HOP!薬剤師

患者自身に向き合い、長期的なサポートを。アロマセラピーの知識がもたらす薬剤師の新しい価値とは

アロマセラピー

近年、患者への提案の幅を広げるためにアロマセラピーに興味を持つ薬剤師が増えています。より深い学びを目指し、資格取得を目指す薬剤師も珍しくありません。

今回は、そんなアロマセラピーの魅力に迫るべく、日本アロマコーディネーター協会主任講師の楢林さんにお話を伺いました。

楢林佳津美(ならばやしかつみ)さん

楢林佳津美先生

JAA日本アロマコーディネーター協会主任講師。

「アロマセラピーケアガイド」、「症状別アロマケア実用ガイド」著、コンピュータソフト「わたしのアロマセラピー」作成、アマチ鍼灸マッサージ治療院、NHK「おしゃれ工房」出演。

現在は鍼灸あんま・マッサージ指圧師、一般社団法人日本アロマ膝ケア協会代表理事、日本ブレスト協会理事、東京理科大学公開講座講師としても活動をしている。

用途は無限。アロマセラピーの魅力とは

ーまずアロマセラピーによって期待できることについて教えてください

使用する精油によってさまざまですが、たとえば肩こりや偏頭痛、月経痛などにもアプローチできます。複数の精油がありますので、時には成分を重視したり、時には香りを重視したりと様々に工夫できるのはアロマセラピーならではの魅力だと思いますよ。

医療従事者の場合ですと「患者さんのために薬以外で良い方法はないか?」と考えた末にアロマセラピーを選ぶ方が多いです。
従来の薬剤師の職務の範囲を超えて、患者のさらなる健康やQOL、心の安寧を考えたときに植物に含まれる香りの成分で、健康を維持するお手伝いを薬剤師としてかなえられたら、その取り組みに醍醐味を感じるでしょう。

体感しながら知識を身に着けることが大事

アロマ

ーアロマセラピーを学ぶうえでのポイントはありますか?

一番大事なのは「アロマを体感すること」です。 薬剤師や看護師の方は、学生時代に薬学を学び、それを現場で実践することを求められてきたと思います。

一方アロマは、どの精油をどういう配合でブレンドするか、どのタイミングで使用するのが適切か、マイナスな影響は何があるのか…などを自分自身で判断しなければなりません。 精油の正しい知識はもちろん、人の心と身体の理解も深めることで、アロマセラピーでは求める結果を得ることができます。

アロマに関する教本は世の中に多数出回っていますが、情報の一部を切り取ったものが多いのは否めません。 長期的な使用に関するリスクについては言及されていなかったり、誤解を招くような拡大解釈があったり…。 座学の知識だけでなく、自身が体感しながら学ぶことで、少しずつアロマセラピーのスキルを上げていただきたいです。

決まった解がないからこそ、慎重に学ぶことでトラブルの回避にも繋がると思います。

ー自分自身で解を描けるのは薬の調合とはまた違った魅力がありますね。ほかにアロマを学ぶ魅力はありますか?

患者さんの病ではなく心や身体、つまり患者さん「そのもの」に寄り添えるのは大きな魅力ですね。

薬を処方されるときは、今起きている症状に対してですが、アロマセラピーは時間軸をより長く捉えています。 処方した薬を飲み終えて回復した患者さんに対して「この先ずっと健康でいるためにはどういうアプローチができるか」「病気を防ぐために何か手伝えることはないか」といった視点ですね。

病気になった時だけ頼られる薬剤師ではなく、日々の健康や健全なメンタルを維持するために頼られる存在になり得ます。
心身の不調や生活のクセに向き合い、それらを変えるきっかけを提供できるのはアロマセラピー特有の魅力です。

さらに患者さんに向き合うことで薬剤師の役割・活躍の幅というのも大きく広がるとはずです。患者さんとの関わりを通じて薬剤師も学びを深めていくことができるので、双方にとって大きな価値につながるのではないでしょうか。

アロマセラピーを学ぶことで生まれる、新たな価値

薬の提案

ー最後に、アロマセラピーに関心を持つ薬剤師にメッセージをお願いします。

患者さんに対して、薬以外で何かお手伝いができないか模索している方には、ぜひアロマセラピーを学んでいただきたいです。

アロマを学ぶ方法はさまざまですが、正しい知識を身に付け、患者さんがより健康にそして、心も豊かな生活をするためのお手伝いをするためには、アロマの書籍から得る断片的な知識ではなく、基礎から応用までトータルで学び、しっかり習得したという認定を受ける必要があると思います。

日本アロマコーディネーター協会は、アロマの基礎を生活の中に取り入れながら学び、さらにエビデンスを元にアロマの知識を体系的に、そして実践的に学べる場所です。人、社会、環境に貢献できるアロマセラピーの可能性を私たちは追及しています。
もちろんほかにも協会は多数ありますし、それぞれ異なる特徴があります。ご自身にあったものを選んでいただければと思います。

アロマを学ぶことで患者さんに提供できる価値の幅が広がり、それが薬剤師としてのキャリアアップにつなげていただければ幸いです。

JAA日本アロマコーディネーター協会の詳細はこちら
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

教育と地域貢献の両輪を備えた附属薬局「めいやく」。明治薬科大学…

明治薬科大学の附属薬局「めいやく」は、同学の薬学生が現場力を育むための教育施設です。 薬物治療に責任を持てる薬剤師の教育、そして創薬から育薬まで幅広い領域で活躍できる薬学人の養成を掲げる明…

  • 🕒
  • 2020.09.29更新

気軽に健康相談ができる薬局を目指して。アイランド薬局がオリジナ…

薬の窓口から、地域の患者さんに寄り添うパートナーへ。薬局の真価が問われる時代に、プライベートブランド「健幸彩活」を立ち上げたアイランド薬局。今回は、同ブランド担当の高松さんに、詳しいお話を伺…

  • 🕒
  • 2020.09.11更新

資格の取得はスタート地点。研さんを重ねて正しい情報を提供する「N…

臨床の立場から栄養について考え、健康の維持・増進への貢献を目指す日本臨床栄養協会。今回は、本協会に所属し「NR・サプリメントアドバイザー」として活動する上坂さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.09.01更新

現場能力を高め、社会で活躍できる人材を。日本薬科大学の漢方アロ…

「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神に掲げる日本薬科大学。専門性高く創造性豊かな人材の養成を目指し、様々な取組みを実践しています。 今回は数ある取組のなかから「漢方アロマコース」につい…

  • 🕒
  • 2020.08.20更新

未来まで継続・発展する薬局を一緒に作りたい|経営の専門家が語る…

薬局の経営支援を行う石黒さん。「未来まで継続・発展する薬局を一緒に作りたい」という想いの下、さまざまな薬局経営者の伴走者として、薬局を発展させる取り組みを行っています。 石黒さんの薬局経営…

  • 🕒
  • 2020.08.12更新

企業と従業員の相互理解を深め、企業経営に好循環を。HMI-ESが実現…

薬局経営者の仕事は売上の維持・向上だけではありません。「強い組織づくり」も大事な役割となります。 しかし、組織づくりに関して何から手をつければ良いかわからない経営者がほとんどではないでしょうか。

  • 🕒
  • 2020.08.12更新

忙しい人ほど対面で。英会話教室AEON(イーオン)だからこそ得られる…

「仕事の合間に効率良く英語を学びたい」「独学だとなかなか勉強の癖がつかない…」 キャリアアップのため、自身の可能性を広げるため、英語の習得を目指す薬剤師は年々増えています。 そんな薬剤師をフ…

  • 🕒
  • 2020.08.12更新

『Musubi』が薬剤師と患者さんのコミュニケーションを手助けしてく…

東京都板橋区にある「りおん薬局 志村坂店」は、在宅訪問医療を中心におこなっている地域密着型の調剤薬局です。「りおん薬局 志村坂店」で働く薬剤師の方々は、患者さんとのコミュニケーションを何よりも大切に…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新

薬剤師の「困った」を即解決!薬剤師限定コミュニティ「ヤクメド」…

「患者からの問い合わせにうまく対応できない」「医師とのコミュニケーションがうまく取れない」 こうした薬剤師の悩みを解決するのがコミュニティサイト「ヤクメド」です。 今回はサービスの魅力…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新

薬局業務を全面サポート!薬局薬剤師のための画期的サービス「kusud…

「患者とのコミュニケーションにもっと時間を使いたい」「業務の無駄をなくしたい」 そんな薬剤師の思いを実現してくれるのが薬局業務支援システム「kusudama(薬玉)」です。 一体どのようなサ…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新

50歳以上で調剤未経験が応募条件?|I&H株式会社が展開するオールド…

阪神調剤薬局をはじめ、多くのグループ企業を束ねるI&H株式会社。 同社では、年齢を重ねた薬剤師のみを採用する「オールドルーキー制度」というユニークな制度が存在します。 制度の魅力を探るべく…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新

専門性を生かして働きたい!緩和薬物療法認定薬剤師として日本調剤…

今回は、日本調剤株式会社(以下、日本調剤)で緩和薬物療法認定薬剤師として活躍する原田寿(はらだひさし)さんを取材しました。 緩和ケア・在宅医療の現場で働きたいと考えるようになったきっかけや…

  • 🕒
  • 2020.08.04更新