HOP!薬剤師

『Musubi』が薬剤師と患者さんのコミュニケーションを手助けしてくれる

東京都板橋区にある「りおん薬局 志村坂店」は、在宅訪問医療を中心におこなっている地域密着型の調剤薬局です。「りおん薬局 志村坂店」で働く薬剤師の方々は、患者さんとのコミュニケーションを何よりも大切にしています。そのため、処方箋を持って来院された患者さんと、長いときでは15分近くじっくりお話をすることもあるそうです。

 

「私たち薬剤師にとって大切なのは“支援”。管理というと、どうしても薬剤師が上、患者さんが下という上下の関係になってしまいます。そうではなくて、患者さんに寄り添いながら手と手を取り合って支え合う関係性を大切にしたい。そのためには、患者さんとたくさんコミュニケーションを取りながら、日常生活を知ることが大切なんです」

 

そう話すのは、「りおん薬局 志村坂店」の管理薬剤師を務める平井文朗(ひらい・ふみお)さん。彼は、在宅訪問医療の重要性が叫ばれる10年以上も前から、在宅を専門に数々の現場で活動している経験豊富な薬剤師です。

 

「医療と患者さんを繋ぐ」という株式会社カケハシの理念に共感し、同社が開発・提供している電子薬歴システム「Musubi」をいち早く導入。患者さんとのコミュニケーションに役立てています。

 

※「Musubi」の詳しい内容については、下記の記事をご覧ください。

⇒薬剤師に新たな価値を!電子薬歴システム「Musubi」に込められた開発者の想い

 

「Musubi」は、患者さんへの服薬指導と生活アドバイスを自動で提案できる「電子薬歴システム=時間短縮・業務の効率化」と思われがちですが、「りおん薬局 志村坂店」では、少し違った使い方をしているそうです。一体どのような場面で「Musubi」を使用し、患者さんとのコミュニケーションにどう役立てているのか、管理薬剤師の平井文朗さんにお話を伺いました。

 

リオン薬局の平井さん

話を伺った人:平井文朗(ひらい・ふみお)さん

りおん薬局志村坂店 管理薬剤師。株式会社FiNE代表。薬剤師を招いての講習会やセミナーでの講師としても活躍している。

服薬指導は患者さんの生活を把握するためのひとつの手段

社会人 ストレス

――「りおん薬局 志村坂店」は、「Musubi」を導入した第一号店だと伺いました。

平井さん:そうなんですよ。「Musubi」がリリースされた直後に導入したのですが、非常に使いやすいなと思いました。患者さんにお薬をお渡しする前に、過去のデータを記録した「Musubi」を見れば、薬歴や健康状態、服用している薬をもとにした、その人にとって今必要なワンポイントアドバイスがひと目でわかるんです。

私はこれまで11年間、在宅訪問医療を専門にやってきたのですが、患者さんにとっての真のかかりつけというのは、その方の生活を把握することだと思っています。そのためには、対面でのコミュニケーションがとても重要なんです。

だから私は、患者さんとは一方的な薬の説明はあまりせず、必要に応じてしっかりとお話させていただいています。例えば、最初は「処方するのがどんなお薬なのか」「どうして飲む必要があるのか」というお話をします。けれど、1ヶ月、2ヶ月、半年、1年と患者さんと接する機会が増えるにつれて、お薬よりも日常会話のボリュームが多くなっていくんですよね。

――日常会話というのは、具体的にどんなことを患者さんとお話されるんですか?

平井さん:患者さんとの関係値にもよりますが、「今日はちょっと顔色が悪いけれど、きちんと眠れていますか?」「暑い日が続いていますが、ご飯食べられていますか?」という具合に、患者さんの表情や顔色、歩き方を瞬時に察知してさまざま角度から質問を投げかけてみるんです。

そうすると、「実は最近食欲がなくて」「仕事が忙しくてなかなか食事を摂れていなくて」と打ち明けてくれるようになります。その方の生活に一歩踏み込んだ話を積み重ねることによってコミュニケーションが深まり、より質の高い支援につながると思うんです。

――服薬指導というと、処方された薬の効果効能や副作用、症状に合わせた薬の正しい飲み方を、口頭で患者さんに説明してその場だけでの関係でおしまい、というイメージがありました。

平井さん:それは、これまで患者さんとのコミュニケーションを疎かにしてしまった、薬剤師に責任があると思っています。服薬指導をおこなう目的が「薬歴を書くこと」になっていて、本質を忘れてしまっている薬剤師さんが多い気がしてならないんです。

――本質を忘れる?

平井さん:私が考える服薬指導というのは、患者さんの生活を知るためのひとつの手段。患者さんが抱えている悩みを把握することで、その方にとって今必要なアドバイスをできるようになります。相談に来てくれた患者さん一人ひとりが、健康で豊かな生活を送れるようにすることが我々薬剤師が果たすべき目的であり、役割であると思うんです。

「Musubi」は薬剤師が患者さんとの間にある“川”を安全に渡るためのコミュニケーションツール

リオン薬局

――目的と手段がズレてしまうと、患者さんの課題解決の糸口となる服薬指導も業務の一環になってしまいますね。「Musubi」を使うことで、これまで手作業でおこなっていた時間が短縮され、コミュニケーションという重要な価値に時間をかけられるようになりますね。

平井さん:そうですね。講演会やセミナーでもお話をさせていただくのですが、患者さんと薬剤師の間には、目に見えないコミュニケーションという川が流れています。その川は、激しい流れの濁流かもしれないし、小川のようにゆったり静かに流れる清流かもしれないし、幅の広い川かもしれない。

「Musubi」は、私たちと川の向こう側にいる患者さんとの距離を縮めてくれるツールだと思っています。薬局は、物腰が柔らかくて愛想も良く、自分から歩み寄ってくれる患者さんだけを支援する場所ではないはずです。

どんなに厳しそうに見える怖そうな方でも、「先日お出ししたお薬は残っていますか?」とひと言声をかけるだけで、「実はまだ残っているんです」と答えてくださいます。薬が残ってしまうのは、薬が飲みづらいからなのか、忙しくて忘れてしまうからなのか、人それぞれ必ず理由がありますから、日常生活に一歩踏み込んだ質問を投げかけて話を深堀りしていくんです。

患者さんと目を見てお話をすることで分かりづらい体調、モチベーションといった“今”の状態を、顔色や声のトーンから読み取れるようになるんですよ。

――食事や睡眠時間など生活に関する情報をどれだけインプットできているかで、患者さんの今求めているアドバイスや一人ひとりのライフスタイルに則した支援やサポートの質も変わっていきますね。

「Musubi」は若手薬剤師の自信を手助けしてくれる

リオン薬局2

平井さん:サポートといえば、「Musubi」は駆け出しの若手薬剤師の教育にも役立つと思っています。服薬指導の際、若手の薬剤師さんが抱えている悩みに、「患者さんと何を話したらいいのかわからない」「症状を伺ってもなかなか答えてもらえない」というものが挙げられます。これも、先ほどお話した「薬歴を記入すること」が目的になってしまっていることに原因があるのかもしれません。

「Musubi」は、多くの薬剤師や管理薬剤師、経営者の方々にヒアリングをして、課題解決・改善に向けたコンテンツを反映させていると伺っています。「Musubi」を通して、経験豊富な薬剤師の知識やスキルを一台で何万人もの薬剤師さんの間に共有されるんです。

――若手だけではなく、転職したてで薬局の患者像を把握しきれていない薬剤師さんも、「Musubi」から得た情報を実践しながら、受け答えの引き出しを増やしていけるんですね。

平井さん:そうなんですよ。たとえば、漢方薬を投薬する患者さんへの服薬指導画面に、ジェネリック内服薬をすすめるスライドが表示されたとしましょう。「今日処方しているお薬は漢方ですが、ジェネリックに変更できる内服薬があった場合は変更しましょうか」といった提案方法につなげられます。もちろん、その反対も然り。

また、「症状が強いときは、お湯に溶かして飲んでくださいね」という具合に、その方の生活スタイルや健康状態に応じてアドバイスができるようになっていくんです。「Musubi」は、患者さんへカウンター越しに服薬指導をおこなうときに、緊張してどもってしまったり、頭が真っ白になってしまったり、自信がない薬剤師さんの手助けになりますよね。

――「りおん薬局 志村坂店」では、「Musubi」患者さんとのコミュニケーションを円滑にするためだけのものではなく、若手薬剤師の方々の学習ツールとしても活用できると考えていらっしゃるんですね。

平井さん:今まで手入力していた患者さんの薬歴を、すべて自動でおこなってくれるため、業務の効率化にもつながっています。薬局によって、「Musubi」の使い方はさまざまですし、正解はありません。私たちのように、患者さんとの時間を優先するためのツールとして使うのもひとつの方法ですし、若手の教育に使うのもひとつの使い方です。

良いか悪いかではなく、大切なのが「本当に患者さんのためになっているか」ということですよね。患者さんが「あそこに行けば何でも相談できる」と思ってもらえる、心の拠り所となる存在であり続けたい思います。

まとめ

リオン薬局

「忙しくて時間がないから」「薬歴を書かないといけないから」といった理由から、患者さんとのコミュニケーションに時間をかけられず、関係構築に悩む薬剤師はたくさんいます。「Musubi」は、自分に自信のない若手薬剤師の手助けや患者さんとのコミュニケーションを後押ししてくれる、画期的なツールなのです。

りおん薬局 志村坂店

住所:東京都板橋区 東坂下1-9-5 2階

営業時間(平日):9:30~17:30

営業時間(土曜日):9:30~17:00

閉局曜日:日曜、祝祭日

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新

金沢大学附属病院薬剤部の人材育成モデル「KUPS」が掲げる未来のリ…

臨床教育を通じ、幅広い視野の獲得と専門性向上を推進する金沢大学附属病院薬剤部。今回は薬剤部の人材育成モデル「Kanazawa University Pharmacist Standard(KUPS)」について、詳しいお話を薬剤部長の…

  • 🕒
  • 2020.10.09更新

教育と地域貢献の両輪を備えた附属薬局「めいやく」。明治薬科大学…

明治薬科大学の附属薬局「めいやく」は、同学の薬学生が現場力を育むための教育施設です。 薬物治療に責任を持てる薬剤師の教育、そして創薬から育薬まで幅広い領域で活躍できる薬学人の養成を掲げる明…

  • 🕒
  • 2020.09.29更新

気軽に健康相談ができる薬局を目指して。アイランド薬局がオリジナ…

薬の窓口から、地域の患者さんに寄り添うパートナーへ。薬局の真価が問われる時代に、プライベートブランド「健幸彩活」を立ち上げたアイランド薬局。今回は、同ブランド担当の高松さんに、詳しいお話を伺…

  • 🕒
  • 2020.09.11更新

資格の取得はスタート地点。研さんを重ねて正しい情報を提供する「N…

臨床の立場から栄養について考え、健康の維持・増進への貢献を目指す日本臨床栄養協会。今回は、本協会に所属し「NR・サプリメントアドバイザー」として活動する上坂さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.09.01更新