常駐先企業に誘われ入社を決意した後に、様々な問題点が露呈。転職は大失敗

ITエンジニアの体験談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職前の年収:360万円 => 転職後の年収:300万円

職種:システムエンジニア

面接を受けた会社:1社

登録した転職サイト:なし

 

私は現在30歳。専ら、新潟県でIT関係の仕事に従事しています。元々中学生の頃からプログラミングが趣味で行っていたこともあり、Web開発の仕事、業務系アプリの仕事を主に行っています。

             
【厳選】ITエンジニアにおすすめの転職サイト
転職サイト名特長 求人を探す
レバテック
キャリア

【全年代におすすめ】
エンジニア求人数トップクラス

詳細

マイナビエージェントIT

【20代におすすめ】
IT専任チームの手厚いサポート

詳細

Geeekly

【スピード転職におすすめ】
1か月で内定獲得まで可能

詳細

ブラック企業に残りの人生を捧ぐわけにはいかない

28歳の夏、私は20歳の新社会人の頃から勤めていた会社を辞めました。理由はキャリアアップなどという漠然とした理由ではなく、明確です。主な理由としては、いわゆるブラック企業と思わせること、業務体系の関係で、私が望む方向へは能力を探究しきれないことで、まとめてしまうと残りの人生を捧ぐわけにはいかないということでした。

ITに積極的に資金投入し研究開発しているA社に魅力を感じて履歴書を出した

私は在職中に、ある一社(以下A社)に履歴書を出しました。元々仲良くさせて頂いていたということもあるのですが、A社では、自らサービスを提供し、更に研究開発を行っていたのです。

恐らく新潟県内でそこまでITに資金投入している企業はほぼないのではないでしょうか。私が求めているのはまさにそれでした。特定のユーザー、特に閉鎖的な空間でしか利用されないシステムの開発や、自ら発信することなく、都からの下請けで来る依頼をこなし、何でも屋と化す業務体系に疑問を抱いていたのです。

その会社は、少なからず内情も知っていましたし、全てはムリかもしれませんが、私が求めていることを実現できる環境が整っていたので、凄く魅力的でした。

そんな中、常駐先B社からオファーをもらった

そんなある日、取引先(以下B社)に常駐して仕事をしており、元々の契約期間を大幅に超過した為、退職し、個人で取引先の仕事を継続していました。その仕事が終わったら、A社へ面談をお願いするつもりでしたが、意外にもB社からオファーがきました。

B社は、面談も形式的に行い、確実に採用するというのです。後から気づいたのは、逆説的に考えると、どんなに確認しても、様々なことを曖昧なまま物事を進めていかれるということです。

しかし、私は即座にその事には気づかず、B社はある程度の規模があり、適切なプロセスで仕事が進み、更に確実に採用するという、絶対的な安定感はあると思っていました。ここで、私の葛藤が始まったのです。

求めているものを求めるか、将来を考慮して多少安定感のある方を選ぶか、です。個人的には、待遇が多少悪かろうと、求めることができるならば求めることを選択するつもりでした。

結果的に私は安定感を選択しました。元々趣味でもあることから、求めているものは趣味としてやる考えに至ったのです。しかし、それが失敗でした。

A社にお断りした後にB社の様々な問題点が露呈

面談をしてみれば正社員にはしてくれない、待遇面も能力を過小評価される。求めていることも叶わず、待遇も悪い。私がB社へ入社する理由は皆無でした。しかし、私は既にA社に謝罪の電話を入れていた為、後戻りがきかなくなっていました。

仕方なくB社への入社を行いましたが、入社してみると更に驚愕の事実が待ち構えていました。なんと、私が所属する部署は、今まで常駐して見てきた部署と異なり、仕事に、適切なプロセスなど踏まないのです。

何度適切なプロセスに航路を戻そうとしても、その意識があるのは私だけ、戻るはずがありませんでした。結果的に何時になっても仕事が終わらず、いつも帰る時間が遅くなり、趣味をこなす時間など持てるはずもありませんでした。

やはり入社は失敗だった

完全に私の失敗です。内部事情を分かっていると安心しきって、確認を怠った部分。もしかしたらエージェントにアドバイスなどを貰った方がよかったかもしれません。

そんな内情では残りの人生を捧げないと思い、改善するように、打合せする度に別な方向を見てもらうよう話してみますが、一向に変わる気配がありません。つまり、せっかく転職したにも関わらず、人生は捧げません。

やりたいこと・求めることがあるならば、他が魅力的に見えたとしても、求め続けた方がいいということを学習しました。

元々開発をメインで考えられていた為、開発案件が全て私にきます。結果、開発はプロセスの最下層ですから、大した考えもないことまでそのまま作業を丸投げされ、酷使されているだけになりました。ブラック企業なわけではありませんが、不満が募る毎日が始まりました。

信条は曲げるべきでないと考え脱サラ予定

良かったことは、A社、B社ともによくしてくれたということと、そんな環境においてでも、信条は曲げず、我を貫き通す意思は強く持つべきだということを認識させられたことでしょう。

今後は、それを糧にして『脱サラ』する予定です。良かったことも悪かったことも、そう思えたことは、転職を行って良かったのかもしれません。

ITエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント5選

「どの転職エージェントを利用すればいいかわからない」という方のために、ITエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントによって強みや特徴が違うので、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリアLP
  • ITエンジニア・クリエイターの求人常時5000件以上
  • 年3000回の企業ヒアリングで企業情報を細部まで把握
  • エンジニアで転職したい人全員におすすめ

公式サイトで無料登録

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

*公式ページより引用

  • 紹介できる求人情報の8割が非公開求人と業界トップクラス
  • サポート期限は無期限で、登録から内定まで一人の担当者がサポート
  • 登録者の約7割が20~30代のIT・Webエンジニアで、若い世代の転職に強い

公式サイトで無料登録

Geekly

Geekly公式ページ
  • 平均年収アップ率75%
  • 登録から内定まで平均1か月、スピード感とマッチング率が強み
  • 20代~40代までの幅広い年齢層におすすめ

公式サイトで無料登録

DYM就職IT

DYM就職の登録画面キャプチャ
  • 相談からの就職率96%
  • 2~3年の実務経験があるITエンジニア、技術者にはIT専門のキャリアアップ支援サービスを展開(首都圏のみ)
  • 第二新卒やフリーターにもおすすめ

公式サイトで無料登録

ワークポート

  • 転職相談50万人以上の実績
  • 「みんスク」という無料のエンジニアスクールがあり、未経験からでもエンジニアになれる
  • 「eコンシェル」で一部の非公開求人が見られる

公式サイトで無料登録

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト