ビズリーチのプラチナスカウトとは?仕組みや内定率を関係者が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビズリーチのプラチナスカウトって通常スカウトと何が違うの?

企業スカウトが来ない…スカウトを受けやすくするコツはある?

当編集部では、ビズリーチの関係者や現役の採用担当者など複数の有識者に取材しました。

ビズリーチのプラチナスカウトの仕組みや内定率、スカウトを受けるコツについて解説します。

ビズリーチのプラチナスカウトとは?通常スカウトとの違いや仕組み

▼ビズリーチのスカウトは3種類
スカウトの種類 面接確約 料金
プラチナスカウト
(企業から)
(書類選考パス) 無料プランでも閲覧、返信可能
プラチナスカウト
(ヘッドハンターから)
(書類選考あり) 無料プランでも閲覧、返信可能
通常*スカウト
(ヘッドハンターから)
(書類選考あり) 有料プランのみ閲覧、返信可能

*「企業からの通常スカウト」は存在しません

ビズリーチの「プラチナスカウト」とは、企業の採用担当者または転職エージェントのヘッドハンターが送る送信回数の限られたスカウトです。

ビズリーチには3種類のスカウトが存在するため、違いを見分けるには「誰からのスカウトなのか」「面接は確約しているのか」「無料でも閲覧できるか」の3軸で比較するといいでしょう。

では以下より、ビズリーチのスカウトについてさらなる詳細をご説明します。

1.企業からのスカウトはすべて「プラチナスカウト」

企業から直接送られてくる案件はすべてプラチナスカウトです。

企業の採用担当者が職務経歴書を精査(言い換えれば書類選考)したうえで「この人に会いたい」と連絡を送るわけですから、応募すれば面接確定です。

また、送信できる数も決まっているため、担当者にとっても貴重なものになります。

ちなみにマイページ上だと、企業とヘッドハンターそれぞれのプラチナスカウトの見分けが付きにくいのが難点です。

企業からのスカウトだけを確認したいときは、メッセージの受信ボックスで「企業から」を選択するとわかりやすくなります。

ビズリーチのメールボックス

上記の画像の矢印部分からメッセージを確認してくださいね。

または顔写真の有無でも見分けられます。有りがヘッドハンター、無しが企業です!

2.ヘッドハンターからのスカウトは「プラチナ」と「通常」の2種類

ヘッドハンターから送られてくるスカウトは「プラチナ」と「通常」の2種類です。どちらも「企業との面接確約」ではありません

ヘッドハンターからのプラチナスカウトはあくまで「ヘッドハンターとの面談が確定」しているだけです。

そもそもヘッドハンターには選考の合否を決める権利はありません*。同じプラチナスカウトでも、企業からのものと違うことを覚えておいてください。

*まれにヘッドハンターに書類選考を委託されているケースあり

「プラチナ」と「通常」の違いは合格率

では、2種類のスカウトの大きな違いはなにか。それは合格率の高さです。

ヘッドハンターが送れるプラチナスカウトも、企業と同じく送れる数が限られています。「この人は合格しそうだ」「どうしても一回会ってみたい」という人にしか送りません。

ビズリーチのヘッドハンターにはヘッドハンタースコアと呼ばれる評価軸があり、実績(成約数や求人数など)に応じてS~Dランクまで分けられます。つまり自身の評価を上げるという面でも、「プラチナスカウトを送る相手を選んでいる」という事実があるのです。

一方、通常スカウトは無料で送れるため、「ばらまき」の要素が強いと考えられます。

私の場合、プラチナスカウトは合格可能性の高い求人を紹介できる場合に送ります。一方、まずは会って話を伺ってから案件を探す場合は通常スカウト、と使い分けています。クレームにつながるとビズリーチ側からペナルティを受けるので、プラチナスカウトを闇雲に送ることはしません。(現役ヘッドハンター)

より合格率を高めたいなら、プラチナスカウトを優先してチェックすることをおすすめします。

エクスクルーシブスカウトとは?ネットの噂を検証してみた

プラチナスカウトの案内

なお、ビズリーチにはプラチナスカウトを超えるエクスクルーシブスカウトなるものが存在することをご存知でしょうか?

実際にエクスクルーシブスカウトを受け取った人の話によると、ビズリーチのトップぺージを開いた瞬間に「エクスクルーシブスカウト」と記載されたメールがポップアップで表示されたそうです。

内容は至って普通で、ヘッドハンターから「面談しませんか」という内容のスカウトメールとのことでした。

エクスクルーシブスカウトはおそらく、ヘッドハンターがどうしても会いたい求職者だけに送る、開封率100%のスカウトメールだと思われます。

限られた求職者にしか送れないため、もしも受け取った場合は話だけでも聞いてみることをおすすめします。

プラチナスカウトなのに不採用…ビズリーチの内定率は?

面接確約と聞いて応募したのに不採用になった…

HOP!ナビの調査では、このような口コミが集まりました。

実際、面接確約のプラチナスカウトをもらっても不採用なるケースはあるようです。

プラチナスカウトは面接確約だが、内定確約ではない

勘違いされやすいのは、プラチナスカウトは「面接」が確約であって、「内定」が確約されているわけではない、という点です。

ビズリーチのプラチナスカウトでも、面接後の内定率は、個人の資質・能力によるところが大きいのが正直なところ。

そもそもビズリーチに限らず、中途採用における書類選考率・面接後の内定率ともに平均20%とも言われています。

また、採用担当者の本音は「1人採用するために5人には会って比較したい」です。つまりプラチナスカウトは、あなただけでなく他の求職者にも送られている可能性があります。

面接に挑んでも絶対に入社できる保証はないので、油断しないように注意しましょう。

プラチナスカウトをもらっても面接にすら進めない場合がある

企業から面接確約のプラチナスカウトをもらっても、以下3点が原因で面接にすら進めないことがあります。

  1. 募集が終了してしまった
    →業績の悪化や社長の方針で採用計画が急に見直される場合があります。
  2. やりとりに問題があった
    →メールの返事が横柄だったり、面接の日程調整に難航したりすると、企業の採用意欲が萎えかねません。
  3. 職務経歴書の内容と話が違う
    →職務経歴書を大げさに書いていたことが発覚し、採用要件と合わず不採用になるケースが多い傾向にあります。
    (例…「事業立ち上げに関わった」と書いておきながら実際は補佐でしかない等)

なかには不採用と決まっていながら「面接確約」の約束を守るためにいやいや電話面接を実施する企業も存在するため、面接前に不採用にしてもらえた方がかえっていいかもしれませんね…。

プラチナスカウトを送る費用は?ビズリーチの料金体系を解説

プラチナスカウトって無制限に送られているのでは?

ちゃんと経歴を見て送られているのか知りたい

安心してください。ビズリーチのプラチナスカウトは送れる数に制限があります。詳しくご説明します。

6ヶ月間で400通/85万円のプランが人気

プラチナスカウトは、企業やヘッドハンターが有料プランを利用して送ってきます。1プランで送れるスカウト数も決まっています。

企業の採用担当者から1番人気があるのは、6ヶ月で400通送れる「85万円プラン」です。このプランの場合は、1通あたり2,125円のコストがかかっています。

採用担当者によると、プラチナスカウトの開封率は10%程度、面接の通過率は20%程度です。1人内定を出すのに、最低でも50人にはスカウトを送らないといけません。

50人x開封率10%→5人x面接通過率20%=1人内定

つまり、できるだけ少ないスカウト数で内定を出すために、本当に会いたい人にだけスカウトを送っています

Q.ビズリーチの成功報酬はいくら?

A.ビズリーチで人材を採用した後に企業側が支払う成功報酬は、理論年収の15%です。

一般的なエージェントは20~35%であるため、たくさん採用するほど採用単価を抑えられるという特徴があります。

プラチナスカウトが来ない!みんなの平均と件数を増やすコツは?

ビズリーチに登録したのに企業からのスカウトが来ないのだが…

他の人はどれくらいスカウトをもらえているのだろうか?

当編集部ではビズリーチ利用者にアンケートを実施。

また、現役の採用担当者によるプラチナスカウトを増やすコツをお伝えします。

企業スカウトの件数は「10件未満」が最多

ビズリーチを利用した転職経験者11人を調査したところ、今まで企業から来たプラチナスカウト件数の最多票数は10件未満でした。

Q.企業スカウトを何件もらいましたか?
10件未満 4名
10~29件 3名
30~49件 2名
50~69件 1名
70件以上 1名

また、調査では「企業からの面接確約メールではなく、ヘッドハンターからの勧誘メールばかりだった」という声も出ています。

ビズリーチの登録者は100万人以上いるため、そもそも自分が企業の採用担当者に認知されていない可能性があります。

見つけてもらうには、スカウトされやすくなるコツを押さえておきましょう。

スカウトを増やすコツ1. 実績を定量で書く

スカウトを増やすには、実績を定量で書くことが大切です。

一般社員からハイクラス人材問わず、仕事の実績を定量で書かない人は少なくありません。

しかし採用側としては、ビズリーチでコストをかけて採用する以上、実績のある人を採りたいという思惑があります。つまりインパクトある数値や具体的なエピソードは、採用担当者の目を引けるということです。

数字で表せるものは数字で書く

職務経歴書に書く際は、仕事の実績だけでなく「マネジメントしたメンバー数」や「関与した部署の数」など、数値で表せる点は押さえてください。目を通した採用担当者もイメージが湧きやすいです。

受賞歴も書く

また、採用担当者は「MVP」や「表彰」などのキーワードで検索をかける傾向があるため、受賞歴も記載しましょう。

実績がなければプロセスを数字で書く

もしどうしても実績を書けないときは、プロセスを数字で書くというテクニックがあります。

  • 営業で1,000人のお客様とお会いしました
  • 人事として500人以上の新卒・中途採用の人材を見ています
  • ゲーム系エンジニアとして、10本以上のソフト開発に関わってきました など

スカウトメールの数を増やしたいときは、いかに採用担当者にとって検索しやすく、印象に残りやすい内容にするかがコツです。

スカウトを増やすコツ2.年収を高望みしない

ビズリーチに登録する際、登録者の希望年収を記載する箇所があります。

この希望年収を現年収より高めに設定している、もしくは「年収〇〇円以上のスカウトしか受け付けません」とスカウトを絞る人がいます。

これらはおすすめできません。

現年収より高い額の要求は、採用側に「入社前から年収アップを求められるのでは…」という不信感を与え、印象を悪くするからです。スカウトを送る手を鈍らせる結果になります。

希望年収は「現年収と同等」を選択

表記1つでスカウト数を減らすのは非常にもったいないです。希望年収は「現年収と同等」もしくは「問わない(上下限なし)」を選択しましょう。

本音の年収希望は、企業から聞かれた際に答えればOKです。

最初から高望みせずとも、企業はあなたを採用すると決めた時点で必ずお金を積みます。安心してください。(現役採用コンサルタント)

スカウトを増やすコツ3.フリーコメント欄を活用する

採用担当者は、求職者のフリーコメント欄もよくチェックしています。

とくに「紹介いただけるポジションがあれば積極的にお会いしたいです」というコメントが好まれるようです。

なぜなら中途採用において、求職者と企業の双方の希望がぴったりマッチするのは稀であるためです。

また、そのコメントは求職者にどれくらい柔軟性があるのかを確認できる指標になり、採用側へ好印象を与えられます。

組織で働く以上、急な異動や役割変更は珍しくありません。そのため、当初の希望と求人条件が異なっていても柔軟に検討してくれる求職者には、スカウトが届きやすい傾向があります。

【柔軟性をアピールすると…】

  • 経験を生かせる異業種からスカウトがくる
  • 同じ会社の違うポジションでの採用について打診が来る

年収600万円以上の支持率NO.1 BIZREACH

BIZREACHの特徴

  • 国内最大級!エグゼクティブの会員制転職サービス
  • 管理職やグローバル求人多数
  • 会員制サービスならではの質の高い非公開求人
  • 1700名以上のヘッドハンターが経歴を見て直接スカウト
  • 秘匿性の高いポジションの非公開求人あり

BIZREACHの登録・詳細はこちら

スカウトが再送された…無視せず返信すべき?カジュアル面談とは?

興味のない企業から再送メールがきたのだが…無視せず返信すべき?

”カジュアル面談という形でお会いしたい”とはどういう意味?

よく知らない企業やヘッドハンターから急にスカウトメールをもらうと戸惑いますよね。

ビズリーチならではの仕組みについてさらに詳しく解説します。

メールに返信すべき理由:「HOT」アイコンがつくから

結論からいうと、スカウトメールには返信すべきです。

なぜなら、返信すると「HOT」アイコンがつき、他の採用担当者から「積極的に活動中=転職意欲が高い求職者」とみなされ、スカウトが届きやすくなるからです。

HOTアイコン

上記のHOTアイコンは、採用担当者の求職者管理画面だけに表示されます。

このメリットが大きいので、応募するしないに関わらず、スカウトメールには返信するべきです。まったく興味がない相手に対して無理する必要はありませんが、お断りメールを返信するだけでも効果的になります。

また「ビズリーチで転職を実現した会員の93.9%*がヘッドハンターからのスカウトに返信している」との結果も出ていました。

*公式ページより引用

もちろん、実際に会ってみたら「志望意欲が上がった!」というパターンは十分にありえる展開です。少しでも興味が湧いたら、一度スカウトに応じることをおすすめします。

スカウトメールは自動で再送される

ちなみにスカウトメールはほぼ必ず再送されます。これはスカウトメールを作成する時点で、3~5日後に自動で再送されるよう設定できるためです。

再送されたからといって、採用意欲は必ずしも高いとは限りません。注意しましょう。

カジュアル面談の目的は「あなたに会うこと」

もし企業のスカウトメールに「カジュアル面談でお会いしたい」と書かれていたらチャンスです。

カジュアル面談とは、実際に採用を決定したり面接試験を実施したりする前に、求職者と企業の担当者が気軽にコミュニケーションを行う「お見合い」のような場です。

採用担当者がカジュアル面談を設定する背景には、次の2パターンがあります。

あなたの経歴が合格ラインギリギリだった場合
→まずは会ってみて職務経歴書の情報以外に魅力的なポイントがあれば現場や役員に推薦したい。
あなたの転職意欲があまり高くなさそうな場合
→転職希望時期が「未定」の求職者にいきなり面接案内を送ってもスルーされてしまうため、気軽に会って話せる場を設けたい。

ただし、面談の場で「ぜひ来てほしい!」と判断されたときは、その場で内定が決まるケースもあります。

いずれの場合も志望動機は不要なので、少しでも興味があればカジュアル面談に参加するのはおすすめです。

今すぐ転職するつもりがなくてもOK

もし「仕事が立て込んでいて今すぐには転職できない!」場合も、一旦は面談に行って「なぜ自分に会いたいと思ったのか」「どこを評価してくれたのか」などの情報を集めると今後につながります。

面談に行く時間すらないときは、「◯日後にまた連絡したいです」と伝えておくと、相手に喜ばれます。他に候補者が現れなかったときは、あらためて面談の場を設けてくれるはずです。

求職者を口説ける自信があるので、とにかく1度会ってもらうことを重視しています。今すぐ転職してもらう必要はないので、カジュアル面談後に「落ち着いたらまたご連絡ください」と伝えています。
(医療機器メーカーの人事)

スカウトメール返信用の例文

実際にスカウトメールへ返信する際の例文をご紹介します。

株式会社○○ 人事採用担当 ○○様

お世話になっております。○○(氏名)でございます。

先日はスカウトのご連絡をいただき誠にありがとうございました。

是非とも一度、お話を伺えますと幸いです。

かねてより志望しておりました○○業務に関するご提案をいただき、自分の培ってきた○○の経験との親和性も高く大変興味を抱いております。

しかし現状、携わっているプロジェクトが立て込んでいることもあり、転職活動に専念できないでいる状況です。

せっかくご連絡いただきましたところ大変恐縮ですが、業務の落ち着く〇月を目途に改めてこちらからご連絡させていただく形でもよろしいでしょうか?

なお、返信期限がございましたらできる限り調整いたしますので、ご教示いただけますと幸いです。

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

印象アップのポイント

  • スカウト内容に興味があることを具体的に伝える
  • すぐには調整が難しい場合、いつまでに目途が立ちそうかを伝える
  • できるだけ調整の努力をする旨を伝える

スカウトメールは開封率ですら10%しかないため、返信するだけでも採用担当者にとってはうれしいはずです!

それでもスカウトが来ないなら…他の転職サイトに相談してみる

職務経歴書や希望条件を工夫したものの、それでもスカウトメールが来ない場合、ビズリーチにこだわらず他の転職サイトも併用てみましょう。

全年代向けの「リクルートエージェント」で書類添削してもらう

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスです。取り扱い求人数は公開・非公開合わせて20万件と、業界No.1の数値を誇ります。

ビズリーチとの違いは専任の転職アドバイザーがつくことです。ビズリーチでは自分で書くしかなかった職務経歴書も、作成から添削まで手厚くサポートしてくれます。

他にも面接練習やカウンセリングなど、各サポートを無料で利用可能です。

裏技:備考欄を使う

実はリクルートエージェントへの登録時に、備考欄を利用して担当アドバイザーに要望を出せます。「職務経歴書の添削をていねいに行ってくれる方を希望」と書いておくと、考慮してもらえる可能性が高いです。

公式ページで無料登録する

リクルートエージェントで職務経歴書を添削してもらってからビズリーチに再挑戦するのもありです。

20代向けのビズリーチ「キャリトレ」でスカウトを待ってみる

キャリトレのキャプチャー画像

キャリトレは、ビズリーチと同じく株式会社ビズリーチが運営する20代向けの転職サイトサービスです。

前提として、ビズリーチの主なユーザーは30代の中堅クラスの人材であるため、企業も即戦力やマネジメント経験のある候補者を探しています。

つまり求職者が20代で年収500万円未満の場合、たとえビズリーチの登録審査に通ったとしても、企業スカウトが少ない可能性があります

一方キャリトレは、「挑戦したい20代」がターゲットのサービスです。ビズリーチのような登録審査もありません。

実際にキャリトレは、新規会員の73%*が20代です。

*公式ページより引用

ビズリーチ キャリトレ
全体求人数 113,684件 95,781件
年収600万円以上 103,631件 62,411件
第二新卒 638件 14,800件
利用料金 一部有料 完全無料

ビズリーチでなかなか企業スカウトが来ない20代若手の人は、キャリトレを利用してみてはいかがでしょうか。

公式ページで無料登録する

ビズリーチのスカウトに関するQ&A

最後に、ビズリーチのスカウトに関するよくある疑問にお答えします。

Q.1 企業のスカウトは誰が送っていますか?

A.基本は採用担当者(人事または経営者)ですが、代理の場合もあります。

大手企業の人事で採用に手が回らず、「こんな人に会いたい」という要件だけ伝えて業務委託やダイレクトソーシング会社に外注しているケースはあります。

だからといって悪い会社とは限らないので、企業からスカウトをもらえたらチャンスと考えてOKです。

Q.2ヘッドハンターランクはどうやって決めていますか?

A.ビズリーチ経由での決定実績(人数と金額)で決まります。

決定の実績が少ないヘッドハンターは翌年度の更新ができない場合もあります。

ただし、ヘッドハンターランクが低いからといって評判が悪いとは限らない点に注意してください。

本当に優秀なヘッドハンターは求職者の紹介だけで集客できてしまうため、ビズリーチを利用しないうちに自然とヘッドハンターランクが下がってしまうからです。

ヘッドハンターを選ぶ際は、ランクはあくまで参考程度に考えておきましょう。

Q.3希望とは異なる内容のスカウトが届きました。

A.あなたの経歴に魅力を感じている証拠です。

本人の希望と異なる条件の求人でも、実際に会って話すことで入社意欲が高まるケースは非常に多いため、経験豊富な人事やヘッドハンターほど求職者の希望条件は重視していません。

意図的に紹介している可能性が高いため、その求人を紹介した理由を返信で尋ねてみるといいでしょう。自分の思わぬ可能性に視野が広がるはずです。

Q.4ヘッドハンター経由で応募したのに連絡が来ません…

A.3つの理由が考えられます。

①企業から合否の連絡がない
→人事が採用に手が回らず、ヘッドハンターに何の連絡もしていない場合、ヘッドハンターも求職者に連絡できない状態が続いてしまいます。
①企業の不採用理由が辛辣すぎて送れない
→「年齢の割に経験が浅い」など、そのまま伝えるとクレームが懸念される場合、返信しずらいため連絡を後回しにすることも…。
②単純に忘れてしまった
→ヘッドハンターは夜遅くまで働いているケースが多いため、疲れて忘れてしまうことも稀にあります。

Q.5スカウトに返信するとメールアドレスや氏名が公開されますか?

A.はい、公開されます。

メールアドレスや氏名の公開を希望しない場合は、メッセージを送信する際「名前を公開する」「メールアドレスと電話番号を公開する」のチェックを外してください。

Q.6在籍している企業名を公開したくありません

A.知名度の高い企業にて勤務経験のある場合、企業名を公開するとスカウトを受けやすくなります。

企業が求人票を作成する際、「例えばリクルートの営業みたいな人」などと具体的なイメージをもっている場合が多く、求職者の在籍企業名でキーワード検索するためです。

転職活動していることが在籍中の企業にばれないか不安…」な場合は、特定の企業に職務経歴書を公開しないようブロック設定ができます。[設定]メニューの「企業ブロック設定」から設定を行ってください。

Q.7ブロックしたい企業名が出てきません

A.過去にビズリーチと1度も取引実績のない企業はブロックリストに表示されません。

取引が開始されると企業名が公開されてしまうリスクがあるため、不安な場合は企業名を非公開にしておきましょう。

Q.8以前に応募した求人情報に対するスカウトが送られてきました

A.スカウトは個人を特定できない状態で送信されています。

そのため、以前応募した求人情報に対するスカウトが届いたり、同じ採用企業やヘッドハンターから届いたりすることがあります。

プラチナスカウトについてのまとめ

ビズリーチのプラチナスカウトについてまとめました。

  • 企業からのスカウトはすべてプラチナスカウトである
  • 企業からのスカウトだけが面接確約となる
  • プラチナスカウトは無料で閲覧・返信できる
  • ヘッドハンターからの通常スカウトは「ばらまき」の印象が強い
  • 採用側の料金プランは「6ヶ月間で400通/85万円」が人気
  • プラチナスカウトの内定率は20%

年収600万円以上の支持率NO.1 BIZREACH

BIZREACHの特徴

  • 国内最大級!エグゼクティブの会員制転職サービス
  • 管理職やグローバル求人多数
  • 会員制サービスならではの質の高い非公開求人
  • 1700名以上のヘッドハンターが経歴を見て直接スカウト
  • 秘匿性の高いポジションの非公開求人あり

BIZREACHの登録・詳細はこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

同一カテゴリーの記事

おすすめ転職サイト比較|1000人アンケートをもとにプロが厳選

「転職サイトがいろいろあって選びきれない!」 「自分に合ったおすすめの転職サイトはどれ?」 そんな方に…

  • 🕒
  • 2020.12.15更新

40代向け転職サイト満足度ランキングとタイプ別のおすすめ10選

「40代だと転職サイトに登録しても相手にされないのでは?」 「若い人向けの求人ばかり…自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい」…

  • 🕒
  • 2020.07.07更新

30代におすすめの転職サイト!満足度ランキングとプロが教える選び方

「30代におすすめの転職サイトに登録したい!」「この年齢や職歴でも受けられる求人はある?」 当編集部では転職サイトを利用した30代168…

  • 🕒
  • 2020.09.25更新

20代の転職サイトは評判と求人数で選ぶ!1000人が選ぶおすすめ3選

「はじめての転職、何から始めればいいかわからない」「たくさん登録するのは面倒、結局どの転職サイトがいいの…」 転職サイトはそれぞれ…

  • 🕒
  • 2020.11.09更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト