HOP!薬剤師

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅配サービス「とどくすり」とは

凸版印刷とどくすり薬局

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。
今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社の倉重さんに伺いました。

倉重 達一郎(くらしげ たついちろう)さん

凸版印刷倉重さん

楽天グループのケンコーコム、JINS、LINEなどで医療・ヘルスケア領域の事業開発責任者を歴任。ケンコーコムでは執行役員としてOTC医薬品のネット販売の規制解禁の実行メンバーとして従事。

現在は凸版印刷(株)事業開発本部ヘルスケア事業開発センターセンター長、兼おかぴファーマシーシステム(株)代表取締役、薬剤師として活躍。
トッパンが掲げる4つの成長領域うち「健康・ライフサイエンス」領域における新規事業立上げに取り組んでいる。

1.オンライン服薬指導、薬の配達、決済まで一気通貫したサポートを提供する「とどくすり」

ーまず「とどくすり」とはどのようなサービスなのでしょうか?

「とどくすり」は、「とどくすり」は薬局のオンライン化を支援する仕組みです。ウェブ上での処方せん受付、電話等での服薬指導サポートや、薬の配達、そして薬代の決済までを担っています。 これにより、患者さんは自宅に居ながらにして、医師から処方された薬を受け取ることができるのです。

「とどくすり」で薬の配達を申し込むと、翌日以降にお薬が配送されます。 より早く薬を受け取りたい方に向けた「とどくすりEXPRESS」というサービスも展開しています。地域限定ですが、最短当日にお薬が届く便利なサービスです。

加えて、電話・オンライン診療を受診した方がそのままオンライン服薬指導を受けた際、診察代と薬代を合わせて「とどくすり」の中で決済が可能な医療機関向けサービス「とどくすり電話診療サポート」も開始しました。 このように電話・オンライン診療の普及から薬局のオンライン服薬指導のサポート、そして決済まで一貫してお届けするのが「とどくすり」サービスです。

ー決済までサービス内で完結するのは非常に便利ですね…!

そうですね。
オンライン診療の場合、どこで診療代を支払うか困ってしまう患者さんが多いんです。 他サービスでもオンライン診療のツールは沢山ありますが、患者さんに手数料の負担があったり、病院側に設備の負担がかかったり、専用のアプリをダウンロードする必要があったり…。 こういった煩雑な手間が省けるのは本サービスの特徴といえますね。

電話診療から決済まで一気通貫したサポートを実施している点、そして医療機関側もユーザー側も導入コストがゼロという点は他サービスにはないメリットではないでしょうか。 昨今の世情をふまえて、対面ではなくオンライン診療を希望する医師、患者さんは増えています。そういった方々に向けてサービスを展開し、患者さんの健康維持のためのサポートをしていきたいですね。

ー具体的なサービスの利用方法を教えてください

基本的には0410対応*に沿って実施いただきます。
*厚生労働省が発出した事務連絡「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取り扱いについて」を指す

まず患者さんは医療機関での診察のあと、住所や服薬指導の時間帯、決済方法といった情報を「とどくすり」に登録します。 医療機関から「とどくすり」宛に処方箋が送られ、あとは患者さんが指定した時間にオンライン服薬指導を受けられるという仕組みです。

とどくすりの仕組み

服薬指導を経て薬剤師が薬の処方について問題ないと判断すれば、指定した日時に薬が自宅に届きます。 患者さんが受診する医療機関に制限はなく、患者さんは全国各地から直接医師を選べます。もちろん、かかりつけの医師によるオンライン診察も可能です。

現在は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためのサービスという意味合いが強いですが、身体的あるいは精神的に外出が困難な方にもご利用いただき、「このサービスがあって助かった」というようなお声をいただいております。また薬の種類によっては他の患者さんもいる薬局での服薬指導を受けることをためらう患者さんもいらっしゃいます。
こういった患者さんの課題・ニーズにお応えしていくことが今後の当社の役割であると考えています。

ー「とどくすり」を導入するメリットを教えてください

医療機関

医療機関が導入するのは「とどくすり電話診療サポート」ですが、一番に導入の手軽さはメリットとして挙げられると思います。 専用の機械やアプリのダウンロードも必要ないですし、契約も必要ないので非常に導入ハードルが低いサービスだと思います。

さらに言いますと、診察代の回収を無料で代行しているという点も言えますね。 オンライン診療において診察代の回収に課題を感じている医療機関が多いなか、導入費用が一切かからずこの点を解消できるのは大きなメリットではないでしょうか。

薬局

薬局のメリットとしては、オンライン服薬指導・決済・薬の配送含めて薬局のオンライン化すべてをサポートしている点です。 処方箋一枚あたりの手数料は発生しますが、導入費用はゼロ円でオンライン服薬指導のスケジューリングや薬の配送サポートまでサービスを受けられますよ。

2.薬剤師が服薬指導に専念できる環境をつくりたい

ー「とどくすり」はどのような経緯で開発されたのでしょうか

2020年2月、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて厚生労働省がオンライン診療の特別措置*を発表しました。
*厚生労働省が発出した事務連絡「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取り扱いについて」
そんな状況のなかで「凸版印刷には何ができるだろうか」「コロナ禍において薬剤師が服薬指導に集中できる環境とはどういう状態なのか」を改めて問い直しました。

そして新しい生活様式への移行が叫ばれる中で、薬局がオフラインでの服薬指導とオンラインでの服薬指導を両立できるような環境を模索した結果、本サービスの開発に至ったというわけです。 薬局薬剤師がオフライン・オンライン問わず服薬指導に集中できる状態を作っていきたい、というのが開発のきっかけですね。

ー現状は、あまり集中できるとはいえない状況なのでしょうか?

なかなか難しい状況だと思います。
オンラインの服薬指導は、ただ電話で患者さんとお話をするだけではありません。服薬指導の前後に、遠隔での受付対応、薬代金の決済、さらには薬の配送など業務が多すぎるのです。 これらの業務を、オフラインの患者さん対応と並行してこなしているのです。
薬によっては配送中の温度管理や配送の事故防止などあらゆる点に気を配りつつ、オフラインの対応も担う…どれだけ大変な業務なのかは言うまでもありません。

こういった状況を踏まえ、オンライン服薬指導にかかる自主安全ガイドラインを作成し、誤配の防止や決済のサポートなどをパッケージとして提供することが、課題の解決に繋がるのではないかと考えています。
オンライン服薬指導は普及の最中です。だからこそ私たちが安全ガイドラインの作成等を率先して実施し、オンライン服薬指導のさらなる普及に貢献できたらいいですね。

3.オフライン・オンラインの共存を目指して

ー今後のサービス展望を教えてください

オンラインが本格的に普及しても、オフライン診療や服薬指導がなくなるとはまったく考えていません。オフラインとオンラインをシームレスで両方使える環境が求められるでしょうね。 そんな時代のなかで、私たちはオンラインの部分で薬局を支援していきたいです。

夜遅い時間や土日などオフラインで薬局が対応しきれない時間をカバーすることもそうですし、患者さんのライフスタイルの変化にあわせて薬剤師自体もマッチングしていかなければなりません。 たとえば漢方を長年飲んでいる患者さんは漢方を専門とする薬剤師に服薬指導をしてもらう、といった形です。
オンラインだからこそ患者さんのニーズを集約して、経済合理的に対応できるサービスがつくれると考えています。

そんなサービスが実現すればオンライン診療の意義も高まりますし、中小薬局のサポートにも大きな力を発揮できるでしょう。
いずれは患者さんの需要にあわせて薬剤師がマッチングするようなAIを組み、最適な時間に最適な薬剤師が服薬指導できるようなサービスを作りたいですね。

「とどくすり」の公式HPはこちら
凸版印刷の公式HPはこちら
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新

金沢大学附属病院薬剤部の人材育成モデル「KUPS」が掲げる未来のリ…

臨床教育を通じ、幅広い視野の獲得と専門性向上を推進する金沢大学附属病院薬剤部。今回は薬剤部の人材育成モデル「Kanazawa University Pharmacist Standard(KUPS)」について、詳しいお話を薬剤部長の…

  • 🕒
  • 2020.10.09更新

教育と地域貢献の両輪を備えた附属薬局「めいやく」。明治薬科大学…

明治薬科大学の附属薬局「めいやく」は、同学の薬学生が現場力を育むための教育施設です。 薬物治療に責任を持てる薬剤師の教育、そして創薬から育薬まで幅広い領域で活躍できる薬学人の養成を掲げる明…

  • 🕒
  • 2020.09.29更新

気軽に健康相談ができる薬局を目指して。アイランド薬局がオリジナ…

薬の窓口から、地域の患者さんに寄り添うパートナーへ。薬局の真価が問われる時代に、プライベートブランド「健幸彩活」を立ち上げたアイランド薬局。今回は、同ブランド担当の高松さんに、詳しいお話を伺…

  • 🕒
  • 2020.09.11更新

資格の取得はスタート地点。研さんを重ねて正しい情報を提供する「N…

臨床の立場から栄養について考え、健康の維持・増進への貢献を目指す日本臨床栄養協会。今回は、本協会に所属し「NR・サプリメントアドバイザー」として活動する上坂さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.09.01更新

現場能力を高め、社会で活躍できる人材を。日本薬科大学の漢方アロ…

「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神に掲げる日本薬科大学。専門性高く創造性豊かな人材の養成を目指し、様々な取組みを実践しています。 今回は数ある取組のなかから「漢方アロマコース」につい…

  • 🕒
  • 2020.08.20更新