HOP!薬剤師

薬剤師が土日休みで働く方法は?職場別の休日事情と転職時の注意点

土日休みの職場で働きたい!」「休みの希望が通りやすい職場ってどこ?

ワークライフバランスを求めて土日休みを希望する薬剤師は珍しくありません。

この記事では、土日が休みを実現する方法や、気を付けたいポイントを解説します。働き方について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が
多い職場
無料登録
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

詳細を
見る

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

詳細を
見る

ファルマ
スタッフ
7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

詳細を
見る

1.【職場別】薬剤師の休日事情は?

薬剤師の休日事情は職場によって大きく異なります。まずは調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業、それぞれの休日事情をみてみましょう。

調剤薬局

子育てや介護など家庭の事情で、調剤薬局勤務でも土日休みを希望しても、なかなか実現できない薬剤師が多いようです。

特に調剤薬局の場合、土日休みが固定されている職場はほとんどないでしょう。なぜなら多くの病院・クリニックが土曜診療をしているからです。

調剤薬局で正社員として働くなら、日曜が休みでもう1日は平日休みといったケースが大半です。

とはいえ毎週は無理だとしても、希望を出せば土日休みが通る職場もあります。そんな求人を探す時は以下のポイントを確認しましょう。

24時間営業かどうか

24時間営業の場合、大多数が日勤と夜勤の2交代制になっています。丸1日休みという概念ではなく、半休を週に何度も取得する職場も。

そのため休日を連続で取得すること自体が、困難だといえます。

薬剤師の在籍人数が適切かどうか

調剤薬局に限った話ではありませんが、薬剤師の数が少なければ休みの希望は通りづらいでしょう。

店舗規模に対して、薬剤師の人数が適切であるかどうかがチェックポイントです。自分の代わりになる薬剤師がいれば、休みの希望も通りやすいはず。

一方、調剤薬局といえど土日休診の病院近くにあれば、ほぼ土日休みとなります。同じ調剤薬局でも、職場により休日設定はバラバラなのです。

「調剤薬局勤務でも、絶対に土日は休みたい!」と強く希望するなら、正社員ではなく土日休みで契約可能なパートや派遣といった働き方が良いかもしれません。

ドラッグストア

ドラッグストアは土日に繁盛しますから、重要な戦力となる薬剤師が休むことは極めて難しいでしょう。正社員なら尚更です。

土日だけではなく、ゴールデンウィークやお盆休みといった大型休暇も同様です。年中無休の店舗であれば、年末年始の出勤も覚悟しなければいけません。

そのため土日休みでドラッグストアの求人を探す際は、アルバイトやパートといった雇用形態も選択肢に入れましょう。

アルバイトやパートはシフト勤務のため、面接時にあらかじめ希望を伝えておけば平日のみの勤務も可能になるはずです。

病院

病院薬剤師の休日は不規則な場合が多く、必ずしも土日を休めるとは限りません。

特に急性期型病院は、基本的に夜勤があるため曜日関係なく働く場合がほとんどです。休日はかなり不規則になるため、土日休暇を取るのは極めて困難でしょう。

一方、慢性期型病院や療養型病院は夜勤がない職場も多く、急性期と比較すると休みの希望が通りやすいといえます。

もちろん病床数や薬剤師の人数によって、休日の取りやすさは異なります。決まった曜日に休みたい方は休診日がある、または土日診療をしていない病院を探しましょう。

企業

企業は暦通りに休みとなるケースがほとんどなので、ほかの職場にくらべて土日休みがもっとも実現しやすい職場です。

とはいえMRなどの多忙な職種であれば、隔週のみの土日休みをはじめ、研修や病院からの呼び出しなどで休日出勤を余儀無くされる場面もあります。

確実に土日休みを実現したいのであれば、保健所など公的施設で働くことで希望が叶うでしょう。

2.薬剤師が土日休みを実現する働き方

ここまで職場ごとの休日事情を見てきましたが、「なかなか土日休みって難しい…?」と感じた方も多いはず。

しかし、土日休みは決して難しい話ではないのです。具体的な方法を紹介していきます。

雇用形態を変える

土日休みを手っ取り早くかなえたい薬剤師は、雇用形態の変更を検討してみましょう。

現在、正社員として働いている薬剤師なら、パートや派遣といった働き方を視野に入れて転職活動してみるのも一案です。

パートや派遣の場合、休みの希望にマッチした職場選びができるので、土日休日はもちろん、勤務時間も希望に近い状態で働けます。

一方でデメリットがあるのも事実。たとえば正社員からパート勤務に変えると、給料は月給制から時給制になり、シフトも自由度が高い分、休みを多く取得すると必然的に収入もダウンします。

収入をしっかり計算しつつ、プライベートのバランスをどう取るのか考えなくてはいけません。

また派遣薬剤師は高時給であるものの、雇用期間が満了となると契約が打ち切りになる可能性もあります。

長いスパンで働きたい方には、派遣薬剤師はおすすめできません。

さらに派遣薬剤師は即戦力を求められることが多いため、求められるスキルと自分のスキルが見合っていないと、苦労する場面も多くあるという点も押さえておきましょう。

土日休みの病院・クリニックの門前薬局で働く

調剤薬局なら、あらかじめ土日休みの職場を探しましょう。

土日休診の病院・クリニックの門前薬局で働く場合、薬局の定休日も基本的に病院やクリニックと同じ。土日休みの可能性は高くなります。

とはいえ多くのクリニックや病院は、土曜でも半日診察しているところが大半。完全土日休みの調剤薬局を探し出すのは、極めてハードルが高いといえます。

慢性期型病院や療養型病院で働く

病院薬剤師を希望する場合は、慢性期型病院や療養型病院で働くことをおすすめします。

慢性期型病院や療養型病院の場合、急患対応は基本的にありません。そのため、あらかじめ休みをきっちり確保できます。

夜勤がないケースも多く、変則的な勤務体系でないこともメリットといえるでしょう。

しかし一口に慢性期型病院や療養型病院といっても、病床数や薬剤師の人数によって勤務体系は異なります。あらかじめ求人情報をしっかり確認しておきましょう。

完全週休2日制の企業で働く

調剤薬局やドラッグストアではなく、完全週休2日制の「企業勤務」を目指す方法です。

大企業であれば、完全週休2日制を導入している場合がほとんど。なかでも製薬会社は完全週休2日制のところが多く、土日をしっかり休みたいという薬剤師にはおすすめです。

一方、中小の製薬企業では隔週や月末、繁忙期以外の週末だけ休みといったように、部分的に取り入れているケースも。

とはいえ製薬会社なら、平均で年間110~120日の休みは確保できるはずです。

またMR・CRCなどの職種は、土日の研修や展示会への参加も業務の一環です。どの程度の出勤頻度になるか、事前確認を忘れずに。

3.土日休みの職場に転職する際の注意点・ポイント

なかなか難しくみえる土日休みという働き方も、職場や雇用形態を柔軟に変えることで、かないやすくなります。

しかし転職前に押さえておきたいポイントがあります。詳しくみていきましょう。

土日休み以外の希望は通りづらい可能性も

土日休みという希望を最優先して転職活動するなら「年収はいくら以上、家から歩ける距離の職場で…」といったすべての希望をかなえるのは難しいでしょう。

たとえばドラッグストアで土日休みを確実に取るためには、パートや派遣勤務への切り替えが一般的です。しかしその場合は、給料がダウンするというデメリットが考えられます。

また年収・勤務地・休日などが好条件の職場は人気のため、募集がかかること自体が少なく、求人募集をしていても高倍率になります。

転職後に条件面で後悔しないよう、土日休みをメイン希望にしながらさまざまな職場を比較検討しましょう。

「休暇」に対する企業の積極性は要チェック

社員の休暇取得に対して積極的な企業は、休みが取りやすい傾向にあります。

たとえばリフレッシュ休暇やバースデー休暇など、独自の休暇を導入している企業であれば、希望した休みが通りやすく土日休みも取得しやすいはず。

ワークライフバランスを重視している企業は、求人情報でアピールされているケースが多いので確認してみましょう。

求人を探す際は転職サイトの活用がおすすめ

土日祝日の休みを希望し、転職活動を始めるなら転職エージェントへの相談が効率的な方法です。

というのも転職エージェントは、求人を出している企業に足を運び、担当者から詳しく話を聞いているので、職場の実態をしっかりと把握しているのです。

一例としては、「職場に薬剤師が何人程度いるのか」「社員の休暇状況はどうなっているのか」「企業として休暇に寛容かどうか」といったポイントをしっかりと押さえたうえで、求職者に求人を紹介しています。

当然、土日しっかり休めるかどうかについても把握しています。もし土日祝日休み出なかったとしても、場合によっては企業側に交渉もしてくれるでしょう。理想の職場を見つけるために、これほど頼りになる味方はいないはずです。

4.土日休みの職場で働くなら!おすすめ転職エージェント3選

続いては、頼りになるエージェントが在籍している転職サイトを3つ紹介します。それぞれ特徴が異なるので、自分に合った転職サイトを選んでくださいね。

豊富な求人数で多様な働き方を提案|マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビがおすすめの理由

  • 全体求人数が業界最大級
  • 個別面談を全国15箇所で実施
  • 条件交渉ありの手厚いサポート

マイナビ薬剤師に無料登録する

調剤薬局への転職に強い|ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフがおすすめの理由

  • 調剤薬局の求人数が最大級
  • 日本調剤グループが運営している安心感
  • 派遣×高時給求人が豊富

ファルマスタッフに無料登録する

スピーディーな対応に定評あり|薬キャリ

薬キャリ

薬キャリがおすすめの理由

  • 電話のみでスピーディーな転職を実現
  • 最短即日、最大10件の求人紹介あり
  • m3グループが運営しており病院転職にパイプあり

薬キャリに無料登録する

5.【番外編】気になる疑問を解消!

新卒で土日休みの職場に就職するには?

新卒であっても「土日休みの企業がいいな」と希望する方も多いですよね。

応募企業の土日休みを確認するには、まず企業の新卒採用サイトを見てみましょう。

募集要項の「休日」欄に「完全週休2日制」と記載されているならば、高確率で土日休み。具体的に曜日が記載されているなら、ほぼ確実です。

休みの取りやすさや休暇制度の充実度をチェックしたいなら、「福利厚生」も忘れずにチェックを。バースデー休暇など企業独自の休暇を設定しているなら、休みを取りやすい環境であることがわかります。

複数の企業の条件を比較検討したい場合は、新卒専門サイトの「マイナビファースト」や「リクナビファースト」への登録がおすすめですよ。

地域別の求人情報が見たい!

東京都の求人情報

東京都

埼玉県の求人情報

埼玉県

横浜市の求人情報

横浜市

大阪府の求人情報

大阪府

神戸市の求人情報

神戸市

札幌市の求人情報

札幌市

福岡市の求人情報

福岡市

沖縄県の求人情報

沖縄県

※2020年8月時点
※HOP独自調べ
※マイナビ薬剤師より画像引用

6.まとめ

薬剤師の休日事情や、土日休みを実現する方法を見ていきました。

休みはもちろん、給料や職場など自分にあった働き方を実現するために、転職サイトを活用した転職活動がおすすめです。

さまざまな企業を比較検討し、あなたにぴったりの職場を見つけましょう。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
 
  

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

Job Buddy

  • 40代50代60代の転職に強い!
  • 丁寧な面接対策と条件交渉を実施
  • 入職後6か月間のフォローあり

Job Buddyの特徴

調剤薬局 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

不安と不満のどっちが重い?~薬剤師を辞めたいときの“処方箋”

「もう薬剤師なんて辞めたい」そんなふうに思い、悩んでいる方。仮に辞めた場合には、どんな身の振り方があるのでしょうか。逆に薬剤師という仕事自体には踏みとどまるケースでは、…

  • 🕒
  • 2020.07.29更新

薬剤師の仕事のやりがいって?薬剤師に聞いた職場・職種別のリアル…

「日々同じ作業の繰り返しで、何のために仕事をしているか分からない」 仕事にやりがいを感じていない薬剤師も多いのではないでしょうか。 このページでは、薬剤師…

  • 🕒
  • 2020.07.22更新

「薬剤師は休みなし」は嘘?しっかり休める職場に確実に転職する方法

病院勤務で休みが全くとれない、ドラッグストア勤務で土日出勤が当たり前… こんな毎日に嫌気が差してはいませんか? 実は薬剤師の中には希望通りに休みをとったり、連休で旅行に行…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師の有給ってどれくらい?気になる有給消化率を見る上での注意点

有給休暇を使用したいのだけれども、なかなか休みが取れずに消化できていない薬剤師も少なくありません。一般的に薬剤師の有休消化率とはどの程度なのでしょうか。勤務する職場別に探っていきましょう。

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

【ペーパー薬剤師必見!】実務経験なしでも再就職できる方法とは!?

「今更薬剤師の仕事、できるか心配」 「どんな職場だったらペーパー薬剤師でも働きやすいのかな?」 薬剤師の資格は持っているけれど、…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師の転職|急性期病院の特徴と3つの役割、就職する方法と事例

急性期病院といえば薬剤師にとってハードな現場ですが、スキルアップを目指し、あえて急性期病院を希望する薬剤師もいます。 しかし、薬剤師にとって急性期病院とはどのような職場なのか、内定を勝ち得るために…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師で残業はいや!残業なしでプライベート優先の生活を手に入れろ

この記事の目次薬剤師はなぜ残業がおおいのか?「プライベート優先」の生活を手に手に入れる方法残業が少ない・残業なしのおすすめの職場 薬剤師はなぜ残業がおおいのか? 仕事の後に、予定があったのに残業のせい ...

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

調剤薬局勤務の薬剤師の転職理由は何が多いの?

この記事の目次1.調剤薬局の薬剤師の転職理由は何が多いのか?2.調剤薬局薬剤師の転職理由3つ3.転職理由はみんな似ている4.調剤薬局から転職するには 1.調剤薬局の薬剤師の転職理由は何が多いのか? 調 ...

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師が人間関係の悩みから脱出する最大のポイント

人が集まるところでは必ずと言っていいほど人間関係の問題が発生します。職場であればなおさらですね。 特に薬剤師は職場の人間関係に悩む方が多いと言われています。実際に、それが原因で退職する薬剤…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新