HOP!薬剤師

患者が抱える問題を薬剤師としてどう解決できるのか?ファミリー薬局が目指す理想の姿

神奈川県横浜市にある「ファミリー薬局横浜神大寺店」は、訪問服薬指導やセルフメディケーションに力を入れています。

「患者さんの生活環境や食生活を把握して、ストレスのない提案をしていきたい」と語るのは、同薬局長の池田裕紀(いけだ・ひろとし)さん。

かかりつけ薬局や在宅医療など地域に根ざした薬局が増えている昨今、これからの薬局や薬剤師に必要なこととは一体なんのでしょうか?

 

話を伺った人:池田裕紀(いけだ・ひろとし)さん

株式会社FAMILY PHARMACY代表。中性脂肪やコレステロール値、血液中のブドウ糖濃度などを調べられる検体測定も取り入れ、患者さんの生活に無理のない服薬指導を大切にしている。測定時間は短いもので1分300円〜とリーズナブルな価格で受けられ、その場で検査結果が分かる。

服薬指導をするだけではだめ?これからの薬剤師に必要なこととは?

薬剤師さんインタビュー

ーー早速ですが、池田さんが薬剤師を志したキッカケを教えてください。

池田さん:祖父母や両親の影響が大きいですね。私は、1951年から続く祖父母が下町に開局した薬局で幼少時代を過ごしました。居間から出るとすぐ目の前にはレジがあり、店内の棚には薬や日用品が並べられ、角には畳4畳ほどの調剤室が有ったのを覚えています。

ーー薬局が身近な存在だった池田さんにとって、薬剤師という選択はごく自然な流れだったんですね。

池田さん:そうですね。近所の方が薬や日用品を買いに来たり、地域に根ざした薬局であると同時に、それが自分たちの生活の場でもありました。

ーー最近は、在宅医療に力を入れる薬局や健康サポート薬局といった、地域密着型を目指す薬局が年々増えていますよね。

池田さん:そうですね。医薬分業が一般的になり今後は、調剤だけでなく在宅医療やセルフメディケーションの推進といった、より専門性の高い業務を行っていく必要があると思います。

患者さんが1日に何回も薬を飲むこと自体に無理がある?

薬剤師の池田さん

池田さん:地域の方々が自然に集まる、昔ながらの相談薬局をカタチにできたらと思い、当薬局では訪問服薬指導や栄養相談にも力を入れていこうと思っています。

カウンター越しに薬を渡してそこで終わりではなく、薬剤師が患者さん一人ひとりの自宅での経過や生活環境を把握していることによって、より安心できる医療サービスが提供できると思うんです。

ーー複数の薬を服用する高齢世代のなかには、飲み忘れや自己判断で飲まないといったケースも起こりうると聞いたことがあります。訪問服薬指導によって、薬の服用における問題点も改善できるのでしょうか?

池田さん:在宅では薬の管理や服薬カレンダーの使用、介護者の協力などで改善は見込めるケースは多くあります。飲み忘れに関しては非常に難しい問題ではありますが、薬を飲み忘れてしまうのは自然なことだとも思うんです。

ーーと言いますと?

池田さん:高齢者が「食前」「食後」「寝る前」と1日に何回も薬を飲むこと自体に無理があるように思います。もちろん、なぜその薬を飲む必要があるのかを説明し、しっかり薬を飲んでいただくことが我々薬剤師の役目であると思っています。

患者さんの1日の生活リズムや食事の回数、介護などを把握して、どういったタイミングであれば無理なく薬を服用できるのかを、医師に提案していくことも薬剤師として大切なことです。

自宅での生活を継続することだが、在宅治療の大きな目的のひとつだと思っています。だからこそ、患者さんにとって無理のない生活を一緒に考えていく必要があります。

それぞれの職種が専門性を発揮しながら医療現場の問題をクリアしていきたい

薬剤師の医療現場

ーー2025年には75歳以上の高齢者が2,200万人にものぼり、超高齢社会が到来するだろうと言われていますよね。そうなると、少子高齢化がさらに加速して訪問服薬指導の需要も増えていくのでしょうか?

池田さん:自宅でのターミナルケアも増えていますし、高齢者人口がピークに達する2040年頃まで訪問服薬指導の需要はさらに高まっていくと思います。人口動態を考えると、2025年頃から一気に加速していくのではないでしょうか。

高齢化社会の波が押し寄せたとき、薬局から絶えず薬を供給し続けなければ、患者さんの元に薬が届かないという状況に陥る可能性があると思います。

ーーそれまでに薬局は、今のクオリティを保ちつつ、体制を整えていかなければならないと。

池田さん:はい。薬局としての体制もそうですが、訪問薬剤師も含めて地域としての体制を整えていくことが大切だと思っています。

ーー地域としての体制ですか?

池田さん:患者さんを中心に、ケアマネージャー、ドクター、ナース、PT、OT、ST、管理栄養士、薬剤師などそれぞれの職種が専門性を発揮しながら、課題をクリアしていけば良いのではないかなと思います。

なので私は、訪問服薬指導をおこなう際、その患者さんの生活環境やキーパーソン、介護に関わる関連職種の方からの情報を把握するように努めています。在宅は、介護保険を利用されている方がほとんどです。

ケアマネージャーさんにケアプランを見せていただき、どのような課題があり薬剤師としてどのように介入していくのが一番いいのか、患者さんにとってメリットがあるのかを考えながら、業務にあたるようにしています。

ーー薬剤師の職務に捉われるのではなく、チームで連携を図ることでより質の高い医療サービスが実現できますね。

池田さん:そうですね。お互いを尊敬し合う気持ちが、より質の高い医療サービスやケアを生むのだと信じています。

私は薬剤師という仕事は自分にとって天職だと思っていますし、訪問服薬指導はもちろん、検体測定や栄養相談など新しいことを提供できる環境をどんどん切り開いていきたいですね。

まとめ

薬剤師の訪問服薬指導

池田さんは最後、「患者さんやそのご家族からの『ありがとう』という言葉が原動力になる」と話してくれました。

超高齢化社会が加速するであろうこれからの時代に合わせて、訪問服薬指導など地域に根付いた医療サービスが、これからの薬局しかり、薬剤師しかり、患者さんから求められる姿なのではないでしょうか。

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新

金沢大学附属病院薬剤部の人材育成モデル「KUPS」が掲げる未来のリ…

臨床教育を通じ、幅広い視野の獲得と専門性向上を推進する金沢大学附属病院薬剤部。今回は薬剤部の人材育成モデル「Kanazawa University Pharmacist Standard(KUPS)」について、詳しいお話を薬剤部長の…

  • 🕒
  • 2020.10.09更新

教育と地域貢献の両輪を備えた附属薬局「めいやく」。明治薬科大学…

明治薬科大学の附属薬局「めいやく」は、同学の薬学生が現場力を育むための教育施設です。 薬物治療に責任を持てる薬剤師の教育、そして創薬から育薬まで幅広い領域で活躍できる薬学人の養成を掲げる明…

  • 🕒
  • 2020.09.29更新

気軽に健康相談ができる薬局を目指して。アイランド薬局がオリジナ…

薬の窓口から、地域の患者さんに寄り添うパートナーへ。薬局の真価が問われる時代に、プライベートブランド「健幸彩活」を立ち上げたアイランド薬局。今回は、同ブランド担当の高松さんに、詳しいお話を伺…

  • 🕒
  • 2020.09.11更新

資格の取得はスタート地点。研さんを重ねて正しい情報を提供する「N…

臨床の立場から栄養について考え、健康の維持・増進への貢献を目指す日本臨床栄養協会。今回は、本協会に所属し「NR・サプリメントアドバイザー」として活動する上坂さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.09.01更新

現場能力を高め、社会で活躍できる人材を。日本薬科大学の漢方アロ…

「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神に掲げる日本薬科大学。専門性高く創造性豊かな人材の養成を目指し、様々な取組みを実践しています。 今回は数ある取組のなかから「漢方アロマコース」につい…

  • 🕒
  • 2020.08.20更新

患者自身に向き合い、長期的なサポートを。アロマセラピーの知識が…

近年、患者への提案の幅を広げるためにアロマセラピーに興味を持つ薬剤師が増えています。より深い学びを目指し、資格取得を目指す薬剤師も珍しくありません。 今回は、そんなアロマセラピーの魅力に迫…

  • 🕒
  • 2020.08.18更新

未来まで継続・発展する薬局を一緒に作りたい|経営の専門家が語る…

薬局の経営支援を行う石黒さん。「未来まで継続・発展する薬局を一緒に作りたい」という想いの下、さまざまな薬局経営者の伴走者として、薬局を発展させる取り組みを行っています。 石黒さんの薬局経営…

  • 🕒
  • 2020.08.12更新

企業と従業員の相互理解を深め、企業経営に好循環を。HMI-ESが実現…

薬局経営者の仕事は売上の維持・向上だけではありません。「強い組織づくり」も大事な役割となります。 しかし、組織づくりに関して何から手をつければ良いかわからない経営者がほとんどではないでしょうか。

  • 🕒
  • 2020.08.12更新

忙しい人ほど対面で。英会話教室AEON(イーオン)だからこそ得られる…

「仕事の合間に効率良く英語を学びたい」「独学だとなかなか勉強の癖がつかない…」 キャリアアップのため、自身の可能性を広げるため、英語の習得を目指す薬剤師は年々増えています。 そんな薬剤師をフ…

  • 🕒
  • 2020.08.12更新

『Musubi』が薬剤師と患者さんのコミュニケーションを手助けしてく…

東京都板橋区にある「りおん薬局 志村坂店」は、在宅訪問医療を中心におこなっている地域密着型の調剤薬局です。「りおん薬局 志村坂店」で働く薬剤師の方々は、患者さんとのコミュニケーションを何よりも大切に…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新

薬剤師の「困った」を即解決!薬剤師限定コミュニティ「ヤクメド」…

「患者からの問い合わせにうまく対応できない」「医師とのコミュニケーションがうまく取れない」 こうした薬剤師の悩みを解決するのがコミュニティサイト「ヤクメド」です。 今回はサービスの魅力…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新