看護師面接の質問の意図は?よくある5つの質問の答え方とマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職面接ではどんなことが聞かれるのだろう?

正しい答え方を知りたい!

この記事では現役の転職エージェントにヒアリングし、面接でよく聞かれる質問やその答え方、面接での基本マナーについて紹介していきます。

最後まで読めば、自信をもって面接に臨めるようになりますよ。

この記事では、面接時の質問の裏側に隠されている採用側が見ていること、そして、OKな回答例、NGな回答例を紹介します。記事を参考にして採用を勝ち取りましょう。

おすすめの看護師転職サイト3選
順位 転職サイト名 総合満足度
1 看護roo!
4.66
2 看護のお仕事
看護のお仕事
4.40
3 ナース人材バンク
ナース人材バンク
4.2

看護師転職の面接で重要な事前準備|おさえておきたい2つのポイント

看護師に限らず、面接を成功させられるかどうかは「どれだけ入念に事前準備をできたか」にかかっています。

まず最初に面接の前に準備しておくべき大切なポイントを2つご紹介します。

応募する病院の情報を調べる

まず病院の情報は事前にしっかり調べておきましょう。

応募先の情報を調べずに面接に臨んでしまうと、どの病院にも当てはまるような当たり障りのない内容しか話せず、採用担当者から転職意欲が低いと判断され、面接で落とされてしまいます。

そうならないために、応募先の公式HPは入念に確認しておきましょう。特に基本方針や理念、院長挨拶の部分を読むと、基本的な考え方やどんな人物を求めているのかがわかります。

またニュース・お知らせ欄は応募先の最新の動向までチェックできるため、おすすめです。

転職理由と志望動機をもう一度整理する

転職理由と志望動機にズレがないか再度整理しておきましょう。

面接では一貫性があるかどうかを見られています。履歴書の内容と面接で話す内容がずれていたり、志望動機と転職理由がちぐはぐになったりすると、どの内容が本当なのかわかりません。

よくあるのは、履歴書の志望動機で「最先端医療を学びたい」と書いたのに、面接では「患者にじっくり向き合いたい」と伝えてしまい、軸がずれてしまうケースです。

事前に話す内容を整理し、一貫性のある内容にしましょう。

【回答例付き】看護師転職の面接でよく聞かれる5つの質問

看護師が転職する際、面接で聞かれる質問はだいたい決まっています。ここからは面接でよく聞かれる質問とその回答例について説明していきます。それぞれなぜその質問がされるのかの背景までおさえましょう。

よくある質問1 「当院を選んだ理由を教えてください」

この質問には以下のような意図が含まれています。

  • 志望度、意欲を確認する
  • 当院がどんな医療を提供しているかを把握しているかを確認する
  • 書類への記載内容と本人の認識にズレがないかを確認する

応募先の病院がどんなところかを把握したうえで、自分のやりたいことや理想と紐づいているかどうかをチェックしましょう。

OK回答例1::特定の診療科へのスキルアップ

「これまで●●病院の急性期混合病棟にて勤務をしてきました。その中で脳外科の患者さんを看護する機会が何度かあり、脳外科の症例に興味を持つようになりました。その点、貴院は脳外科に強みがあると伺い、ぜひ貴院で学びたいと思ったからです」

OK回答例2:ワークライフバランス

「前職は急性期で、レベルが高く、忙しい環境で育児との両立ができず、家族に負担をかけてしまったために退職に至りました。次の職場では仕事と育児を両立しながら長く勤務をしたいと思っております。その点貴院は子育て中の方でも長く勤務できる環境が整っていると伺い、魅力を感じました。そのため貴院を応募しました」

2つ目の例に関して、「働き方の希望を志望理由としてもいいの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ワークライフバランスや子育て支援を謳っている病院であれば問題ありません。

逆に、以下のような回答はNGです。

NG回答例1:内容が薄すぎる

  • 「看護師転職サイトの担当者に紹介されたからです」
  • 「受けてもいいかなと思えるところが貴院くらいしかなかったからです」
  • 「家が近かったからです」

病院によっては「家が近い」というのが十分な志望理由になることもありますので一概にNGという訳ではありません。「家が近いので、通勤時間も短くてすむので、長く働ける」というように、家が近いことがよい理由をあげればOK。

NG回答例1:条件しか見ていない

  • 「給与が高かったからです」
  • 「有給消化率が高いと聞いたからです」
  • 「休みが多いからです」

よくある質問2 「退職(転職)理由を教えてください」

この質問には以下のような意図が含まれています。

  • 看護師として長く働く意欲がある人かを見極める
  • 同じ理由で当院を退職する可能性がないかを確認する

OK回答例

  • 「●●病棟で働いていましたが、もっと▲▲の症例が学びたいと思い退職を決意しました」
  • 「出産をきっかけに家庭との両立が難しくなったため、退職を決意しました」
  • 「これまで働いてきた病院は、過酷な労働環境で体調を崩すことがしばしばあり、長く続けるには難しい環境でした。自分でも■■という対策を取ったのですが、うまくいかず、退職を決意しました」

まず大事なのは、なるべく具体化することです。長く働いてくれるかどうかを判断するためには、求職者の退職理由に妥当性があるかをチェックする必要があります。

「人間関係が悪かった」「給料が低かった」というように抽象的すぎると、採用担当者が本当に退職に値する理由なのかを判断できません。

一方でNGなのは以下のような「不平不満のみを伝えてしまう」ケースです。

NG回答例

  • 「人間関係が最悪でした」
  • 「給料が低かったからです」
  • 「有給が取得できない環境だからです」
  • 「上司と喧嘩しました」

不平不満のみを伝えてしまうと、課題に対して主体的に行動ができないと判断されてしまいます。たとえ自分は悪くないと思っていても、前向きに変更することが大切です。

また面接で高評価を得るため、うその退職理由を作り上げてしまうことは厳禁です。

たとえうそがばれずに内定が決まったとしても、転職後にミスマッチを起こしてしまっては本末転倒になってしまいます。

採用担当者も何かしらの不満や不安があることは理解しているため、伝え方の工夫でカバーをするようにしましょう。

よくある質問3 「いつから働けますか?」

この質問には以下のような意図が含まれています。

  • 内定を出す上で入職日の確認する
  • 採用したいタイミングと一致するかを確認する
  • 退職交渉は問題なくできるかどうかの確認する

意図に沿った回答をするためには、できるだけ具体的に入社日を伝えることが重要です。

OK回答例

  • 「今の職場は1ヶ月前に退職を伝えれば受理される傾向にあるため、もし今月中に採用が決まるようでしたら、●月●日には入職が可能です」

NG回答例

  • 「退職交渉をしてみないとわかりません」

せめておおまかな目安や目処だけでも伝えることが大切です。

よくある質問4 「結婚する予定はありますか」

この質問には以下のような意図が含まれています。

  • 結婚後に勤務日数や勤務時間に制限が出る可能性を知っておきたい
  • 結婚を機に退職する看護師が多いため、早期退職になるリスクを把握したい

結婚や出産は悪いことではありませんが、採用する側には人員調整等の作業が発生しますから、リスクと捉えられる場合もあります。ライフイベントがあっても長く働き続けるつもりなら、そのような思いを伝えます。基本的にはうそを言わずにありのままを伝えます。

OK回答例

  • 「結婚を予定していますが、結婚後2年ほどは出産を考えていません。また、ライフイベントがあっても腰を据えて長く続けたいと思っています」

NGなのは以下のような曖昧な回答です。

NG回答例

  • 「結婚したらどうなるかわかりません」
  • 「子どもはできるだけ早く欲しいです」

妊娠のなどは予定通りにいきませんから、具体的な予定などわかりませんが、自分がどうしたいかを伝えてみましょう。

よくある質問5 「これまでインシデントを起こしたことがありますか?」

この質問には以下のような意図が含まれています。

  • 起こしたインシデントをどのように受け止め、今後の防止のために行動をどのように変えたかを確認するため

医療事故の有無を確認しているというよりは、事故後の対処や未然に防止するために心がけていることを確認しています。現在の看護に至るまでのことを伝えましょう。他の人の責任にしているような言い方だけはしないようにします。

OK回答例

  • 「あります。新人のときに、○○○なことがありました。これは完全に私の不注意で、忙しい時ほど確認を怠らないという意識が芽生えましたし、他の看護師とも話し合い、○○のような予防策をしています」

NG回答例

  • 「あります。以前の職場で○○○なことがありました。申し送りの際にもっと丁寧に伝えてくれれば、このようなことにはならなかったと思います」

これらの質問の他は、このような質問をされる場合もあります。

よくある質問その他

看護師転職の面接でよく聞かれる質問は、これまで紹介してきた5つの他にもあります。

「他に選考を受けている病院はありますか?」

内定を出したときに入職してくれるかどうかを確認するための質問です。

「他に選考を受けている病院はありません」と答えるのがベストです。他にも受けていてうそをつくのがいやなら、「他にも受けていますが、こちらの病院が第一希望です」と、しっかり伝えるのがよいでしょう。

「看護師になったきっかけは?」

看護師という仕事に対するモチベーションや何にやりがいを感じるのかを確認するための質問です。

きっかけが浅い理由の場合は、下記の例のように実際に看護師になってみてどう感じているのかを前向きな表現で伝えるよう心がけましょう。

OK回答例:前向きな表現

「最初はお給料がよいという理由で看護師になりました。実際やってみると大変なこともありますが、年数を重ねるごとに患者さんから感謝されることが増え、やりがいを感じています」

また下記のような具体的な経験がきっかけとなる話は伝わりやすいです。

OK回答例:具体的な経験

  • 身内に看護師がいて(母が看護師で)、人の役に立てる素晴らしい職業だと思っていたからです。
  • 身内が病気になって入院したときに看護師さんによくしてもらって、看護師という職業につきたいと思ったからです。

看護師が転職時の面接で逆質問をする意味と注意ポイント

面接の終盤では高確率で「何か質問はありますか?」と求職者から質問ができる場があります。

質問の内容次第では、職場環境を知ることができ、自分をアピールすることも可能になるので、最低でも1~2つは逆質問の内容を考えておくとよいでしょう。

逆に苦し紛れに質問をしてしまうと、逆に採用担当者の印象を悪くしてしまうこともあるので、しっかりポイントを押さえましょう。

転職意欲が高いことをアピールする逆質問とNG例

逆質問では、転職意欲が高いかどうかを確かめています。よって、仕事内容の詳細や入社までの準備について質問するとよいでしょう。

OK逆質問例

  • 「もし内定をいただけた場合、入職までに何か勉強しておいた方がよいことはありますか?」
  • 「御院で活躍する看護師の特徴を教えてください」
  • 「外部の研修会に参加することはできますか?」

逆に以下のような受け答えは採用担当者の印象を悪くしてしまうので気を付けましょう。

NG逆質問の例

  • 「特にありません」
  • 転職先に対して興味がないと思われてしまうため、避けましょう。
  • 「御院の看護職の人数を教えてください」(調べればすぐにわかるようなことを聞く)

HPに書かれているような基本的な情報を聞いてしまうと、志望度が低く、しっかり事前調査ができていないとみなされてしまいます。

逆質問で待遇や働き方について質問するのはNG?

逆質問で待遇のことについて聞いてしまうと、「待遇ばかりを気にする看護師である」と判断される可能性があります。

しかし、一方で本当にその職場が自分に合っているのかを確かめるためには、待遇や働き方についてしっかり確認しなくてはいけません。

そこでポイントとなるのが、「逆質問の仕方と順番」です。

まず、待遇について質問するのは他の質問をし終わった後にしましょう。また間接的に質問をすることで、採用担当者の印象を悪くすることもありません。

例えば、残業について知りたい場合は「以前働いていた職場では●●時間ほどありましたが…」というように質問することで、残業に対して理解があることを伝えられます。

なお、転職サイトを利用していれば、担当のコンサルタントが代理でヒアリングをしてくれます。不安な人は転職サイトの利用をおすすめします。

職場を見極めるための逆質問例

ここまでで説明したように、逆質問では自分をアピールしつつ、その職場を見極める必要があります。職場の内情を確かめやすい質問例を紹介します。

「有給はどのような用途で利用する人が多いですか?」

有給消化率が高くても勝手に消化されたり、自由に利用できなかったりする場合があります。有給の利用方法を確かめましょう。

「当然サービス残業はあると思っているのですが、御院での残業の申請はどのような手続きを踏みますか?」

サービス残業って当たり前という発言に対し、同じように「当然だよね」という反応であると、残業が多かったり、体制が古い可能性があります。

「ママさんナースはどれくらいいらっしゃいますか?」

ママさん看護師が極端に少ない職場は、子育てへの理解が得られず、支援がないなど、子育てと両立できない職場である可能性が高いです。

自己紹介では自分をしっかりアピールする

自己紹介を求められることがありますので、事前に準備をしてしっかり自己アピールをしましょう。そのときのポイントとしては次のようなものがあります。

  • 相手にしっかり届く声ではきはき話す
  • 経歴を説明する際、退職理由よりも入職理由をメインで伝える
  • 趣味なども簡単に伝える。

人との円滑なコミュニケーションを意識することで、おのずと見えてくるポイントもあります。直接的には仕事に関係がない話でも、趣味などを話すことで人間味が見えて、印象がよりよくなるでしょう。

経歴

経歴についは、履歴書や職務履歴書をあらかじめ提出しているので、最初から延々と話す必要はありません。

入職してからのことは簡単に話し、経歴の中でも「特にこの経験からこういうことを学んだ」「この経験を今後、このように活かしていきたいと思う」など、強調してアピールしたい経歴を話しましょう。

転職回数の多さは目立ちますし、転職が多いことはマイナスのイメージがあります。だからといって転職回数を偽ることは辞めましょう。採用されたとしても、入職後に保険関係の書類などでわかってしまい、トラブルとなりますし、信用を失います。

「自分なりに精一杯看護にあたってきた。いろいろな現場を経験できたことは役に立つと思う」と素直に転職が多いことを認め、「今は心身ともに問題はなくなっているので、長くこちらで働かせていただきたい」と、これからは長く働きたいと伝えます。

長所と短所

長々と話す必要はありませんが、手短に自分を上手にアピールしましょう。長所を話すときは、理念や方針に沿ったことが言えるとよいでしょう。

例えば「人見知りせずに誰とでも仲良くなれることが長所で、少しマイペースなことが短所です。そのため、仕事では周りの動きに合わせて臨機応変に動けるように意識しています」。

基本的に何を話してもOKですが、短所は伝えた後にその短所を補うために仕事で意識していることを伝えるようにするとよいでしょう。

看護師転職の面接の流れと基本マナー

面接での基本マナーと面接の流れとともに紹介していきます。

面接での入室や挨拶の仕方

面接の流れを時系列で説明します。基本的な流れを確認してみましょう。

入室 

軽く2回ノックをして、返事を受けてから「失礼します」と声をかけます。次に静かにドアを開けます。ドアは後ろ手ではなく、きちんと確認しながら閉めます。

挨拶 

採用担当者が部屋で待機している場合は、正面を向いて「○○(名前)と申します。よろしくお願いいたします」と挨拶をしてから、お辞儀をします。お辞儀は背筋を伸ばし、おへその下あたりで手を軽く組み、腰から上だけを30度ほど曲げるようにすると、美しいお辞儀ができます。

もし、自分が先に部屋に入って座っていて、採用担当者が後から入室した場合には、いすから立ちあがってお辞儀をして迎えてください。

いすに座わる

担当者から「お座りください」とうながされてから椅子いすにすわります。背すじを伸ばし、手はひざに重ねて置きます。バッグは足元に置きます。足を組んだり、開いたりしないことよう気を付けます。

面接の進め方は、ほぼこのような流れになっています。

  1. 自己紹介
  2. 志望動機など質疑応答
  3. 病院側から施設や業務の説明を受ける
  4. 病院側への逆質問

面接が終了したときは「本日はありがとうございました」とお礼を言います。

看護師転職の面接時の服装と持ち物

服装や持ち物は採用担当者の印象を左右する大きな要素でもあります。しっかりポイントを押さえましょう。

看護師が面接に着ていく服装

服装は黒か紺のスーツが基本です。白のブラウスやシャツに黒や紺、チャコールグレーなどの落ち着いた色のジャケット、無地のスカートという組み合わせでもよいでしょう。落ち着いた色合いのワンピース+ジャケットの組み合わせでもよい印象を与えます。

Vネックの胸元の開きが大き過ぎたり、派手な色や柄の服装は避けます。ピアスやブレスレットはつけず、ネックレスもシンプルな物にしましょう。

靴は飾りのない3㎝くらいのヒールのものがよいでしょう。

バッグはスーツに合わせたもので、A4サイズの書類を畳まずに入れることができるビジネスバッグがおすすめです。なければ黒や茶系の小さめのバッグにA4サイズの書類が入るサブバッグとの組み合わせでもかまいません。

メイクは勤務中と同様のナチュラルメイクにします。

ヘアスタイルは、ロングヘアはまとめ、顔がきちんと出るようにし、お辞儀をしても髪がパサッと前に垂れないようにします。明るすぎる髪色はあまり印象がよくないでしょう。

ネイルは看護師である以上、清潔感のある爪の長さに整えておく必要があります。

基本的には清潔にすっきりスッキリしていれば問題ありませんが、たとえば美容外科などの面接なら、メイクもヘアスタイルも服装も、気合を入れてしっかり整えて面接に臨んだ方がよいでしょう。

面接に必要な持ち物

持ち物は前日までにはしっかり用意しておきます。特に病院から指示のあった書類は早めにそろえておきましょう。

病院から指示があった書類

  • 応募書類や看護師免許の原本またはコピーなど

面接のための自分用の書類

  • 履歴書や職業履歴書など、提出済みも書類(コピーして持っていく)
  • 志望動機などを書いた自分のメモ
  • スケジュール帳
  • 面接会場の地図や住所

その他

  • 筆記用具
  • 印鑑
  • 予備のストッキング
  • 腕時計または携帯電話・財布

面接対策が不安なら転職サイトの利用がおすすめ

面接の準備をしっかりしたのに不採用になったとしたら、それはあなたのせいではありません。単純に病院とのミスマッチです。病院では別のスキルをもっている人を採用しようとしていて、お互いの組み合わせが悪かっただけですから、落ち込む必要などはありません。割り切って次に進む気持ちが大事です。

また、もし面接時に病院に対して違和感を覚えた場合は、転職後にうまくいかないこともあるので、焦って転職を決めずに、複数応募して面接時の対応を比較し検討するとよいでしょう。

転職活動の期間が長くなると、だんだん疲れてきて「受かったところならどこでもいい」という気持ちになってきます。しかし、自分が納得した転職をしてこそ価値があります。焦らずに自分のよさを理解してもらえる職場をあきらめずに探しましょう。

とはいっても、自分一人で転職活動をすると、気持ちが落ち込むこともあります。転職全般をサポートしてくれるサービスを利用すると、さまざまなサポートがあるので、自分に合った転職先を早く見つけることができます。

また、看護師転職サイトを利用すると、もし不採用になった場合、先方に理由を確認してもらうこともできえます。応募者本人には、直接にあかされない理由でも、転職サイトを通せば教えてもらえるケースが多くあります。その他にも入職の手続きやお断りする際の連絡の代行もしてもらえます。

看護師の転職をサポートしてくれるサイトはいくつもありますが、面接に不安があったり、面接に失敗した経験があるなら、面接サポートが充実しているサイトを利用することをおすすめします。

面接サポートが充実している看護師転職サイト

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト