Geekly様に突撃取材(1)Geeklyってどんな会社?特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして!HOP!総合転職メディア担当者の栗原です!

今回は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントの「Geekly」様に訪問取材をしました。

左:澤登 由希乃さん、右:宮崎 圭視さん

Geeklyってどんな会社?特徴や強みとは?

――早速ですが、質問に入らせていただきます。まず、Geekly様はどのようなサービスをされている企業なのでしょうか?

澤登さん:IT・Web・ゲーム業界専門の人材紹介会社です。 ご転職をお考えの方に対して、専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、ご希望に合わせて求人のご紹介を行っています。

創業当時からIT・Web・ゲーム業界を事業ドメインに定めているので、業界の専門知識に長けたキャリアアドバイザーがサポートさせていただきます。

――HPを見たところ「マッチングを科学する」とあるのですが、これはどういうことでしょうか?詳しくお聞きしたいです。

澤登さん:人材紹介業の特性上、我々は求職者様からではなく、企業様から報酬をいただくビジネスモデルになります。そうなると、どうしても企業様がクライアントという形になってしまいます。

そのため、"企業様から求められた条件に合う人がいるかどうか"ということがご紹介の基準になってしまうこともあるかと思います。

しかし求職者様の立場からすると、現状何か課題を抱えていて、それを変えるために転職する、その"課題"を解決するための手段が転職だと思うんです。

求職者様が抱える課題解決の道しるべをつくるのがGeeklyの役目ですので、「企業様が求める求職者様がいるかどうか」ではなく、 「求職者様のやりたいことを転職によって叶えてあげられるかどうか」が重要ですよね。

それが、正しい意味での転職支援になるかなと思っています。

なので、求職者様の希望で転職先企業とマッチングさせることを、「マッチングを科学する」という形で表現しているのです。

Geeklyは両面型?片面型?

――Geekly様は、求職者様と企業様それぞれで担当者が異なる「片面型」ですよね。なぜ求職者様と企業様を一人が担当する「両面型」ではないのでしょうか?

宮崎さん:両面型にすると「企業様」「求職者様」のどちらかを優先してしまうこともあると思っています。

そうなると、双方が納得のいく転職にはなりません。なので片面型を選んでいます。

――片面型だと担当者が異なるので、社内での求人の情報共有がかなり重要になってくるかと思います。 HPに「1日1回求人企業様の募集状況や事業の魅力を共有している」と記載されていたのですが、本当に毎日されているのでしょうか?

宮崎さん:はい。例えば企業様担当の営業が1つ求人の募集開始依頼をお受けしたら、もうその日の夕方、大体17時半くらいにはキャリアドバイザーと情報共有しています。

――すごいスピード感ですね。どのようなことを共有するんですか?

澤登さん:企業様ごとの特徴であったり、求める人物像などですね。この場で共有する情報は、企業様担当が人事から直接ヒアリングしていますので、面接官の方の印象なども共有することがありますよ。

――なるほど。ほかにはどんな内容が共有されるのでしょうか?

澤登さん:やっぱり業界での立ち位置であったり、どういうスキルやマインドの方がマッチしやすいのかといった内容ですかね。

求人票に載っていない情報を面談時に聞かれてもお答えできるよう、業界知識やノウハウは常にアップデートされていますよ。

――求人票には載っていないような情報とは、どのような情報ですか?

澤登さん:例を挙げると、本当に転職してみなければ分からないような、残業時間などの"職場の実情"でしょうか。育児休暇が本当にとれるのか?などはよく聞かれます。

たとえ求人票に書かれていても実情として取得しやすいのか、などは採用担当者様と密にやり取りしているからこそお伝えできる魅力だと思っています。

――それらの情報はしっかり求職者様に共有されるのでしょうか?

宮崎さん:もちろんです。また、情報の新鮮さも意識していますね。

先ほど1日1回は必ず情報共有をしているとお伝えしましたが、その日の面談ですぐに「こちら先ほど募集が開始されたばかりの求人なのですが…」と求職者様にご紹介することができます。

求人募集が開始されてたその日にご紹介ができるというところは、求職者様にとっても大きなメリットになると思いますが、企業様にとっても、依頼したその日に推薦してくれるエージェントということで、信頼につながると考え我々はスピード感を重視しているんです。

つづきの記事「Geekly様に突撃取材(2)どんな求人を紹介してくれる?」はこちらから

IT、WEB、ゲーム業界に特化!ギークリー

面接対策 専門職
求人の質 内定率

ITやWeb、ゲーム業界で求人を探すならGeekly!業界求人数は圧倒的。しかもGeekly独占の非公開求人も多数紹介可能。求職者と企業とのマッチングにも注力しているので理想の求人が必ず見つかる!

ギークリーで求人を探す

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の豊富な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1000件以上
  • レジュメ登録するとスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

すべての転職者がターゲットの転職サイトで、転職者の8割が登録しています(2016年1月マクロミル調査)
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職支援実績NO.1!(2019年度実績 厚生労働省調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人を含め、求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり(2018年リクルートエージェントセミナー満足度調査)

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約800名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト