ITベンチャー企業とは?急成長する企業でキャリアアップを目指す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上を目指したいitエンジニアにとってキャリアアップは重要な課題といえるのではないでしょうか。その過程で転職を考える人もいるはずです。転職先として安定した大手it企業を選ぶという選択肢もありますが、自分のスキルに自信がありチャレンジ精神のある人であればベンチャー企業というのもやりがいのある選択肢です。

ここではitベンチャー企業へのキャリアアップ転職を考えている人に向けて、itベンチャー企業とは何か、どんな人材が求められているのか、さらにit ベンチャーといわれる企業にはどんなものがあるのかを紹介します。転職サイトもうまく利用して自分に合った転職先を見つけましょう。

             
【厳選】ITエンジニアにおすすめの転職サイト
転職サイト名特長 求人を探す
レバテック
キャリア

【全年代におすすめ】
エンジニア求人数トップクラス

詳細

マイナビエージェントIT

【20代におすすめ】
IT専任チームの手厚いサポート

詳細

Geeekly

【スピード転職におすすめ】
1か月で内定獲得まで可能

詳細

itベンチャー企業とは?定義や特徴などを解説!

ベンチャー企業とは大企業では実施が難しい創造的・革新的な事業展開を行う中小企業のことをいいます。会社の規模が小さいゆえのフットワークの軽さを活かし、新技術やアイディアをもとにこれまでになかったような新しいビジネス・サービスを展開しています。(※1、※2、※3)

ベンチャー企業の中でもit関連の事業を展開する企業をitベンチャー企業と呼びます。it業界は資金力がなくてもアイディアがあれば勝負しやすい分野です。そのためベンチャー企業といわれる企業の数も多くなっています。

短期間で年収数百億円以上の急成長を遂げる企業もあり、そうしたベンチャー企業はメガベンチャーと呼ばれます。メガベンチャー企業は大手企業になった後も社内にベンチャー気質といわれる独特の企業風土を残していることが多いようです。

itベンチャー企業の定義

itベンチャー企業とはWebサービス、itサービス、ソフトウェア開発といったit関連の事業を展開するベンチャー企業のことをいいます。最近ではスタートアップ企業とも呼ばれます。

ベンチャー企業とスタートアップ企業はほぼ同じような感覚で使われることが多いのですが、厳密には違う意味を持つ言葉です。特にアメリカでははっきりと区別される傾向があるようです。

スタートアップ企業は「社会にイノベーションを起こすような革新的なビジネスを展開する」という点ではベンチャー企業と似ています。しかし短期間のうちにビジネスを成長させ、株式公開や会社売却などによって大きな利益を得るのを目指すという点でベンチャー企業と異なります。ただし日本ではスタートアップ企業とitベンチャー企業を同じものとして扱うケースも多いようです。(※4)

itベンチャー企業の特徴

itベンチャー企業の社風や企業風土は大手企業のそれとはまったく違うといわれています。ベンチャー企業は創業から日が浅く、経営面では安定しきれていないところがあります。資金面・人材面で余裕がある大手企業とは違い、企業としての体力があまりないからです。

したがってベンチャー企業では限りある資金と人材を最大限に活用し、つねに新しいことに挑戦し続けないと会社を存続させることそのものが難しくなります。このような事情からベンチャー企業で求められる人材像は大手のそれとはまったく違います。

ベンチャー企業ではフットワークが軽く、新しいことに取り組もうというチャレンジ精神が旺盛な人が多く在籍しています。年功序列制度が残る大手とは違い、実力主義を採用している企業が多く、スキルがあれば20代でも責任のある地位を任せてもらえる雰囲気があります。

また創業間もない企業も多く、若い社員が多いのもベンチャー企業の特徴です。創業者をはじめとする役職者との距離が近く、自由に意見交換ができる雰囲気があります。

どんな人が創業しているのか

itベンチャーの創業者は他のitベンチャー企業や大手it企業で数年間経験を積んだ人、学生時代に起業した人、まったくの異分野から参入した人といったようにいくつかのパターンに分類できます。しかしいずれにしても20~30代と若く、自信と成功意欲、人間的な魅力にあふれたカリスマ性のある創業者が多いようです。

また、そのほかの創業者の特徴としては、新しいビジネスやサービスを考え出すのが得意、ゼロから価値を生み出すようなクリエイティブな才能を持つタイプが多いということも挙げられるかもしれません。

企業のトップと身近に接することが多いベンチャー企業では、創業者・経営者のカラーやスタイルがそのまま企業の在り方に反映されます。自分が尊敬できるような創業者・経営者に出会えるかどうかが、ベンチャー企業への就職・転職を成功させるコツといえるでしょう。

どんな人が活躍できるのか?itベンチャー企業が求める人材

itベンチャー企業は大手企業とは組織のあり方も社風もまったく異なります。そのため合う人は自分の能力を活かして生き生きと働ける一方、合わない人は徹底的に合わないといった側面があります。

人によって向き不向きがはっきり出るのがベンチャー企業なのです。それではitベンチャーで活躍できるのは具体的にどのような人材なのでしょうか。ここではベンチャー企業が求める人材像を紹介します。

幅広い知識や技術を持っている人

ベンチャー企業では即戦力となりうる有能な人材を欲しがっています。特に創業間もないベンチャーでは少数精鋭で業務を回しているため、資金や人材に限りがあり新人を育てる余裕がありません。

一緒に成長を目指す仲間として幅広い知識・技術のある即戦力は喜ばれる傾向があります。実力があれば若くても責任のある仕事を任せてもらえるでしょう。

チャレンジ精神がある人

ベンチャー企業で働く人はチャレンジ精神があるといわれています。新興勢力であるベンチャーはつねに挑戦し、成長し続けないと業界内で生き残れません。こうしたことからもやる気があり、主体的に動ける人が求められています。

仲間と一緒に自分が会社を育てていくという意識を持ち、積極的に新しいことに挑戦していく必要があるのです。したがって安定志向の人、誰かの指示を待たないと動けないような受動的な人はベンチャー企業には不向きです。

チームワークを大事にできる人

ベンチャー企業は社員の人数が少ないため、一人ひとりの能力を活かしみんなで支え合わないと仕事が円滑に進みません。チームワークの悪さは即パフォーマンスの低下につながりますし、それによって社内の雰囲気が悪くなればそれが経営危機につながるおそれすらあります。

たとえば人間関係に疲れた社員が辞めてしまうといった事態です。もし辞職した人が何かの部門のキーパーソンだった場合、企業は大きな損害を被ることになります。こうしたことからもわかるように、ベンチャー企業が成長を続けるためには人間関係の良さは不可欠です。そのためにも仲間やチークワークを大切にできる人が求められています。

itベンチャー企業で求められる職種とは?

社員数の少ないitベンチャーでは若手や新人でも大きな仕事をどんどん任せてもらえます。自分の能力を最大限に試せるだけでなく、it人材としての成長も期待できる職場です。itベンチャーで働くことはこれまでの職種で得た経験を活かしたい人・キャリアチェンジを図りたい人、それぞれにとってメリットが多い選択といえるでしょう。

ここではitベンチャー企業内で求められている職種について紹介します。it関連の事業を展開する会社とはいっても技術系以外にも、マーケティング職などさまざまな職種が存在しています。

企画営業

企画営業はitベンチャーの営業担当です。自社のソフトウェアやシステム、Webサイト制作受注などのit関連の製品・サービスを売り込みます。会社が顧客を増やし、ビジネスを展開するうえでは不可欠な存在です。

ただ商品を売り込むだけではなく、クライアントと開発部門のパイプ役としての役割も担います。自社の売上に直接的な貢献ができるとともに、クライアントの抱える課題解決にも貢献できるやりがいのある仕事です。

マーケティング

マーケティング職は自社商品を売るための営業戦略を考える仕事です。市場動向、消費者ニーズ、検索エンジンなどさまざまなデータの調査・分析を通じ、自社の製品・サービスの売り込み方法や売り込むタイミングを考えます。

マーケティング職の市場調査力・分析力は企業の業績に直結するため、実力のあるマーケターが求められています。

エンジニア

itベンチャー企業における技術担当です。商品となるソフトウェアやシステム、ネットワークインフラなどの開発・設計を行います。

ベンチャー企業の場合、実装作業を下請け任せにする大手企業とは違って、自社社員がシステム設計から自らプログラムを書くところまでこなすなど、すべての工程に携わるケースが多いです。そのためitエンジニアの中でもベンチャー企業のエンジニアには高い技術力が求められています。

デザイナー

社内デザイナーとしてデザイン一般を担当する仕事です。同じデザイナー職でも所属する企業の事業によってさまざまな業務がありえます。

まずWeb系企業であればWebページ、動画・画像パーツなどのデザイン・作成を担当するWebデザイナーとしての仕事があります。

また広告デザイン、製品・サービスのUX/UIデザインの仕事もありますし、エンタメ系企業においてはゲームなどのグラフィックデザインを担当するケースもあります。

どんな企業がある?有名なitベンチャー企業

ところで有名なitベンチャー企業にはどんな会社があるのでしょうか。ここでは注目のベンチャー企業をピックアップするベストベンチャー100などを参考に、事業ごとにすでに急成長中、あるいは将来有望といわれているitベンチャー企業を紹介します。(※5)

一口にitベンチャー企業といってもitサービス、Webサービス、コンサルティングといったように各社の事業分野はさまざまです。ただどの企業も新しいアイディア、技術で勝負しているという点は共通しています。

Apple社、Google社などのようにベンチャー企業からスタートした一流it企業は少なくありません。数年後、数十年後に世界規模で事業を展開するような企業がここで上げた会社の中から出てくる可能性もあります。

ITサービスで有名なit企業

企業向けにシステム提供などを行うのがitサービスといわれる業界の特徴です。itサービスというと就職人気ランキングにも登場するような大手SI企業を連想する人も多いかもしれませんが、この分野の事業を手がけるベンチャー企業はたくさんあります。

これらのベンチャー企業はクラウドコンピューティングなど新しい時代の技術・トレンドを先読みし、大手企業に負けない革新的なITサービスを提供しているのが特徴です。

有名なベンチャー企業としては、クラウドシステムの開発・導入支援を行うテラスカイ、UI改善プラットフォームを提供するKAIZEN platform Inc.などが上げられるでしょうか。

ちなみに日本を代表するソフトウェア開発会社で、itサービス事業にも力を入れているジャストシステムももともとは地方発のitベンチャー企業です。

広告業で急成長するit企業

インターネットの普及が進むにつれて、リスティング広告、SEOなどのSEM、SNSを利用したマーケティングなど広告関連事業におけるitの存在感が増しています。特にスマホ人口の増加やSNSのような新しいWebサービスの登場は広告業界に革命を起こしたといってもよいかもしれません。

これらの新しい動きによって生まれた新市場に着目し、時代の波に乗った広告関連事業を展開するitベンチャー企業が次々と登場しています。注目のベンチャー企業としてはインターネット広告代理事業を中心に展開する株式会社オプト、デジタルマーケティング事業を展開する株式会社キュービックなどが挙げられます。今やit業界を代表する大手企業となったサイバーエージェントなどもベンチャー出身です。

コンサルティング事業を行うit企業

it業界においてコンサルティング事業を行う会社というと大手SI企業や有名コンサルタント会社などを連想する人もいるかもしれませんが、この分野にも注目のitベンチャー企業が多数存在します。

これらのitベンチャー企業は、これまで大手企業が気づかなかったようなニッチな市場や新しいニーズに注目し、特色のあるコンサルティング事業を展開しています。

金融に特化したシステムコンサルティング事業を展開するパワーソリューションズ社、店舗ビジネスコンサルティング・Webマーケティング代行を行うCS-C社、ソフトウェア開発支援を行っている株式会社SHIFTなどベストベンチャー100にも選ばれるような有望企業が出てきています。

itベンチャーではエンジニアが引っ張りだこ!

it業界は成長産業といわれている業界です。業界の成長に伴い慢性的に人材が不足している、itエンジニアの高齢化が進行しているなどの事情から、優秀なit人材の確保がどの企業でも急務となっています。このあたりの事情は大手企業もベンチャー企業も同じです。最新の技術に通じ、スキルを持った人材は争奪戦になっています。

たとえばメガベンチャーでは優秀な人材を確保するため、能力さえあれば新人でも1000万円以上の高給を示すケースもあります。

itエンジニアはどこの会社でも引っ張りだこの存在です。スタートして間もないベンチャー企業に入った場合、最初は苦労することもあるかもしれませんが、会社が急成長したときに大きなリターンが期待できます。

またベンチャー企業では実力主義を採用しているのが一般的です。スキルさえあれば年齢が若くても年収面・役職面で高待遇が狙えるでしょう。

ベンチャー企業では一人ひとりが重要な戦力として扱われます。人材育成にかける余裕があまりないこともあり、ベンチャー企業で働くためにはある程度のスキルが必要です。その代わり多くの工程、責任のある仕事を任せてもらえます。

大手SI企業で上流工程を専門に担当するよりも、itエンジニアとしてはスキルアップが狙える環境といえます。

会社に育ててもらうという意識でいると厳しいかもしれませんが、自分の能力に自信がある人、積極的にキャリアアップを図りたい人は周囲の同僚・上司から大きな刺激を受けることができるでしょう。本人の努力と実力、やる気が報われるのがベンチャー企業のitエンジニアなのです。

itベンチャーで活躍したいなら転職エージェントを使おう

先進的な事業に目を向け、革新的な経営を行うのがitベンチャーの特徴です。it業界が比較的新しい業界にあたるため、この業界にはたくさんのユニークなベンチャー企業が存在します。そのなかには短期間で驚くような発展を遂げた企業も多いです。

日本国内ではクックパッドやメルカリ、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エーなど、世界ではGoogle、Facebook、Twitter、Appleなど、一般的にも名の知られるようになったベンチャー企業が続々と登場してきています。

今は会社の規模が小さくとも将来急成長を遂げる可能性を秘めているのがitベンチャー企業といえるでしょう。大きな仕事を与えられて自分の持つ能力を伸ばしていく喜び、さらには会社をチーム一丸となって育てていく喜びを味わえます。

自分のスキルに自信があってさらなる成長を遂げたい人、会社のビジョンに共鳴し一緒に夢を追い求めたい人にとっては魅力のある職場といえそうです。

ベンチャー企業の求人を自力で探すのは難しいかもしれませんが、転職エージェントには有望なベンチャー企業からの求人が多数届いています。転職エージェントを上手に活用し、興味のあるベンチャー企業の求人を効率的に探しましょう。

ITエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント5選

「どの転職エージェントを利用すればいいかわからない」という方のために、ITエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントによって強みや特徴が違うので、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリアLP
  • ITエンジニア・クリエイターの求人常時5000件以上
  • 年3000回の企業ヒアリングで企業情報を細部まで把握
  • エンジニアで転職したい人全員におすすめ

公式サイトで無料登録

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

*公式ページより引用

  • 紹介できる求人情報の8割が非公開求人と業界トップクラス
  • サポート期限は無期限で、登録から内定まで一人の担当者がサポート
  • 登録者の約7割が20~30代のIT・Webエンジニアで、若い世代の転職に強い

公式サイトで無料登録

Geekly

Geekly公式ページ
  • 平均年収アップ率75%
  • 登録から内定まで平均1か月、スピード感とマッチング率が強み
  • 20代~40代までの幅広い年齢層におすすめ

公式サイトで無料登録

DYM就職IT

DYM就職の登録画面キャプチャ
  • 相談からの就職率96%
  • 2~3年の実務経験があるITエンジニア、技術者にはIT専門のキャリアアップ支援サービスを展開(首都圏のみ)
  • 第二新卒やフリーターにもおすすめ

公式サイトで無料登録

ワークポート

  • 転職相談50万人以上の実績
  • 「みんスク」という無料のエンジニアスクールがあり、未経験からでもエンジニアになれる
  • 「eコンシェル」で一部の非公開求人が見られる

公式サイトで無料登録

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト