看護師の転職にベストな時期はいつ?月別状況と転職スケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの看護師転職サイト3選
順位 転職サイト名 総合満足度
1 看護roo!
4.66
2 看護のお仕事
看護のお仕事
4.40
3 ナース人材バンク
ナース人材バンク
4.2

看護師転職の月別動向

看護師が転職する場合、1年のうちどの時期が転職に向いているのかを考えていきましょう。転職を考えるとき注意したいのが、病院やクリニックなどが「募集をかける時期」と「入職してほしい時期」があることです。年間で看護師の採用枠が多い4つの月とその理由を一覧表にしました。

採用枠が多い月 理由
4月 年度末退職の補充
7月 年度末退職の補充
9月 夏の賞与後退職の補充
12月 冬の賞与後退職の補充

夏の賞与後の7月と冬の賞与後の12月、年度末にあたる3月は退職者が増えます。それに伴って、9月、4月、1月は入職者が増えます。特に年度末に退職する人が多いため4月の入職者は多くなります。つまりその2~3ヵ月前には求人が増えると考えていいでしょう。看護師の求人は、おおまかに捉えると年間で3つに分けられます。

1月~3月

4月の採用に向けて、求人が増えます。特に「大規模病院に勤務経験のある、経歴がいい求職者を採用したい」という総合病院や急性期病院の求人が増えます。年度末のため、保育園や企業に勤務する看護師の求人も増加します。

4月~7月

慢性的に人材が不足している一般病院の求人は続きます。また、4月の採用枠で充足できなかった大手の法人(総合病院や大学病院)の求人募集も、短期で増えます。7月を過ぎると、大学病院や総合病院では、翌年4月以降の求人が始まり、新卒や若手看護師に対してはインターンも行われます。

8月~12月

大学病院や総合病院、大手企業は翌年4月入職者の募集を行っているところもあります。年内で採用活動が終了するところが多いので、選考は活発に行われます。

クリニックは通年募集

一般病院や施設、在宅看護は適時募集しています。クリニックは退職者が出たときに随時募集となります。募集から入職までの期間は短くなります。

転職者の研修はOJT

看護師は入職者・退職者の入れ替わりが多いので、大規模病院以外では、転職者に研修期間はなく、OJT(職場内訓練)になるところが多くあります。ただ、入職者が多い1月、4月、9月は座学の研修があったり、転職者でも若手やベテランなどのスキルによって研修やフォロー態勢の内容を変えて行ったりしているところもあります。また、電子カルテの研修のみ、別途に行っているところも多いようです。では、月別の動向を見ていきましょう。

1月:年始の入職は歓迎される傾向にあり

年始の入職はボーナス後の退職者の補充として、とても歓迎されます。入職する看護師本人にとっても、「年内いっぱいで」と区切りをつけやすく、年明けから新たな気持ちで仕事を始められるでしょう。また、求人数も、12月の冬のボーナス後の退職者の補充の他、3月の年度末退職者の補充(4月入職)に向けて増加する時期です。

2月:春入職の募集がスタート!求人数もどんどん増える

4月は新卒看護師や若手看護師の入職者の教育が必要になります。そのため、ベテランに関しては、2月と3月に研修を行い、4月以降の新人教育を行える環境を整えておこうという施設も多くあります。ベテランなら、4月入職よりも一足早い入職を目指した転職のほうが有利になることも多いようです。

3月:ベテラン採用の求人も増

3月いっぱいで、退職する看護師が有給休暇の消化に入る月なので、どの職場でも人数不足となり、ベテランの3月入職は歓迎されるでしょう。4月入職の人よりも一足先に働くことにより、職場内のよいポジションを確保して働けることもあります。ただし、忙しい時期のため、中途入職者のフォローまで手が回らず、自分で職場になじむ努力をしなければならないかもしれません。

4月:入職者が1年で一番多い月

新卒の看護師が入職する4月は、中途採用者も一緒に研修を受けられるところもあるため、経験の浅い看護師が転職する時期としてはベストシーズンです。大学病院など大手の病院は4月入職者しか採用しないところもあります。同期の看護師がいると心強いと思う人にも4月入職はおすすめです。

ただし、入職は4月がベストでも、転職活動を始める時期として4月は不向きです。4月に求人を出しているということは、新卒が入ってもなお看護師が不足していることを意味します。よい求人に巡り合える確率は低いかもしれません。

5月:入職者少で個人のスキルに合わせた研修もあり

ゴールデンウイーク後は、4月の入職で失敗した人や、乗り遅れた人が入職する時期です。4月より研修内容が個人のスキルに合わせての対応になるので、ゆっくり職場になじめるかもしれません。

公務員を希望する場合、この時期から来年度の採用試験に向けた説明会などが始まります。公務員の看護師の職場としては、県立や市立の病院のほか、保健所や地域包括センターなどがあります。採用は自治体によってさまざまなので、随時採用情報をチェックし、情報を集めましょう。

6月:夏の賞与後の退職者増で募集出る

6月は多くの職場でボーナスが支給される時期です。ボーナス後に退職する人は多く、さらに4月退職希望が出ていたけれど、無理に夏まで延した人が退職する時期でもあるので募集が増えます。市立や県立の病院でも、ボーナスをもらってから退職した看護師の補充のために、求人数が増えるのもこの時期です。

7月:10月に向けての求人が増える

夏のボーナスをもらったあとに退職し、入職する人が多い時期ですから、同期もできやすいときでもあります。7月に転職すると、夏休みの取得が認められないこともあるため、入職前には夏休みの有無を確認しておきましょう。大学病院や総合病院では、新卒や若手看護師に対してはインターンが行われたり、翌年4月以降の募集が始まるところもあります。

8月:大学病院では、来年4月入職者の募集が始まる

8月ころから12月にかけて、大学病院や総合病院、大手企業は翌年4月入職者の募集を行います。大きな病院以外の中途採用では、あまり適した時期ではありません。また、8月は夏休みを取得する職員が増えるため、病院は最低限のスタッフで職場を回しています。ですから、転職のための職場見学や面接の日程調整も難しいので、転職活動にはあまり向いていない時期なのです。まずは転職サイトに登録し、情報収集を行なうとよいでしょう。

また、8月の入職も、職員が忙しくて十分な指導を受けられないことがあったり、夏休みがとれなかったりします。

9月:10月入職に向けた募集あり

9月は、夏のボーナス後の転職者が多いため、4月と1月に次いで求人数は増えます。10月入職に向けた求人も増えます。

10月:秋の転職者が多数入職

10月は入職者が多く、4月入職の職員が職場に慣れる時期でもあり、受け入れ態勢も比較的整っています。先輩からのフォローも受けやすい時期です。

11月:年始入職の募集が始まる

冬のボーナス後の退職状況に合わせて、翌年1月入職予定の求人も数多く出てくる時期です。ボーナス後の退職を予定しているなら、この時期に転職活動をしっかりやりましょう。

12月:冬の賞与後の退職者増

12月の入職は、1年間の中でも最も少ないので、研修内容は個人のスキルに合わせることもあり、対応がよく、すんなり職場になじめるかもしれません。ただし、入職したばかりでは年末年始の休みがとりにくいこともあります。転職活動を開始する時期としても12月はあまりおすすめできません。年末年始の連休に向けて各職場や転職サイトが休みに入ることも多く、十分な情報を集めにくいのです。

入職は何月が最適か

以上のように、転職をするにも月別の動向はあるものの、看護師募集は1年を通してあります。ですから考えておきたいのは、実際に自分はどの時期に新しい職場へ入職するのか、それを決めて逆算して転職活動をすることです。募集時期を決めるのは病院やクリニックでも、入職予定の時期は自分で決めることができます。

新卒時の入職時期は4月と決まっていましたが、転職の場合はどうなのでしょか。入職の最適時期を考えてみました。

研修を受けたいなら4月入職がおすすめ

入職に適しているのは、やはり4月です。一般的に、4月入職なら、経験年数に合わせて院内研修があり、入職者も多いのでフォロー態勢も整っていますから、それぞれの病院やクリニックに必要な知識や技術を習得でき、仕事にもすんなりなじむこともできるでしょう。

入職者が多い時期なので、同期の看護師もいますから、心強いということもあります。しかし経験豊富で入職者向けの研修なんて面倒だと考えていたり、同期の看護師も必要ないなら、4月にこだわる必要はありません。

看護師転職おすすめできない入職時期

基本的にはおすすめできない時期はありません。

4月以外の入職は、教育係の担当看護師にとって面倒な入職者かもしれませんが、それでも人手不足のところに来てくれる看護師はやはり歓迎されるでしょう。

ただ、夏休みや年末年始で看護師の人数が少ない時期に入職してしまうと、まわりの看護師が忙しすぎて、ていねいに仕事を教えてもらえないため、新しい職場のやり方になじめずに苦労するかもしれません。

注意点としては、病院やクリニックの年度始まりは4月であるため、4月入職が基本の病院では4月までの期間は非常勤扱いになることもあることです。待遇をきちんと確かめることが大事です。

状況別転職者におすすめのタイミング

次に、それぞれの個人の状況による「転職に最適なタイミング」について解説します。

経験がある看護師に有利なタイミング

ベテラン看護師なら、研修がほとんど必要ないでしょうから、いつでも歓迎されます。即戦力になるので、入職者が多い4月ではなく、むしろ人手が足りないときの入職のほうが感謝されるかもしれません。

他の職業に比べると、看護師は40代でも転職は難しくないのは嬉しいことです。子育てや親の介護が落ち着いて、定年まで働く職場を見つけたいという看護師は多くいます。中には70代でもOKという職場もあります。

新人看護師に有利なタイミング

経験が1年未満の看護師は、新卒の看護師研修に参加できるように4月に入職します。経験1~2年で離職し、新しい職場での仕事が不安なときも4月入職がいいでしょう。

ママ看護師に有利なタイミング

子どもがいるからといって、転職に有利なタイミングはないでしょう。ただ、たとえば子どもの4月入園・入学を機に転職をしようと考えているとしたら、入園入学と、自分の新しい職場への入職時期はずらしたほうがよいかもしれません。子どもが新しい環境に慣れるまではトラブルも多いものですし、自分自身も新しい職場は疲れやすく、休みを上手にとるのも難しいものです。時期をずらしておけば、バタバタする事態もかなり防げます。

入職時期は、子どもが保育園や学校に慣れた6月や7月に設定するか、あるいは2月や3月に入職しておいて、4月の入園・入学の時期には自分が新しい職場になじんでおくというのがおすすめです。

ブランク・未経験者に有利なタイミング

ブランクがある人や未経験者も、4月の入職がおすすめ。新卒の看護師と一緒に院内研修を受けられる時期がベストでしょう。とはいっても、「実務未経験・ブランクOK」という募集は多くあり、そのようなところでは難しい技術や知識は要求されず、ていねいな指導もあるのでそれほど入職時期にこだわらなくてもいいようです。

ボーナスや給料から考える最適なタイミング

ボーナスをもらってから退職する人は多いでしょう。12月にボーナスをもらったあとに退職し、3ヵ月ほどゆっくりしてから4月に入職する人もいます。給料については職場の賃金規定を確認しておくとよいでしょう。

資格取得から考える最適な時期

資格といってもさまざまですが、たとえば認定看護師や専門看護師の資格を取得したいなら、病院から長期の休業や奨学金などのサポートがあると助かります。資格取得を支援してもらうには、院内規定で「○年以上在籍している」などの条件がありますから、転職してすぐに支援をしてもらうことは難しいでしょう。

もし、いつか資格をとろうと考えているなら、考えたいのは入職時期ではなくて、支援制度がある病院を選ぶことです。あるいはそのような資格をもっているモデルとなる看護師がいる病院を選んで勤務することかもしれません。

転職活動開始時期と全体スケジュール

では最後に、転職活動のスケジュールについて解説します。現職を続けながらの転職活動になるでしょうから、全体のスケジュールをイメージしておくとあわてずにスムーズに転職ができるでしょう。

大きな流れはこのようになります。

転職活動は入職を希望する時期の約3ヵ月前から始める

施設によって多少は前後しますが、入職を希望する時期の約3ヵ月前から、転職を始める人が多くなります。3ヵ月前から転職活動を始める主な理由には、以下の3つがあります。

  • 病院やクリニックは、入職を希望する3ヵ月以上前には、募集を始めないことが多い
  • 3ヵ月以上前に入職を決めると、新しい職場から早めに入職してほしいという要望がある場合がある
  • 2~3ヵ月前には退職を申し出ておかないと、退職できるかどうかわからない

看護師の転職活動期間は短い

看護師の転職は他の仕事の転職期間より短い傾向があります。書類選考も面接の結果も出るのが早く、面接もほぼ1回で決まることが多くあります。多くの看護師は1~3ヵ月で転職先を決めています。ただ、大学病院や公立病院の多くは、募集は年1回で入職は4月なので、1年かかってしまったりもします。ですから、転職したいと思ったときに活動を開始しないと時期を逃すこともあるので注意しましょう。

4月入職だけは、募集も内定時期も早い

例外は4月に入職希望する場合です。4月の入職に関しては、早い法人では7月くらいから採用が始まります。募集枠が少なかったり、人気のある職場はこまめにチェックして、早めに転職活動を始めることをおすすめします。

退職の申し出は早めに

転職活動とともにしなければいけないのが、現職での退職手続きです。職場の就業規定には退職に関する項目が記載されています。もしかすると「3ヵ月前」や「半年前」に退職を申請しなければいけないと記載があり「これでは退職できない!」と驚く人も多くいます。

ところが法律では、「正社員で、期間の定めのない雇用契約は、退職日の2週間前に退職届を出せばいい」となっています。表記としては、民法627、628条にはこのようになっています。

『当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する』

(引用:厚生労働省大阪労働職「退職・解雇・雇止め(Q&A)」

これは、「急に明日にやめたい」といっても、法的には認められないということでもあります。この「期間の定めのない雇用」の逆は、有期雇用でアルバイトやパートなどの有期雇用契約については、病気やケガや家族の介護などのやむを得ない理由がない場合は契約日まで退職できません。

では職場の就業規則と民法とではどちらが優先されるのでしょうか。原則としては就業規則の規定が適用されるようですが、1ヵ月を超えるような極端に長い退職申し入れ期間は無効となり、民法の「退職日の2週間前に退職することを告げれば退職することができる」が優先されると判断されることが多くなっています。

とはいっても、できれば円満に退職したいものです。突然のケガや病気や家庭の事情でないなら、遅くとも2~3ヵ月前には退職の申し出は行いましょう。有給休暇が残っていて、消化してから退職したい場合は、もう少し早くに申し出た方が退職手続きもスムーズになります。

職場から退職を拒否されたときは、メールで退職届を送ったり、内容証明郵便で退職届を郵送したりする方法もあります。

もし退職が拒否されたとしても、突然、姿を消すのはやめましょう。無断欠勤になるので懲戒解雇扱いになってしまったり、新しい職場での社会保険や雇用保険の手続きにも支障をきたすこともあります。困ったときは転職サイトのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

退職の承認を得て、もし退職届の書類が決まっていたら、そのフォーマットで届け出ます。社会保険や年金の手続きについては、職場で行ってくれますが、いちおう確認しましょう。退職するときに転職先が決まっていないときは、失業保険を受け取れることもあります。

内定が出てから入職までの期間は、そう長くは待ってもらえないことが多いでしょう。内定が出たら、現職に退職の交渉をして、1~2ヵ月の引き継ぎ期間のあとに退職できればいいでしょう。

転職サイトを活用し効率よく転職しよう

転職は新卒での入職と条件が違います。病院やクリニックなどが求める看護師と、自分の経験年数や求める職場をマッチさせるのは難しいものです。

経験年数による最適な時期も、入職や募集の時期もそれぞれなので、探すのは大変であり、しかも、現職で働きながらの転職活動となるので、情報収集も転職活動も時間が限られています。

看護師転職サイトは、さまざまな条件を絞り込むことができますし、転職サイトのキャリアアドバイザーのアドバイスは正確で、頼りになります。情報を活用することで、転職にかける時間を短くすることもできます。

また、最適の転職時期や、入職してからスムーズに職場になじめるかどうかも気になるものです。転職先の状況を熟知しているキャリアアドバイザーに相談するといいでしょう。

うまく退職できないときのアドバイスもしてくれるので心強い存在です。転職サイトを上手に利用して、転職の時期をうまくつかみ、気持ちよく働ける自分にぴったりの職場を探してください。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト