやすくなります。

在庫を管理して、申告に必要なデータを蓄積しておくことで、円滑に確定申告を進められるでしょう。

せどりの在庫管理で得たデータを分析すれば売上を伸ばせられる

せどりの在庫管理で得たデータを分析することで、売れ筋商品や販売動向を把握できます。

この情報で、今後の仕入れ計画や販売戦略を立てたり、売上向上につなげることが可能です。

また、過去の販売データを分析することで、将来の販売動向を予測することも可能です。

  • 在庫管理のデータを分析すれば販売動向や売れ筋商品が分かる
  • 販売データで将来の販売動向を予測できる
  • データ分析以外にも競合調査する必要がある

データを分析し、活用することで、売れ筋商品の発掘や販売戦略の改善を図り、売上向上につなげていきましょう。

ただし、データ分析する際は、短期的な変動だけでなく、長期的なトレンドも考慮する必要があります。

また、市場の変化や競合他社の動向など、外部要因にも注意を払いながら分析することが重要です。

せどりで在庫管理する際の注意点

せどりで在庫管理する際は、いくつかの注意点があります。

まず、在庫の保管場所については、商品の劣化を防ぐために適切な温度や湿度管理が必要です。

また、定期的に在庫を点検して、傷みや汚れがある商品は、早めに処分しましょう。

  • 在庫の保管場所の湿度を管理する
  • 点検して汚れなどがないか確認する
  • 管理のデータを正確に入力してミスを防ぐ

在庫管理のデータについては、正確に入力することが重要です。

また、在庫管理する際は、セキュリティにも気を付ける必要があります。

在庫管理のデータには、仕入れ先や販売先の情報なども含まれています。

これらの情報が外部に漏れないよう、データの管理には十分注意しましょう。

せどりで在庫管理するコツとしてExcelやスプレッドシートを活用する

せどりで在庫管理する際のコツは、ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトを活用することです。

以下で紹介するツールを使えば、商品の仕入れ情報や販売情報を一元管理できます。

  • Excel
  • スプレッドシート
  • オークファン

上記ツールにより、在庫数や販売状況を簡単に把握することが可能です。

在庫管理を手作業で行っていては、情報の更新が遅れたり、ミスが発生したりするリスクがあります。

しかし、Excelやスプレッドシートを使えば、データの入力や更新を効率的に行えるため、常に最新の在庫情報を把握できるでしょう。

Excelやスプレッドシートを活用した在庫管理の方法を紹介

ExcelやGoogleスプレッドシートを使った在庫管理の方法は以下の通りです。

  • 商品情報を入力する表を作成する(商品名、仕入れ先、仕入れ価格、販売価格、在庫数など)
  • 仕入れた商品の情報を随時入力していく
  • 販売した商品の情報を入力し、在庫数を更新する
  • 表のデータを元に、在庫状況や販売状況を分析する

この方法なら、特別なソフトを使わなくても在庫管理できます。

ただし、商品数が多くなると、表の管理が大変になってくるでしょう。

その場合は、以下のようなテクニックを活用してみましょう。

  • フィルター機能を使って、必要な情報だけを表示する
  • VLOOKUPやSUMIFSなどの関数を使って、データの集計や分析を自動化する
  • マクロを使って、定型的な作業を自動化する

これらのテクニックを使いこなせば、商品数が増えても効率的に在庫管理できるはずです。

せどり・物販向けのリサーチ分析ツールはオークファンがおすすめ

せどりや物販で売れ筋商品をリサーチする際は、オークファンの利用がおすすめです。

オークファンは、ヤフオクやAmazonなどの販売データを分析し、売れ筋商品や相場価格などの情報を提供してくれるツールです。

オークファンを使えば、過去の販売実績から、どのような商品が売れているのかを把握できます。

オークファンの特徴
  • 過去10年の幅広い商品の相場を検索できる
  • amazonで売れる商品のリサーチできる
  • Yahoo!ショッピング/楽天市場/Amazonの横断検索ができる
  • 国内外の一括検索で海外輸入・輸出に活用できる
  • 稼げる商品の仕入先探しを効率化できる

また、商品の相場価格がわかるため、適切な販売価格を設定しやすくなります。

さらに、オークファンには、商品のトレンドを分析する機能もあります。

これを使えば、今後売れると予想される商品を発掘できるかもしれません。

オークファンを活用して、売れ筋商品のリサーチを欠かさないようにしましょう。

せどりでの仕入れ資金にはカードローンを利用する

せどりで仕入れ資金が必要な場合は、カードローンの利用を検討しましょう。

カードローンは、融資までのスピードが早く、必要な金額を借りられるのが特徴です。

  • カードローンは融資までのスピードが早い
  • カードローンによってはWEB完結できる商品もある
  • 返済計画をしっかり立てて無理のない範囲で借入する

カードローンを使えば、仕入れのタイミングを逃さずに商品を確保できます。

仕入れ資金は、販売して利益が出る範囲内に留めるようにしてください。

また、返済計画をしっかり立てて、計画通りに返済していきましょう。

まとめ

せどりで利益を出すためには、在庫管理が非常に重要です。

在庫管理を適切に行うことで、商品の回転率を上げ、利益を最大化できます。

  • せどりで在庫を管理すると商品の回転率が上がる
  • 在庫をExcelやスプレッドシートで管理すると確定申告がスムーズになる
  • 在庫管理のデータを分析することで売れ筋商品を発掘できる

また、在庫管理のデータを分析し、売れ筋商品の発掘や販売戦略の改善につなげていくことが重要です。

在庫管理を適切に行うことで、せどりでの利益を最大化できます。

在庫管理の重要性を理解し、本記事で紹介した具体的な方法を実践しましょう。

目次