「今が一番楽しい」。仕事観を変えた株式会社エーピーコミュニケーションズとの出会い

エーピーコミュニケーションズの取材風景
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITエンジニアとして、システム開発・運用を手がける岩崎和幸さん。前職では、約10年間データセンターの運用保守を経験。岩崎さんは、なぜ株式会社エーピーコミュニケーションズ(以下、APC)へ転職したのだろうか。「今の仕事が人生で一番楽しい」と話す岩崎さんの思いに迫った。

株式会社エーピーコミュニケーションズ 岩崎さんのプロフィール写真

話を聞いた人
岩崎 和幸

前職では、データセンタ内にて金融システムの運用保守・開発に従事。次期リーダー候補や新人のマネジメントにも注力。2019年、株式会社エーピーコミュニケーションズに入社。現在は、主に携帯キャリアのシステム開発を担当している。

1.入社の決め手|社員の未来をみてくれる会社

ーーまず、岩崎さんがAPCに入社したきっかけを教えてください。

転職エージェントから、面白い会社があると紹介されたのがAPCだったんです。※「NeoSIer(ネオエスアイヤー)」という言葉や経営理念にも強く惹かれ、直接話を聞いてみたいと思いました。

※APCが定義しているSIer(システムインテグレーター)のこと。「お客様のことを真剣に考えられるエンジニアを育成し、熱狂できるキャリアパスを創出し、パフォーマンスを最大化できる環境を創り、従来の慣例に捉われずに工夫と挑戦を行い続けるSIer」を目指している。

ーーAPC入社の決め手は何はだったのでしょうか?

入社の決め手は、個人を尊重してくれる会社だと思えたことですね。システム開発に関してはほぼ未経験だったのですが、採用担当の方が今のスキルで何ができるのか?ではなく、「どんな仕事をやりたいですか?」「エンジニアとして、どう成長していきたいですか?」と、こちらの要望を聞いてくれたのが今でも印象に残っています。

話を伺うなかで、APCは、社員の今ではなくて"これから先の未来"を見てくれる会社だと感じたんですよね。社員のビジョンや夢を叶えるために応援してくれる場所で、「エンジニアとして活躍したい」と思いAPCに入社を決めました。

ーーシステム開発未経験から新しい環境へ飛び込むことに、不安はありませんでしたが?

やっぱり、最初は不安でした。でも、実際に働いてみるとすぐに不安は払拭されましたね。若手エンジニアのキャリア形成を支援する「キャリア相談室」があったり、ビジョンの実現に合わせた社内研修が豊富に用意されていたり。面接で聞いていた通り、人材育成のための環境が整っているんですよね。

私自身、ロジカルシンキングを鍛える研修に参加してからは、物事の考え方・捉え方が180度変わりました。さまざまなバックグラウンドを持つエンジニアと意見を交わし多様な価値観に触れることで、見聞が広がったように思います。

2.入社後のギャップ|部署や立場を越えてオープンに会話できる環境

エーピーコミュニケーションズの岩崎さんの近影写真

ーー入社する前と後で、心境の変化やギャップはありましたか?

私が一番驚いたのは、社員同士のつながりがとても強いこと。エンジニアという仕事は、一人で淡々と仕事をするイメージがあると思います。私も入社するまでは、そう思い込んでいました。

APCでは、複数のコミュニケーションツールを活用しています。部署や立場の垣根を越えてオープンに会話できるので、幹部や上長との距離も近いんです。社内のコミュニケーションが活発という点は、いい意味でのギャップでしたね。

今でも一番印象に残っているのは、私が入社直後に担当したシステム開発。サーバ構築と自動化を組み合わせたシステムを開発するという、難易度の高い案件でした。

開発のスキルも経験もほとんどなかったので、わからないことがわからない。何をやっても失敗ばかりで、何度も心が挫けそうになりました。そんなとき、社内のエンジニアにチャットで質問したらすんなり解決できて(笑)。

ITシステムのトラブルって、何かひとつ間違った思い込みをしてしまうと永遠と解決できないことが多いんですよ。なので、色々な物事の見方や捉え方ができるのは、強いスキルにもなると思います。だからこそ、多くの人と会話して多角的な視点を持つのはとても大事なことだと改めて感じましたね。

3.クライアントの要望に合わせて、さまざまな課題を解決していく

ーー岩崎さんがやりがいを感じるのはどんなときですか?

自分の努力が形に残ることです。私が担当しているシステム開発は、依頼を下さった企業さまの要望に合ったサービスを作るのが主な仕事です。要望にあわせて毎回作るものが変わるので、わからないことを調べては失敗し、修正しながら少しずつ課題を解決していく。サービスがリリースされるまでに、さまざまな課題に直面します。

だからこそ、積み重ねてきた努力がサービスとして世に出たときは「諦めずにやってよかったな」って思いますね。自分の作ったサービスが恒久的に残り続けるというのは、素直に嬉しいです。

あと、問題を解決できたときもやりがいを感じる瞬間です。今までさまざまな仕事を経験してきましたが、今が人生で一番楽しい。今までは苦痛でしかなかった“壁にぶつかる”ということでさえも、楽しくて仕方ないんですよね。

ーー仕事が楽しいと思えるようになったのは、APCで働くようになってからですか?

はい、APCに入社してからですね。わからないことがわかった瞬間の達成感を味わってから、仕事との向き合い方・考え方が変わりました。

今までは無理だと諦めていたこともAPCでなら成し遂げられるかもしれないと、ポジティブな思考に切り替えられるようになった気がします。解けなかった問題があっても、「明日やったらできるかも」って次を信じられるようになっていくんですよね。

ーー岩崎さんが仕事を楽しむために意識していることはありますか?

岩崎さんの近影写真

意識というほどではないですが、楽しいって思えることを見つけるのは得意かもしれないですね。家に帰ってお酒を飲む、新作映画を観るとか何でもいい。何か楽しみを持っておくのは、自分の心を守るために必要なことだと思います。

仕事をしなくても生きていけるならしたくないって思う人が大多数だと思います。私も以前まで、仕事は辛いものだと思いながら働いていました。

でも、仕事は人生の大半の時間を費やすもの。だったら、仕事が楽しいって思えた方が幸せでいられる気がするんです。人生を振り返ったとき、「楽しかったな、頑張ったな」って思いたいじゃないですか。

ーーありがとうございます。今後、どんな人と一緒に働きたいですか?

自分の価値を高めたい、仕事を楽しくやりたいという方とぜひ一緒に働きたいですね。

APCは、やりたいと思ったことに挑戦できる会社です。そして、夢やビジョンを実現するためのサポート体制も充実しています。自由度が高い分、責任も伴いますが、辛いことも結果として受け止めて次につなげようという思いが強い会社でもあるんです。

お互いの意見がぶつかることもあるかもしれないけど、結果として成長につながればそれで良しだと思っています。

話を聞いた企業

  • 企業名:株式会社エーピーコミュニケーションズ
  • 創業:1995年11月
  • 事業内容:システムインテグレーション事業、技術者派遣事業、研究開発事業、サービス開発事業

株式会社エーピーコミュニケーションズの採用サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト