看護師転職説明会は参加すべき?口コミでわかった活用法と開催状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「看護師転職説明会の開催状況を知りたい」

「説明会は参加した方がいいの?」

「説明会に参加するとどんな情報が得られるの?」

看護師転職説明会は複数の医療機関や施設、企業が参加し、求職者である看護師とつながる場です。1日で多くの情報を得ることができます。とはいえ、情報の多さが効率的な転職活動につながるとはは限りません。では、看護師転職説明会へは参加する必要があるのでしょうか?

この記事では看護師転職説明会の2020年の開催状況や詳細、メリット、デメリットなどを紹介します。

おすすめの看護師転職サイト3選
順位 転職サイト名 総合満足度
1 看護roo!
4.66
2 看護のお仕事
看護のお仕事
4.40
3 マイナビ看護師
マイナビ看護師
4.36

看護師転職説明会とは

看護師転職説明会は複数の病院や施設、企業などが1ヵ所に集まり、求職者に経営理念や看護方針、仕事内容などを説明します。

看護師転職フェア、病院合同説明会、合同面接会などの名称で行われている場合もありますが、内容に大きな違いはありません。参加対象者は既卒者、転職希望者です。中には新卒を対象とした就職説明会でも転職希望者を参加対象としているものもあります。

看護師の転職説明会は3種類

看護師の転職説明会を大きく分けると以下の3種類になります。

病院合同説明会

看護職だけでなく、介護士やコメディカルなども参加対象とした転職説明会です。医療機関、ハローワーク、新聞社、企業などが主催となって開催しています。

看護職特化転職説明会

看護職である看護師、准看護師、保健師、助産師を参加対象とした転職説明会です。e-ナースバンク、ハローワーク、新聞社、企業などが主催となって開催しています。

専門分野特化説明会

美容や脱毛クリニックなど、専門分野に特化した職場を求める看護師を対象とした転職説明会です。看護師転職サイトなどが主催となって開催しています。

看護師の転職説明会のメリット・デメリット

「HOP!ナビ看護師」では転職説明会へ参加したことがある看護師を対象に説明会へ参加した感想を調査してみました。調査結果からメリット、デメリットを紹介します。

転職説明会へ参加するメリット

看護師が転職説明会へ参加するメリットから紹介します。

直接働く人と接点がもてる

よかった点は、その医療機関で働く人たちの言葉を直に聞けることと、面接という場では聞きづらい質問も聞けることです。疑問がその場で解消されるのはよいです。(看護師10年目/市立病院の小児科)

看護師さんの生の声に近いものが聞けるので、職場が想像しやすいです。細かい営業実態も質問をしていけば答えてもらえるので情報収集ができます。(看護師2年目/一般病院/産婦人科)

面接を担当している看護師とコンタクトをとることができたことがよかったです。事前にどの点に注意しておけばよいかを知ることができました。(看護師10年目/精神科/病棟)

転職説明会では病院や医療機関、施設で働く人や先輩看護師から仕事内容や求人の詳細などの説明を直接聞くことができます。

現場を知っている人の話を聞くことで、転職後の職場をイメージしやすくなり、応募先の選定にも役立ちます。中には接点をもったことで、面接に役立つ知識を得ることができたという人もいました。

転職に関する情報を効率的に集められる

数多くの病院の情報がその日に入ってくるため、何度も足を運ぶ必要がない。希望の転職先を探しやすい。直接病院採用担当者と話ができるため、病院の情報、給料面、福利厚生など確認ができる。(看護師15年目/総合病院/消火器内科)

1回の参加で一気に複数の医療機関について転職の情報収集や検討ができる。(看護師8年目/派遣/介護施設、健診施設で単発就業)

1日で複数の医療機関や施設の情報が得られる。病院や施設などの担当者から話を聞くことができる。webだけではわからない情報が得られる。(看護師歴10年/休職中)

セミナーなどが開催されていることもあり、就職に役立つ情報を手に入れることができます。1日で多くの医療機関の情報を得ることができます。(看護師4年目/育休中)

転職説明会では効率的な情報収集が可能です。複数の医療機関の求人情報はもちろん、主催者が行う講習会やセミナーで転職方法や転職に関する基礎知識などを得ることもできます。

転職先の選択肢が増えた

1度で多数の施設や病院の情報を得ることができる上、自分が知らなかった場所を知る機会にもなるので、選択肢の幅が広がります。(看護師歴18年目/転職活動中)

ネットで検索する分には自分が欲しい情報しか得られませんが、説明会に参加すると、積極的に情報収集をしなかった分野や興味がなかったことも耳に入れることができると思います。他の情報も得ることができます。(看護師10年目/訪問看護ステーション/精神科・老年期)

1人で行う情報収集は興味関心がある分野に偏りがちですが、転職説明会へ参加することで、思いもよらない情報を得て、情報の偏りを是正することや選択肢を増やすきっかけにもなります。

特典でプレゼントを得た

クオカードなどが付いていることがあり、お得である。たくさんの病院の情報が一度で得られる。実際に働いている看護師のようすや声が聞ける。(看護師24年目/個人事業主&派遣看護師&不定期パート)

クリアファイルやボールペンなどがもらえることがある。職場の雰囲気など人事のスタッフを通して感じ取ることができる。(看護師6年目/総合病院/急性期病棟)

主催者や開催状況によって違いがありますが、事前予約や参加で特典がついている場合もあります。

転職説明会の参加デメリット

転職説明会へ参加するメリットを感じた一方でデメリットも感じています。それはどのようなことなのでしょうか?

開催日、会場が決まっている

日程が決まっているので働いていると参加しづらい。(看護師歴10年/休職中)

休日が1日つぶれてしまうことが懸念される。(看護師4年目/整形外科病棟)

日程に限りがあるところが不便に感じました。(看護師2年目/総合病院/循環器病棟)

会場まで行かなくてはならないし、本音が聞けるとはいってもデメリットまではわかりにくい。常に人員不足の働きにくい職場が多いのではないかと思い魅力を感じにくい。(看護師24年目/個人事業主&派遣看護師&不定期パート)

看護師転職説明会への参加デメリットで一番多かった意見は、開催日が決まっている、会場まで出向く必要があるというものでした。中には、年に数回しか開催されていない説明会もあるため、転職意欲と開催日程が合わず、参加できていないという人もいました。

情報量が多すぎる

情報がたくさんあると目移りしてしまい、どこがいいのか分からなくなってしまいます。(看護師10年/総合病院/外科)

既に働いてみたい科が決まっている人にとっては多くの情報は不要なためメリットはないと思います。(看護師16年目/精神科病院病棟/急性期治療病棟)

情報が多すぎることが、転職活動を非効率にする場合もあります。また、目標が定まっている人にとっては多くの情報は必要ないのかもしれません。

人が雑多に集まるので、雰囲気や空気にのまれ、自分が思うような活動ができない。かつ、気になるブースが混んでいると、結局話を聞けないまま時間終了となることもあり、じっくり考える機会としては不向きだと思いました。(看護師歴18年目/転職活動中)

あらかじめ(目標ブースを)絞っておかないと、(待ち時間が長くなり)無駄な時間を使って終わってしまう可能性がある。参加者が多いと聞きたいことが質問できずに終わる可能性がある。(看護師6年目/美容皮膚科・外科クリニック)

いい話、条件ばかりに惑わされてしまい、実際に働いたときのギャップが出てしまうと思います。(看護師5年目/介護施設勤務)

人気がある医療機関のブースには人が集まる傾向がありますし、周りのようすにのまれてしまうと本心がわからなくなり、応募先の見極めに影響が出ると考える人もいるようです。

転職活動がばれる

(会場で)知り合いに会う確率も高いので、あまり顔をさらすような転職の場所には行きたくないと感じます。また、応募先としてたくさん候補は得られますが、働きやすい職場かどうかわからないので、自分で知り合いなど知っている職場を探す方が早いように感じる。(看護師8年目/総合病院勤務/糖尿病内科病棟)

求職・転職しようとしていることを知られたくない。以前勤務していた病院が参加しているなど知り合いに会う可能性がある。(看護師18年目/求職中)

現職場にばれずに転職活動をしたいと思っている人は多いことでしょう。転職説明会では、会場で知り合いに見られていたり、以前の職場がブースとして参加していたりということも考えられます。

看護師転職説明会への参加はこんな人におすすめ!

看護師転職説明会のメリットとデメリットを紹介してきましたが、どんな人が看護師転職説明会へ参加すべきなのでしょうか。「HOP!ナビ看護師」が考える参加をおすすめする人を紹介します。

転職したい診療科や施設形態が決まっていない人

希望の転職先が定まらず、自分の未来像がぼんやりしている人には、看護師転職説明会への参加をおすすめします。1日で多くの情報を得ることができるので、方向性の判断材料を得ることができるでしょう。

入職したい医療機関が参加する説明会を見つけた人

入職したい転職先があり、その医療機関が参加する説明会を見つけた人は、ぜひ看護師転職説明会へ参加しましょう。実際に採用担当者や看護師長と合って話しをしたり、面接のヒントを得ることができたりします。

説明会に代わるおすすめの方法はある?

ひっそりと転職活動がしたい!日程調整が難しい!という人もいることでしょう。そのような人には看護師転職サイトの利用をおすすめします。

一人ひとりに合わせてスケジュールを組んでくれるため、忙しい人も利用できますし、他の人に転職活動を知られることもありません。

気を付けたいのは転職サイトによって特徴が異なるというところ。適当に選んでしまうと自分に合ったサポートが受けられない!なんてことにも。

そんなことにならないように、ここからは「HOP!ナビ看護師」おすすめの転職サイトを紹介します。

看護roo!

「看護roo!」は看護師転職サイトの中で、看護師の利用者数が最も多いサイトです。特徴は一気通貫性。

通常は依頼主である医療機関と求職者である看護師を担当するキャリアアドバイザーが別々ということが多いのですが、看護roo!は同人物が担当するので、担当者は実際の現場を知っています。

ですから看護師転職説明会などでは語られることがない詳しい現場情報を得ることが可能になります。積極的に転職活動がしたい、効率的に時間を使いたいという人におすすめのサイトです。

看護のお仕事

「看護のお仕事」は仕事と家庭を両立したい人、ブランクがある人、臨床経験が少ない人におすすめのサイトです。

特徴は履歴書や職務経歴書などの書類の添削などサポートの手厚さです。転職説明会であまり見かけることがない「ブランク可」「研修充実」などの求人もそろっています。

希望すればLINEでのやり取りも可能なので、時間がない!と転職活動を見送っている人の転職活動をも可能にしてくれます。

マイナビ看護師

株式会社マイナビが運営する「マイナビ看護師」は時間をかけた丁寧な面談が特徴で、キャリアカウンセラーの職場提案力の高さに定評があります。

1人での転職活動では偏りがちな情報のバランスも、転職専門家の客観的な視点での提案やアドバイスで保つことが可能になります。

美容クリニックに特化した説明会「現場発見セミナー」を3、4ヵ月ごとに開催しています。丁寧に対応してもらいたい人、転職活動がはじめての人、美容クリニックに興味がある人におすすめのサイトです。

説明会に参加しなかった人の口コミ

説明会に参加していたら、大人数で質疑応答など、なかなかできなかったと思います。転職サイトで個人面談で相談ができたので、そちらで転職活動してよかったです。(看護師3年目/泌尿器科)

説明会への参加を検討しましたが、住んでいるところが田舎ということもあり、その条件に合う求人がほとんどなかったので、参加を見合わせました。しかし、転職サイトは丁寧に対応をしてくれました。(看護師4年目/手術室)

説明会だと聞きそびれたことをその後確認する方法がありません。看護師転職サイトだったらエージェントに何度も問い合わせができるので便利だと思いました。(看護師7年目/総合病院/小児科)

看護師転職説明会の開催状況と内容

看護師転職説明会は、主催者や参加医療機関、施設、企業により種類や規模が違っています。先に説明した「病院合同説明会」「看護職特化説明会」は小さいものから大規模までさまざまありますが、「専門分野特化説明会」の多くは、小規模で行われています。それぞれの開催状況と内容を紹介します。

看護師転職説明会2020年度の開催状況

2020年初春を境に看護師転職説明会の開催が中止、延期されています。地域によっては緊急事態宣言解除後に再開しているところもありますが、現在も開催状況が未定になっている会場もあります。

いくつかの看護師転職説明会の開催状況をまとめてみました。

開催名 開催地 開催頻度
朝日新聞社「看護職・介護職・医療従事者のための就職フェア」 大阪 年2回
中日新聞社「看護職・介護・福祉・医療のお仕事フェア」 名古屋 年2回
ハローワーク合同面接会、就職相談・面接会 各都道府県ハローワーク 不定期
東京ナースプラザ「ふれあいナースバンク就職相談会」 各都道府県ナースセンター 年8回
キャリタス看護フォーラム 北海道/首都圏/沖縄 毎月
Zoomで行う美容クリニックオンライン転職フェア Zoom 不定期

日程が確定し開催が予定されていても、社会情勢の動向で変更・延期・中止される場合があります。予めご了承ください。

また、開催に当たっては感染予防と流行拡大防止の策をそれぞれ実施しています。事前予約、体温測定、マスクの着用など、各会場の要請に従ってください。

次は看護師転職説明会の開催内容を詳しく説明します。

「看護職特化説明会」「病院合同説明会」の開催内容

看護職を対象とした「看護職特化説明会」、介護職やコメディカルも対象に含まれる「病院合同説明会」は、病院や企業、ハローワーク、e-ナースセンターなどが主催で説明会を開催しています。

企業が主催するものは大規模なものが多く、参加医療機関が100社を超えることもあります。内容は主催者が催す全体イベントと、ブースごとに行われる各イベントの2種類に分かれます。

説明会の主催者が催す全体イベント

  • キャリア相談
  • キャリアや転職に関するセミナーや講演
  • 履歴書添削
  • 模擬面接 など

各ブースのイベント

  • 医療機関の特徴や看護方針、職場の紹介
  • 医療機関の業務内容、委員会活動などの説明
  • 採用担当者や看護師との質疑応答
  • 個人相談 など

各ブースでは1回1時間程度の説明会が数回行われます。参加希望者が多い場合、待ち時間が発生し「60分待ち」などの札が出る場合もあります。

参加者は入場する際に、ブースごとに名前、年齢、連絡先、希望職種などを記入し、見せる、または手渡します。

また、「病院合同説明会」「看護職特化説明会」は、求職者の応募を促すことを目的としているため、採用の約束や試験、面接が行われることはありません。

質疑応答で必要な経験やスキルなどを確認することは可能です。

「看護職特化説明会」の中には小規模で行われるものもあります。各都道府県のe-ナースセンターが主催する「ふれあいナースバンク就職相談会」などがそれにあたります。「子ども連れOK」「服装自由」と気軽に参加できることを特徴としています。

内定率が高い「専門分野特化説明会」の開催内容

専門分野ごとに医療機関が集まる「専門分野特化説明会」は、マイナビ看護師などの看護師転職サイトが主催となり行われています。参加医療機関は美容・医療脱毛などを行う美容外科・皮膚科が多く、大手美容クリニックの参加が目立ちます。

各ブースのコンテンツ内容

  • クリニックの特徴や看護方針、職場の紹介、業務内容などの説明
  • 採用担当者や看護師との質疑応答
  • 個人面接

看護師転職サイトが行う「専門分野特化説明会」の特徴は、説明会の後に面接があることです。履歴書などの書類がなくても面接が受けられる場合もあります。(内定後に提出)。クリニックの説明を聞いたすぐ後に面接が行われるので、志望理由を言いやすいなどの利点があります。そのため、通常の紹介社よりも内定率が高い傾向にあります。

マイナビ看護師の評判・口コミでわかった登録するメリットとデメリット
マイナビ看護師の評判・口コミでわかった登録するメリットとデメリット
「マイナビ看護師の評判っていいの?」 「他の看護師転職サイトと何が違うの?」 この記事では利用者の口コミやエージェントへのインタビューを...

看護師の転職説明会Q&A

看護師の転職説明会に関する疑問を集めてみました。答えを参考にしてみてください。

すぐに転職する気がなくても参加できますか?

もちろん参加は可能です。情報を得て、ようすを静観するだけの人もいます。一方で、口コミで紹介したように看護師転職説明会へ参加したことで、刺激を受けて積極的に転職活動をする気になった人、現職の環境のよさがわかり留まる決意をした人など気持ちに変化が出た人もいます。

既卒でも看護師転職説明会へ参加できますか?

看護師の転職説明会への参加対象者は、既卒、第二新卒、転職希望者、復職者となっている場合が多くあります。しかし、説明会によって看護職経験者という場合もありますから、確認が必要です。既卒3年以内であれば新卒枠で応募ができるので、新卒者向けの就職説明会への参加も可能になります。

出典:厚生労働省「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!」

看護師転職説明会は参加費が必要ですか?

看護師転職説明会は求職者である看護師の参加費、入場料は無料になっています。その上、クオカード、ペンやファイルなどのプレゼントがもらえるもこともあるのでお得です。参加する医療機関が主催者へ出展費用を支払うため、求職者は参加費が発生しない仕組みになっています。

どんな服装で参加すべきでしょうか?

服装に決まりはありません。とはいえ採用担当者や先輩看護師と会うことを考えて、場にふさわしい服装がよいでしょう。看護師らしく清潔感のある服装もしくはスーツの着用をおすすめします。個性も大事ですが職業に適したイメージを考えてみましょう。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い
全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト