HOP!薬剤師

地域医療におけるプライマリ・ケア認定薬剤師の価値とやりがいとは?

プライマリケア連合学会

服薬指導から医師への処方薬の提案まで、患者の健康に幅広く携われるプライマリ・ケア認定薬剤師。現在、202名の「プライマリ・ケア認定薬剤師」が全国各地の保険薬局や病院などで活躍しています。

全国の薬剤師数31万人のうち、プライマリ・ケア認定薬剤師はまだまだ少ない状況です。少子高齢化が進む日本では、継続的に患者の健康をサポートする薬剤師と医療機関の連携が求められています。そのため、患者の薬物治療に深く関わるプライマリ・ケア認定薬剤師の存在が不可欠です。

認定取得の研修を実施している、一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会の理事であり薬剤師でもある坂口眞弓先生は、「今後、地域医療の担い手である薬剤師の価値がさらに高まっていく」と語ります。

坂口眞弓(さかぐちまゆみ)さん

日本プライマリ・ケア連合学会理事/プライマリ・ケア薬剤師認定制度委員会委員長。東京大学医学部附属病院研究生修了。その後、みどり薬局、みすじ薬局、ゆうま薬局を開設する。東京薬科大学客員教授。

▼インタビュー協力者
・小見川香代子(おみがわかよこ)プライマリ・ケア薬剤師認定制度委員会副委員長
・門下鉄也(かどしたてつや)プライマリ・ケア薬剤師認定制度委員会副委員長

1.プライマリ・ケアとは

プライマリケアとは

ー早速ですが、プライマリ・ケアとはどういった医療でしょうか?

プライマリ・ケアとは、疾患や年齢を問わず患者を総合的に診る医療のことです。普通は風邪を引いたら内科、蕁麻疹ができたら皮膚科というように、専門医がいる医療機関を受診しますよね。同じ疾患でも医師によって医療方法が異なり、症状が悪化するリスクも考えられる。

プライマリ・ケアを提供している病院なら、健康相談から緊急を要する手術までさまざまな問題を解決できます。つまり、医療機関を複数受診しなくて済むんです。 人口減少や高齢化など、日本の医療を取り巻く環境は刻々と変化しています。今後は、プライマリ・ケアを受けられる医療機関の需要がますます高まっていくのではないでしょうか。

2.プライマリ・ケアの5つの理念

プライマリケアの理念

ー次に、プライマリ・ケアの特徴でもある5つの理念について詳しく教えてください。

プライマリ・ケアを提供するうえで大切なのが、「Accessibility」「Comprehensiveness」「Coordination」「Accountability」「Continuity」といった5つの理念です。

まず「Accessibility(近接性)」は、病院へのかかりやすさ。「地理的」「経済的」「時間的」「精神的」といった、4つの面があります。通院しやすい、心の拠り所になれるなど、患者が気軽に相談できる存在であることが重要だという考えです。 患者の健康に幅広く対応するのが「Comprehensiveness(包括性)」です。病気や怪我の治療かららリハビリテーションに至るまで、総合的なケアを行うことも地域医療が果たすべき役割ではないでしょうか。

「Coordination(協調性)」とは文字通り、医療従事者や患者と良好な関係を築くことです。密なコミュニケーションは、チームワークの強化だけでなく健康問題の解決に繋がります。風邪だと思っていた発熱が実は、ストレスが原因の場合もある。仕事や家庭環境など、日常生活が体の不調を招いている可能性も十分に考えられます。 「Accountability(責任性)」は、プライマリ・ケア認定医に限らず全ての医療者に共通することではないでしょうか。医師や薬剤師の発言が、必ずしも患者の解釈と一致しているとは限りません。相手が理解できる言葉で丁寧に説明することで認識のズレがなくなり、患者に深い安心感を与えることができます。

地域の医療状況に合わせ、福祉や介護など多職種が連携した医療を提供し続けていく「Continuity(継続性)」が、プライマリ・ケアの要です。

ーありがとうございます。プライマリ・ケア認定薬剤師になるには、どうすれば良いのでしょうか?

まず、本学会が指定する10項目の講義または研修を50単位取得していただきます。その後、プライマリ・ケア専門医がいる医療機関で見学実習8単位を取得、筆記試験に合格してようやくプライマリ・ケア薬剤師の認定を受けられます。 また、認定資格を更新する際にも、本学会が主催する研修30単位以上の取得、事例報告(ポートフォリオ)5本の提出が必須です。

日々の業務と並行しながら認定資格を取得・更新するのは、並大抵のことではありません。加えて、受講費用も30万前後と高額です。先ほどお話した5つの理念が現場で活きてこそ、プライマリ・ケア薬剤師としての真価が発揮されるものだと思っています。そのために敢えて、ハードルを高く設定しているんです。

3.地域医療において今後、薬剤師が目指すべき姿

プライマリケアの勝ち

ープライマリ・ケア認定薬剤師の社会的価値は何だと思いますか?

地域に密着したかかりつけ薬剤師になれたり、介護や福祉に貢献できたり、プライマリ・ケア認定薬剤師としての社会的価値を感じる瞬間は人それぞれだと思います。共通しているのは、患者の健康に寄り添うということ。

多職種が連携しステージに応じた適切な治療、あるいは健康・栄養サポートを行うことで、患者が本当に必要としている的確な医療が提供できるようになります。かかりつけ薬局が目指す、地域に根付いた医療体制の実現にもつながるはずです。

ープライマリ・ケア認定薬剤師ならではのやりがいは何でしょうか?

やはり一番は、薬剤師としての存在価値を高められること。日本プライマリ・ケア連合学会主催の研修は、医師や看護師ほか多職種が一堂に集まります。普段は忙しくて関わる機会の少ない医療者同士が、職種の垣根を超えフラットに会話できる貴重な場です。

プライマリケア連合学会の様子

医師がどのように治療方針を決めているのか、看護師が何を考え患者と接しているかなど、相手の気持ちを考えるトレーニングにもなります。医療現場でも多職種と意見交換しやすくなり、相手のニーズに合ったベストな治療方法を提供できるのではないでしょうか。薬剤師としての自信にもつながるので、やりがいを持って楽しく働けると思います。

ー今後、薬剤師に求められることは何だと思いますか?

地域住民が安心して暮らせるよう、健康サポートを徹底することです。かかりつけ薬剤師制度の制定以降、薬袋の作成や在庫管理といった対物業務から、在宅医療や健康教室の実施など患者中心の業務に変化していますよね。多職種の連携を強め、医者や患者から信頼される存在になることで薬剤師としての存在意義が高まるのだと思っています。

ー最後に、此の記事を読む薬剤師にメッセージをお願いします。

「もっと患者の役に立ちたい」「地域貢献に貢献できる薬剤師になりたい」など、現状に満足できず悶々とした気持ちを抱えながら働いている方は多くいると思います。 認定薬剤師は簡単に取得できる資格ではありませんが、多職種とのネットワークができ地域医療にも参入しやすくなります。多職種と関わる中で得た気付きや学びを地域での活動に役立て、薬剤師としてのキャリアアップに繋げていただけたら嬉しいですね。

患者から頼られる薬剤師でありたい、地域医療に貢献したいという方は、一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会に問い合わせてみてください。

一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会の詳細はこちら
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだ…

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。 そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組…

  • 🕒
  • 2020.12.21更新

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新