HOP!薬剤師

パワハラ御法度!の世の中で人の命に係わる「医療人」をどう育てる?

勤続年数が長くなり後輩ができると、現場業務と並行して教育係を任されることもあると思います。新人の教育・指導には皆さん頭を悩ませていると思われますが、それは薬剤師としての模範となるような人材育成をするという重要な役割を担っているからです。

 

しかし、企業のコンプライアンスが重要視される昨今、業務上必要な指導や注意もパワハラだと思われてしまうというリスクが常について回ります。

 

一方で、優しすぎると本人に指導の意図が伝わらなかったり、ミスの原因となり患者さんに迷惑がかかったりしてしまうことも...。そのため、指導方針が定まらずに部下の教育に頭を抱えてしまう薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

 

「パワハラは御法度!でも『医療人としての気付き』に気付いてもらわないのは、医療人としてもっと御法度! 」と吉江隆範(よしえ・たかのり) さんは語ります。若手薬剤師のやる気を損なうことなく医療人として育てていくためには、どのように指導していけば良いのでしょうか?

話を伺った人:吉江隆範(よしえ・たかのり) さん

ファルマプリベ薬局 薬局長・社長付特命係長。ファルマとは英語で『薬、薬局』プリベはフランス語で『プライベート』を意味する。患者さんが日々の生活の中で困っているとき、悩んでいるとき、処方箋がなくてもいつでも利用してもらえる空間でありたいという代表の強い想いが込められている。

教育・指導は“気付き”のお手伝い

――「ファルマプリベ薬局」では薬学部実習生の受け入れを積極的におこなっていると聞きました。吉江さんが教育・指導で大切にしていることは何でしょうか?

吉江さん:本人の「メリット」と「疲労」の共有です。

学生さんや新人さん自身が「何を求めていて、どうなりたいか?」を理解し、それを獲得できるというメリットを明確にする。この点が合致していないとお互いにずれてきちゃいますし、強制になっちゃう。だからしっかり話し合います。接客業もそうだと思うのですが、まずお互いのニーズを共有しないと。

そして忘れてはならないのが、「疲労」度合いに常に目を光らせること。こちらがどんなに気を遣っていても、夢中になると本人も無意識のうちに「疲労」が蓄積してしまうことがありますから。「疲労」が一番怖い!しっかり休むこと、スイッチオフの期間を作り、リラックスして自分の時間を楽んでもらうことを大切にしています。

――若手薬剤師さんにできるだけ長く続けてもらうために、あまり厳しく指導しない、褒めて伸ばすなど教育に頭を抱えてしまう薬剤師さんは多いようです。

吉江さん:たしかに厳しすぎると、相手の成長意欲を損なう可能性もありますよね。ただ一方的に間違いを叱るのではなく、なぜそれがいけないのか、どこに問題があったのか「自分で気づく力」を持ってもらわなければ成長につながりません。

つまり、叱ること自体にほとんど意味がないと思っています。もちろん例外はありますが。

ぶっちゃけ怒っちゃったときってほとんど指導者側のジレンマだと思うんですよ。「どうしてわかってくれないんだ!」って言う。私も人として完璧ではないですし感情的になることもあります。でも、そんなとき本当は「やべ!やっちゃった!」って思っているので、実は相当慎重に、冷静な自分も保ちながら叱っています。ですのでクールダウン出来たら怒っちゃたこと必ず謝るようにもしています。

 

まぁ実際、怒らなければ気付かなかったこともあるようで、のちのち逆に感謝されることも少なくないです。はっきりとは言えませんが、そこには前提で作っておいた「メリット」の合致があり更にハートが乗っかっていたんだと思います。運よく叱ることが効果的な場合もあるとは思いますが、それは本当に賭けです。

――逆説的にいえば、何でも気軽に悩み相談ができる関係ができていたら、「自分のためを思って叱ってくれているんだ」「向き合ってくれているんだ」とポジティブに捉えられるようになりますよね?

吉江さん:そうとは限らないです。それを指導側が無意識に期待してしまうことがダメだと思います。

指導が厳しいかどうかは指導される側の捉え方次第ですので、答えはありません。だから叱らないが正解だし、叱ることがリスクであることに変わりはない。一番の理想はポジティブで自主的な気付きです。

さらに怖いのは「叱ることでの気づき=自分を変える=自己否定」という部分を含んでいるという事。この一連の作業では想像以上のエネルギーを消耗します。お互いに体力勝負になりますし、余程の信頼関係がないと達成できません。

 

そこで、先ほどの「疲労」に目を光らせるが重要になってきます。「疲労」は人を潰してしまう。

側で寄り添い見守りながら、必要に応じて疲れたら休ませてあげる、うまくできたら褒めてあげる。ときにはそっと見守る。その上で目的を共に達成するために協力する姿勢見せる事を大切にしています。

――叱ることには相当なリスクを伴うわけですね。

吉江さん:そうなんです。悩み相談ができるような関係性を築くまでには、時間も労力もかかりますし、そんな関係性が築けたらラッキー!くらいに考えています。そもそも誰にだって「合う合わない」がありますからね。生理的に無理!みたいな(笑)。

――信頼関係を築くうえで大切にしていることはありますか?

吉江さん:先ほども言いましたが、協力する姿勢を見せる事。つまり、どんなときでも相手の味方でいることです。「同じことを繰り返し注意しているのになかなか改善されない!」「直らないからもう知らない!」と途中で見捨てたりせず、渡り鳥の親鳥のように1人で飛べるようになるまで、一緒にパタパタと伴走することがとても大切なんじゃないかと思っています。

薬剤師としての「やさしさ」を育てるために

――学生さんに「気づき」を増やしてもらうため具体的にどんなことをしていますか?

吉江さん:「ヒューマンウォッチング」です。患者さんが来局されたときの表情、顔色、目の動き、仕草を見て総合的に患者さんが求めているニーズやウォンツを想像します。急いでいるのか、じっくり話を聞いて欲しい人なのか、学生さんと一緒に考えるんです。

僕は相手の立場になって、いろいろと想像できることが「やさしさ」だと思っていて「ヒューマンウォッチング」を一緒に繰り返していくと、学生さんに「相手目線=やさしさ」が少しずつ育っていきます。その「相手目線=やさしさ」の芽が、学生さんが薬剤師さんになったときに「やさしさ」という薬剤師としての大きな幹になればいいなと思っています。「相手目線=やさしさ」は僕が学生さんの心に仕掛けたの秘密のタイムカプセルですね((/ω\))。

――……ロマンチック!

吉江さん:もちろん「ヒューマンウォッチング」なんてやったことのない学生さんばかりです。だから、当然うまくいかない。そこでどうするかというと、ヒューマンウォッチングの前段階として患者さんへの対応をシミュレーションする「ロールプレイ」を頑張ってもらいます。

ポイントはロールプレイのシナリオをこちらで提供するのではなく自分で作ってもらうこと。自分で作ったシナリオに対して、患者さん役になったり薬剤師役になったりして「本気」で演じながら、いろいろな角度で体感してもらい一緒に検証します。こういった体験からだんだんと人の気持ちについて想像ができるようになるわけです。

座学では学べない患者さんとの関わり方を背中で見せていく

――吉江さんは患者さんに対しても薬学部実習生に対しても、常に真正面から向き合っているんですね。

吉江さん:そうですかね!?真正面が何なのかはよくわかりません(笑)。強いて言えば嘘はつかないよう、表面的な言葉は使わないよう気を付けています。あとは・・・・無理はしないようにしているかなー? とは言え、人間無理しないようにするとだらけちゃうので、プロ意識を持って仕事をすることも信条にしています。

――吉江さんにとってのプロ意識とは何でしょうか?

吉江さん:患者さんの命を預かっているという責任感です。学生さんには必ず例え話として自動車運転免許の話をします。免許を取ったばかりの頃って、スピード違反をしない、一時停止は守る、ブレーキとアクセルは絶対に踏み間違えないとか、ありとあらゆることに神経をつかって慎重に運転しますよね。しかし、慣れてくるとちょっとした気の緩みから慎重さを忘れる。薬剤師免許も同じ。プロ意識の欠如が事故につながる。 薬剤師は人様の命に関わる責任のある仕事。だからこそ、常に緊張感と責任感を持って仕事に取り組む意識を持ち続けなければなりません。当然勉強もするし、ゆっくり休んで心と体を休める、体調がすぐれないときは無理をしない!子供たちと遊んで!お酒飲んで!寝ます!

まとめ

ちょうど実習期間中だった学生さんからも話を聞きましたが、生き生きとした目で自信をもって実習を振り返っていました。きっと充実した実習だったのでしょう! 今回の取材を通して、教育・指導だけでなくどんな時でもヒトと真剣に向き合う吉江さんの温かさを垣間見ることができました。ネームプレートは終始ひっくり返ってましたけどね!ちょっぴり、おちゃめな吉江さん!これからも頑張ってください!

ファルマプリべ薬局

住所:さいたま市浦和区常盤9-19-9 武蔵野ビル1F

営業時間:月火木金9:00~19:00 水9:00~17:00 土9:00~13:00

閉局曜日:日曜、祝祭日

ファルマプリベ薬局:公式HP

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだ…

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。 そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組…

  • 🕒
  • 2020.12.21更新

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新