【図解あり】ふるさと納税とは?詳しい仕組みを初心者向けに解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ふるさと納税 とは 仕組み メリット 図解

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付を通じて、その自治体の活性化や地域振興を支援する制度です。

地域ごとにさまざまな特産品や観光体験などの返礼品が用意されており、寄付を通じて地域の魅力を知ることができます。

また、ふるさと納税は基本的な4つのステップを踏むことで、簡単かつお得に納税をすることができます。

ですが…。

そうは言われても、いまいち仕組みがピンとこない…。

本当に損しないの?

まだふるさと納税をしたことがない方は、こんな不安を持っているかもしれません。

そこで本記事では、ふるさと納税の仕組みメリット・デメリットについて、図解を交えながら詳しく解説していきます。

記事の後半では、ふるさと納税の注意点や、初心者向けのふるさと納税おすすめサイトを紹介しています。

「どのふるさと納税サイトが自分に合うのかわからない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • ふるさと納税の仕組み
  • ふるさと納税で寄付できる金額【年収・家族構成別】
  • ふるさと納税で寄付する流れ4ステップ
  • ふるさと納税するうえでの注意点
  • 初心者におすすめのふるさと納税サイト 5つ

ふるさと納税の仕組みがわかれば、より返礼品選びが楽しくなりますね♪

ふるさと納税の仕組みを知る前に、「どんな返礼品があるのか見てみたい」という人は、「ふるさと納税 おすすの記事も見てみましょう。

2024年7月の最新情報
  • ふるさと納税 ポイント付与のサイト通じた寄付 募集禁止へ(参考:NHK)
  • 五島牛・五島美豚の試食会 同時開催!「第38回五島列島夕やけマラソン」参加権の寄附受付を長崎県五島市ふるさと納税で開始(参考:PR TIMES)
  • 敷地1100坪の一棟貸切リゾート「ヴィラ・セゾン・フジ」(富士河口湖町)がふるさと納税の返礼品の対象に!サウナ・和室・アミューズメントコーナーを新設し施設の魅力倍増!(参考:PR TIMES)

本サイトのコンテンツには、広告が含まれている場合がございますが、ユーザーに役立つ情報を厳選の上掲載しました。

目次

ふるさと納税とは?仕組みを図解でわかりやすく解説

ふるさと納税とは?仕組みを図解でわかりやすく解説

ふるさと納税とは、各自治体の活性化を目的として2008年5月に開始された税制度です。

ここでは、ふるさと納税の仕組みについて、以下5つのポイントを解説していきます。

自治体に寄付するお礼に「返礼品」がもらえる

ふるさと納税は、自治体に対して寄付するとお礼として「返礼品」がもらえます。

返礼品の種類は、自治体の特産品である食品・生活用品や、ホテルの宿泊プランなどがあります。

住んでいる自治体に寄付しても返礼品はもらえないので注意しましょう。

価格帯も1,000円から100万円を超えるものなど幅広く用意されています。

あなたの寄付しようとしている金額に合わせて返礼品をチョイスしましょう。

↪ふるさと納税の仕組み5つのポイント一覧に戻る

寄付した金額から2,000円を超えた分は控除される

ふるさと納税では返礼品がもらえるだけでなく、実質負担2,000円で利用できる点も魅力の一つ。

実質負担2,000円で利用できる理由は、寄付した金額から2,000円を超えた分が控除されるためです。

ふるさと納税は実質負担2,000円で利用できる
引用:ふるさと納税は?|ふるさとチョイス

控除とは、寄付した税金の払い過ぎた分が戻ってきたり、翌年払う税金が軽減されたりする制度です。

ふるさと納税した場合「所得税」と「住民税」が控除されますが、控除の手続き方法によってどちらの税金が控除されるか変わってきます。

手続き方法ごとの控除対象となる税金

確定申告した場合:「所得税」と「住民税」が控除される

ワンストップ特例の場合:控除されるのは「住民税」のみ

ワンストップ特例とは、条件を満たした場合に確定申告しなくても控除が受けられるふるさと納税の制度。

それぞれの控除について簡単に紹介していきます。

所得税の控除(=払い過ぎた分が戻ってくる)

所得税の控除とは、ふるさと納税で払い過ぎた分の税金が戻ってくる仕組みです。

たとえば、年収400万円(所得税率5%)で独身の人が50,000円寄付した場合、確定申告すると2,400円が所得税の控除で戻ってきて残りは住民税の控除にあてられます。

所得税の控除:(50,000円 ー 2,000円) × 0.05% = 2,400円
住民税の控除:(50,000円 ー 2,000円) ー 2,400円 = 45,600円

上記の2,400円分の税金が戻ってくる。

ただし、会社員のように確定申告が必要ない人は基本的に所得税の控除はなく、次に説明する住民税の控除(=翌年の住民税が安くなる)のみ受けられます。

とりあえず「所得税の控除は確定申告したときにだけ受けられる」と覚えておきましょう。

住民税の控除(=翌年の住民税が安くなる)

住民税の控除とは、寄付金額に応じて翌年の住民税が安くなる仕組みです。

具体的には、寄付した翌年の6月から払う毎月の住民税が控除の分だけ安くなります。

住民税の控除
引用:ワンストップ特例制度|ふるさとチョイス

住民税の控除は、確定申告、ワンストップ特例どちらでも受けられます

ワンストップ特例を使うと手続きが簡単におこなえるので、確定申告しない人はワンストップ特例を活用しましょう♪

↪ふるさと納税の仕組み5つのポイント一覧に戻る

控除される限度額は年収や家族構成から計算する

ふるさと納税の実質負担額が2,000円となる「控除限度額」は、寄付する年の年収・家族構成などを踏まえて計算します。

控除シミュレーション
引用:かんたんシミュレーター|楽天ふるさと納税

控除限度額を超えて寄付してしまうと自己負担額が2,000円より多くなってしまうので、あなたの限度額がいくらになるか知っておく必要があります。

ここでは、控除限度額の計算方法と、控除限度額の上限早見表を紹介します。

控除限度額の計算方法

ふるさと納税以外の控除がない場合、控除限度額は以下の2点で計算できます。

  • 寄付する年の年収
  • 家族構成

ざっくりとした限度額を知りたい人は、ふるさと納税サイトのシミュレーションを利用すれば簡単に限度額を出せますよ!

ふるさと納税以外にも控除を申請する場合は、詳細なシミュレーションで限度額を出しておきましょう。

ふるさと納税以外の控除の例

引用:税について|国税庁

限度額をオーバーすると自己負担額が2,000円以上になってしまうので、あなたが当てはまる控除がないかよく確認しておきましょう。

控除限度額の上限早見表

総務省では、ふるさと納税の控除限度額を確認できる「上限早見表」を公開しています。

以下の画像は、実際の早見表です。

ふるさと納税 控除上限額 上限早見表
引用:全額控除されるふるさと納税額の目安|総務省

上限額の早見表に記載されている家族構成条件は、以下のように指定があります。

家族構成説明
共働きふるさと納税をする本人が配偶者(特別)控除を受けていない場合を指しています。
夫婦ふるさと納税をする配偶者の収入がない場合を意味しており、ふるさと納税をする本人が配偶者控除を受けている状況を指します。
子1人(高校生)16歳から18歳の扶養親族
子1人(大学生)19歳から22歳の特定扶養親族

なお、上記の表にある「子」が中学生以下の場合、控除額に影響がないため計算に入れません。

以下の具体例も、ぜひ参考にしてみてください

  • 例:共働き+未就学児2名=「1.共働き」に該当
  • 例:独身+未就学児1名=「1.独身」に該当
  • 例:夫婦子1人(小学生)=「2.夫婦」に該当
  • 例:夫婦子2人(高校生と中学生)=「5.夫婦子1人(高校生)」に該当

↪ふるさと納税の仕組み5つのポイント一覧に戻る

寄付の申し込みは12月31日までに行う

ふるさと納税の申込期限は、その年の12月31日23:59までに決済完了と定められています。

もしふるさと納税サイトのカートに返礼品が入っていても、決済が完了していない場合には「翌年の寄付」として扱われてしまいます。

必ず、年内に決済が完了するよう手続きしましょう!

↪ふるさと納税の仕組み5つのポイント一覧に戻る

返礼品を受け取ったら控除の申請をする

ふるさと納税の控除は、寄付後に自分で申請する必要があります

返礼品を受け取って満足してしまいがちですが、控除の申請までしてふるさと納税は完了です。

もし控除の申請を忘れてしまうと寄付金額を全額自己負担になるので、忘れずに申請しましょう。

申請方法は「確定申告」または「ワンストップ特例申請」のどちらかを選択できるので、あなたの状況にあった方を選びましょう。

確定申告とワンストップ特例申請について簡単に解説します。

基本は確定申告を行う

ふるさと納税で控除を受けるには、基本的に確定申告をおこなう必要があります。

以下の条件に当てはまる人は、確定申告でふるさと納税をしましょう。

確定申告をする人・条件
  • 給与が2,000万円を超える
  • 2カ所以上の企業から、一定額以上の給与がある
  • 副業の所得が20万円を超える
  • 個人事業主である
  • 不動産収入がある
  • 公的年金に関わる雑所得のみの年金収入が400万円超で、その雑所得の金額から所得控除を差し引いた場合に残額が出る

確定申告時に、ふるさと納税の「寄附金受領証明書」を確定申告書類に添付し、税務署に提出します。

寄附金受領証明書は、寄付先の自治体から寄付者住所に送付されてくる書類で、寄付申込み後1週間から1ヶ月半以内に届きます。

会社員はワンストップ特例制度を利用すると楽

控除を受けるには確定申告が必要ですが、一定の条件を満たすと確定申告が必要ない「ワンストップ特例制度」が利用できます

ワンストップ特例制度は、確定申告をしなくても申請書を自治体に送るだけで控除の申請が完了する制度です。

とくに、会社員は以下の条件を比較的簡単に揃えられるので、ワンストップ特例を利用した方が楽にふるさと納税を活用できます。

ワンストップ特例制度を利用できる人・条件
  • 確定申告の必要がない給与所得者
  • その年の寄付先が5自治体以内
  • 申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送している

会社員のふるさと納税について詳しく知りたい人は、「ふるさと納税 会社員」記事を参考にしてみてください。

↪ふるさと納税の仕組み5つのポイント一覧に戻る

ふるさと納税でどのくらい寄付できる?【年収・家族構成別】

ふるさと納税で実質2,000円で寄付できる金額(寄付限度額)は、年収や家族構成、そのほかの控除有無などによって決まります。

ここでは、各ライフステージの具体例を出し、年収や家族構成別にどれくらいふるさと納税がお得になるのかを解説します。

なお、ここで記載している限度額の数値は、総務省の資料を参照しています。

寄付限度額についてよく分からない人は、まず早見表の見方を参考にしましょう♪

年収400万円・独身|42,000円

独身で年収400万円の場合、寄付限度額は42,000円です。(※以下、画像内の赤枠参照)

ふるさと納税 控除上限額 年収 400万円

※独身:未就学児を扶養している場合も含む

ここでは、42,000円以内で寄付できるおすすめの返礼品を3つ紹介します。

返礼品画像返礼品詳細
敦賀市 カニ甲羅組 ずわいガニ
寄付金額 40,000円 
福井県敦賀市

返礼品詳細を見る

出典:楽天ふるさと納税
加西市 アラジン トースターアラジングラファイトトースター
寄付金額 33,000円 
兵庫県加西市

返礼品詳細を見る

出典:ふるなび
釧路市 いくら ホタテいくら500g&ほたて1kg(500g×2)
寄付金額 32,000円 
北海道釧路市

返礼品詳細を見る

出典:楽天ふるさと納税

4万円前後の範囲だとちょっと贅沢な海鮮類、小型の電化製品がおすすめです♪

↪年収・家族構成別の具体例3つ一覧に戻る

年収600万円・共働き|77,000円

夫婦共働き、世帯収入が年収600万円の場合、寄付限度額は77,000円です。(※以下、画像内の赤枠参照)

ふるさと納税 控除上限額 年収 600万円

ここでは、77,000円以内で寄付できるおすすめの返礼品を2つ紹介します。

返礼品画像返礼品詳細
竹原市 グランピング CoCoChiグランピングCoCoChi 施設利用券 2万円分
寄付金額 67,000円 
広島県竹原市

返礼品詳細を見る

出典:ふるラボ
富士吉田市 羽毛布団洗える羽毛合い掛け布団 ダブル ダウン90% 日本製 羽毛布団 洗濯可 国産【甲州羽毛ふとん】
寄付金額 70,000円 
山梨県富士吉田市

返礼品詳細を見る

出典:さとふる

7万円前後の返礼品は、家具や電化製品、宿泊券など高額商品が揃っています。

↪年収・家族構成別の具体例3つ一覧に戻る

年収1,000万円・専業主婦・子供2人|144,000円

夫の年収が1,000万円、妻は専業主婦で子どもが2人いる場合、寄付限度額は144,000円です。
(例:大学生1名・高校生1名)

ふるさと納税 控除上限額 年収 1,000万円

ここでは、144,000円以内で寄付できるおすすめの返礼品を2つ紹介します。

返礼品画像返礼品詳細
鯉家の絶品蒲焼ブランドうなぎ食べ比べセット
寄付金額 127,000円 
鹿児島県鹿屋市

返礼品詳細を見る

出典:ふるさとチョイス
墨田区 Sky Restaurant 634Sky Restaurant 634 ディナー 「粋コース」 お土産 東京スカイツリー(R) 天望デッキ 入場券付き
寄付金額 120,000円 
東京都墨田区

返礼品詳細を見る

出典:ふるなび

寄付上限額が10万円以上になってくると、食べ比べセットや定期便・食事券の返礼品が充実!

↪年収・家族構成別の具体例3つ一覧に戻る

ふるさと納税が向いてない人は?

お得に返礼品がもらえるふるさと納税ですが、ふるさと納税をしない方がいい場合もあります

以下、5つの理由をチェックして、あなたにとってふるさと納税がメリットになるかどうか検討してみましょう。

ふるさと納税で損してしまう理由
  • ふるさと納税は減税・節税にはつながらない
  • 確定申告などの手続きが必要になる
  • 寄付金が控除されるのは翌年
  • 控除額には上限があるため、超過すると損をする
  • 返礼品は購入時の金額が普通に購入するときより高額

また、以下に当てはまる人はふるさと納税をすると損をしてしまう可能性があります。

  • 年収が低い人、低所得者
  • 無職の人
  • 3月に退職する人

控除上限額が0円の場合、寄付しても所得税や住民税が控除されないため損をしてしまいます。

寄付する前に損してしまう人に当てはまっていないかチェックして、ふるさと納税がお得になるかどうか見定めましょう。

ふるさと納税で寄付する流れを4ステップで解説

ふるさと納税 手続き 手順

 ここでは、ふるさと納税で寄付する流れを4ステップに分けて解説していきます。

STEP1. 控除限度額を計算する

「控除限度額」とは、ふるさと納税を自己負担額2,000円で利用できる金額です。

2,000円を超えた寄付金額は、控除として戻ってきたり、翌年の税金が軽減されたりします。

控除限度額を超えて寄付してしまうと、全額自己負担になるので注意が必要。

控除される内容は、ふるさと納税の手続き方法を以下どちらにするかで異なります。

ふるさと納税の手続き方法2種類
  • ワンストップ特例制度(会社員など給与所得者対象):住民税のみ控除
  • 確定申告(自営業などが対象):住民税・所得税から控除

控除限度額は、各ふるさと納税サイトのシミュレーターや総務省のHPの早見表で参照できます。

↪4ステップ一覧に戻る↩︎

STEP2. ふるさと納税サイトでほしい返礼品を選ぶ

控除限度額を計算できたら、ふるさと納税サイトでほしい返礼品を選びましょう。

各ふるさと納税サイトによって取り扱っている返礼品の種類や数、自治体数が異なります。

サイト名特徴返礼品数自治体数
さとふる・返礼品数No.1
・初心者にやさしい
771,4891,325
楽天
ふるさと納税
・楽天ポイントがたまる
・楽天会員は登録不要
521,6531,642
ふるさと
チョイス
・掲載自治体数No.1
・14種類の決済方法
574,1521,693
ふるなび・家電の返礼品数No.1
・ポイント交換先が豊富
527,8611,275
ANA
ふるさと納税
・ANAマイルがたまる
・旅行の返礼品が充実
405,053912
ふるさと
プレミアム
・Amazonギフト券が
 もらえる
111,676266
2023年12月現在

また、返礼品だけでなく寄付したときに交換できるポイントやマイルも違います。

サイト名PayPay
ポイント
楽天
ポイント
Amazon
ギフト券
ANA
マイル
さとふる
楽天
ふるさと納税
ふるさと
チョイス
ふるなび
ANA
ふるさと納税
ふるさと
プレミアム
ポイントの交換先

あなたの目的に合うふるさと納税サイトで返礼品を選びましょう。

↪4ステップ一覧に戻る↩︎

STEP3. 返礼品を受け取る

返礼品の発送日時は商品によって異なり、数日で発送されるものから数カ月先のものなど様々です。

発送日時の目安は返礼品商品ページに記載されているため、気になる人は事前にチェックしておきましょう。

返礼品をギフトにする場合、「寄附金受領証明書」が寄付者住所に届くかどうか、自治体のHPを確認しておく必要があります。

「寄附金受領証明書」を別送できるか寄付前に問い合わせてみましょう。

↪4ステップ一覧に戻る↩︎

STEP4. 控除の手続きをする

返礼品の注文が終わったら、ふるさと納税の控除の手続き(控除申請)を行います。

確定申告をする場合とワンストップ特例申請をする場合で異なるため、あなたに該当する手続きをチェックしてみましょう。

確定申告をする場合

確定申告でふるさと納税の控除を申請する人は、税務署に以下2点の書類を提出します。

  • 自治体から送付される「寄附金受領証明書」
  • 確定申告書類

寄附金受領証明書の発送は基本的に寄付後ですが、届く時期は寄付先の自治体によって異なります。

送付時期の目安は、申込後1週間から1ヶ月半以内です。詳しい発着日を知りたい場合は、寄付先の自治体HPをチェックしましょう。

↪4ステップ一覧に戻る↩︎

ワンストップ特例申請をする場合

ワンストップ特例申請は、ふるさと納税の寄付先となる各自治体に、申請書と本人証明書類を返送するだけの簡単な方法です。

以下の条件に当てはまる人は、ワンストップ特例制度を利用できます。

  • ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者
  • ふるさと納税の寄付先が5自治体以内
  • 給与所得以外の副業収入が20万円以内

そのため、一般的に会社員などの給与所得者は、ワンストップ特例制度でのふるさと納税がおすすめです。

ただし、会社員であっても副業収入が20万円を超える場合には、ワンストップ特例制度を利用できず確定申告が必要なのを覚えておきましょう。

↪4ステップ一覧に戻る↩︎

ふるさと納税を利用する上での注意点3つ

ふるさと納税をする際、注意しておきたい点が3つあります。

とくに、ふるさと納税初心者の人は、この3つのポイントをおさえて寄付するようにしましょう。

控除限度額を超えた分は自己負担になる

限度額を超えた場合、その分の金額は自己負担になるため、損をしてしまいます。

たとえば、寄付限度額50,000円の人が60,000円寄付した場合、自己負担2,000円のほかに12,000円余分に負担することになります。

限度額 50,000円 ー 自己負担 2,000円 ー 寄付金額 60,000円 = ー12,000円

自己負担額2,000円で利用するためにも、寄付する前に自分の控除限度額をしっかりシミュレーションしておきましょう。

↪ふるさと納税の注意点3つに戻る

医療費控除や住宅ローン控除を利用する人は注意が必要

ふるさと納税以外にも控除申請をする場合、控除限度額が少なくなる可能性があるため、事前に控除限度額をシミュレーションしておくことが重要です。

ふるさと納税以外に控除申請する必要がある例は、以下のとおりです。

ふるさと納税以外の控除の例

引用:税について|国税庁

また、ほかの控除で確定申告する必要がある場合、ワンストップ特例制度が使えないことも注意が必要です。

ワンストップ特例制度は、確定申告の必要がない人が使える制度なので、ほかの控除を申請する場合はふるさと納税も寄付金控除として確定申告しましょう。

↪ふるさと納税の注意点3つに戻る

住んでいる自治体に寄付しても返礼品はもらえない

ふるさと納税初心者の人が間違いやすいのが、住んでいる自治体に寄付しても返礼品はもらえない点です。

たとえば、あなたが住んでいる自治体を応援したいと考えてふるさと納税で寄付した場合、純粋な寄付になり返礼品はもらえません。

ふるさと納税は、地方税法で「居住者からの寄付に対して返礼品を送らないこと」が定められているので、住んでいる自治体に寄付しても損してしまうのです。

返礼品が欲しい人は、あなたが住んでいる自治体以外に寄付しましょう。

↪ふるさと納税の注意点3つに戻る

初心者におすすめのふるさと納税サイト

ここでは、ふるさと納税初心者におすすめのサイトを5つ紹介していきます。

各サイトの特徴やポイント制度を知って、ポイ活もしちゃいましょう♪

さとふる

さとふる 返礼品 探す

さとふるは、初心者でも使いやすく、初めてのふるさと納税におすすめしたいサイトです。

さとふるの特徴
  1. 初心者向け
  2. ポイント制度「さとふるマイポイント」

さとふるでは、開催中のキャンペーンに参加すると、「さとふるマイポイント」が付与されます。

さとふるマイポイントは、PayPayポイント・Amazonギフト券に交換できます。

ふるさと納税を初めてやってみる人は、ぜひさとふるを利用してみましょう!

↪おすすめサイト5選に戻る

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税トップページ

楽天ふるさと納税は、楽天市場の会員情報を使い、楽天市場で買い物するときと同じように寄付できるサイトです

そのため、普段から楽天を使っている人や、楽天ポイントをためている人におすすめです。

楽天ふるさと納税の特徴
  • 楽天市場の会員情報で、簡単にふるさと納税ができる
  • 寄付金額の1%が楽天ポイントとして付与される
  • ポイント制度は楽天市場と同じ「楽天ポイント」
  • 楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用すると、獲得ポイントアップ

SPUは、対象となる楽天サービスを利用することで、最大ポイント16倍になる制度です。

楽天ふるさと納税 SPU
SPU(スーパーポイントアッププログラム)

SPUは期間限定のキャンペーンではないため、どのタイミングで寄付してもポイント付与されるのが嬉しいですね。

楽天ふるさと納税は、ポイントアップ制度「SPU」で更にお得!

↪おすすめサイト5選に戻る

ふるさとチョイス

ふるさとチョイス TOP

ふるさとチョイスの大きな特徴は、掲載されている自治体数が一番多い点です。

応援したい自治体が他のサイトで見つからない場合、ふるさとチョイスで探してみましょう。

ふるさとチョイスの特徴
  • 掲載されている自治体数が一番多い
  • ポイント制度「チョイス公式ポイント」と「チョイスマイル」

「チョイス公式ポイント」は、寄付先の各自治体から付与されるポイントで、対象の返礼品と交換できます。

「チョイスマイル」は、キャンペーンに参加すると付与されるポイントで、寄付の支払いに使ったり、11種類の他社ポイントと交換したりできる便利なポイントです。

生まれ故郷や、思い出のある地域の返礼品がふるさとチョイスなら見つかるかも!

↪おすすめサイト5選に戻る

ふるなび

ふるなび TOP

ふるなびは、決済方法が9種類と豊富で、ふるさと納税サイトの中でも家電の取り扱いが一番多いのも特徴の1つです。

ふるなびの特徴
  • 決済方法が9種類
  • 家電の取り扱いが一番多い
  • ポイント制度「ふるなびコイン」「ふるなびトラベルポイント」

ふるなびコインは、キャンペーンへの参加や、返礼品レビュー投稿で付与され、他社ポイントに交換できます。

ふるなびトラベルポイントは、旅行したい地域に10,000円以上寄付すると付与されるポイント制度です。

無期限で貯蓄できるポイントは、宿泊施設やふるなびトラベルポイント提携店で利用できます。

家電購入の費用を抑えたい人には、ふるなびがおすすめ!

↪おすすめサイト5選に戻る

ふるラボ

ふるラボ TOP

ふるラボは、自治体のストーリー作りを積極的にしていて、自治体や返礼品のイメージがしやすいサイトです。

自治体の様子を動画で配信しているため、寄付先の自治体を詳しく知りたい人におすすめ♪

ふるラボの特徴
  • 自治体・返礼品の説明を動画でわかりやすく解説
  • シンプルで操作しやすいサイトデザイン
  • 寄付後の自治体の様子も随時UP

ふるラボには独自のポイント制度がない代わりに、他社ポイントサイト(楽天Rebatesなど)からふるラボにアクセスして、アクセス元のポイントサイトにポイント還元することが可能です。

ポイ活したい人は、ポイントサイトを活用してふるラボを利用しましょう。

↪おすすめサイト5選に戻る

ふるさと納税の仕組みに関するよくある質問

ここでは、ふるさと納税の仕組みに関する細かな質問を7つ紹介していきます。

会社員の年末調整や、寄附金額・手続きに関する質問を挙げているので、是非参考にしてみてください。

ふるさと納税は年末調整を使ってできる?

できません。

年末調整とは別に、「確定申告」または「ワンストップ特例申請」で控除申請が必要です。

2,000円を払えば返礼品がもらえる?

直接2,000円を支払うわけではありません。

最初に寄付金を支払い、そのうちの2,000円を超える金額が戻ってくるとイメージしましょう。

参考記事:「ふるさと納税実質2,000円は嘘?仕組みやお得に寄付する方法を徹底解説

寄付するたびに2,000円の負担がかかる?

かかりません。

1年間の寄付金額に対して自己負担額を計算するので、控除限度額を超えなければ自己負担2,000円で済みます。

参考記事:「ふるさと納税の限度額を超えたらどうする?対処法と控除額の計算を確認

限度額を計算するときの年収はいつの年収?

寄付する年の年収です。

年収の計算方法は、以下の2つがあります。

  • 給与明細:毎月の給与 × 12
  • 源泉徴収票:12月ごろに会社から送られてくる

正確な限度額を知るには源泉徴収票の金額を参考にする必要があります。

おすすめは、ふるさと納税サイトのシミュレーションで出した限度額より少なめを寄付し、源泉徴収票を受け取ってから微調整するのが良いですよ。

寄付金額が限度額に届かなくても問題ない?

問題ありません。

限度額はあくまでも「この金額を超えたら自己負担2,000円以上になる」金額の目安です。

そのため、寄附金額が限度額以下になっても大丈夫です。

公務員でもふるさと納税は利用できる?

できます。

公務員だとしても、ふるさと納税の利用方法は変わりません。

ただし、公務員の場合は源泉徴収票の届く時期やあなたが働く自治体の税収が減ることを理解しておきましょう。

参考記事:「公務員はふるさと納税できる?やり方や上限額も解説

ふるさと納税はスマホでも利用できる?

できます。

以下の2つの方法があります。

  • スマホのブラウザアプリ(Google Chrome、Safariなど)で、ふるさと納税サイトから寄付をする
  • ふるさと納税サイトのアプリ版から寄付をする

なお、ふるさと納税サイトによっては、アプリ版からの寄付のみを対象としたキャンペーンを開催する場合があります。

よりお得な寄付にしたい人は、あなたが利用するふるさと納税サイトのアプリがあるかチェックしてみましょう。

まとめ

ふるさと納税の仕組みについて、図解をまじえて解説しました。

ふるさと納税は、寄付する年の収入(1月から12月まで)から「控除上限額」を計算し、実質負担額2,000円でお得な返礼品がもらえる制度です。

ここまで紹介してきた手順や注意点を踏まえていけば、あなたも簡単にふるさと納税ができますよ。

各ふるさと納税サイトのポイント制度や特徴をおさえて、楽しくお得なふるさと納税にしましょう♪

  • URLをコピーしました!
目次