転職エージェントは複数使ってもいいの?掛け持ちのメリットと注意点

転職エージェントを複数使うメリット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の転職エージェントも悪くないけど、他のサービスも利用してみたい…
転職エージェントは複数登録した方がいい?

結論として転職エージェントは複数利用がおすすめです。

実は、転職者の転職サイト、エージェント登録数は平均2.52社
当編集部で1,000人へアンケートを行った結果、一人当たり2社以上の転職サービスを利用していることが分かました。

転職エージェントを複数利用する最大のメリットとしては以下の2つが挙げられます。

複数利用のメリット

  • 使い分けすることでより多くの限定・非公開求人に応募が出来る!
  • 各担当者との相性を比較しながら利用するエージェントを選ぶことが出来る!

この記事では複数利用のメリットやその際の注意点、そして1,000人アンケートの結果のうち多く利用されていた複数利用におすすめの転職エージェントをご紹介します。

【複数利用におすすめの転職エージェント】
転職サイト 非公開求人数 利用者割合
リクルート
エージェント
約14万件
4人に1人
  • 非公開求人数約14万件と業界最大級
  • ユーザーに合った新しいキャリアプランを診断・提示してくれる
  • 充実した面接対策・履歴書記入のセミナーあり

3分で無料登録

doda
約10万件
5人に1人
  • エージェントとのやり取りをLINEで行うことが出来る
  • 20代利用率でみると3人に1人の割合
  • 会社独自の研修過程を修了した質の高いエージェントが多数在籍

3分で無料登録

パソナ
キャリア
約5万件
12人に1人
  • 公式に自社を含む転職サイトの複数登録を容認、推奨している
  • 非公開求人を含めると5万件を超える求人を保有
  • 強みや人となりといったキャリアアドバイザーに関する情報を面談前に確認できる

3分で無料登録

転職サイト 非公開求人数 利用者割合
リクルート
エージェント
約14万件
4人に1人
  • 非公開求人数約14万件と業界最大級
  • ユーザーに合った新しいキャリアプランを診断・提示してくれる
  • 充実した面接対策・履歴書記入のセミナーあり

無料登録する

doda
約10万件
5人に1人
  • エージェントとのやり取りをLINEで行うことが出来る
  • 20代利用率でみると3人に1人の割合
  • 会社独自の研修過程を修了した質の高いエージェントが多数在籍

無料登録する

パソナ
キャリア
約5万件
12人に1人
  • 公式に自社を含む転職サイトの複数登録を容認、推奨している
  • 非公開求人を含めると5万件を超える求人を保有
  • 強みや人となりといったキャリアアドバイザーに関する情報を面談前に確認できる

無料登録する

*求人数は2020年6月02日時点

転職エージェントは複数使ってもいいの?

結論からいうと、複数の転職エージェントに登録しても全く問題ありません

むしろ複数のサービスを比較した方が自分に合う転職エージェントを見極めやすくなるため、積極的な利用がおすすめです。

複数登録を禁じる規約もないので、安心して利用しましょう。

転職エージェント複数利用のメリットについて

転職エージェントの複数登録がおすすめな理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

複数利用のメリット

  • 使い分けすることでより多くの限定・非公開求人に応募が出来る
  • 各担当者との相性を比較しながら利用するエージェントを選ぶことが出来る

使い分けすることでより多くの限定・非公開求人に応募が出来る

非公開求人を選ぶキャリアアドバイザー

転職エージェントの多くはその一社でしか扱っていない「限定求人」「独占求人」を扱っていることがあります。そのため複数登録することによって各サービスのみが持っている限定・独占の求人を幅広く入手することが可能に

また利用するサービスや担当のキャリアアドバイザーの考え方・経験値によっても求人の提案内容が変化することがあるため、様々な求人の比較が出来るようになります

各担当者との相性を比較しながら利用するエージェントを選ぶことが出来る

面接対策

求職者と同様に年収、キャリアアップなど転職エージェントもまた各々の転職に対する価値感を持っているため、求職者とエージェントの間には相性の良し悪しが存在します。

そこで複数のエージェントを利用して比較することで各サービスの担当エージェントが「転職に対して自分に近い価値観を持っているか」「自身の強みや個性をよく理解してくれるか」を見極められるようになります。

複数利用によって自分の強みや個性をしっかりと理解した上で、それらを自分が伝えたい形で希望の企業にアピールしてくれる相性の良いエージェントに出会える確率がグッと上がるのです

登録数が多い人気転職エージェントTOP3

★登録数が多い人気転職エージェント★
転職サイト名 特長 求人を探す
リクルートエージェント

非公開求人数14万件!
業界業界最大級の求人数と支援実績!

無料
登録

doda

サポート満足度No.1*非公開求人を含めると10万件を超える求人を保有!

無料
登録

パソナキャリア

非公開求人含め約5万件の求人を保有! エージェントの質に定評あり

無料
登録

*電通バズリサーチ調査

どの転職エージェントがいいの?」と気になった方には、アンケートで利用満足度が特に高かった「リクルートエージェント」と「doda」の併用をおすすめします。

各転職エージェントのサービス内容について、特徴や強みを見ていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界での歴史が長く、サポート実績が豊富な転職エージェントです。

扱っている求人数は30万件超と、業界最大級を誇ります。

扱う求人情報の業界、職種も幅広く、多くの求職者が登録しています。蓄積された転職事例をもとに、キャリアアドバイザーが企業選びの相談に乗ってくれますよ。

また、人材を募集している企業とも強いつながりを持っています。書類選考や面接における企業の傾向も熟知しているため、より実践的なアドバイスをもらえるでしょう。

リクルートエージェントに無料登録

doda

DODA

dodaはサイトの使いやすさや、サービス利用の手軽さが評判の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーとチャットやLINEでやり取りできるので、転職活動に関するちょっとした悩みも相談しやすいでしょう。

全体の求人数は13万件以上で、業界や職種も幅広く扱っています。自分で自由に求人を検索できる転職サイトとしても活用できますよ。

dodaに無料登録

転職エージェントを掛け持ちする際の注意点

ここまではとても便利に感じられる転職エージェントの複数利用ですが、一方で注意しなければいけないポイントが2点あります。

転職エージェントを掛け持ちする際の注意点

  • 複数利用していることをエージェントに伝える
  • 同時応募はしない

複数利用していることをエージェントに伝える

義務ではありませんが、複数利用していることを担当に伝えることでそれを踏まえた対応をしてくれるようになり、さらには他社に負けないように優先度をあげて対応してもらえるケースもあるため、きちんと説明しておきましょう。

同時応募はしない

複数の転職サービスから同じ求人に応募してしまうと応募を出した求人を自分で把握しきれていないとみなされ、「管理能力がない」とみなされてしまうかもしれません。しっかりと自分の応募した求人は把握して、複数回応募しないよう心掛けましょう。

転職エージェントを複数使うデメリット

転職エージェントの複数利用は便利ですが、一方でデメリットを感じる瞬間もあるかもしれません。

求職者によってはデメリットにもなりそうなものが次の2点です。事前に把握しておくことであらかじめ備えておくことが出来るので、しっかりと把握しておきましょう。

複数利用のデメリット

  • 担当者とのやり取りが増える
  • スケジュール管理が難しい

担当者とのやり取りが増える

転職エージェントに意思決定をせかされる男性

転職エージェントに登録すると、まずは担当キャリアアドバイザーとの面談があり、経験やスキル、希望条件を伝える必要があります。

また面談の多くは転職エージェントのオフィスで行われるので、そのたびに足を運ぶ必要もあるため、1社のみの利用と比較するとどうしても手間がかかってしまいます。

スケジュール管理が難しい

カレンダーを見て焦っている女性

複数の転職エージェントから企業に応募する場合、選考スケジュールを複数の担当者と調整しなければなりません。

1社から応募する場合と比べて、調整中の候補日を伝える際のコミュニケーションコストが増えてしまうのはデメリットといえるでしょう。

登録した複数の転職エージェントを断る方法

提案された求人が希望と合わなかった場合は、きっぱりと応募を辞退しましょう。理由も伝えておけば、次からは考慮して求人を紹介してもらえます。

また、無事に内定を得て転職先を決めた場合は、他の転職エージェントからのその後の求人紹介を断る必要がありますよね。

断る方法は、基本的にはメールでOKです。メールなら履歴が残るので、互いの認識違いによるトラブルも回避できます。

しっかりと断りの連絡を入れておかないと、転職エージェントから引き続き連絡が来る可能性もあります。

転職エージェントからの連絡が続くストレスで、新たな職場での勤務に支障が出ないようにしたいですね。

▼転職エージェントの断り方のメール例文はこちら

【プロ作成】転職エージェントを断る例文!面談や求人、内定の断り方
【プロ作成】転職エージェントを断る例文!面談や求人、内定の断り方
「転職エージェントとの面談に行けなくなった」「他のエージェントで転職先を決めた」など、転職エージェントに断りを入れるシーンはありますよね。 ...

【早見表】複数登録におすすめ転職エージェント

最後に、HOP!ナビ編集部が実施したアンケートをもとに、利用者が多かった転職エージェントを紹介します。

転職を成功させるためには、転職サイト選びが重要。無料登録が可能な転職サイトも多いので、気になるサービスがあればまずは登録してみるだけでもよいかもしれません。

順位 転職エージェント名 利用者 おすすめな人
1 リクルートエージェント 112 誰にでもおすすめ
2 doda 102 誰にでもおすすめ
3 マイナビエージェント 67 誰にでもおすすめ
4 ビズリーチ 44 年収500万以上
5 パソナキャリア 38 誰にでもおすすめ
6 type転職エージェント 32 誰にでもおすすめ
7 JACリクルートメント 26 年収600万以上
8 ワークポート 22 IT・ゲーム業界志望の人
9 Spring転職エージェント 16 誰にでもおすすめ
9 ハタラクティブ 16 既卒・フリーター

※単位=人

▼転職エージェントの詳しい選び方はこちら

転職エージェントの選び方!プロが教える求職者タイプ別のおすすめ
転職エージェントの選び方!プロが教える求職者タイプ別のおすすめ
プロならではのアドバイスが受けられる転職エージェントは、求職者の頼れる存在です。 しかし、選び方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ...
元キャリアアドバイザーがんちゃんのイラスト

この記事を書いた人:がんちゃん@元キャリアアドバイザー

教育業界から大手転職エージェントへ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず1,000人以上の求職者を支援した。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

転職がはじめての人

マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

公式サイトはこちら

常時1万件以上の豊富な求人数

リクナビNEXT
  • 新着・更新求人が毎週1000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • まずは求人情報を見たい人におすすめ
  • 転職者の8割が登録
    (株式会社マクロミル調査2016年1月)

公式サイトはこちら

全年代を得意

リクルートエージェント
  • 転職支援実績No.1!
    (2019年度実績 厚生労働省調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件(2020年8月時点)
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり
    (2018年リクルートエージェントセミナー満足度調査)

公式サイトはこちら

顧客満足度を重視

doda
DODA
  • 転職者満足度No.1
    (電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

公式サイトはこちら

フリーターから正社員へ

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

公式サイトはこちら

ハイキャリア層(年収600万円以上)

JACリクルートメント
JACリクルートメントキャプチャ
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約800名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト