HOP!薬剤師

<求人>漢方薬剤師の新しいカタチ目指す。

話を伺った人:住吉忍(すみよし・しのぶ)さん

神奈川県鎌倉市大船にオフィスを構える『株式会社ウィメンズ漢方』の代表を務める。複数の不妊治療専門クリニックで漢方外来も担当している。西洋医学と東洋医学を組み合わせた不妊治療を提案し、多くの女性の妊活サポートに取り組む。より多くの人に「自然に妊娠しやすい身体づくりをしてほしい」と精力的に活動中。

漢方で妊活に悩む女性の力になりたい

「今日本では、子どもが授かれずに悩んでいる女性が46万人以上(※厚生労働省調査)いると言われています。

西洋医学の進歩により不妊に悩む方は少なくなってはいますが、それでも妊娠できない人はまだまだ大勢いるのが現状。

私たちは様々な知識を用いて、そういった不妊の悩みを抱える方のサポートをしています」と住吉さんは語る。

不妊治療を受けている女性の中には、年齢の関係で卵巣や卵子の働きが弱ってしまっていたり、身体がもともと弱かったりと病名がつかない理由で妊娠できない人も多い。

そういったなかで注目を集めているのが、ウィメンズ漢方が得意とする西洋医学と東洋医学(漢方)を融合させたハイブリットなアプローチ方法だ。

西洋医学と東洋医学の並走がもたらす新たな希望

2つの医学の違いを木に例えると、西洋医学は傷ついた枝や葉の部分を治療するのに対し、東洋医学(漢方)は根っこの部分を治療し改善していく方法。

つまりこのハイブリットなアプローチは、西洋医学で患部を治療しながら、東洋医学(漢方)で身体全体の不調を改善していくというもの。まさにいいとこ取りと言えるだろう。

「不妊で悩む女性の多くは、『冷え』や『血行不良』、『生理不順』といった問題を抱えています。そういった部分を改善せずに、不妊治療に力をいれても十分な効果は見込めないと私は考えています。根本的な部分から、身体の機能を整えるためには漢方は欠かせません」

「いくら不妊治療をしても、身体が健康で妊娠しやすい状態でなければその効果は半減してしまうんですよ。だから漢方で身体を整え、不妊治療を受け入れやすい状態にしておくことで、より高い効果が期待できるんです」

不妊治療は長期化するケースが多く、身体的にはもちろん、精神的、金銭的にも負担がかかる。薬や注射による副作用で体調を崩してしまう人も少なくない。『漢方を服用することで不妊治療の期間を短くできる』のであれば、さらに多くの女性が救われるはずだ。

現に住吉さんのところへ訪れた相談者の中には、漢方を飲みながら生活習慣を改善することで不妊治療を成功させた人も大勢いるという。その評判を聞きつけ、今も多くの女性たちが住吉さんのもとへと相談にやってくる。

しかし現在、ウィメンズ漢方ではそれを受け入れるだけの漢方薬剤師を確保できていないのが現状だ。その問題については後で触れるとして、なぜ今まで西洋医学と東洋医学のハイブリットは、メジャーなアプローチ方法になり得なかったのだろうか。

「やっぱり、成果が見えづらいことが原因だと思います。漢方というのは、飲み始めたことで劇的に体質や症状が改善されるわけではありませんから。直接的な成果を実感することが難しい分、どうしても後回しにされてしまうんです」

西洋医学で症状が改善できなかった人が、最後の頼みの綱としてウィメンズ漢方のもとへ訪れるケースが多いという。

実際、「もっと早くからウィメンズ漢方に来ていればよかった」という声もあとを絶たない。

「どちらかで解決できなかったから、もう一方に頼るのではなく、両方いっぺんに活用した方が良い。東洋医学(漢方)と西洋医学、どちらも得意不得意な分野がありますから。それらを併用することで、より高い効果が期待できるんです」

これまでのカタにとらわれることなく、『患者さんのためになれば』と挑戦する前向きな姿勢があったからこそ、ウィメンズ漢方は不妊に悩む女性たちの問題を解決することができたのであろう。

しかし住吉さんの新しい取り組みはこれだけではない。

『薬を売らない』という選択肢を持つために『知識を売る』

ウィメンズ漢方では、従来の漢方薬局と異なるビジネスモデルを展開している。今までの『薬を処方することで患者さんからお金を受け取る』仕組みに対し、ウィメンズ漢方は『カウンセリングや相談時間』に対してお金を受け取る仕組みを採用。

これによりウィメンズ漢方では、患者さんに薬を売らないという選択肢を得られたという。

「薬局といえども会社である以上は、利益を追い求める必要があります。そうなるとカウンセリングや無料相談を続けていくためには、どうしても薬を買ってもらう必要があったんです」

つまりウィメンズ漢方の仕組みは、薬ではなく、漢方薬剤師としての知識を提供することに価値を置いていると言える。

しかしこの新しい方法は、漢方薬剤師としてだけでなく、西洋医学の知識はもちろん、カウンセリング能力や栄養学などの知見も求められる。

「知識に対してお代をいただくわけですから、当然求められる知識や責任は桁違いに増えます。患者さんによっては、漢方に頼るよりも運動をしたりサプリを飲んだりした方が良いケースもある。そんなときは漢方を売るのではなく、その方に合った食事の献立や運動計画、おすすめのサプリなどを一緒に考えて提案します」

住吉さんをはじめとするウィメンズ漢方に所属する漢方薬剤師は、薬剤師というよりも女性の不妊治療をトータルでサポートするカウンセラーという方が、我々の持つイメージには近いのかもしれない。

「だからうちで働く薬剤師には、本当にさまざまな知識が必要なんです。そうでないと患者さんに的確なアドバイスや提案はできませんから」

漢方薬剤師でありながらも、「必ずしも漢方に頼ることが正解ではない」と語る住吉さん。その瞳には、『患者さんの人生にとことん向き合う』という強い覚悟と決意が宿っていた。

漢方のエキスパートとして「知識や熱意がある方だったら即採用』

現在、住吉さんが代表を務めるウィメンズ漢方では、正社員やパート、業務委託で働いてくれる仲間を募集している。

同社の魅力は大きく分けて2つある。まずは何と言っても『知識を売る』という漢方薬剤師としての新しいカタチだ。患者さんのためを想い、漢方を処方するだけではなく様々な分野から提案やアドバイスをする。責任も増えるが、その分得られるやりがいも桁違いに大きい。


次に『働き方の多様性』だ。育児休暇はもちろん、時短勤務なども積極的に採用しており、特に女性にとって働きやすい環境と言えるだろう。現にウィメンズ漢方で働いているスタッフの大半は、子を持つ女性で、家庭と仕事を両立している。


家庭との両立に悩んでいる人や、今のキャリアに疑問を感じて悶々とした日々を送っている人は、面接とまではいかなくとも一度話を聞いてみても良いかもしれない。ウィメンズ漢方の一員として働くかどうかはさておき、現状を打破するための何かしらのヒントは得られるだろう。

「HOP!<ナビ薬剤師>からのひとこと」

調剤薬局で働く薬剤師さんのなかには、「取り扱う薬剤が限られていることもあり、日々の業務がどうしてもルーティーンワークになりがち」という声もあるようです。現状の業務内容に満足していない方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

ウィメンズ漢方で働いてみたい方はこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだ…

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。 そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組…

  • 🕒
  • 2020.12.21更新

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新