HOP!薬剤師

薬剤師の第二新卒は転職できる?転職成功の秘訣を紹介!

残業が多い…

希望していた企業を諦めきれない…

とにかく今の職場、辞めたい

など、現状に不満を抱える薬剤師は少なくありません。実は、第二新卒(若手薬剤師向け)の求人はとても多く、転職活動にとても有利なのです。

この記事では、薬剤師が第二新卒として転職を成功させるための方法を紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が
多い職場
無料登録
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

詳細を
見る

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

詳細を
見る

ファルマ
スタッフ
7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

詳細を
見る

1.薬剤師は第二新卒で転職可能?

薬剤師の第二新卒は転職する事ができるのでしょうか。そもそも、「第二新卒」とはどのような人のことを指すのでしょうか。

第二新卒とは

第二新卒の定義

学校を卒業後、概ね3年以内の者

参照:厚生労働省

第二新卒とは上記の通り、学校を卒業した後、およそ3年以内の人を指しています。

そして、このような人は新卒入社後あまり時間が経過していないため、転職できるのか不安を抱きがちですが、転職することは可能です。

なぜ第二新卒で転職することは可能なの?

では、なぜ転職することは可能なのでしょうか。その理由は2点あります。

1.薬剤師の数が不足していること

現在、薬剤師の数は不足しています。これは、医療と薬業の分業や社会全体の高齢化が進んだことによって、薬局やドラッグストア市場が拡大していることが挙げられます。これらの拡大によって、非常に多くの店舗で薬剤師が求められているのです。

また、薬剤師の男女割合は男性:女性=4:6であり、産休や育休によって、薬剤師免許を持っていながらも働いていない女性が多く存在します。薬学部の教育が6年生となり、薬学系の大学、学科は増加しましたが、まだまだ薬剤師不足は深刻です。

2.新卒で薬剤師を獲得できなかった職場で急遽穴埋めが必要であること

薬剤師となるためには、就職活動で内定を頂いた後に国家試験に合格する必要があります。しかしながら、新卒の採用予定者が薬剤師の国家試験不合格となった場合、薬剤師業務を行うことができなり、その職場は急遽薬剤師を採用しなければなりません。調剤薬局などは、処方箋枚数に応じた薬剤師を置く必要があり、その穴埋めのために薬剤師獲得に必死になります。

すでに薬剤師資格を持っている第二新卒の薬剤師は、喉から手が出るほど欲しい人材になるのです。

2.第二新卒の強みは社会経験や柔軟性

では、なぜ特に第二新卒を求めているのでしょうか?その理由は、以下の3つが挙げられます。

  • 他社の考え方に染まっていなく、柔軟性がある
  • 向上心・将来性がある
  • 少しでも社会人経験がある

柔軟性のある第二新卒薬剤師

学校卒業後3年未満の若手薬剤師。

長期間の社会人経験はないものの、前職のやり方に染まり切っておらず、自社になじみやすいという点で評価されています。

「自社の雰囲気に合う人材か」「一緒に働きたいと思える人材か」など、経験よりも人柄を重視した採用と考えて良いでしょう。

応募する前に、その職場の雰囲気や求めている人材などをしっかり把握しておく必要があります。

伸びしろが高い第二新卒薬剤師

一般的な中途採用の場合、「即戦力」を期待されますが、第二新卒の場合は、いかに「将来性があるか」が重視されます。

逆に「将来性が無い」と判断された際には、きっぱりとお断りされますので、意欲があることをしっかりとアピールしましょう。

第二新卒の皆さんには将来性が無限大にあります。自分の目指す将来像と、応募する職場の目指す将来像が一致していることが重要です。

少しでも社会人経験のある第二新卒薬剤師

第二新卒の薬剤師は、短期間だったとはいえ薬剤師業務の経験はあるのに対し、新卒薬剤師は経験ゼロ。

指導する側においても、第二新卒薬剤師に対しては、1を教えれば、5~10は理解してくれるという期待を持てますし、新卒に比べてコミュニケーションスキルも高いと思われます。

インタビューしたところ、ある調剤薬局経営者は、「薬剤師免許を持っている製薬会社のMR社員から採用することにしている」と言います。理由は、しっかりした社員教育を受けていることや医師や薬剤師とのコミュニケーションスキルがすでに高いからです。

また、前の職場で人間関係に悩んでいた経験も無駄になりません。

新しい転職先では前回の失敗を、良い人間関係の環境作りに活かすこともできます。様々な社会経験を積むことはコミュニケーション能力をアップさせるのに大変有効です。

3.第二新卒を成功させるためには...

第二新卒での転職を成功させるために「注意すべきこと」と「転職先のおすすめの探し方」を紹介します。

第二新卒で注意すべき3つのこと

転職

内定をもらう前に辞退すること

内定をもらう前に前職をやめてしまうと、内定を取れなかった時や内定が予想していた時期よりも遅く出てしまう時に無職の期間が出来てしまいます。その期間も生活費として様々な費用がかかってくるので、不安を抱えながら就職活動を行うこととなります。安心して就職活動を行うことができるよう転職先が決まってから現職に退職することを伝えるようにしましょう。

辞めることが目的となり、転職先の情報収集を疎かにすること

現職を早く辞めたいという気持ちが先走ってしまい、転職先の情報をきちんと集めずに転職してしまうと、転職後に現職と同様にすぐに退職してしまう可能性があります。これでは、現職で犯した過ちを再度繰り返すことになり、再度転職することが難しくなるでしょう。きちんと転職先がどのような職場であるのか、自分がその職場で何をしていきたいのか、を明確にしてから転職をするようにしましょう。

面接では現職の経験をアピールすること

転職先の企業が抱える不安は、「またすぐに辞めてしまうのではないか...」や「職場に合わせることができず、わがままな性格なのではないか...」などです。そのような不安を払拭するためには、転職先に自分のやる気をきちんと伝えることが重要になります。今まで薬学部で学んできたことや現職で得た経験を活かし働きたいということをきちんと伝えるといいでしょう。決して、退職する理由を職場環境や他の人のせいにして、面接に臨むことはしないようにして下さい。

第二新卒を成功させるなら...転職エージェントの活用!

第二新卒での転職を成功させるためには、ただ一人で転職活動をするのではなく転職エージェントをうまく活用することが重要です。「理想の職場に転職する」ことはそれほど簡単ではないからです。

転職において重要なことは、面接対策はもちろんのことながら、職場の情報を得られないことには話になりません。

薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師の転職・就職活動に特化した「その道のプロ」ですので、情報に精通しています。それだけでなく、キャリアコンサルタントが応募書類の添削など、様々なサポートを一人一人にしてくれます。

第二新卒で転職する場合、多くの人が初めての経験であり、不安を抱えながら行うでしょう。そのような不安を一緒に共有しながら、理想の職場で働くことを実現させるために並走してくれる転職エージェントは非常に心強い存在になります。

4.おすすめの転職エージェントは?

転職先に合わせたおすすめの転職エージェントをそれぞれお伝えします。以下の転職エージェントは扱う案件数も多く、実績もたくさんあるので信頼して利用することができますよ!

病院/調剤薬局を目指すなら...薬キャリ

薬キャリ

薬キャリというは運営元がエムスリー株式会社です。

エムスリー株式会社は、薬剤師以外にも医師や看護師などで人材事業を展開しています。

医療業界の採用担当者と深いつながりをもっており、病院求人、調剤薬局求人に大きな強みをもちます。

またエージェントの評判もよく、「スピーディーで親切な対応をしてくれた」という口コミも多くみられます。

サイト自体の求人数は全部で約4万件と、薬剤師求人業界の最大手のひとつです。

薬キャリに無料登録してみる

大手企業/ドラッグストアを目指すなら...マイナビ薬剤師

マイナビ 薬剤師

マイナビ薬剤師は毎日新聞社が母体のマイナビが運営しているため、大手企業や薬局とのつながりが強みです。

製薬会社(アステラス製薬・大正製薬)や企業内診療所のある大手企業(三菱グループ・ソニーグループ)など、薬学生が就職先候補として考える企業や薬局とのパイプが強いです。

またマイナビ薬剤師は新卒採用を積極的に支援しており、過去に優秀な新卒薬剤師の採用(MR,新薬開発など)を成功させてきた長年の関係値があるため、企業側からの求人のオファーがマイナビ薬剤師のエージェントに集まりやすいのです。

マイナビ薬剤師もサイト全体の求人数が6万件以上と、薬剤師求人業界の業界最大手のひとつです。

マイナビ薬剤師に登録してみる

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
 
  

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

Job Buddy

  • 40代50代60代の転職に強い!
  • 丁寧な面接対策と条件交渉を実施
  • 入職後6か月間のフォローあり

Job Buddyの特徴

調剤薬局 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師のドラッグストア転職|大手4社の年収・やりがいを比べてみた

「ドラッグストアの年収・福利厚生って実際どうなの?」 「希望条件にマッチする求人ってあるの?」 薬剤師さんの転職先として人気なド…

  • 🕒
  • 2020.12.01更新

薬剤師転職エージェントおすすめ5社を比較!転職成功を導く賢い選び方

「どの薬剤師転職エージェントを頼ればいいのか分からない...」 転職エージェントは、薬剤師の転職に欠かせない存在になりました。その一方で「ハズレ…

  • 🕒
  • 2020.11.26更新

薬剤師の転職失敗談8選|悩みや不満を解消し、理想の職場に出会う方法

転職をするとき、「今までより良い会社に違いない」と思っていても、いざ入社してみると思い描いていたように働けなかった・・・ということは転職市場…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

薬剤師の転職方法!転職成功のための方法と注意すべきポイントとは?

転職によるキャリア&給料アップ。生涯年収の面で恵まれていると言いがたい薬剤師なら、一度は脳裏に浮かべたことでしょう。「転職は未経験だけど、チャンスがあれば」「20代も後半になり、思い切ってキャリアア…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

【2020年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

「このまま薬剤師が増えていったら仕事がなくなりそう…」 「AIに仕事を奪われるのでは…」 薬剤師には本当に将来性があるのか、不安になることも…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

薬剤師は就職難なの?就職状況のリアルと職場で異なる年収や働き方

「これから薬剤師は就職難になる」とささやかれていますが、薬剤師国家試験にも合格したのであれば、それをフル活用し安定して稼ぎたいと思うのは当たり前です。このページでは、薬…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

調剤薬局に転職を考えている薬剤師必見!希望別おすすめ転職先まとめ

「調剤薬局とドラッグストア、どちらが自分に合っているか分からない」 「自分の希望が満たせる調剤薬局の探し方が分からない」 自分の…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

薬剤師の需要が減る?10年後はどうなってる?気になる薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、社会にとって絶対必要な「医療」の仕事です。職がなくて困るというリスクはほとんどありません。 「薬剤師になれば仕事に困ることはなく、一生安泰」と言っても間違いではないでし…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

薬剤師が転職する際の注意点とは?転職経験者に聞いてみた

「初めての転職で不安…どの情報を信じればいいの?」 「絶対転職に失敗したくない!注意すべきことはある?」 売り手市場と言われる薬…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

7~10月は薬剤師転職に最適な時期!自分にあった時期選びの3視点

「転職に有利な時期とか有るのかな?」そんな疑問を持っている薬剤師さんも多いのではないでしょうか? 多くのサイトで「求人数が増える1~3月がおすすめ!」と紹介されてい…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

薬剤師の転職は年齢によって選択肢が変わる?年代別の注意点

「今の年齢って転職して採用してもらえるかな…。」「どの年齢で転職するといいんだろう…。」 薬剤師は転職が多い職業ですが、年齢が転職に不利…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新

50代薬剤師の転職は難しい?成功のポイントは求人選びと面接にあり

「50代の転職って他の年代よりも厳しそう」 「50代が転職に成功するためにはどうしたらいいの?」 そう考える50代の薬剤師も多い…

  • 🕒
  • 2020.11.16更新