HOP!薬剤師

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転職を成功させたその秘密について話を伺いました。

1.調剤薬局から外資系製薬会社へ!転職の経緯を聞いてみた

Q.あなたの転職前のキャリアを教えて下さい。

―大学を卒業して薬剤師の資格を取得後は、大手の調剤薬局で勤務していました。

もともとキャリアパスのしっかりした会社でキャリアを積み、どんどん出世していきたいという目標があったのです。

店舗での調剤勤務も経験した後、本部に呼ばれて30歳を過ぎたころには年収は600万円近くあり、目標通りキャリアを築けていると感じていました。

Q.外資系製薬会社への転職のきっかけは何ですか?

―勤務先の調剤薬局会社では住宅手当もあり、福利厚生もしっかりしていたので特に不満はありませんでした。

しかし、ふと同じ職場でずっと勤務することに対して「このままでいいのかな」と思ったので、同年代の友人を見渡してみたんです。

すると、薬剤師以外の人間も含めて転職を通じてキャリアアップを果たしていたのです。さらに自分の職場にも転職する人が増えてきて、突然あせりが生じました。

転職を意識するようになって、そこからは一瞬。すぐに薬剤師専門の転職サイトに登録しました。

Q.どの転職サイトを利用しましたか?

―もちろん、転職サイトはいくつか登録しましたが、特に利用したのは「マイナビ薬剤師」でした。

その理由は、私の「キャリアアップをしたい」という希望をかなえられる良い条件の求人をたくさん紹介してもらえたからです。

その中に、今の勤務先である外資系企業の求人情報があったのです。年収は150万ほど上乗せした750万円になるというもので魅力的に見えました。

そして、実績や資格取得次第でまだまだ上がる環境だと紹介いただいたときに私の心は決まりました。

Q.転職して後悔はありませんか?

―とっても充実していて、心から「転職してよかった!と思っています。

キャリアアップのための転職と考えていたので、成果主義な外資系への転職に恐れはなかったですし後悔ももちろんありません。

これからは管理薬剤師などの資格を取ると勤務待遇も良くなるということなので、積極的に資格取得に向けて勉強に励む毎日です。

2.外資系企業の薬剤師求人はほとんどが非公開

ここまでが、彼女の転職体験談になります。

薬剤師に限らず、外資系は成果が上がらなければ給料は本当に上がりません。

「Up or Out」という言葉があるように、成果を常に求められる環境です。

外資に転職するなら、英語力よりもむしろこの成果主義について意識をすることが重要です。

しかし逆に言えば、チャレンジできる環境であるといえます。

体験談の彼女のように意欲さえあれば、強いやりがいを感じるから仕事に打ち込むことができるでしょう。

問題は、募集のほとんどが非公開である、そして応募資格を得るチャンスが少ないということ。

外資製薬メーカーや外資系大手製薬会社へ転職し、キャリアアップを目指したいなら彼女のように転職サイトを活用することが必要といえます。

非公開求人を知るために転職サイトに登録し、その上で自分に合う職種や仕事内容を改めて見直したうえで、外資系を目指すのも悪くないでしょう。

繰り返しになりますが、外資系CROなどの高待遇求人は基本的に非公開です。

チャンスを逃さないためにも、転職サイトへの登録はマストと言えます。

2020年11月の転職情報

10月に引き続き、インフルエンザと風邪の流行にともない薬局やドラッグストアの人員強化が行われる時期です。 12月に患者が増えることを見越して早めに人を確保したい企業もチラホラ。 例年とは転職市場の動きがイレギュラーなため、こまめに求人をチェックするのがおすすめです。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
 
  

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

Job Buddy

  • 40代50代60代の転職に強い!
  • 丁寧な面接対策と条件交渉を実施
  • 入職後6か月間のフォローあり

Job Buddyの特徴

調剤薬局 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師激怒!ハズレのキャリアコンサルタントがしでかした3つのコト

「キャリアコンサルタント」 転職サイトに登録すると、手取り足取り転職サポートをしてくれる人。求人情報の収集、選考書類の作成、面接対策、年収条件の交渉など。別名「転職エージ…

  • 🕒
  • 2020.10.12更新

薬剤師のデスクワークってどんな仕事?転職に成功した体験談を紹介

「薬剤師のデスクワークってあるのかな?」「自分に合うデスクワークの仕事を見つけたい」 この記事では、デスクワークの仕事に転職した…

  • 🕒
  • 2020.09.30更新

薬剤師の新卒サイトはココを確認!就活の進め方まで紹介!

「新卒サイトのどこが重要なのかわからない...」「就活で押さえておくべき情報は?」 この記事では、新卒採用サイトで絶対に見るべきポイントと…

  • 🕒
  • 2020.09.08更新

薬剤師転職サイトには複数登録しないと危険!最低でも2社登録の理由

転職活動をする際には、薬剤師の転職サイトには3社以上登録しないと非常に危険だということをご存知ですか? その理由は薬剤師転職サイトに複数登録しないと、「希望とは全く異なる…

  • 🕒
  • 2020.05.27更新

薬剤師のキャリアチェンジ 転職後に後悔しないために気を付けること

薬剤師は勤務先によって大きく仕事内容が変わります。薬剤師はキャリアチェンジが成功しやすい職業ですが、転職後に後悔することも少なくありません。薬剤師がキャリアチェンジする時はどんなことに気をつければ…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

新人薬剤師必見!新人薬剤師のよくある『職場の悩み・不安』の解消法

どんな職業でも仕事を始めた頃は大変ですが、経験がモノをいう薬剤師の仕事では辛い、辞めたいと思う新人さんが多いように思えます。特に病院薬剤師は給料も低めなのに仕事は厳しく、人間…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師として留学してスキルアップを目指すには

薬剤師としてスキルアップするために、留学を目指す方も増えてきました。薬剤師として働きながら大学院に通ったり研修を行ったりするためには、どの国を選ぶことができるでしょうか。また、留学先で関わることが…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

職場別の薬剤師の人口比較!薬剤師業界での需要の変化を徹底的に探る

薬剤師は様々な業界で求められています。調剤薬局だけでなく病院や診療所、製薬企業や一般企業など、薬剤師の資格を必要とする業種は増加の一途をたどっています。各業界における薬剤師の人口を比較することで、…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師転職の仕事の選び方と転職失敗しないための口コミ・体験談6選

「転職したい」と考えているけれど、不安があって一歩を踏み出せずにいる…。この記事ではそんなモヤモヤを抱えた薬剤師のために、最低限これを知っておけば転職活動が始められる、という転職の基礎知識を紹介し…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師に危機到来!~来たる薬剤師過剰時代を生き残る仕事の種類は?

「今のままでは自分のキャリア形成に不安」 「現在の職場で同じ仕事を、続けていくメリットはあるのか、ないのか」 30代を目前にひかえた薬剤師。ぼんやりとした、そんな不安を感じたことはない…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新