HOP!薬剤師

薬剤師のデスクワークってどんな仕事?転職に成功した体験談を紹介

デスクワーク

薬剤師のデスクワークってあるのかな?
自分に合うデスクワークの仕事を見つけたい

この記事では、デスクワークの仕事に転職した実際の体験談や代表的なデスクワークを紹介してきます。
デスクワークをしたいと考えている薬剤師は、ぜひ参考にしてください。

1.薬剤師の体験談!デスクワークへの転職を成功させた方法とは

デスクワークの仕事がなかなか見つからない
薬剤師のデスクワークの仕事の探し方がわからない

デスクワークの求人は、ほぼ非公開求人になっているためほとんどの方が見つけることができず「転職が困難な求人」といえます。

まして、正社員の求人を探すのは至難の業です。それではどうすれば希少なデスクワークの仕事に転職できるのでしょうか?
実際にデスクワークの仕事に転職できた薬剤師の体験談をご紹介します。

男性
「自分の想いを伝えること」調剤薬局から転職 関東勤務
30歳・男性

一緒に働いていた上司との面談をくりかえし、仕事を通してやりたいことや自分の将来のビジョンについて何度も話しました。 その結果、自分の想いが通じ、デスクワークの仕事を任せてもらえるようになりました。
実際にデスクワークの仕事をしてみて、どんな職場でも自分の能力を活かせる職場はあると感じるようになりました。

2度目の転職時にもデスクワークの仕事を探すのは大変でした。
ただ、あきらめずに探し続けたことで、子どもやエリアの条件もあったのにもかかわらず転職先を見つけることができました。
妥協しないで職場を探し続けてよかったと思っています。

上記の体験談のように、上司に自分の想いを伝えることも手段の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

2.デスクワーク希望の薬剤師におすすめの仕事とは

デスクワーク 薬剤師

薬剤師とデスクワーク、ピンとこない人も多いかもしれませんね。実は思っている以上に、薬剤師でもデスクワークの仕事があるんです。
比較的難易度が低く、求人数もあるおすすめデスクワークをご紹介します。

管理薬剤師として働く

医薬品を扱う薬局や店舗では、必ず「管理薬剤師」を一人置かなければなりません。
ちなみに管理薬剤師とは、薬局や店舗における責任者のこと。
薬剤師としての基本的な業務以外に、在庫管理、数値管理、シフト管理、スタッフの教育など、責任者としての業務をこなします

管理薬剤師

勤務先は調剤薬局やドラッグストアのほかにも、製薬会社や医薬品を卸す企業なども含まれます。
管理薬剤師に必要な資格はありませんが、薬局や店舗での昇進、もしくは転職で着任するのが一般的です。
いきなり管理薬剤師になるのは難しいので、まずは薬剤師としてキャリアを積んでからのステップアップが近道といえます。

メリット

メリット マネジメント

管理薬剤師はスタッフを管理する役割なので、マネジメントスキルが身に付くでしょう。
さらに管理作業や各種申請資料の作成なども管理薬剤師の役割なので、必然的にデスクワークが増えます
そのうえ複数の薬剤師を適材適所に人材を配置するスキルや後進を育てるための指導も必要。
コミュニケーション能力が磨かれ、人としての成長も期待できます。

さらに、企業にもよりますが月2〜5万円ほどの管理薬剤師手当が付くため、50万円ほど年収もアップするはずです。

デメリット

管理薬剤師は店舗の責任者ですから、おのずと業務量が増えます。
医療機関やメーカー、卸会社との交渉、売上げや在庫管理といった業務は、店舗経営にも影響する責任の重い仕事です。
加えてシフト管理やスタッフ指導、クレーム処理など負担の大きい仕事もこなさなければいけません

管理薬剤師 デメリット

特に注意すべきなのは、兼業や副業が禁止されている点です。
薬機法第7条3項 で「その薬局以外の場所で業として薬局の管理やその他薬事に関する実務に従事する者であってはならない」と明記されています。
管理薬剤師として働くなら、ひとつの店舗でしか働けない点を覚えておきましょう。

また職場によっては、社会貢献活動の一貫として施設に出かけて麻薬など違法薬物に関する講演をしたり、医師との意見交換会へ出席したりするケースも。そのため残業は増える傾向にあります。

年収

管理薬剤師は資格手当や管理職手当が付くので、一般的な薬剤師に比べると収入が高くなります。以下は職場ごとの管理薬剤師の平均年収です。参考にしてみてくださいね。

  • 調剤薬局・ドラッグストア:500〜600万円
  • 小規模薬局:400〜700万円
  • 製薬会社・一般企業:600〜800万円

3.デスクワークのパート・アルバイトや派遣の仕事はあるの?

薬剤師 考える

派遣でデスクワークがしたい
デスクワークのパートやアルバイトはある?

そんな薬剤師におすすめの仕事はコールセンターです。
薬剤師とコールセンターと聞いてもイメージが湧かないかもしれませんが、詳しい仕事内容をみていきましょう。

コールセンターで働く

薬剤師が働くコールセンターは、製薬会社や医療機器メーカー、医薬品卸などの企業にあります。
大きく「DI業務」「カスタマーサポート」に分かれており、どちらも薬剤師としての専門知識が活かせる職場です。

DI業務とは、医薬品情報の管理を担当します。医薬品の情報を専門的に扱うDI室で治験や臨床試験のデータ、最新の医薬品情報を収集・整理して管理する仕事です。
また、病院や薬局、ドラッグストアにDI室がある場合もあるようです。

コールセンター

一方のカスタマーサポートは相談窓口のことです。
電話や電子ツールを使って、医療機関や店舗などの問い合わせに対応する仕事です。主な勤務先は、製薬会社です。

メリット

コールセンターは基本的に、受付時間が決まっています。
よって残業や休日出勤などがほとんどなく、プライベートと仕事の区別がつけやすいというメリットも。
勤務先も大手の製薬企業が多く、福利厚生も充実していますよ。

また常に膨大な量の情報を処理しているので、整理・分析といった管理能力もアップするはず。薬剤の知識も増えていくでしょう。

デメリット

コールセンターでは、書類作成やデータ処理、翻訳といった幅広い業務をこなすので「この仕事は自分に向いていないな」と感じるシーンもあるかもしれません。

そのうえ調剤や投薬をする機会がないので、調剤薬局や店舗で働くためのスキルを磨けないというデメリットもあります。

コールセンターの収入を紹介

コールセンター 収入

パートアルバイト・派遣の給与

コールセンターでパート・アルバイト、もしくは派遣で働いた場合、時給は2200〜2500円が相場です。
これは調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師とほぼ同程度の時給なので、どちらが自分に合う働き方なのか、よく比較検討してみてくださいね。

正社員の給与

正社員としてコールセンターで働く場合の年収は、2パターンです。
企業のDI室で働くなら、土日祝は休み、残業なしといったカッチリした勤務スタイルになるケースが大半。
企業によって年収に幅はありますが、一般的なDI室勤務なら年収は400〜600万円程度です。

一方、病院など医療機関のDI室で働く場合、勤務時間が不規則になる可能性も。
しかし急な残業や休日出勤はほとんどなく、平均年収は400〜500万円が目安となります。

4.転職したい薬剤師必見!希少なデスクワークを見つける方法とは

希少なデスクワークを探すためには負担やストレスがつきものです。
そのため、「探し続けても見つからない。あきらめようかな」と思ってしまう方が多いのではないでしょうか。

今回は希少なデスクワークの仕事を見つけるための手段の1つとして、転職サイトの利用をおすすめします。

薬剤師専門の転職サイトは豊富な非公開求人を抱え、さらに希望とする職場へのヒアリングも行ってくれるため自分が求めていた職場を見つけることができます。

転職サイト 見つける

例えば、土日休みがある職場で働きたい方であれば病院正社員の職場で働いたり、薬局のパートとして働いたりと、本来の希望としていた土日休みがある転職先を見つけてくれます。

また相手企業との交渉も行ってくれるため、仕事内容や給与・残業の有無や研究体制など、気になる点を確認してくれることも利用するメリットといえます。

今回は、転職サイトの中でもヒアリングなどのサポートが手厚く、非公開求人を豊富に保有するサイトを次にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

転職サイトの登録が最も近道!おすすめ3選

転職サイト おすすめ3選

1.手厚くサポートを受けれる!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

大手マイナビ株式会社が運営しているマイナビ薬剤師は、薬剤師転職サイトの中でも最も登録者数が多く、利用者満足度5年連続1位(2020年時点)の実績をもっています。

この満足度の高さの理由は、転職サポートが高いことが挙げられます。
マイナビ薬剤師は、求職者とのコミュニケーションを大切にしているため、地方の求職者でも面談できるよう、全国15か所に支店を設けてます。

また、一人一人に合わせWEB面談や直接面談を行い、希望する職場に対して丁寧な汲み取りを行ってくれます。
一人一人のライフスタイルに合わせて手厚いサポートをしてもらいたい薬剤師におすすめです。

マイナビ薬剤師に60秒で登録する

2.非公開求人が豊富!リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

人材最大手のリクルートが運営するリクナビ薬剤師の特徴といえば、全体の75%が非公開求人であることです。
非公開求人とは、好条件のため応募殺到が予想されるため、一般には公開していない求人のことです。
特に、漢方薬局や製薬系企業などのレアな非公開求人が豊富にあります。

また、リクナビ薬剤師は総合的なキャリアサポートのノウハウが豊富にあるため、対面面談や面接の同行はないものの面接対策や履歴書・職務経歴書の添削、内定後の条件交渉など基本的なサポートを受けることができ、対応もスピーディーなため最短3日で転職することが可能です。
非公開求人をみながら好条件の求人を探したい薬剤師におすすめです。

リクナビ薬剤師に60秒で登録する

3.一人一人に合わせたサポート体制!ヤクジョブ

ヤクジョブ

ヤクジョブはさくら調剤薬局のグループ会社であるクラシスが運営しているため、調剤薬局求人が豊富にあります。
サポート体制としては、薬剤師専門の経験豊富な転職コーディネーターからサポートを受けれるため、ライフプランの相談や一人一人に合った求人を紹介してくれます。
1対1で希望条件のヒアリングや相談にのってほしい薬剤師におすすめです。

ヤクジョブに60秒で登録する

5.【番外編】難易度高い企業のデスクワークの仕事内容と年収とは

薬剤師 悩む

上記で紹介したデスクワークの仕事以外にも難易度が高めなデスクワークの仕事のあるんです。
自分に合った職場を探すためにも、まずは仕事内容特徴を知りましょう。

臨床開発モニター(CRA) 依頼された検査のモニタリング、検証データ報告を行う
データ管理(DM) 治験のデータ入力・解析やデータベースの構築
品質管理(QC) 会社の医療用医薬品の品質が一定に保たれるように管理
治験コーディネーター(CRC) 担当医師への治験実施の説明や治験支援
薬事 申請書類作成事務、資料点検、監査報告書に対する回答作成

臨床開発モニターとは(CRA)

臨床開発モニター

仕事内容

臨床開発モニター(CRA)は、新薬開発における治験が正しく行われているか、計画に沿って進行しているかモニタリングして、結果を回収し報告する職種です。
デスクワークもありますが、病院や医薬品管理機関に出向いて報告するのも業務の一環のため、外回りが多いでしょう

CRAの勤務先としては製薬会社の開発部門所属か、治験を請け負う医療品開発業務受託機関(CRO)となります。

年収

CRAの年収は平均600〜700万円程度です。ただし入社1年目は、400〜500万円程度が相場でしょう。
資格取得や英語など、CRAとして有利なスキルがあれば収入アップにつながる可能性が高くなります。 また外資系のCRAに転職すれば、管理職クラスで年収1000万以上も実現可能です。

データ管理(DM)とは

データ管理

仕事内容

データ管理(DM)の勤務先は、製薬会社から治験を受託する医療品開発業務委託機関(CRO)です。
CRAが治験で集めたデータの入力や解析をして、製薬会社への報告書を作成します。
治験が正しく実施されたことを担保する重要なポジションです。

幅広い薬学知識を求められるうえ、データベース化する能力も必要な専門性の高い職種です。ITの知識も身に付くでしょう。 外回りはほとんどなく、デスクワークがメインとなります。

年収

DMの平均年収は約600万円です。
統計解析に耐えられる正確なデータベースの構築が必要なため、IT関連の専門的なスキルを高めていけば、勤務年数を重ねるとともに着実に年収アップにつながりますよ。

品質管理とは

品質管理

仕事内容

品質管理(QC)は製造業やIT関連にもある職種ですが、製薬業界においては薬剤の製造に関わるQC治験に関わる専門のQCがあります。
ここで紹介するのは、治験に関わる品質管理です。
勤務先はCRAとDM同様、医療品開発業務委託機関(CRO)となります。

QCのメイン業務は薬剤の原料から製造、出荷まで安全であるかを検査し、品質を一定に保つこと。より精度の高い治験を実施するために、管理マニュアルや作業手順書などの作成も担当します。

産休・育休制度なども整っているので、充実した福利厚生が受けられます。
また年間通じて繁忙期と閑散期が決まっており、土日のみならず長期休暇が取りやすいのも特長といえるでしょう。

年収

QCの年収は、20代で480〜500万程度です。
勤務年数に応じて年収アップが見込めるうえ、企業規模によっては年収1000万円を超えるケースもあります。

治験コーディネーターとは

治験コーディネーター

仕事内容

治験コーディネーター(CRC)は、医師や看護師、薬剤部といった治験に関わるすべてのスタッフと連携しながら治験を支援します。
担当医師へ治験実施の説明をはじめ、被験者の選定や患者への説明もCRCの役割です。

働き方には2つのパターンあります。
1つは治験施設支援機関(SMO)に所属し、そこから医療機関へ派遣されるパターンです。
もう1つは薬剤師として大学病院や研究センターなどの医療機関に所属し、「院内治験コーディネーター」として業務に携わるパターンです。 どちらも仕事内容は、ほぼ変わりません。

年収

CRCの年収は約400〜500万円で提示されるケースが多いようです。
堅実にキャリアを積み重ね、年収1000万円を超える薬剤師も。

薬事とは

薬事

仕事内容

医薬品や医療機器を世に出すためには、厚生労働省に薬事申請をして承認されなければなりません。
薬事はその申請書類の作成や資料点検、監査報告書に対する回答作成などを担当する仕事です。申請の対象となるのは、医薬品や一般用医薬品、医薬部外品、体外診断薬、医療用機器、化粧品などが挙げられます。

これらを開発・製造している製薬会社や医薬機器メーカー、化粧品会社などで働けば、薬事の職種に就けるチャンスはあるでしょう。

年収

薬事は薬の知識だけでなく、法律に関する知識や資格、高度なスキルが求められます。
そのため年収は600〜1000万円と高額な場合も。

外資系企業であれば能力に応じた年俸が支払われるので、年収1000万円を超えるのも夢ではありません。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
 
  

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

Job Buddy

  • 40代50代60代の転職に強い!
  • 丁寧な面接対策と条件交渉を実施
  • 入職後6か月間のフォローあり

Job Buddyの特徴

調剤薬局 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師激怒!ハズレのキャリアコンサルタントがしでかした3つのコト

「キャリアコンサルタント」 転職サイトに登録すると、手取り足取り転職サポートをしてくれる人。求人情報の収集、選考書類の作成、面接対策、年収条件の交渉など。別名「転職エージ…

  • 🕒
  • 2020.10.12更新

薬剤師の新卒サイトはココを確認!就活の進め方まで紹介!

「新卒サイトのどこが重要なのかわからない...」「就活で押さえておくべき情報は?」 この記事では、新卒採用サイトで絶対に見るべきポイントと…

  • 🕒
  • 2020.09.08更新

薬剤師転職サイトには複数登録しないと危険!最低でも2社登録の理由

転職活動をする際には、薬剤師の転職サイトには3社以上登録しないと非常に危険だということをご存知ですか? その理由は薬剤師転職サイトに複数登録しないと、「希望とは全く異なる…

  • 🕒
  • 2020.05.27更新

薬剤師のキャリアチェンジ 転職後に後悔しないために気を付けること

薬剤師は勤務先によって大きく仕事内容が変わります。薬剤師はキャリアチェンジが成功しやすい職業ですが、転職後に後悔することも少なくありません。薬剤師がキャリアチェンジする時はどんなことに気をつければ…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

新人薬剤師必見!新人薬剤師のよくある『職場の悩み・不安』の解消法

どんな職業でも仕事を始めた頃は大変ですが、経験がモノをいう薬剤師の仕事では辛い、辞めたいと思う新人さんが多いように思えます。特に病院薬剤師は給料も低めなのに仕事は厳しく、人間…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師として留学してスキルアップを目指すには

薬剤師としてスキルアップするために、留学を目指す方も増えてきました。薬剤師として働きながら大学院に通ったり研修を行ったりするためには、どの国を選ぶことができるでしょうか。また、留学先で関わることが…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

職場別の薬剤師の人口比較!薬剤師業界での需要の変化を徹底的に探る

薬剤師は様々な業界で求められています。調剤薬局だけでなく病院や診療所、製薬企業や一般企業など、薬剤師の資格を必要とする業種は増加の一途をたどっています。各業界における薬剤師の人口を比較することで、…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師転職の仕事の選び方と転職失敗しないための口コミ・体験談6選

「転職したい」と考えているけれど、不安があって一歩を踏み出せずにいる…。この記事ではそんなモヤモヤを抱えた薬剤師のために、最低限これを知っておけば転職活動が始められる、という転職の基礎知識を紹介し…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師に危機到来!~来たる薬剤師過剰時代を生き残る仕事の種類は?

「今のままでは自分のキャリア形成に不安」 「現在の職場で同じ仕事を、続けていくメリットはあるのか、ないのか」 30代を目前にひかえた薬剤師。ぼんやりとした、そんな不安を感じたことはない…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新