HOP!薬剤師

尊い命を救うスペシャリスト|『国境なき医師団』の薬剤師が果たす役割

2011年に発生した東日本大震災、2016年に起きた熊本地震では、「国境なき医師団(MSF)」がいち早く被災地に駆けつけ、懸命に緊急援助活動にあたりました。
津波や地震といった自然災害の被災地、パレスチナや南スーダンといった紛争地域、難民キャンプ、貧困や飢餓など迅速な救命援助が求められる地域で医療・人道援助活動などをおこなっているのが、民間・非営利の国際団体「国境なき医師団」です。
アフリカやアジア、南米などの途上国を主な活動地域に置き、2016年には3万9000人以上もの派遣スタッフが約70の国と地域で活動をおこないました。派遣スタッフのなかには日本人も多くいます。
今回お話を伺った井上理咲子さんも、南スーダンやシリアで薬剤師として現地で援助活動をおこなったひとりです。

話を伺った人:井上理咲子(いのうえ・りさこ)さん

国立国際医療研究センターに勤める。「国境なき医師団(MSF)」のプロジェクトへは、過去7回参加している。

海外で通用する薬剤師を目指し「国境なき医師団」のプロジェクトに参加

――早速ですが、井上さんが薬剤師を志したキッカケを教えてください。

井上さん:幼い頃に両親の仕事の関係で、5歳から14歳までの9年間をアメリカで過ごしました。なので、海外生活の経験が大きく影響しているかもしれません。

――と言いますと?

井上さん:アメリカは、ホームドクターと呼ばれる家族のかかりつけの医者がいます。風邪をひいたときや怪我をしたときは、連絡をしてホームドクターのオフィスで診療してもらっていました。

――日本だと、風邪をひいたら自分で病院に行って医者に診察してもらうのが普通ですが、アメリカでは違うんですね。かかり方の違いに驚かれたのではないですか?

井上さん:とても驚きました。日本と海外、両方の医療文化の違いは当時の私の記憶にとても印象深く残っています。軽いカルチャーショックともいえるこの経験が、薬剤師に興味を持つようになったキッカケかもしれません。

――井上さんは「国境なき医師団」の派遣医療スタッフとして、これまで過去に7回プロジェクトに参加されていると伺いました。海外派遣に参加したのはどういった経緯からでしょうか?

井上さん:薬学部を卒業後は病院に就職し、日本の薬剤師として一流になることを目標に努力を続けてきました。

あるとき、日本だけではなく海外でも通用する薬剤師になりたいと思うようになったんです。自分が理想とする薬剤師に近づくためには、ステップアップが必要。そのためには、海外の医療現場にも目を向けて、より高い専門性を身につけるべきではないかと思ったんです。

国際協力や人道支援にはもともと興味があったので、「国境なき医師団」の海外派遣に登録をして、プロジェクトに参加しようと決意しました。

世界各国のスペシャリストたちと同じ環境で働ける

▲南スーダンの首都ジュバでプロジェクト・ファーマシー・マネージャーとして参加した際の記念写真

――途上国を拠点とした、援助や医療活動をおこなう機関は多数あると思いますが、「国境なき医師団」に決めた理由はなんでしょうか?

井上さん:一番の決め手は、多種多様な国々の医療従事者たちと同じ環境で働けることが、魅力的に感じたからですね。色んな国、人種の医療従事者と現地で一緒に働くことに軸を置き、年間8,000人以上ものスタッフを海外派遣している「国境なき医師団」で活動にコミットしたいなと。

――「国境なき医師団」では、実際にどのようなプロジェクトに参加されたのでしょうか?

井上さん:初回派遣がマラウイで「HIV」に感染した患者への医療活動、2回目の南スーダンでは「マラリア患者」のプロジェクト。その後はパプアニューギニア、リビア、熊本地震被災地、ナイジェリア、シリアでの活動に参加しました。

――現地では具体的にどのような活動をおこなっていたんですか?

井上さん:活動で使用する医薬品や医療機器の管理業務が中心です。あとは、現地の患者さんに処方する、薬品の安定供給と適正使用の改善を目指し、派遣チームと協力しながらスタッフ教育にも携わらせていただきました。

▲援助活動に使う、医薬品や医療機器の在庫確認、各プロジェクトへの分配といった管理が現地での主な業務。日本の病院だと管理課という部署が担当

――途上国の一部地域では、国自体で薬を用意できなかったり、供給が滞ることで起こる薬不足が深刻な問題のひとつになっていると聞きます。

井上さん:薬がないわけではなく、あるべき場所、必要としている人に届かない地域が多い、ということだと思います。隣の町まで薬は来ているはずのに、道路状況の理由などからなかなか病院に届かないケースもあるんです。

でも、「国境なき医師団」には独自の供給ルートがあり、メディカルスタッフのほかに現地で薬の供給を支えるロジスティックスタッフがサポートしてくれます。

自分1人では絶対に不可能なことも可能にできる

――もし、薬が不足しそうな場合でも、派遣された現地で調達することやほかの国から薬をわけてもらって供給する、ということもないですか?

井上さん:そうですね、医薬品を現地調達することはありません。プロジェクトにもよりますが、プロジェクトを束ねる立場にある私は数ヶ月ごとにヨーロッパに発注していました。ヨーロッパから輸入するので、医薬品が到着するまで長い場合は9ヶ月かかります。

そのため、今後の活動の方向性を踏まえて発注するんです。医療行為と調達や物流、すなわちメディカルとロジスティックの両方を自前で担えることが、「国境なき医師団」の強みだと思います。

――スタッフそれぞれの業務が住み分けされていると、各々が目の前の救援活動に注力できますね。派遣される前と後で、日本の医療現場との違いや心境の変化などはありましたか?

井上さん:そうですね……。現地に入って一番衝撃を受けたのは、貧しい人と裕福な人の格差が激しいこと。南スーダンに派遣された際、何もないところに病院を建てたり、難民キャンプのなかで飢餓や栄養失調の人びとの人道支援をしたり、4つのプロジェクトに横断的に携わらせていただきました。

▲包帯、消毒液といった処置に必要な医療用具一式(写真は見本のキット)は総重量15kg

井上さん:今でも一番記憶に残っているのが、病気になっても近くに病院がないため、自宅から何百キロも離れた町の病院まで歩いて行こうとする人びとの姿です。太陽が照りつける40度という猛暑のなか、それも何日間もかけて。そこには「医療の欠如」だけでなく、貧困問題も深く関わっているんです。

実際に現場で活動をしていると気づくことって本当にたくさんあります。ニュースなどでは報じられない現地の人びとが、いかに過酷な暮らしをしているのか。そういうことを現場で目の当たりにするんです。

――現地の人びととの関わりを通じて、良くも悪くもその場のリアルを肌で感じることができますね。最後の質問となりますが、井上さんにとって「国境なき医師団」はどんな存在でしょうか?

井上さん:自分1人では行けない国や地域に行くことができて、自分1人の力では絶対にできないことを実現できる場所です。民間の航空路線がないなど交通手段の問題、内戦による命の危険性などさまざまなリスクがあるため、南スーダンに行くことなんて、普通は絶対にできません。

ですが、「国境なき医師団」のプロジェクトでは、飛行機をチャーターして現地入りができる。しかも、派遣先には世界各国から集まった優秀な医師、看護師、ロジスティックの専門家といったさまざまな職種のスペシャリストから学べることがたくさんあります。スペシャリストが集まって互いに意見交換をしながら課題を解決できることも、私が「国境なき医師団」への参加を続けている理由のひとつです。

まとめ

アフリカ、アジア、南米などの途上国を中心に医療活動をおこなっている「国境なき医師団(MSF)」。識字率(読み書きができ、理解できる能力を持った人数の割合)の低い場所などでは、イラストを用いて服薬指導をおこなうこともあるそうです。

井上さんへの取材を通じて、世代、文化、国境を越えて、人の命と向き合い、医療の課題解決に向けて真剣に取り組む人びとの想いに触れることができました。

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新

金沢大学附属病院薬剤部の人材育成モデル「KUPS」が掲げる未来のリ…

臨床教育を通じ、幅広い視野の獲得と専門性向上を推進する金沢大学附属病院薬剤部。今回は薬剤部の人材育成モデル「Kanazawa University Pharmacist Standard(KUPS)」について、詳しいお話を薬剤部長の…

  • 🕒
  • 2020.10.09更新

教育と地域貢献の両輪を備えた附属薬局「めいやく」。明治薬科大学…

明治薬科大学の附属薬局「めいやく」は、同学の薬学生が現場力を育むための教育施設です。 薬物治療に責任を持てる薬剤師の教育、そして創薬から育薬まで幅広い領域で活躍できる薬学人の養成を掲げる明…

  • 🕒
  • 2020.09.29更新

気軽に健康相談ができる薬局を目指して。アイランド薬局がオリジナ…

薬の窓口から、地域の患者さんに寄り添うパートナーへ。薬局の真価が問われる時代に、プライベートブランド「健幸彩活」を立ち上げたアイランド薬局。今回は、同ブランド担当の高松さんに、詳しいお話を伺…

  • 🕒
  • 2020.09.11更新

資格の取得はスタート地点。研さんを重ねて正しい情報を提供する「N…

臨床の立場から栄養について考え、健康の維持・増進への貢献を目指す日本臨床栄養協会。今回は、本協会に所属し「NR・サプリメントアドバイザー」として活動する上坂さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.09.01更新