企業で働く看護師の仕事内容が知りたい!求人の探し方は?経験や資格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「看護師の企業への転職は難しいの?」

学生時代に実習で見学した、企業で働く看護師になんとなく憧れを抱き、私もいつかは…と狙っている人もいることでしょう。

たしかに看護師の企業への転職は、医療機関への転職よりも求人数が少ないことから競争率が高く、簡単ではありません。一方でそんな難関をくぐり抜けて、企業へ転職を果たした看護師もいます。成功の陰には対策があるようです。

この記事では企業へ転職した看護師のアンケートを元に、企業看護師の仕事内容や給料から転職のポイントまでを紹介します。

おすすめの看護師転職サイト3選
順位 転職サイト名 総合満足度
1 看護roo!
4.66
2 看護のお仕事
看護のお仕事
4.40
3 マイナビ看護師
マイナビ看護師
4.36

企業で働く産業看護師の仕事内容と役割

「企業で働く=産業看護師」とイメージされる人方が多いはず。

ここでは産業看護師の詳しい仕事内容や、転職する際に必要な資格・経験年数についても説明していきます。

産業看護師の役割

産業看護師の主な仕事内容は、企業の従業員を対象とした健康管理・応急措置を行うことです。オフィス・工場などを問わず、さまざまな現場で「産業看護」を実施します。

産業保健(働く人が健康で安心して働ける職場づくり)に関する日本最大の学術団体「日本産業衛生学会」では、産業看護の理念として「働く上での健康問題を的確な診断・要因の究明・問題解決の支援を行うこと」が掲げられています。

健康問題に対する対象者の反応を的確に診断し、その要因を明らかにして、問題解決への支援を行う。その支援に際しては、相手を全人的に捉え、その自助力に働きかけ、気持ちや生きがいを尊重することが求められる。

(引用:日本産業衛生学会 産業看護部会

実は産業看護師は中小企業に置くケースが少ないことから、大企業勤務になることが多いです。

産業看護師の仕事内容

産業看護師の具体的な業務内容を見ていきましょう。

産業看護師の業務内容

  • 健康診断
  • 健康相談(身体的な健康)
  • メンタルヘルス相談(精神的な健康)
  • 過重労働対策
  • 働いている最中に起きたケガや病気の対応

産業看護師の仕事は患者への対応だけではありません。従業員の日々の身体的・肉体的な不調の予防・健康の促進もメイン業務です。

職場により業務内容が違う産業看護師

産業看護師に求められる業務内容は、職場によって違います。企業内診療所にて診療介助を行う人、事務室でカウンセリングおよび保険関係の資料整理を行う人などさまざまです。

では、実際の業務内容の例を見てみましょう。

企業の健康保険組合の業務内容

雇用形態 契約職員
勤務時間 9:30~18:00
業務内容 企業内診療所の診療介助、職員の健康診断、メンタルヘルス相談、健康相談など

企業保健師の業務内容

雇用形態 契約社員
勤務時間 9:00-17:30
業務内容 産業保健活動全般(健診事後措置、衛生委員際、産業医面談調整、面談業務、ストレスチェック、健康啓蒙活動など)

このように、従業員の身体・メンタルのケアを直接行うケースもあれば、細かい事務作業を含めた全体の保健活動を担当するケースもあります。

産業看護師と産業保健師の違いは?

同じ「産業看護職」としてセットで語られる産業看護師と産業保健師ですが、この2つの業務は厳密には違います。大筋の違いは以下の通りです。

産業看護師 すでにケガや病気を負った従業員の治療・看病
産業保健師 従業員のケガや病気の予防・メンタルケア

産業看護師は「すでに起きた『体』の異変の対処」、産業保健師は「健康促進を含めた『心』の健康の対処」がメイン業務です。

とはいえ、実際の産業看護の現場ではお互いが協力したり代理になったりも多く、産業看護師・産業保健師の業務の線引きが薄れつつあります。

産業看護師の給料・職場環境・福利厚生

産業看護師の給料・職場環境・福利厚生は、当然ながら勤める企業の待遇によって左右されます。とくに福利厚生は、産業看護師だからといって特別な制度はありません。

しかし、産業看護師は基本的に「臨床関係の仕事がない」「夜勤がない」「大企業勤務が多い」という観点から、病院勤務の看護師と比べて以下の特徴があります。

  • 夜勤手当がなくなることから病院看護師より給料は減る
  • 月~金の定時勤務・休日出勤なしでワークライフバランスはよい
  • 大企業勤務が多いことから結果的に福利厚生がよい

以下ではさらに、勤務5年と想定した産業看護師と病院看護師の年収をまとめました。

産業看護師と病院看護師の年収比較

産業看護師 350~480万(中央値350~400万)
病院看護師(夜勤あり) 440~470万
病院看護師(夜勤なし) 380~420万

もし総合職の産業看護師として採用された場合は、給料はより高くなる傾向があります。

産業看護師の転職難易度と必要な資格や経験

結論からいうと、産業看護師への転職難易度は高いです。「求められる要件の高さ」というよりは、「出回っている求人の少なさ」が原因となり、自分に合った企業が見つからない・倍率が跳ね上がるケースが多いためです。

産業看護師になるには看護師の資格、産業保健師になるには保健師の資格が必要です。

また、未経験での転職はほぼ不可能といえますが、以下のアピールポイントがあれば武器になります。

  • 3~5年の実務経験
  • 産業カウンセラーや衛生管理者などの資格所持
  • 説得力ある話し方や組み立てができるロジカルシンキング力
  • 企業人の中に医療職種1人で配属されても気後れせず自身で試行錯誤できる力

とくに大企業は資格や経歴を重視して判断する傾向があるため、上記がより有利に働きます。

産業看護師以外にもある?企業看護師の活躍の場

企業看護師の活躍の場所は産業看護師だけではありません。

ここからは治験や医療メーカー、コールセンターなど、企業看護師の職場を紹介していきます。

医療機器メーカーのクリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストとは、自社で開発した医療機器や用具を販売する営業および営業支援を行う仕事です。主に医療メーカーで活躍していめます。

クリニカルスペシャリストの業務内容は、さまざまな医療機関に足を運び、医療機器などの商品提案からアフターフォローまでの一連の流れを担当します。ときには説明会や研究会の場で発表することもあります。

クリニカルスペシャリストの業務内容

  • 医療機器などの提案
  • 製品説明(説明会開催も含む)
  • 導入デモンストレーション
  • 導入立ち会い
  • アフタフォロー

クリニカルスペシャリストに求められる能力は以下の通りです。

クリニカルスペシャリストに求められる能力

  • 看護師・保健師としての臨床経験
  • 積極性
  • 変革力
  • 海外に営業をかける際の英語力
  • 結果への執着力

内定獲得難易度は高いです。一般企業の総合職と同様の能力が求められるため、未経験者の転職は非常に難しいといえます。

さまざまな場所で勤務するケースが多いことから、「環境の変化を楽しめる人」「結果を出すことに執着したい人」に、クリニカルスペシャリストはおすすめです。

治験メーカーの治験コーディネーター

治験メーカーの治験コーディネーター(CRC)とは、治験の被験者となる患者のケアやサポートを主に行う仕事です。患者と病院内で直に接し、治験内容の説明を行ったり不安や心的負担を軽減させたりなど、相談パートナーとして働きます。

また、治験計画の理解・検査機器の管理・スケジュール調整・その他治験サポートも担当します。

治験コーディネーターに求められる能力は以下の通りです。

  • 各部署との連携やレポート作成に反映できる治験への熱意
  • 報告やプレゼンを論理的に組み立てるロジカルシンキング力
  • 何が治験で活かせるかを伝えられる自己PR・行動力
  • 患者・各部署とコミュニケーションできる力

内定獲得難易度は中程度。医療機器メーカーや産業看護師よりは内定を得やすいです。

「多くの人との連携が得意な人」「新薬開発プロジェクトの一部ということに意義を感じられる人」に、治験コーディネーターはおすすめです。

コールセンターアドバイザー

コールセンターアドバイザーとは、コールセンターに寄せられた消費者からの相談や意見に回答する仕事です。看護師・保健師の資格が活かせるのは、製薬会社・医療機器会社・保険会社が主になります。

コールセンターアドバイザーに求められる能力は以下の通りです。

  • 適切な回答を導ける対話力
  • 不快にさせない人当たりのよさ
  • ストレス対応力・タフさ

内定獲得難易度は低めです。臨床経験やそれに関する知識、患者への対応力をそのまま活かせるため、即戦力として期待されることが多いでしょう。

「常に新規の患者さん様と短時間で話す事が好きな人」「ホスピタリティが高すぎずある程度ドライに対応できる人」に、コールセンターアドバイザーはおすすめです。

医務室・保健室

大学の医務室や学校の保健室への転職も、企業看護師への転職といえます。主に生徒の応急措置や健康管理、相談活動、保健指導などが主な業務です。

医務室・保健室勤務で求められる能力は以下の通りです。

  • 医務室経験
  • 内科経験
  • 人員が少ない職場でも業務を進められる推進力
  • 周囲の理解を得ながら進められる巻き込み力
  • 生徒との雑談や相談にも対応する包容力

内定獲得難易度は意外と高めです。これは医務室・保健室求人の絶対数が少ないことが関係しています。

やりがいの感じにくさや給与の関係から、バリバリ仕事をこなしたい人よりは、家庭をもっている人におすすめの仕事です。

看護師が企業で働く場合の2つの注意点

企業への転職を考える際は以下の注意点を意識する必要があります。

イメージだけで企業に転職してしまうとミスマッチを起こす

「企業看護師は定時出勤だし臨床もないから楽な仕事だろう」、もしそう考えている場合は転職でミスマッチが起こる危険性が高いです。企業看護師は決して楽な仕事ではありません。

たとえば、「HOP!ナビ看護師」が「企業看護師への転職のイメージ」を調査したところ、以下の回答が得られました。

看護師のように夜勤があり、人間関係も複雑で体力をの使う仕事ではないこと仕事をしたいと思い検索しました。とにかくラク楽な仕事をしたかったです。

当時働いていた職場は多忙な職場だったのでとにかく違った環境に移りたいという気持ちが大きかったです。身体的・精神的負担を軽くしたいという気持ちでした。

今いる職場の労働環境や人間関係があまりよくなく、新しい職場に転職したいと思い、検索しました。今よりもいい職場で働きたい気持ちが強いです。

しかし、転職エージェントのコンサルタントによると、企業看護師の転職は以下のミスマッチが多いとのことでした。

業務はそれぞれ各々の裁量によるので意外と残業も多い。土日出勤も必要あればしなければならなかった。

給料が安くなり、実際にやってみると生活水準を下げる事がつらいと感じるようになった。

臨床現場で患者に接する方がやりがいに感じられた。

このように業務内容の理解が乏しいまま転職すると、「こんなはずじゃなかった」「もう一度転職したい」と後悔することになるかもしれません。

企業看護師への転職を決意する前に、業務内容や待遇についてしっかり把握することが大切になります。

企業への転職は難易度が非常に高い

企業が出す看護師募集の求人は、数が少ないことから非常に倍率が高いです。また、企業側が求めるレベルも高いため、転職は非常に難しいといえます。

実際に厚生労働省の統計によると、看護師が事業所や企業に勤めている割合は平成30年で0.7%となっています。

出典:厚生労働省「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」表2 就業場所別にみた就業保健師等(実人員・常勤換算数)

もし企業看護師への転職を目指すときは、内定がもらえるまで何社も応募しなければならず、転職に時間がかかることを覚悟して臨んだほうがよいでしょう。

次は少しでも転職の成功率を上げるために、転職エージェントから回答いただいた「企業がチェックしている重要ポイント」をご紹介します。

【企業のチェック項目】

  • 質問に対して端的でに的確なに回答ができるか
  • 深堀の質問に対し、スムーズに答えられるくらいに自己分析できているか
  • ひとつの事象に対し物事について突き詰めて考えているか
  • ストレス耐性があるか
  • 積極性・行動力があるか
  • 協調性・指導を受け入れられるほど素直か
  • 物事をロジカルに考えられるか

上記に加え、経営理念や募集要項、IR情報などから、どんな人材を求めているかを考え入社後に発揮できる価値をしっかり伝えることが重要です。

看護師が企業転職を成功させる3つのコツ

看護師が企業への転職を成功させるための3つのコツを以下でまとめました。

正社員以外の選択肢も検討する

「絶対に正社員でなければ意味がない」という固定概念を捨て、正社員以外の選択肢を検討することも大切です。

まず看護師の企業転職は、もともとの求人の少なさや難易度の高さから、常によい求人が出回るとは限りません。よって、少しでも条件が合うと思った求人には、アルバイトや派遣、契約社員であってもためらわずに応募することをおすすめします。

なによりそのパターンで転職して数年後の正社員になった、という実例が多数あります。すぐ掴める結果を追い求めるだけでなく、転職活動を長い目で見るのも1つの戦略です。

求人検索機能を駆使する

企業看護師の転職は出回っている求人が少ないことから、いかに効率よく求人を探せるかが勝負になります。

看護師転職サイトの求人検索機能は、地域や条件でかなり細かく絞り込めます。これらを駆使して理想の求人を見つけましょう。

おすすめは具体的な職種名で検索することです。たとえば当記事で紹介した産業看護師やクリニカルスペシャリスト、コーディネーター(CRC)などです。

絞り込んだ検索は他の求人が検索されないので、求人の選別や余計なチェックの手間を省けます。

選考準備は入念にする

履歴書作成や面接対策などの選考準備は入念に行うべきです。倍率が高いからこそ、常に100%で準備しなければ選考には勝ち残れません。

看護師が企業の選考を受ける前に確認しておきたい重要なポイントをご紹介します。

【選考前に確認しておきたいポイント】

  • 自分の強みを根拠立てて説明できるか
  • 質問に対して端的でに的確に回答できるか
  • 深堀の質問にスムーズに答えられるほどの自己分析を行ったか
  • 第三者と一緒に書類添削や面接練習して客観的な意見を得たか
  • 「何を工夫して」「どのような結果を出したか」説明するためのエピソード作りができているか

上記のことを意識しつつ、職務経歴書の自己PRにしっかり盛り込みましょう。「企業はチェックしているポイント」でも紹介した、「ストレス耐性」「積極性・行動力」「協調性」「ロジカルシンキング」についてもふれられるとよいですね。

企業への転職は看護師転職サイトの利用がおすすめ

企業への転職を試みる際は、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトは企業の求人を非公開で保有している場合も多く、登録することで求人サイトには掲載していない求人を紹介してもらえます。

また書類添削や面接対策などのノウハウもたまっているため、選考通過率をアップさせることも可能です。

そこで、最後に当サイトおすすめの転職サイトを4つご紹介します。

看護roo!

看護roo!(カンゴルー)とは、看護師に対する転職支援特化の転職サイトの中ではもっとも有名なサービスです。

看護roo!をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 看護師利用者数No.1!みんなが使っている王道の転職サイト
  • 看護師と求人先の双方の希望を叶える精度の高いマッチング
  • 看護師と求人先の双方の希望を叶える東証一部上場 の株式会社クイックが運営

また、転職サポートサービスを利用することで、看護師専門のアドバイザーからエージェントと同じようなサポートを受けられます。

看護師の転職活動においては、必ず登録をおすすめする転職サイトです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、マイナビエージェントやマイナビ転職を運営する人材会社マイナビがもつ看護師転職の特化サービスです。

マイナビ看護師をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 大手の人材紹介会社「マイナビ」ならではの企業求人を保有
  • 職場の定着率にこだわった求人紹介
  • 「休日相談会」「出張相談会」で対面でじっくり相談可能

大手企業×看護師特化の安心した転職サービスを利用したいときは、マイナビ看護師をおすすめします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営する日本No.1の規模を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 保有求人数は公開・非公開を合わせて20万件以上と業界最大級(2020年9月時点)
  • 長年人材業を営んできたことによる選考対策ノウハウの蓄積
  • キャリアコンサルタントの育成制度の充実による担当者の質のばらつきの少なさ

とにかく幅広い求人をチェックしたい、安定した転職活動を進めたいなら、リクルートエージェントをおすすめします。

doda

dodaはパーソルキャリアが運営する、リクルートエージェントに次ぐ規模の転職支援サービスです。

dodaをおすすめする理由は以下の通りです。

  • サポートの手厚さは転職サイト随一のため初めての転職でも安心
  • 約9万件の求人数を保有、幅広い選択肢から求人を選択可能
  • キャリアアドバイザーが転職フェアも多数開催していることから転職の情報収集がしやすい

初めての転職で手厚いサポートを受けたいなら、dodaの利用をおすすめします。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い
全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト