教育業界からウエディングの営業職へ。株式会社CRAZY、河原莉子の挑戦

株式会社クレイジーの集合写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人々が愛し合うための勇気と機会を提供し、パートナーシップの分断を解消する」というパーパスを掲げる、株式会社CRAZY。結婚式のコンセプト決めや会場装飾など、完全オーダーメイドのオリジナルウェディングをプロデュースする「CRAZY WEDDING」を手がけている。

新郎新婦の要望を叶えるための窓口として活躍しているのが、営業推進部マネージャーの河原莉子さんだ。もともと幼稚園教諭として働いていた河原さんは、なぜ株式会社CRAZYを選んだのだろうか。

CRAZY 河原さんのプロフィール画像

話を聞いた人
河原 莉子

兵庫県出身。関西学院聖和短期大学卒業後、私立幼稚園に入社。その後、「人がつながる世界を創りたい」との思いから、2016年に株式会社CRAZYにジョイン。社内AWARDにてベストプレイヤー賞を受賞し、営業推進部マネージャーとして活躍している。

幼稚園教諭から営業職への転身

CRAZY河原さんがクライアントと打ち合わせをしている様子

ーーまず、教育業界から営業職に転職するまでの経緯を教えてください。

大学卒業後、地元の兵庫県にある私立幼稚園に入社しました。4年近く勤めて感じたのは、幼稚園教諭という立場の難しさです。

「先生」の立場を通じて子どもや保護者と関係を築いていくことが、教職に求められている役割だと思っています。ただ、子どもや保護者との間に見えない壁があり一歩踏み込んだアクションを起こせなくて。目の前で困っているお母さんがいるのに助けられず、不甲斐なさを感じることがありました。そこで限界なく人と関われる仕事がしたいと思うようになったことが、転職を考えた最初のきっかけです。

ーー数ある企業のなかから、CRAZYを選んだのはなぜですか?

入社の決め手は、人との関係性を大切にしようとする想いへの共感です。二人の馴れ初めや人生観をもとに創り上げていく、完全オーダーメイドの「CRAZY WEDDING」というサービスを知ったとき、単純に面白そうだなと思いました。

新郎新婦がこれまでどんな人生を歩んできたのか、なぜ夫婦になろうと思ったのか。一般的な結婚式のカタチに捉われず、二人の関係性や価値観を本質的捉え表現できる結婚式は、すごく素敵なことだと思ったんですよね。

ここなら、私が目指しているものを実現できると感じました。自分では想像できないくらい成長できる場所だと思えたことも、入社を決めた理由のひとつです。

ーー営業職を選んだのには何か理由があるんですか?

営業職に就こうと思っていたわけではなくて、転職活動中にたまたま出会ったのが今の会社だったんです。たくさんの人に出会うことができ、自分以外の人の人生に触れられる営業の仕事は、私にとって天職だと思います。

お客様の「価値観」や「らしさ」をカタチに

CRAZYのチームメンバーの記念写真

ーー普段はどんな業務を担当しているんですか?

お客さまが初めて結婚式の相談をする窓口として、サービスやプランのご案内を行っています。二人の生い立ちや結婚式をどんな日にしたいのかなど、じっくりお話を伺うことも営業職の重要な役割です。こだわりや思い、価値観といった「二人らしさ」を表現した結婚式を、日々心がけています。

ーー異業種にチャレンジすることに不安はありましたか?

特に不安はなかったですね。むしろ、お客さまと会える日が待ち遠しくて仕方ありませんでした。昔から人に対する興味や好奇心が強くって、「こんな人生もあるんだな」とか「こんな価値観もあるんだな」っていうことに触れる楽しみの方が大きかったですね。

ーー株式会社CRAZYに入社する前と後でギャップはありましたか?

ギャップはありませんでした。実際に働いてみて、想像以上に人の人生を応援しあえる組織だなと思いました。仲間の成功を自分のことのように喜んでくれたり、誰かが困っているときは互いに助け合ったり、さまざまな場面で強い絆を感じます。

特に印象的なのが、入社する際に行ったライフプレゼンテーション。大切にしている価値観や人生の目標などを、全社員の前で発表する機会があるんです。人に言いづらい過去の経験を伝えたときに、仲間たちが承認してくれたことが本当に嬉しかったんですよね。

相手の良いところも悪いところも受け止めて応援してくれる、素敵な組織だなと思いました。心から信じられる仲間と一緒なら、どんなことも乗り越えられそうな気がします。

お客様の笑顔をやりがいに多様化する結婚のあり方を考えていく

CRAZYの集合写真

ーー河原さんは、どんなときに仕事のやりがいや喜びを感じますか?

やっぱり、CRAZY WEDDINGで結婚式を挙げられたお客さまの笑顔を見れたときですね。「お互いに今のパートナーに出会えて本当に良かった」って思えて、私まで幸せな気持ちになります。

あと、お客さまが本音を打ち明けてくれたときやりがいを感じられる瞬間です。心を開いてもらえた気がして嬉しくなります。

ーーありがとうございます。今後、どんな人と一緒に働きたいですか?

そうですね。人に興味を持てる人と一緒に働きたいですね。私たちは、人との関係性をとても大切にしています。

夫婦や親子、友達関係など、パートナーシップの形はさまざまです。多様化するパートナーシップの築き方を哲学したり、その人たちの想いに寄り添ったりできる方と互いに高め合いながら楽しく仕事をしたいと思います。

私自身、仕事をはじめてから、自分だったらどんな結婚式にするんだろう、どんなパートナーシップを築いていくんだろうとか、結婚について哲学することが増えたように感じます。

世の中の変化を楽しめたり、仲間と喜びを分かち合えたりできる方と刺激し合いながら、組織を成長させていきたいです。

話を聞いた企業

  • 企業名:株式会社CRAZY
  • 創業:2012年7月
  • 事業内容:ウエディングプロデュース、法人イベントプロデュース、ウェブサービスの企画・運営サービス、事業コンサルティングサービス

株式会社CRAZYの公式ページはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト